ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「東京ミッドタウン」

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」を持って、六本木・東京ミッドタウンのイルミネーションを撮影してきました

GH5S-7.jpg パナソニック、気鋭の新型デジタルカメラ「LUMIX GH5S」関連エントリです。 一眼レフの身なりをしておりますが中身はゴリゴリのビデオカメラ、しかし写真についても気にかけておりますよ! というコンセプトのモデルということで写真界隈も興味が向いている! …かと思っておりましたがそうでもないですね。 マイクロフォーサーズで写真を撮っておられる方々はことごとく「G9、G9、G9!」という状況のようで、 まあそれはそれで良いことなのでこのままG9もGH5Sも売れてくれればマイクロフォーサーズも盛り上がるのではなかろうか、 と思っております。 当ブログは「実質的にビデオカメラ」というGH5Sを導入しつつも動画をほとんどご覧いただくことのないままここまで来ております。 今回も写真の記事となりますがまあ、これも需要があるかな?とは思っていますので。 GH5Sを所有していて写真を撮る方は少ないと思いますが、その方々にお訴え申し上げる次第でございます。 ひとつだけ申し上げますと、カメラとしての「所有する喜び」はバッチリございますよ!

国立新美術館を出て、GH5Sの高感度を試す

今回行ったところは六本木、東京ミッドタウンです。 大人の街、何をするにも高くつくハイソの街ですが、 私は写真を撮るだけ撮らせていただいてあまりお金を落とさない不良来場者であります。 今回はミッドタウンで食事でもして…と思ったのですがちょうど良いお店が無く断念、難しいものです。 P1000273 ガーデン側の入り口から入ります。 水が流れているところは、なんと凍っていましたよ! P1000249 ガーデン部分のエリアはクリスマスの時のイルミネーションが残っているようで、 イルミ好きの私にはとても嬉しい撮影となりました。 これが春先にはピンクに染まるわけで、そう思うと年がら年中イルミネーションやってますね、ここ。 P1000250 撮影の定番スポット、ガレリアにつながる歩道橋であります。 ここは春先・クリスマスシーズンには押すな押すなの大盛況となるのですが、 この時期は日曜夜ということを差し引いてもシーズンオフであるらしく閑散としておりました。 P1000260 青いイルミネーション。 六本木といえば「青イルミ」という印象に(私の中では)なっておりまして。 その残滓とでもいうような感じできらめいております。 P1000262

敢えて言おう、GH5Sは
「フルサイズ機と互角に戦えるポテンシャルを持つ、
初めてのマイクロフォーサーズ機」である

マイクロフォーサーズの話も少ししておきます。 我が家では「ソニーα」と「マイクロフォーサーズ」という二つのシステムを運用しています。 ソニーαではすっかりフルサイズセンサー機での運用が定着し、α7SIIというカメラとも巡り合うことができました。 マイクロフォーサーズではもう何年もの間「これは!」という決定版とも言うべきボディが出てこなかったこともあり、 正直私は「もうαだけで良いのではないか?」と思いつつあったところにこのGH5Sが登場したのです。 このカメラはマイクロフォーサーズにとって革新です。 マイクロフォーサーズが「フルサイズセンサー機やAPS-Cセンサー機に対して劣っている点」は、 センサーの(相対的な)小ささ、それに起因する画質の(相対的な)悪さ、ですよね。 世間の一部では「マイクロフォーサーズ機もフルサイズ機に負けてない!」と強弁する向きもありますが、 そりゃあ光がじゅうぶんにある状況なら戦えるでしょうよ、現代のデジタルカメラなら。 しかしちょっと暗い場所では途端に差がつきます。 マイクロフォーサーズは、暗いところに致命的に弱い。 私は「ライティングできない暗い室内で人肌を美しく撮る」ことを仕事にしており、 また、「夜の街撮り」を趣味・当ブログの主戦場としております。 それらの経験を踏まえた上で申しますが、暗いところではマイクロフォーサーズは不利でした、ここに議論は無かった。今までは。 しかしGH5Sで潮目は変わりました。 α7SIIと互角の高感度性能だ、とまでは申しませんが、その差はせいぜい一段程度。 ニーズは少ないとは思いますが、写真ならばその差はさらに縮めることができます。 この記事の写真はすべて、カメラ内で生成されたJPEGを、 Photoshopで「ディテールを残しつつ、ほんのちょっぴりノイズ低減処理をした」ものです。 動画ファイルで同じことをできるとは思いませんが、写真ならやりようはあるのです。 P1000266 私はこのカメラがボディ内手ぶれ補正を搭載していないことについて、本心では納得できずにいます。 パナソニックの開発の不見識(?)には小一時間説教モードだ。いったい誰に売ろうと思ってるんだ? しかし、それでも私はこのカメラに32万円出しましたし、後悔もしておりません。 この先おそらく1年以内に、このセンサーを搭載したボディ内手ぶれ補正機が登場するはずです。 しかし私はGH5Sを手に入れて満足しております。 興味もない方におすすめするカメラではありませんが、ちょっと気になる方、使い道を想像できる方なら後悔しないと思いますよ。 P1000276

