ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「池袋」
2016/10/09 Sun 23:50 ブログ | ブログ | ソニーα

池袋でプチオフ会に参加しました。あと、忘年会についてちょっぴり


今月は何やら飲み会が立て込んでおりまして。
私個人的には異例の「毎週末何かの酒席に参加する」ことになっており、
また、日時未定ながら近日に飲みに行こうという約束がいくつか。私としては多い方なのです。
そんなに友達多かったのか?と嬉しく思う一方で正直なところ痛風の発作が怖い(笑
まあクスリで乗り切りますけれどもね。


池袋でのプチオフ会


で、この週末が最初の飲み会です。
カメラ関係のオフ会面子で集まることになり、私もそこに参加いたしました。
場所は池袋です。
DSC06546


東口の半個室居酒屋「とりうお」というお店でした。
最初に書いておきますね。良いお店でした。
公式サイトが探しても見つからなかったのでやむなく口コミサイトのリンクを貼りますが、
飲み物の提供も早いですし、私の印象はめっちゃ良いです。また行ければいいなあ。
隠れ家個室×和食 とりうお~TORI 魚~ 池袋本店(メニュー/クーポン) - ぐるなび


会話の内容は毎度ながらカメラの話題です。
特にこの時期はフォトキナ終了から日が浅いこともあり新製品ネタが豊富だったもので、
多くの時間がその話に費やされました。
私個人的には「α99II買うんだろ?」としきりに振られましたが、40万はキツイって!

アングルが下手くそなので伝わりませんが、お通しがお寿司だったのですよ。
いくらしたのか覚えてませんが(笑
DSC06539

看板料理のひとつであるらしい、鶏の炭火焼です。
こういうの好きなんですよね~どうしても頼んでしまう(笑
テンション上がりませんか?え?そうでもない?
DSC06545

ともあれ盛り上がりましたので、二次会ということに。
あまり歩かないように近隣で済ませようということで、チェーン店「金の蔵」で軽く、と。
繁華街なら必ずと言っていいほど見かけるお店ですが、実は私はこれで2度目です。
DSC06549

テンションはそのままに、仕切り直しです。
2軒目では私は結構良い感じに酔っ払っていたので、何の話をしていたかあまり覚えていません。
由愛可奈のデビュー作はラージセンサーのカメラで撮ってるはずだ見たら分かる!ぐらいしか覚えてない(笑
DSC06550


忘年会について


この飲み会に触発されたこともあり、今年も当ブログ主催の忘年会を行うことにしました。
日程につきましては12月開催ということで検討中ですが、決まり次第当ブログで発表・参加者募集いたします。
私個人的には、従来からご一緒してくださっている皆さんはもちろんですが、初めてご一緒してくださる方も大切にしたい。
また、写真の上手下手は関係ありません。私が主催するぐらいですから(笑
そういうことですので、募集開始することになりましたらよろしければご検討ください。


今回はこの辺で


池袋には年に数回行くんですけれど、飲み会ばっかりだなあ。
写真を撮りに行く、という意識が本当に無いですわ(笑
次回は別のネタになります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC06548
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

池袋西武百貨店の屋上フードコートでバーベキュー飲み会に行ってきました

先日土曜日、友人同士の飲み会で、バーベキューに行ってきました。 以前にも少し書きました、TCGつながりがキッカケで今は普通に飲み友達。 定例って言っていいのかな?この時期と年末には集まろうというイベントがありまして。 個人的には季節ごと、ぐらいあってもいいのになと思いつつ言い出しっぺにならない姑息な私なのでした(笑 P1010928 行ったところは「また」池袋西武百貨店の屋上です(笑 昨年リニューアルオープンしたシャレオツ屋上庭園、何度でも書きますが私個人的にはおすすめです。 P1010937
西武池袋本店 9階屋上 食と緑の空中庭園|西武・そごう
前の週にも「プチオフ会」として声掛けをさせていただき、行ってきました。 その時はバーベキューではなくてフードコート利用でしたが、それでも充分以上に楽しむことができます。
池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

バーベキューも楽しかった

本格的なフードコートが売りの池袋西武屋上庭園ですが、季節限定バーベキューも良いものですね。 私はどちらかと言えば「静かな雰囲気でなくなるから、良し悪しですなあ」というような微妙なコメントを書いたことがありますが、 自分が当事者になればあっさり変節するのであります。 シーズンに1回ぐらい、こういう機会があるのも良いなあと思いました。 話題は多岐に渡ります。ゲームの話アニメの話はもちろんですが、時節柄、選挙の話なども。 P1010926 おつまみセットとバーベキューの具が運ばれてきて、あとは勝手にやってね、みたいなシステムです。 勝手にやってね、というのは、飲み物も自分で取りに行くことになっておりまして、 ビールもサーバーを使って自分で注ぐのであります。 写真のバドワイザーの他に、ラガーや一番搾りなど。キリンを入れているんですね。 P1010933

盛り上がったので二次会へ

今回も盛り上がりまくりまして、二次会に行くことになりました。 西口を(今回も西口だ!)少しさまよった後に入ったお店が「HUB」。 HUB&ディズニー好きの友人に引っ張ってもらっていった感じです。 以前に行った時にはフィッシュアンドチップスを食べたような思い出があるなあ。 P1010945 で、二次会楽しいね、ということを書こうと思ったのですが、実はほとんど記憶がありません。 バーベキューで飲み過ぎたもので、私は大変なことになっておりました(笑 年に一度ぐらい、限界を超えて飲む機会がある。この日がそうだったみたいです。 P1010946

