ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「河津桜」
2014/03/06 Thu 21:45 マイクロフォーサーズ
前々回・前回に続き、伊豆一泊旅行関連エントリとなります。
ここ数年私は伊豆旅行の際には鉄道を利用し、その点に当ブログでも触れてきましたが、
その最大の理由は「道路が大混雑するから」でありました。

私がよく行く伊豆半島東側、いわゆるひとつの熱海・伊東方面ですけれども、東京方面から行こうと思った場合、
下道ですとほぼ「国道135号線」一択となります。
並走するバイパスらしきものもありませんのでこの国道は週末ごとに渋滞が起こります。
伊豆スカイラインに乗ればいいのでしょうが、それにも一苦労するような状態になります。

従来私は平日に行っていたり早い時間帯に伊豆を脱出したりしていましたので今まで渋滞に捕まったことがなかったのですが、
今回の東京方面への帰り道で見事にヤラれました。伊豆高原あたりから徐々に始まり、伊東の先から熱海、小田原まで動かない大渋滞。
とにかく動かない。聞きしに勝るとはこの事か、と途方に暮れておりましたら、どうやら「河津桜の時期は特に混雑するらしい」との事。
ああなるほどそういう事なのか、ならば自業自得だな、と自分を無理矢理納得させておりました。

伊豆高原アンダリゾートに宿泊し、チェックアウトしてそのまま帰路についたならば渋滞は発生していなかったはず、
しかし私は欲をかいて河津まで足を伸ばしたのです。
最初はそのつもりが無かったのですが、Twitterで河津の写真がバンバンアップされているのを見まして、
そうだよねどうせ伊豆に行くなら河津にも行かなきゃね、というわけです。
実際の河津での滞在時間は1時間程度だったのですが、それでも桜を楽しむことができました。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
EM121585

なかなかの混雑っぷりでした。ただ、正午ぐらいに到着した割には駐車場探しには苦労しなかったです。
花見客の受け入れ体制は充分、という印象でした。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
EM121503-(2)

小雨が降るような天気だったこともあり、ホワイトバランスは終始「曇天」にしていました。
桜を赤くする効果も期待したのですが、そもそも河津桜はソメイヨシノに比べて赤いですよね。
ですので、この写真は記憶色ではなく実際の色に近い、と思います。
パナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
EM121605

日本人は桜を「ピンク色」と記憶している。しかしソメイヨシノは白い。
その「記憶と実際の色の差」を埋め合わせるために赤く見せる方法を模索するのですが、
その手段のひとつに「マゼンタマシマシ」があります。
PCで色をいじるなら簡単ですが、私はちょっと変わった色合いを期待してホワイトバランスで対応しました。
その結果、こんなんでましたけど~
余談ですがこの写真、上の写真と同じものをPCで色合いを変えただけじゃないのか?と思われたかもしれませんが、
背景をよく見ていただきますと別の写真であることがお分かりいただけると思います。
その場で得たインスピレーションを大事にするために、現場で色を試し、それをそのまま掲載するというスタンスでやっています。
パナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
EM121606

河津桜と同時に菜の花も満開状態でして、黄色とピンクのエクスタシー、という状態でした(ちょっと古いかな?)
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
EM121588

下に垂れるかのように咲いている桜です。
花茎の長さなどからも、上の写真の桜とは別物のようにも見えますが、河津桜と言っても何種類もあるのでしょうか?
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
EM121508

菜の花も入れて撮ってみます。
都心有数の菜の花の名所である浜離宮恩賜庭園でも見られない、菜の花と桜のコラボレーション。
パナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
EM121517

今回はこの辺で。
河津桜はこの記事を書いている3月6日あたりも満開に近い状態で咲いているのだろうと推察します。
私が行ったのは先週の日曜日でしたけれども、その段階ではまだつぼみも散見されました。
見頃が長い桜だ、とは聞きますけれども、私達日本人には嬉しいですね。
都市伝説のように言われている「ソメイヨシノ寿命説」が事実であるならば、この河津桜がソメイヨシノに成り代わって全国に広まるのでしょうか。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
EM121550

伊豆一泊旅行編はあと一回続く予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
EM121562
今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/07 Sun 16:00 ソニーα
伊豆半島をずっと南に下り、河津町へとたどり着きました。
ここは早咲きの桜で有名な「カワヅザクラ」の語源となった町で、
原木も現存しているそうなのですが今回は見学する機会はありませんでした。

DSC03878.jpg

「河津桜まつり」は、河津川沿いの桜並木で大々的に行われており、
観光客も(2月という時節を考えると)かなりの数でした。
3月にもなると河津方面の道路は大渋滞するそうです。

DSC03922.jpg

川沿いにずっと歩いていると、沿道に延々と出店が続いています。
まんじゅう、たこ焼き、だんごなどの他に、地元でとれたみかんの量り売りなど。
私はさつまいもスティックを食べながら撮り歩く感じでした。

DSC03880.jpg

DSC03883.jpg

DSC03916_20100307155929.jpg

町営の足湯があり、そこで少し温まった後、車に引き返しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事