今回はこの辺で

GH5Sについて書くことつらつら記事にして9個目。 ここまで書けるボディと巡り会えたのは私にとって幸福な事なのではなかろうか、と思っています。 要するにベタ惚れしているわけです。この先もガッツリ書かせてもらいます。 次回もGH5Sの記事です。 いよいよ(ようやく?)動画メインの記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000248
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/12/12 Tue 23:20 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-15

2017年度クリスマスシリーズ、東京ミッドタウン編です

当ブログ恒例の年末特集・クリスマスイルミネーションシリーズ。第15弾です。 今回も引き続き東京ミッドタウン編です。今回まで。 写真を選んでいて「記事みっつぶんあったなあ;」と後悔しつつもバランスを考えて前後編の2本構成となります。 こういう話もブログ作りのあるあるですよね(笑)時々挟み込んでまいります。 DSC03305 12月25日までやってるよ!

東京ミッドタウン・ガーデンのイルミネーション

東京ミッドタウンの高層ビル群を半ば取り囲むように、庭園が広がっています。 『ガーデン』と呼ばれているようですが、そちらにもイルミネーションが施されています。 いや、むしろそちらが主役です。 DSC03299 こちらは複数のポータルサイトで『都内クリスマスイルミネーションの名所』と紹介されたことで、 多くの人が詰めかける有名スポットとなりました。 ピークの時期には通行規制も行われています。 クリスマスデートをお考えの諸兄はご参考に。 DSC03292 歩道橋の上から見下ろしてみます。 街路樹は桜です。4月には満開になり、そこにピンクのイルミネーションが用意されたりします。 その写真はまた4か月後に掲載することにしますね(行くのかよ DSC03300 そのガーデンの奥、広い場所で行われているのが一面青のイルミネーション、音と光が動くアトラクションであります。 年々少しずつ内容が変わっていたように思っていましたが、今年は去年のものと同じかな? DSC03320

アトリウムのクリスマスイベント

ガーデンを離れて、ビルの方に戻ります。 そのまま地下道を歩いて六本木駅から電車に乗って帰るわけですが、 その途中で見かけるクリスマス的なものも撮らせていただきます。 こちらはモエ・エ・シャンドンのブースみたいになってました。バーらしきものもあったようです。 入口のツリーはこれの伏線だったのか! DSC03332 アトリウムでは毎年ワインの試飲販売をやっていて、高い&私はワインを飲まないのでスルーですが興味ある方はどうぞ。 前回の記事でも写真に写っていたクリスマス雑貨屋さんのワゴンです。 赤いエプロンの店員さん萌えでございます DSC03336 そんなこんなでミッドタウンを後にして、日比谷線に乗って帰宅の途についたのでありました。 記事数は2本なれど、写真ネタ的にはそれ以上のボリュームがありますね。さすがの一語に尽きます。 来年も来るぜ六本木! DSC03351

今回はこの辺で。

ところで、例年ですとこの時期には写真のストックが山ほどたまっていて、ブログ掲載が追い付かない状況になっています。 が、今年はスローペースです。ぶっちゃけストックゼロという(笑 でもこれで良いのです。 従来は「今日は六本木の写真をいっぱい撮ったな、さてブログ書くか、あ、でも、先に恵比寿の記事を書かねば」と、 撮影してきたばかりの新鮮な感覚をいったん押し入れに入れて、少し前の(リアルタイム感の薄れた)写真で記事を書く、 という日々になっていたのですが今年は「最新の写真で記事を書く」ということを続けています。 新鮮で良いのですが、取材はギリギリのスケジュールになりますね。 まあ「だから何なんだよ」という話なのですが、ブログ作りの裏話的にご覧いただければうれしく思います。 次回は別のネタになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC03341
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/12/11 Mon 23:45 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-14-2

2017年度クリスマスシリーズ、東京ミッドタウン編です

当ブログ恒例の年末特集・クリスマスイルミネーションシリーズ。第14弾となります。 前回までに続けて六本木編、今回は場所を変えて東京ミッドタウンです。 2007年春にオープン以来、当ブログ(の前身も含めて)としても毎年写真を撮りに行き、それを掲載してきました。 もう11年目なんですね、早いものだわ(笑 DSC03268 12月25日までやってるよ!