今回はこの辺で。

毎回楽しい思いをさせていただき、友人同士の飲み会なのに他人行儀な言い方ですがやはり感謝の思いが大きいです。 調子こいて飲み過ぎたもので、友人と別れて帰りの電車を降りたあと、駅でうめき苦しんでおりました(笑 充分な対策を立てていたから翌日に響くことはなかったし何より楽しかったから飲み過ぎたわけで後悔はありませんが、 自分の飲み方というか限界をあらためて思い知ったような気がしました。 「大人になるということは、自分の酒量をわきまえるということさ」 ヤン・ウェンリーの名言であります。私もちょっと考えよう。 「食ネタ」シリーズはこの辺まで。次回はまた別のネタになると思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010947
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

池袋西武百貨店の屋上フードコートでプチオフ会を行いました

6月24日の金曜日夜、プチオフ会を行いました。 もともと友人ひでとさんとの呑み話の最中に「チャンスがあったらまた呑みに行きたいねえ」みたいな話で盛り上がっていて、 先週、そろそろ行きましょうかとTwitterのDM(他人には見ることができない形でやり取りできるメッセージ)で相談していたのですが、 「よく考えたら『コソコソ相談してこっそり行くような事ではない』のでは?」と気付き(笑 前々日あたりから急遽「プチオフ会やります!」と告知するという有様でした。 結果私を含めて5名になりました。急なお知らせの中お集まりくださりありがとうございましたm(_ _)m 行ったところは池袋西武百貨店の屋上です。 以前にも何度か訪れたことがあり、今のところ私にとって「池袋といえば!」ここ、ぐらいの感覚を持っている場所であります。 P1010889 私が抱いていた昭和風デパートの屋上、という感覚とは程遠いシャレオツスポットであります。 お近くにいらした際には立ち寄る価値あり!ですぞ!
西武池袋本店 9階屋上 食と緑の空中庭園|西武・そごう
発起人の友人ひでとさんのブログです。 オリンパス機 x ポートレートの記事が特にオススメです。
ひでと日記

フードコートでオフ会の是非

世間的には「フードコートに集まるオフ会」というのはよく行われることです。 最近ブームの「オクトーバーフェスト」だって広義のフードコートであり、そのようなイベントに集まることだってあるわけで。 しかし私個人的には初めてでしたし、それだけにちょっとリスキーだったかな?という思いもありました。 場所は新しくて人気のあるスポットである。しかし予約も何もしていない。ましてや金曜の夜です。花金ですよ花金。 下手したらみんなで地べたに座ってビール飲む、そんな可能性だって充分あり得ました。 P1010876

天候に救われた

しかし、実際にはそうならず。 席にゆったり座れて、屋外の開放感あるスペースで堪能できました。行って良かったです。 理由は「雨」これでしょうね。 この日の天気予報は「夕方からは局地的に雷雨にも注意」みたいな、もう降りますってば!みたいなものでした。 実際雨は降りました。私も傘持参で行きました。 が、現地に到着した時には止んでくれたのであります。これは本当に運が良かった。 予報が予報でしたから、ここへ行こう!と狙っていた人がこの日に関しては少なかったのでしょう。 ガラガラと言っていい混雑度でした。 P1010888

ビールとポテトで

最初に現地入りしたのは私です。一応開始時間を決めた立場ですので遅刻しないようにと。 程なくひでとさんも合流、場所取りも首尾よく完了し、まずはふたりで乾杯。 おつまみは「ポムケ」のポテトです。ベルギーフライドポテト。 P1010878 表参道/池袋 ベルギーフライドポテト ポムケ
ポムケ | 本場のベルギーフライドポテト専門店

涼しい風が吹く中、ビールが進む

一人増え二人増え、場もかなり賑やかになりました。 カメラの話題、写真の話題が中心ですがもうちょっと色々な内容で盛り上がるのは多分に漏れず飲み会の常ですね。 私もビールおかわり。 P1010886

盛り上がったので二次会へ

フードコートは22時までの営業です。 本当はそこまで過ごすつもりはなかったのですが、場も盛り上がり私も飲み足りない気がしたので二次会動議を発案、 西口の居酒屋さんに移動しました。 打って変わって地下深い隠れ家のような場所。大騒ぎするような面々でもないのでしっぽりと行かせていただきました。 P1010892

今回はこの辺で。

フードコートでオフ会、悪くないですね。特にこの池袋西武はとても良いです。 夏場はちょっと暑いかな?まあ夜行くなら大丈夫か。また行きたいなあと思いました。 てか、次の土曜日もここへ行くことになるらしいんですけど!それはまた別の話。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010877
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/10/13 Tue 17:30 マイクロフォーサーズ

●最近どこにも行ってない

つくづく思います。どこにも行ってないなあ。 銀座から有楽町・東京駅界隈は日課になってしまい逆に新鮮味を失ってしまった、 じゃあその代わりに!と撮りに行ったかというとそうでもないんですよね。 横浜へは行きましたが、それも私にとっては定期的に行く場所で「わざわざ行った感」が無い場所です。 三連休もあったのに、天気もそこそこ良かったのに、無駄にしてしまったかあ… という思いも込めて、最近行った場所を洗い出してみることにいたします。

