ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「永田町」
国家中枢そぞろ歩きシリーズ連載3回目となります。
有楽町駅を出て日比谷から霞ヶ関方面に進み、三宅坂方向には進まず進路変更、
向かったところはこちら国会議事堂、この時の目的地でした。
記事タイトルにもありますように、モノホンの国家中枢であります。
EM161585

順番としては前後しますがこのような風景も。
歩道橋があればとりあえず用がなくても上ってみる、と(笑
地上だけ、歩道だけでは見えなかったものが見えるかもしれない!という、まあその程度っちゃあその程度の理由です。
EM161573

国会議事堂の周辺は、歩道に警察官が何人も立っています。警備ですね。
ある人は私を不審者を見る目で、ある人は見ないふり、対応はそれぞれ違うようです。
この写真を撮りに行ったのは3月末頃で時刻は19時過ぎ頃だと思います。
平日なのに通行人なんかほとんどおらず、時々ジョギングの人が走っているぐらいで。
40-150を構えたりしていたのでかなりの不審者感があったかも、と思いながらも、ふと思った質問を警察官にぶつけてみました。
私「この国旗、どこの国のものでしょうか?偉い人が来ているんですか?」
警察官「ポルトガルです。首相が来日中です」
との事で、サッカーファンなら一目見て分かるであろうポルトガルの国旗、私は全然分からなかったです。
それにしても、ポルトガルの首相が来日中だなんて、その時まったく知らなかったなあ。
私のニュースに対するアンテナの張り方に問題があるのでしょうね。
EM161598

一応警察官に許可を得てから、門にレンズを突き出して撮った国会議事堂です。
ライトアップされているのは建物の上半分だけで周辺は真っ暗なものですから、どうしてもこういう写真になってしまいます。
EM161593-2

ですので、上の写真についてはこんな風に明るさを調整しました。
真っ暗になっていて黒く潰れてしまっている、と思っていましたがなかなかどうして、ちゃんと写っているものなのですね。
EM161593

中央に大きな門があり、新人議員が初登院した時などに記念撮影していたりしますよね。上の写真はそこで撮ったものです。
その両脇にこのような通用門があり、正面向かって左には衆議院、右には参議院とありました。
EM161600

振り返って撮ってみるとこんな風景です。
思えば警視庁から国会議事堂までゆるやかな上り坂を延々上がりましたので、その分眺めも良いですね。
EM161595

そんなこんなで警察官以外にほとんどひと気の無い歩道を歩き、永田町駅から地下鉄に乗って帰りました。
都心ど真ん中のはずなのに不気味なほどの静けさで、散歩には良いのでしょうがちょっと怖い気もします。
が、不安感のようなものはまったくありませんでした。やはり治安が抜群に良いことが身にしみるほど分かるから、でしょうね。
EM161602

今回はこの辺で。
有楽町→日比谷→霞ヶ関→国会議事堂と続けてきましたがここでいったんおしまいです。
ただ、この界隈を歩いた記事は別枠でもう少しありますので、時期を見て掲載しようと思っています。
次回は国際バラとガーデニングショウ関連記事のつもりです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM161603

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事