東京ミッドタウンのクリスマスイベント

東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーションは「都内イルミネーションイベント人気ランキング」の上位常連でした。今もそうなのかな? 私個人的には1年目のこれでもかと言わんばかりのイルミネーション特盛状態が今でも記憶に残っており、 それに比べるとちょっと寂しい印象を持っています。 ですが、それでもボリュームは充分です。 入口のツリー?オブジェはこのような金色に輝く派手なもので、行きかう人が立ち止まってスマホを向けておりました。 DSC03270 よく見たらモエ・エ・シャンドンの提供だったんですね。 DSC03275 ミッドタウンの中庭、と言っていいのかな?プラザというエリアを撮ってみます。水が流れているところです。 ここも以前は「竹のイルミネーション」のような攻めた企画が行われていましたが、現在はこのようにオーソドックスなものに落ち着いています。 DSC03278

ガレリアのサンタツリー

ガレリアと名付けられた巨大吹き抜け商業施設エリア、私はここの木の雰囲気が好きで必ず立ち寄ります。 クリスマス雑貨屋さんが DSC03289 東京ミッドタウンのクリスマスディスプレイ・見どころのひとつであるサンタ人形のツリーです。 高さはどれぐらいあるんだろ?2メートルぐらいはありそうにも見えます。 DSC03280 近付いてみてみますとこのような感じで。 若い女性がきゃーかわいい、みたいにスマホを向けていきます。 私もひとしきり撮らせていただき、ほっこりしたところで次へ移動していくのでありました。 DSC03287

今回はこの辺で。

ところで、私は冒頭の見出し画像(クリスマス2017、と文字が入った写真)について、その記事の象徴となる写真を使用して作成しています。 「どの写真を使用して見出し画像を作るか」は、基本的に即断しています。迷うことはほとんど無いですね。 しかし今回の記事に関しては候補が2つでき、一瞬悩みました。 結局上に載せたように「サンタツリーの写真」が良かろう、と判断し、それで良かったと思っていますが、 第二候補もせっかく作ったので掲載しておきます。 ブログ作りの裏話、的にご覧いただければ幸いです。 クリスマス2017-14 東京ミッドタウン編は次回まで続きます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/04/26 Wed 21:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

春のイルミネーションスペシャル・六本木編

当ブログ春の恒例行事「春のイルミネーションスペシャル」2017年度第四弾となります。 私の思考が硬直しているのだと思います、毎年行く場所が決まっておりまして、 要するに六本木なんですけれども、これもまた様式美ということでお許し願いたい。 DSC00479

東京ミッドタウンの桜

三井不動産・和の複合施設「東京ミッドタウン」。 その面目躍如と申しますか、桜も大いにフィーチャーして盛り上がっているのでございます。 メインの施設部分からしたら外側ってことになるのかな?ビル施設と公園との境界に位置するゆるやかなカーブを描く車道、 そこに桜並木があり、ライトアップがされているのです。 東京ミッドタウンの春のライトアップの主役であると同時に、この記事の主題でもあります。 DSC00487 写真を撮る身分としては、どうにかして「見栄えの違う写真」を撮りたいと思う。 一方で私が持参したのは「16-35mm」というレンズ1本。 さあどう戦うべなあ、と考えながら撮り歩くイメージであります。 DSC00474

α7SIIの強み

ちょっぴり機材の話にも触れておきます。 持ち出したボディはソニー「α7SII」、今や押しも押されぬ我が家のエース機であります。 最高感度ISO409600、今やそれを上回るカメラはいくつもありますが、だからといってこのカメラの評価が下がるわけではない。 「ISO10000~20000が実用に耐える」点は変わらず、私自身もそれを期待してゲットしたのでした。 DSC00500 ただ、今回の写真はすべてISO25600で撮ったのですが、ちょっとノイズ感はありますね。 ソニーの方は「50000ぐらいは余裕で行けます」ということを話しておられましたが、 やはりそれは条件次第なのだなあ、とあらためて感じています。 暗い部分はやはり厳しいです。どこまで許容できるかの見極めが今後の課題でしょうね。 DSC00508