・池袋

むしゅめの服を見に「マザウェイズ」というお店があるサンシャインシティへ。 途中少しの間単独行動をして、同日開催されていた「サンクリ」という同人誌即売イベントに。そこらの経緯は前々回書きました。 「何買ったの!?何買ったの!?」とむしゅめの激しい追い込みがあったのは内緒です。 EM525050

・居酒屋の昼営業

某チェーン系居酒屋さんのランチタイム営業でお昼ごはん。 子供連れで居酒屋は非常識かな?と一瞬ためらいましたが、店内は意外に子供の声がして、まあそういうものか、と。 単品の料理が中心で、唐揚げや刺し身などが充実していますから、子供が飽きないんですよね。 そのお店は半個室でしたので、その点でも良かったです。 EM525051

・フライングタイガーコペンハーゲン

ヨーロッパ版100円ショップみたいなお店で、横浜東口に行った時には立ち寄ることが多いです。 基本的に日本人のセンスにないものが売られていて、その中で一風変わったものも置いてあり、たまに行くと時間を忘れますね。 EM525249

・ハーブスのケーキ

HARBS 丸ノ内や有楽町にもある「行列のできるケーキ屋さん」です。名古屋発祥だそうで。 一切れが700円から1000円近くする、ちょっとお高めのケーキですがその分味も良い、女性に人気があるのも分かります。 私はマロンミルフィーユだっけ?そんなのをいただきました。私にはちょっとデカすぎくんです(笑 EM525261

・パパブブレ

東京駅大丸の地下にある、飴屋さんです。 ガラス張りの厨房で金太郎飴作りの実演を見せることで有名です。 ここはいつも人だかりができます。撮影もOKだそうでギャラリーはみんなカメラを向けています。 張り紙で「店員は名札をしていませんが、ご理解ください」とあったのですが、 ということは「店員が名札をしていないのはけしからん」というクレームがあったということでしょうか。 仮にそういうクレームが実際にあったとするならば、そんなの放っとけばいいと思いますけどね。どうせ匿名で言ってるんだろうし(笑 EM525043

●今回はこの辺で。

電子書籍の話の後日談になります。 前回制作した電子書籍試作品ですが、この記事を書いている時点でダウンロード数が19、 そのうち2つは私自身がテストしたものですから実質17という実績になります。 これで私の現時点での発信力がだいたい判明しました。 仮に有料版を制作・販売したとしてどの程度売れるものかな、 という計算もしてみたかったので、今回はダウンロード数をカウントできるアップローダーを利用したのですが、 購入してもらえる見込数を今回のダウンロード数の0.3%(300人にひとり)と仮定しましたので、 今もし私が電子書籍を本気で作ったとしても1部たりとも売れない、という試算になってしまいました(笑 宣伝次第なのかもしれませんが、とにかく「時期尚早」ということです。 前々回書きましたように出発点は「電子フリーペーパー」ですので、それはそれで問題ありません。 この記事にもダウンロードページのリンクをご用意いたしました。 興味を持っていただけた方はこちらからダウンロード可能ですので、よろしければご覧いただければと思います。 下のタイトル、もしくは画像をクリックすると、ダウンロードページを開くことができます。 in the room -tilandmark Digital Publishing #02- PDF形式、500KB thumbnail of DP02 in the room 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●池袋西武の続編です

以前に記事にしました池袋西武百貨店の屋上「食と緑の空中庭園」関連エントリとなります。 西武池袋本店「9階屋上 食と緑の空中庭園」 もう一度行きたいと思いつつなかなかそのチャンスが訪れず、 ましてや今年9月の関東地方は月の前半ひたすら雨が降ったものですから、デパートの屋上へ行こう、とはならず。 天気と都合を合わせるのも大変であります(笑 シルバーウィーク後半になり、天気と写欲の復活?とともに、ちょいとお出掛けしてきました。 西武池袋本店9階 食と緑の空中庭園 EM524528

●今回は食事してきました(笑

普段は出先で食事をすることが少ないのですが、今回は買い食い目当てでした。 真っ昼間からビール、平和な休日であります。

・ポムケ

今回の目的地でした。ベルギーフライドポテトのお店です。 外苑前に1店舗目がオープンしたのが昨年でしたか、それ以来行きたいと思っていたのですがなかなか機会を得られず、 そうこうしている間に2店舗目が池袋にオープンということで、そちらに行きました。 外苑前のお店はイートインできるようですが、池袋のお店はフードコートに出店している小規模店です。 ですのでもしかしたらメニューも限定的だったのかもしれません。 マヨネーズを多用したディップが美味しかったです。わさびマヨが気に入りました。 肝心のポテトは、まあ普通かな(笑 揚げたてを提供してくれたのは嬉しかったです。行ってよかった池袋。 ベルギーフライドポテト ポムケ EM524519

・ココの台所

ビールまで飲んでしまったもので、エンジンが掛かってしまいました。 他にどんなお店があるんだろう、ピザやパスタ、ホットドッグもありましたね。 夕方以降はバーベキューも行われるようでしたがこの記事を掲載した週末でいったん期間終了のようです。 色々見て回っていて、ふと目が止まりました。 佐賀のご当地B級グルメ「シシリアンライス」のお店だそうです。 シシリアンライスとは、ご飯の上に甘辛く味付けした肉、あとは野菜をのっけた料理、ロコモコの親戚みたいなものでしょうか。 ご飯までは食べ切る自身がありませんでしたので、鶏肉の甘辛炒めだけ注文しました。 こちらもおつまみに良いですね。ビールが進みますこと。 ココの台所 EM524523

・大道芸

ポテトと鶏肉とビールでウハウハ言っていましたら、近くで大道芸が始まりました。 東京都の「ヘブンアーティスト」制度の指定上演場所だったのですね。 石原慎太郎都知事時代に始まった制度で、御徒町駅の地下で見たような記憶があるぐらいですけれども、 今でも活動が続いていたのだなあ、と思いました。子供が集まってきて大盛況でしたよ。 EM524527

●今回はこの辺で。

写真が少なめなのは、やはり写欲復活に至らなかったからでしょう。 まあでもこうして1記事に出来ましたので、良しとしますか(笑 最後に1枚、西武百貨店地下出入口の前に並んでいた公衆電話を撮りました。 普段は使うこともめったにありませんから公衆電話は目に入っても意識することは無いですね。 しかしこれだけズラリと並んでいますとやはり「お、珍しい」と思うもので。 EM524529 次回は別のネタでまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●今回の記事は前後編のうち前編となります

西武百貨店と聞きますと私はまず渋谷を連想します。セゾングループのイメージでしょうかね。 (渋谷には20代の頃はよく行ったものです、ロフト館とかありましたが今はどうなっているのやら) しかし西武百貨店の本店は今回採り上げます池袋の方だそうですね。こちらはあまり利用した記憶がありませんでした。 が、今後はその状況が少し変わるかもしれません。 今年の4月に池袋西武百貨店の屋上がリニューアルされ、「食と緑の空中庭園」と名付けられて新たにオープンしたとの事で、 ここがちょっと良い感じじゃーん、と私のツボにもはまったのであります。 西武池袋本店9階 食と緑の空中庭園 少し前の写真を使った記事ですが前後編イッテミヨー P9990450

・国バラの帰りにたまたま立ち寄った場所

5月の第二週でしたか、西武ドームで国際バラとガーデニングショウが開催され、私は今年も行ってきました。 電車で行きますので利用する路線は西武池袋線、帰りももちろん池袋で乗り換えをすることになるのですが、 私はその日、西武百貨店のデパ地下で柿安の牛めしを買って帰ろう、と思い立ちました。 牛めしは無事ゲットしたと思うのですがそれは今回の主題ではなく、さらにその先であります。 西武百貨店を出ましてJRに乗ろうと歩いていた私の目に飛び込んできたのが、この柱でした。 「空のほとりで会いましょう 食と緑の空中庭園」 このフレーズに、私のムスコ妖怪アンテナがピピっと反応したのであります。 これは面白そうだ、ブログネタにできそうな匂いがギュンギュンするね! というわけで、JRの改札近くまで行きながら、そこから取って返して再び西武百貨店の暖簾をくぐったというわけでした。 P9990510

・巨大百貨店にまたもや迷いながらも到着

私はデパートでは基本的にエスカレーターで移動します。エレベーターはめったに使いません。 エレベーター、並ばされるしなかなか来ないしやっと来ても人いっぱいだし、性に合わないのでございます。 が、普段めったに行かないようなところでは、エレベーターの方が良いのかもしれんね、と思いました。 西武百貨店池袋本店が非常に広くて、しかもエスカレーターを乗り継いでいますと途中の階で行き止まりになり、 「次のエスカレーター」が見つからなくて右往左往、なんて経験ございませんか。私はしょっちゅうです(笑 少しでもフロアを回遊させようという目的なのでしょうね、昭和中期以前の古いデパートにはよく見られます。 比較的新しい、例えば横浜そごう・千葉そごうのような建物は中央にどどんとエスカレーターがあって、 来店者が目的のものを見つけやすいですよね。ああいう構造の方が現代的なのでしょうね。知らんけど。 そういうわけで、9階屋上庭園、やっとの思いでたどり着きましたら、想像以上に綺麗な場所でした。 私が行った時期がオープンから半月ぐらいしか経っておらず、ゴールデンウィーク明けという反動もあったのでしょうか、 比較的空いており、落ち着いた雰囲気がとても印象に残っています。 ファミリーや学生集団や酔っぱらいグループが騒ぐようなところではないですね。アベック向きな気がしました。 P9990507

・要するに、フードコートです

食と緑の空中庭園、という名前がついています。その名の通りの場所だと思います。 が、平たく言えばフードコートであります(笑)おしゃれなフードコート。 ガツガツ食べるようなものではなく、おつまみになるようなものを出すお店が多いように思いました。 雰囲気はこんな感じです。向こう側にサンシャインが見えますね。晴れた日には心地よく過ごせるのではないでしょうか。 P9990456 席はテントになっている部分と屋根なし開放の部分があり、どこで食べても構わないようです。 この日私は既に柿安の牛めしをゲットしていたこともあり、見学目的で行ったので腰掛けることはしませんでした。 夜は22時まで開いているそうです。 P9990461

・奥には花が咲き乱れる庭園が

フードコートの奥にはちょっとした庭園がありまして、とても綺麗でした。「食と緑の空中庭園」は伊達ではないですね。 行った時期が5月ですので花がいっぱい咲いており、見て回る人も多かったです。 神社と一体化して再整備した様子ですが、神社の方は見ませんでした。 P9990489 庭園部分の中央には池がありまして、蓮も浮かんでいるという。ここ池袋西武ですよ(笑 フードコートでビールとおつまみ、飽きたら庭園を眺める、みたいな過ごし方ができる場所なのです。 ここはビアガーデンみたいな賑やかなイベントはせずに、ちびちび呑みながら静かに過ごせる場所であって欲しいなあ。 …と思っていたら、ビアガーデンやってました(笑) P9990486