今回はこの辺で

そんなわけで、α7SIIを堪能しています。 こんなことならもっと早く買っておけばよかった。ここ数年のカメラボディで最大の満足度を獲得しております。 写真が雑なのは私の現像能力が低いからです。ノイズリダクションをほとんどかけていませんので。 いかん忘れてた、ここまでの「六本木編」すべてRAW現像でした。 色とコントラストはいじりましたが、ノイズはほんの少ししかいじらず、シャープネスには手をつけていません。 そう思えばISO25600でも上出来ということになるのかな?知らんけど 次回は六本木を離れます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00501
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/04/24 Mon 22:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

春のイルミネーションスペシャル・六本木編

前々回まで六本木ヒルズで撮った写真を掲載してきました「春のイルミネーションスペシャル」、 春をイメージしたライトアップイベントを見て回ろうという趣旨でお送りしております。 今回は東京ミッドタウンの桜を掲載してまいります。 DSC00454

東京ミッドタウンを見てきました

六本木のランドマーク、東京ミッドタウンは2007年に開業しました。 私がカメラを持って写真散歩するようになったのが2005年ですので、ほぼ同年代というか(笑 オープン当時の松本幸四郎出演のテレビCMを覚えておられる方も多いかもしれません。 テーマは「和」の複合施設。 大人の街を演出していた、いや、しているわけですね。 DSC00512 巨大な吹き抜け空間を活用した、余裕のあるディスプレイが私たちスナッパーを魅了します。 いや、そんなこと言ってないで金落とせよ(笑 DSC00456

桜並木を歩く

建物の外に出まして、庭園?ガーデン部分を歩きます。 4月上旬が旬ですね。桜並木が花開きます。 DSC00461 車道沿いに桜が咲き、それを歩道橋の上から見下ろすことができます。 ライトアップも合わせて、ここがミッドタウンの名所のひとつと言えるのではないでしょうか。 さすがに人が多くて、カメラを高く掲げてバカチョン撮りです。ブレてます(笑 DSC00466

今回はこの辺で

六本木は大人の街ですね。 いや語弊があるな。懐に余裕のある大人の街ですね。 お、良さそうな店だな、ちょっと入ってみるか。みたいな行動を起こせません(笑 お金ないんすよー、写真散歩するたびにブランド品とか買えない… くっそー、この屈辱はアメ横でケバブと海鮮丼食って晴らしてやるぜ! それはともかく、サラッと終わらせてしまってすみません。 六本木、行けば楽しいんですけど何となくコンプレックスを刺激する街でもありましてね。 こういうところで遊び歩いてみたいじゃないですかー DSC00450 次回はミッドタウン編の続きです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/12/10 Sat 18:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

東京ミッドタウンの名物クリスマスイベントを見に行ってきました

クリスマスイルミネーションシリーズ、関連エントリとなります。 六本木複合施設双璧のひとつ、東京ミッドタウンの写真を掲載しています。 今回はミッドタウンのイルミネーション最大の特徴とも言える場所に足を伸ばしてみます。 DSC07542.jpg

「ガーデン」がミッドタウンイルミネーションの主役

六本木ヒルズのイルミネーションの主役がけやき坂であるように、 東京ミッドタウンのイルミネーションの主役もまた建物内にあるのではなく、屋外です。 「ガーデン」と呼ばれる屋外公園部分の樹々にイルミネーションが施され、 そこに人が集まっています。 DSC07537 入口側、って言えばいいんですかね、イルミネーションにも様々な色が混在している印象です。 それが、進むにつれてだんだんと「青白」に定まっていくような、そんな感じです。 DSC07540 こちらは、桜並木です。春には満開になって私たちを楽しませてくれます。 で、この季節は青いイルミネーションをまとって、これまた私たちを喜ばせてくれるのであります。 DSC07542 クリスマスに近づくにつれて、このあたりは平日でも人が増えてきます。 私は12月初旬に行きましたので、まだまだ閑散としていました。 このような「人がまばらな風景」が珍しく感じられましたので、写真に撮らせていただきました。 DSC07544 ガーデンの主役、宇宙をイメージしたイルミネーションイベントです。 ミッドタウンがオープンした初年度あたりは「ただ青いイルミネーションが敷き詰められているだけ」だったのが、 今では光が舞い飛びレーザーが放たれるど派手な演出が加わっています。 正直申しまして私は「光が動き回る」系のイルミネーションイベントを苦手に思っている側の人間ではありますが、 ここはおススメできるなあ。もし見たことが無い、という方がいらっしゃいましたら、ぜひいちどお立ち寄りください。 DSC07562 その時取り付けていたFE28mmで、ちょっとピントリングを回してボカしてみました。 時々はこういう抽象的な写真も掲載していかないと、さすがに飽きられてしまうのではないかと思いまして。 DSC07564