●今回はこの辺で。

次回もこの池袋西武空中庭園に関わるエントリとなる予定です。 が、記事の趣旨はちょっと変える予定です。 冒頭で「今回は前後編のうち前編だ」と書きましたが、より正確な記述をしますと 「この記事は次回記事の前振り」と言った方がいいのかも。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/08/30 Sun 21:46 マイクロフォーサーズ

●身内ネタは初めてでしたか

オリンパスE-M5 markII関連エントリです。 今回の記事は購入直後あたり、お盆休みに行った友人との飲み会での写真を掲載したものです。 別に隠すつもりはありませんでしたが、カメラと関係ない、と思ったのでしょうかね、当ブログで「きたかん」ネタは初めてでございます。 私は15年前から何年かに渡って「ガンダムウォー」というトレーディングカードゲームをやっておりました。 ガンダムウォーとは疎遠になりましたが、当時出来た友人とは今も付き合いがありまして、 今回記事にしましたように、定期的に行われる飲み会に出席するという間柄、今の私の背骨の一本を成す人間関係なのであります。 EM527247 タイトルにあります「きたかん」とは「北関東ガンダムウォープレイヤーズクラブ」という名前の略称でして、 要するにガンダムウォーのプレイヤーがあつまるグループ名のようなものです。 成り行き上私が声掛けをする形になりましたが私が前線を離れた後にこのコミュニティが大きくなりまして、 全国大会に出場するような強豪プレイヤーやルール解釈のトップクラス等、逸材が参集したという。 振り返れば奇跡的な集まりだったと思いますし、今もその当時のメンバーとの交友があるのですけれども、 現在ではガンダムウォーの話題は出ず、飲み仲間となっているのは年齢によるものか。 私は今に至るまで頭の回らない三流ゲーマーですけれども、私以外のプレイヤーは揃って全国レベルの実力者でしたね。 ただ、それを誇るような人間関係ではない、というのが魅力なのでございます。 自然体の集まり、伊達と酔狂でGTを目指す集団だったのであります。懐かしいねえ。

・四十過ぎますと、利害無き交友がとても大切に思えます

この年齢になりますと、付き合いが15年にも渡るような人間関係はとても大切です。 しかも仕事絡みではなく、まったく利害がかかわらない間柄、私にはありがたい。 年に何回か飲み会が行われ、私も可能な限り都合を合わせて参加するようにしています。 で、今回連れて行かれましたのは池袋にあります「池袋の風」というダイニング。 Dining kaze 池袋の風 私は前知識無しですからどんなお店なのか事前に想像もつきませんし、友人と飲めればそれでいいのでこだわりもありません。 が、これを見た後で振り返るに、チョイスの理由が分かるような気もいたしました。 お手洗いにアイドルのポスターがいっぱい。聞けば「田村ゆかり」さんという方で、店長さんが応援しているからだとか何とか。 余談ですが田村ゆかりさんというのは声優さんだそうです。私は知識も興味も無いので当ブログではこれ以上はご勘弁願いたい EM527274

・いろんなお酒がありました

私はビール党です。何がなくてもビールがあれば満足。 最近はオクトーバーフェストとか言って海外のビールが人気を集めたりしているようですが、私は国産のキンキンに冷えたのがお気に入り。 友人曰く「ピルスナーだね」とのことですが私は詳しくないので何とも。 海外のビールがダメだというわけでもないので、このような飲み会はとても楽しめます。 写真に撮りましたこのビールも美味しかったです。ホエガアアーデンであります。 EM527252 ビールばかり飲んでいても私はじゅうぶん幸せなんですけれども、メニューを眺めていたら他の飲み物にも目が移ります。 その中にあったのがこちら、「獺祭飲み比べ」であります。 私は初めて飲みましたが、日本酒をあまり身近に思っていない私にも、重たくなくて美味しく飲むことができました。 京橋に獺祭バーがあるそうです。お金がある時に行ってみたいところです。 EM527270

・料理も美味しいお店でした

お酒も豊富で会話も進み、楽しいお店でした。が、このお店は料理もとても良いとの事で。 とりわけ鉄板で出てくる肉料理が絶品、という話だったのですが結局この日はそちらにはありつけませんでした。 それはまたいずれ機会を見て、ということになりますがそれでも私は堪能いたしました。 EM527256 最初にメニューを見て「絶対注文する!」と決めていた馬刺しです。 思い返せば以前に参加した中央林間でのオフ会でも馬刺しユッケに色めき立っていたような気がいたします(笑 それはそうと、馬刺しの横にある白身は「タテガミ」だそうで、こちらもぷるんぷるんの美味でした。 馬刺しにはタテガミがついてくるもの、なんですって。普段グルメではない私はそんなの知らなかったよ。 EM527262

●今回はこの辺で。

何だかいい感じに酔っ払っていたもので、カメラを構える時にあまり気を使わず、さくさくスナップしていました。 使用したレンズが「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」だったのはたまたまですが、広角はやはり気を使わないといけませんね。 でもそんなことどうでもいいのであります。この場にいることが重要でして。 次回もE-M5 markIIネタになる予定です。が、そろそろαにも回帰したいなあ。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM527260
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/07/14 Mon 15:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き池袋編となります。池袋編はひとまず今回までです。
α7Rを持ち出し、カメラの設定で「クリエイティブスタイル=クリア」「コントラスト+3」「彩度-3」「シャープネス+3」にして、
明るい部分を擬似的にシルバーもしくはグレーのように見せて「ブリーチバイパス調(あくまでも『調』ですが)」を実現する、
というのを主眼に置いて撮り歩いてきました。
やはり私はハイコントラストな写真が好きなのだなとあらためて自覚します。
この写真にしても、サンシャイン60は潰れてもいいから空との明暗差を主役にしてしっかり描写したいと思うのです。
DSC07829

「高コントラスト・低彩度でブリーチバイパスを模す」と言いつつも、前回はそれっぽい写真をぜんぜん載せませんでした。
この写真はどうでしょうか。ウルトラマンです。シルバーボディが見事に映えている!はず!
DSC07826

サンシャイン60と同じ区画の中に「東池袋中央公園」という公園があります。
サンシャインシティの賑いとは打って変わって立ち寄る人もそれほど多くない場所ではありますが、思わず立ち寄ってしまいます。
こういう「都心に唐突に存在する公園」という面持ちが好きなもので。
DSC07830

この公園はある意味特別な場所でもありまして、
サンシャインシティ全体が「巣鴨プリズン跡地の再開発事業」によって誕生したのは有名な話ですが、
私は今回、この平和祈念の石碑が「かつて処刑台があった場所に置かれている」という事を初めて知りました。
DSC07834

石碑の向こう側に回りこむことができるので行ってみましたら、碑文が刻まれていました。
写真では読みづらいですので本文を引用掲載します。
「第二次世界大戦後、
東京市谷において極東国際軍事裁判所が課した刑及び他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑が、この地で執行された。
戦争による悲劇を再びくりかえさないため、この地を前述の遺跡とし、この碑を建立する。」
名作ドラマ「私は貝になりたい」の処刑台シーンなどは、この地がモデルということになるのでしょうか。
ともあれ、私も手を合わせずにはいられませんでした。
DSC07836

というわけで帰り道です。ガルパンの劇場版?もう公開されていたのですか。と思ったけどこれは総集編かな?
いずれにせよ私はもう熱が冷めていますのでこれを見ようとは思いませんが、
さっき平和に思いを馳せていたのに戦車アニメかよ!?とか思う事なかれ。この作品には戦争のセの字も出てきません。
「ガールズアンドパンツァー」は、戦車を題材にしてはいますが美少女スポ根学園アニメなのであります。
DSC07850

それにしても暑いですね。
本格的に夏到来!ということですね。
それはそうと写真を見返していて思ったのですが、焼肉食べ放題2850円は安いですね。
DSC07848

帰り道にて。
ゴディバのチョコソフトクリームを買って食べてました。
この写真だけ設定を「スタンダード」に戻して撮ったものです。
キットレンズとはいえ望遠端で撮ればこの程度にはボケてくれます。私には充分です。
FE28-70mm、良いじゃーん。
DSC07855

今回はこの辺で。
先日ちょっと触れた「ボーナスでたらカメラ買いまっせ」について、その後どうなった?とお問い合わせをいただきました。
ええい!ボーナスまだ出テナイヨーヤバイヨヤバイヨ
何だかもう貰えないような気がしてきたなあ。というわけであの記事は妄想となりそうです。残念
まあそれも良しだ!思えば昨年末にE-M1とα7Rをほぼ同時に手に入れてからまだせいぜい半年ちょっと、
ここでまたカメラを買い足そうなんて、贅沢以外の何者でもありませんね(笑)
というわけでISO409600も4K動画もいったんおあずけであります。
ようし!気分を変えて年末のα99IIを狙うぞ!(核爆
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC07842

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/07/13 Sun 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ちょっと用事がありまして、池袋まで出掛けてきました。
サンシャインシティに行ってきたのですが、これまた結構久しぶりでした。
個人的に山手線の西側、池袋新宿渋谷に行く機会が激減しており、特に渋谷なんていつ以来だろう、
最近は通りがかることすら無いなあ。
決して嫌いだとか避けているとかではないのです。単なる習慣とはいえ、恐ろしいものですね。

さて。今回はα7Rを使用して撮ってきた写真を掲載してまいります。
使用したレンズは「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」なのですが今回はレンズの話ではありません。
少し前に記事を連投した「堀切編」後半で使用した設定が殊の外自分で気に入ってしまったもので、
その設定をα7Rに適用して撮り歩いてきました。
堀切編で使用したカメラはα99、同じソニーでしたので設定内容を真似るのは簡単です。
DSC07774

サンシャインシティの入口、東急ハンズの建物前で撮りました。
台風一過、この日はとても暑い上にJR池袋駅からここまで意外に距離がありますので既に汗だくであります。
DSC07779

ちょっと早めに着いたので、飲食店街が混雑しないうちに昼ごはんに行きました。
動く歩道の終点にあるクアアイナです。ハンバーガー久しぶり~
DSC07785

ハンバーガーが来るのを待っている風景です。
うちのむしゅめも「お子様ランチ卒業宣言」していました。
そんなにいっぱい食べたいというわけではないのですが。背伸びしたいということなのかな。
もう赤ちゃんじゃないということなのでしょうね。チューしたら怒るし(笑
DSC07801