今回はこの辺で。

とまあ、そんなこんなでミッドタウンを後にしたのでありました。 六本木良いですね。ちょっと怖いですけどまた行くことにいたします。 ところで、この記事は予約投稿です。 12月9日金曜日の深夜に作成し、12月10日の夜に掲載するよう時刻を設定しました。 理由はもちろん、忘年会があるからです。 記事がアップされた直後は、私は飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎなのだろうか?それともしっぽり話し込んでいるのだろうか? 今の段階では分かりません。盛り上がっていたらいいなあ。 その様子はたぶん後日配信しますので、 興味ある方はぜひご覧いただければと思います。 忘年会の様子をブログで掲載するのはいつになるかな?タイミングを見て掲載いたします。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07570.jpg
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/12/09 Fri 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

東京ミッドタウンの名物クリスマスイベントを見に行ってきました

クリスマスイルミネーションシリーズ、関連エントリとなります。 前回まで六本木ヒルズの写真を掲載してきました。 その流れでたどり着いた近隣の複合施設・東京ミッドタウンの写真を今回は掲載いたします。 DSC07524.jpg

六本木の二大商業施設

東京ミッドタウンは、2000年代後半に開業した、比較的新しい複合施設です。 低層部分は商業エリア、構想部分はホテルやオフィスビルという典型的な構成でありますが、 いくつかの特徴を持っており、それらが独自色に磨きをかけるような効果をもたらしています。 DSC07521 そのひとつが「和」を取り入れた意匠です。 オープンから数年間ぐらいはそれこそ「竹のイルミネーション」のような攻めの姿勢なども見られたほどで、 さすがは三井不動産、そこらはツボを押さえているなあと感じたものでした。 DSC07576 東京ミッドタウンの象徴とも言える「ミッドタウン・タワー」 ビルとしては虎ノ門ヒルズや都庁舎などと並んで、現在も東京都で最も高いビルのひとつであります。 DSC07523 それにあやかった、というわけではないんでしょうけれども、天を衝くようなサンタツリーであります。 現場にあった解説を見ましたら、1800体のサンタさんが飾られているのだそうです。 こりゃあフィンランド人もびっくりだ! DSC07530 これはミッドタウンに限った話ではないんですけれども、 あちこちにクリスマスの飾りや人形、電飾が用意されていてとても華やかです。 一人で撮り歩いている私でも、ちょっとウキウキしてきますね。 DSC07578

今回はこの辺で。

この記事を書いているのは12月9日金曜日の夜です。 明日は当ブログ主催の忘年会であります。 ご参加表明くださった皆様、ありがとうございます。明日はよろしくお願いします。 また、当日の様子は断片的に収録&後日配信を予定していますので、 もし参加を検討されていた方がいらっしゃいましたら、ご参考いただければ幸いです。 ブログの方は平常運転です。次回はミッドタウンの続きになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07536
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

春のイルミネーションスペシャル、東京ミッドタウン編です

断続的にと言いつつの連続投稿恐縮です。 痛風の発作はピークこそ過ぎたもののまだ治まりません。今回は長いな- 筆記用具を持てない&マウスも握れない、歯磨きのチューブを絞る握力すら無いという。 カメラを持つことができないもので、欲求不満であると同時に良い気分転換になってもいます。 桜に限らず春をモチーフとしたライトアップイベント「春のイルミネーションスペシャル」第五弾です。 ここまではライトアップ主体でしたが今回は桜が主役ですよ! EM517193 東京ミッドタウン編はシリーズ中2回目です。前回はこちらです。
春のイルミネーションスペシャル2016 その1「ミッドタウンの竹」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

今回はひたすら桜です

今回はひたすら桜のライトアップ写真が続きます。すみません。謝ることはないか。 しかしパッと見た時に「同じような写真を続けやがって」みたいな印象を持たれることは事実で、 私としてはそれは「できればやりたくない事」なんですよね。 下手なりにもメリハリをつけたい、そう思っているのです。ほんとはね。 EM517197 ライトアップされた桜の写真がひたすら続きます。 そんな桜に何の価値が有るのか!?という向きもあるようですけれども、私は好きですよ。 EM517191 その桜の木の下は、実は人でいっぱいでした。 アルコール飲料の屋台が出ていて、それについても書こうと思ってたんだけどもう忘れちゃったな(笑 EM517199 魚眼レンズも持ち出しました。 建物と桜とのバランスをどうしようかねえ、とカメラを覗きながらグリグリやってたら、コロリころげた木の根っ子。 カメラ女子がそんな私の前で写真を撮り始めたのであります。 そうなったらそりゃあ、被写体にさせていただくに決まってるじゃありませんか。後ろ姿だし。 EM517209