今回のカメラ設定は「高コントラスト・低彩度」というものです。具体的には、

「クリエイティブスタイルで『クリア』を選択し、詳細設定で「コントラスト+3」「彩度-3」「シャープネス+3」にします。

ポイントは「シャープネス+3」ですかね。これによって光が当たった髪の毛などを擬似的にギラギラさせることができます。
この方法で被写体や光を選んで撮ると「ブリーチバイパス的な効果」を狙うことができます。
ただ今回の写真がブリーチバイパスかというと実はそうでもない、あくまでも「高コントラスト・低彩度の写真」なのですが。

以前にちょっとブリーチバイパスについて勉強した時に、Photoshopではなくカメラで何とかならないか、と考えたことがありまして、
「高コントラスト・低彩度」かつ白い部分がシルバーもしくはライトグレーっぽく見える設定を、と色々いじった際、
お、クリアがちょうどいい、使えるじゃーんということで以降愛用しています。
フォトショでできるだろそんなこと、とお思いかもしれませんが、うちは「可能な限りカメラと現場で何とかする」ブログであります。
第一、フォトショでブリーチバイパス調処理なんて手垢がつきまくっていて今更ネタにもなりますまい(笑

なお、オリンパス機でこれに近い設定をするなら「ハイライト&シャドーコントロール」を「HiLight+3/Shadow-3」ぐらいにして、
ピクチャーモードを「フラット」、メニューから「コントラスト+2」「彩度-2」「シャープネス+2」すれば近いテイストになります。
ニーズがあるかは分かりませんが、とりあえず載せてみました。
記事タイトルに「ブリーチバイパス」って書きたかっただけ、とも言いますが(笑
DSC07796

というわけで、ハンバーガーもこんな風に撮れます。
スポット光が強いのを利用したつもりでしたが、強調されすぎて美味しそうに見えないですね(笑
DSC07803

クアアイナのポテトは細身でサクサク、好みです。
余談ですがα7Rはの手ぶれ補正はレンズ側に頼っていて、やはり効きがイマイチです。このポテトもブレてます。
オリンパスの五軸補正が無敵だということを痛感する瞬間です。
動画撮影など、α7Rよりα99の方が良好な結果を得られますので(動画に3600万画素は関係ありませんので)、
動画であれ写真であれ、やはり手ぶれ補正は私にとっては「無くてはならぬ機能」なのだと思い知っている今日この頃。
DSC07806

今回はこの辺で。
ちょっと出掛けただけ、1~2時間ですぐに撤収した池袋編ですが、次回まさかの後編となります。
この色設定のままもう少し撮り続けてきたものを掲載するつもりでおります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC07811

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/04/09 Wed 22:00 ソニーα
先日の話ですが、友人の結婚式に出席してきました。
私としては実に20年ぶり?の結婚式出席でした。
20年前の礼服なんてもう入りませんし、何よりしきたり云々まったく覚えてません。ゼロから再スタートです。
私は新郎友人として出席したわけですが、その新郎は私が写真趣味であることを知っていまして、
事前に「撮影よろしく」とは言われていました。
その時は軽い気持ちで「じゃあカメラ持って行くね」と答えたのですが、まさかあんなにプレッシャーがかかるとは。
DSC01100

式場はこのホテルでした。
私は山手線の東側を主な活動エリアとしておりまして、この辺りにはあまり行かないので道に迷いました(笑)。
自宅から決して遠い場所ではないはず、なのですが。
DSC01091

結婚式の撮影なんてやったことがありませんでした。やる日が来るとも思っていませんでした。
撮影するのが仕事ではありますが、ブライダルとはジャンル違いで私はまったく縁がありません。
また、直前に知ったのですが今回オフィシャルなプロカメラマンを雇っていない、との事でした。なんとぉ!
私ではブライダルプロの肩代わりはできませんが「やれるだけのことはやる」と心に決めたのでした。

まったく予備知識が無かったので、式場関係の方、披露宴慣れした方、プロカメラマン、さらには本職のブライダルカメラマンさんまで、
直接間接ツイッター等々色々な方法でアドバイスをいただき、当日に備えました。
周囲から「そんなに気合い入れる必要ねえよ気軽に行けよ何をアツくなってんだよ」みたいにも言われましたが、
付き合いの長い友人からの(たとえ軽い気持ちであれ)頼まれたからにはそれなりに後々まで残るものにしたかったですし、
何よりその友人には恩義もありましたので、腕前はともかく結果は気にせず、せめて機材だけでも全力モード!と思いました。

で、持ち出したのは以下の通りです。
●ボディ
α900
α99
●レンズ
Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZA
Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8ZA
SONY AF 70-200mm F2.8G
Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA

フルサイズ2台プラス大三元に加えてAマウントの神レンズ。
「ひとつひとつのシーンで失敗しないこと、やり直しがきかない」
「奇をてらったり作品性を追求するようなことはしなくていい、記録で充分」
というアドバイスもいただいていましたので、とにかく「負けない戦い」を目指しました。

α7Rもフルサイズではないか、なぜ持ち出さなかった?とお思いかもしれませんね。
今回についてはα7Rはダメだと判断したのでお留守番です。手ぶれが怖かったのです。。

OM-Dを2台体制でも良かったのでは?とお思いかもしれませんね。
こちらも今回はお留守番です。私は今でも「ここぞ」という時にはマイクロフォーサーズではなくαを使うことが多いのです。
ノクチクロンの登場で、その意識も少し変わりつつありますけれども。

さて、とにかく気負いまくって会場入りしました。
無理をお願いしてチャペルの見学等もさせていただきました。
これは事前にやっておいて良かったです。
DSC01119

チャペルでの式はとても緊張しながら撮りました。
皇帝ラインハルトが私を見たら「落ち着け、卿が結婚するわけでもあるまいに」と言ったに違いありません。
控室や披露宴受付等も淡々と撮り続け、合間にワインなどもいただきながら、披露宴突入です。
人物が写っているものはここには掲載しません。今回は料理だけです(笑)
お、いきなり斜めのイキリ写真かよ!とか思わないでくれぇ!いや確かにイキリ写真ですけれども。
DSC01694

披露宴の進行次第は手元に無く、早いタイミングでスタッフの方に確認する必要がありました。
今回プロの撮影が入らないことを直前に知ったので多少の準備(900とか99とかね)をしてきた点、
だからタイムテーブルなどを逐一確認させて欲しいという事、
そして、披露宴の進行の邪魔にならない範囲で自由に撮らせて欲しいとお願いしました。
幸い私の席は司会席に最も近い場所であり打ち合わせが容易で(今から思えば、それも新郎の判断だったか?)、
スタッフの方も配慮してくださいました。このホテル良いですね。身近で誰かが結婚するような時には候補に奨めてみよう。
そんな私にパイスープ!私は下品な人間ですのでフチに残ったパイを素手で剥がしてカップに落としたりします(笑)
DSC01760

披露宴はイベントが色々あって撮影ポイントが間断なく訪れます。
私は今回自分で勝手に「全部撮っちゃる!」と気負っていただけだったのですが、それでも食べる時間はほとんどありません。
料理は次々と運ばれてくるのですが、なかなか手を出せない…
たまに「しばしご歓談ください」みたいな時間があるのですが、そこで一気に片付けます。
そして気づくのであります。この料理、食べる前に撮るのを忘れた!
DSC01862

料理を必死でかきこむ私に、司会の方が話しかけてくれます。
「良いカメラをお持ちですね。ご趣味なんですか?」とかなんとか。
で私は「趣味ももちろんですが、一応仕事にしています。でも結婚式は初めてですので色々教えて下さい」と返した記憶が。
その会話の少し後、キャンドルサービスの撮影をしていた時に、
「本日の撮影は新郎のご友人のてーあいさまでございます、プロのカメラマンをしておられます」みたいな紹介が。
小っ恥ずかしい思いをしましたが、おかげでその後の撮影がやりやすくなりました。特に親族の方々に対して。
さっきの会話は、さては探りをいれたんだな!?と、抜け目ないものなのですね。
お陰でせっかくのステーキもピントを外したぜ!
DSC01893

思えばマイクロフォーサーズではなくαを持ち出したのは、
「周囲も何となく『こいつに撮られるのはしゃあないか』と思わせることができるのではないか?」と思ったからで、
要するにハッタリ的な要素も大きかったのであります。
その点は大当たりでした。最初は怪訝そうな眼をしていた親族や上司みたいな年配の方もイチコロであります(笑)
今回新郎恩師で乾杯をされた方がカメラ趣味で「メインはD800」なのに当日はニコンV1を持参されていたのですが、
えーD800も持ってきてくださいよ~(笑)みたいな話もさせていただいたりしました。
酔わないように気をつけていたのですが、デザートのあたりになるとさすがにお酒も回ってしまい、
撮影も雑になってきます(笑)このデザート、とても綺麗だったのにもっと撮り方はあったよなあ。
テーブルに並べてもらった、そのままを撮っているのであります。
DSC02098

料理はどれもとても美味しいものでした。
新郎が「料理で選んだ」とまで言っていたのでその点不安は無く、ただゆっくり味わえなかったのが残念でした。
ウェディングケーキも撮っておきました。
料理の写真が縦ばかりなのは何の事はない、横で撮ると両隣の席が入ってしまうからです。
とにかく!とても素敵な結婚式でした。途中ちょっとウルウルしたりしながら撮ってましたとも。
DSC02082

機材の話も少し。
今回はα99に16-35と24-70を、α900に70-200をつけて撮りました。
世代的にα99の方がAFが速いだろうということ、だからα99+2470をメインにしたかったということ、
私の主観ながら、我が家の70-200はα99よりもα900と組み合わせたほうが相性が良いということ(AFが迷いにくい気がする)、
持参したフラッシュが汎用シューのものだったのでα900には取り付けられない→この意味でもα900には70-200を付けるしかない、
とまあ色々理由がありましたが、結果として機材トラブルは無く(!)、その点では無事終了できました。
撮影枚数はカメラ2台で2100枚程度、厳選&ちょっといじって200枚弱を納品しました。ちょっと少なめですかね。
新郎に「感想聞かせてね!」と伝えたのですがそれっきり連絡が取れなくなりましたので、それなりの出来だったのでしょう。
私にとっては楽しくもほろ苦いブライダルデビューとなりました(笑)。
ここでグチグチ反省するようなことはいたしません。せっかくの披露宴に泥を塗るような気がするからです。
幾多の反省点は、心の中と、この事を相談していたプロ師匠の前でひっそりたどっていこうと考えています。
Twitterでさまざまなご意見アドバイスをくださった方、面識もない私に有益なお話をありがとうございました。
とても役立ちました!m(_ _)m

今回はこの辺で。
この次の日は別の友人の結婚記念パーティーだったのですが、そちらは100%人物スナップですので掲載するのは控えます。
そちらもとてもステキな、感動的なイベントでした。結婚式(・∀・)イイネ!!

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事