今回はこの辺で。

関東においては早くも季節はずれ?みたいな感覚に襲われる桜ネタでした。 当ブログでは今年は桜の記事はほとんどありませんでしたが、このような形で少しでも振り返る機会をいただけたのはありがたい。 また来年楽しませていただきましょう。 次回は何にしようかしらん。 たぶん春のイルミネーションスペシャルだと思うんですけど、 ここ何回かの記事で予告している「まさかの新ネタ」を、そろそろ掲載したいと思っているんですよね。 まあ、世間的には今や珍しいものではないのですが、当ブログの趣旨的には「ありえへん」なもので、 もったいぶりつつタイミングをはかってまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM517200
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

春のイルミネーションスペシャル、東京ミッドタウンからスタートです

前回急遽「パナソニック GX7mk2」について書きましたが、ここで本道に戻ります。 春のイルミネーションスペシャル!桜をはじめとした、春をモチーフにしたライトアップイベントを行脚します。 昨年から始めたこの記事群、当ブログ的にはクリスマスイルミネーションと並ぶ定番ネタにしたいと思っているのですが、 さてどうなるでしょう。 前回のパイロット版では八重洲口の写真を掲載しました。 ここでは少し場所を離れて六本木、東京ミッドタウンの桜(じゃなくて春をイメージした)ライトアップイベントの写真を掲載します。 比較的近年にオープンした「新しい街」ではありますが今やクリスマスイルミネーションでも都心随一と評判で、 それだけ注目される場所だけに「春のライトアップイベント」とはどのようなものなのか、と期待させるに充分でした。 結果、その期待に応えていると思います。ここは良いですよ。 EM517187.jpg

和の複合施設、面目躍如

東京ミッドタウンと言えば、オープン当初から「和の複合施設」という売り方をしてきました。 開業時のテレビCMが松本幸四郎だったことを覚えておられる方も多いことでしょう。 開発運営は三井不動産。日本橋に精神が通じるのかもしれません。てか通じてるだろ。 EM517181

竹を前面に立てる稀有の存在

その「和の精神」の象徴がこれ、竹であります。 覚えておられる方も多いかもしれません、ミッドタウンは1年目のクリスマスに、竹のイルミネーションを披露していました。 私の乏しい経験では他に見たことがなかった。都内はひととおり押さえていたつもりでしたが。 オリジナリティもさることながら、竹にイルミネーションを施そうというその志に心が動いた記憶があります。 EM517179 竹が生えている1階に降りて、見上げて撮ってみました。 ただ見上げるだけではダメなんですよね。地上の雰囲気も押さえてナンボなのです。 というわけでそんな意図の時には超広角ズームが大活躍であります。 EM517171 こんどは「地上を忘れて」思い切り上を見上げてみました。 ついでに思い切り絞り込んでみました。F11だったと思います。 オリンパスの五軸手ぶれ補正ですと、このような光芒クッキリ写真は比較的容易かと思います。 EM517173

外に出たら桜

建物の中はほどほどにして、外に出てみます。 桜並木のライトアップが行われていて、すさまじい人出でした。 ピンクの照明が桜を引き立てます。 EM517190

今回はこの辺で。

東京ミッドタウンが桜の名所ととは! いや、桜の樹は日本じゅうにいっぱいありますから、ここだけが特別にすばらしいわけではない。 ミッドタウンの写真が「見栄えがする」と思うとしたら、それはやはりライトアップの力が大きいのであります。 次回はそのミッドタウンの桜ライトアップ写真を掲載する、と思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM517185
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/16 Wed 15:00 夜景・夕景 | 写真 | ソニーα

●東京ミッドタウンの2015年度クリスマスイルミネーションを撮影してきました

クリスマスイルミネーション編・第28弾です。東京ミッドタウンの最終回となります。 ミッドタウンのイルミネーションを「幾つかのエリア」で区切って記事を書くとしたら、 「プラザ(ビルの中庭)」「ガーデン(青いところ)」と、あとは「それ以外をかき集めて」という3つですね。私の場合は。 んでもって、今回はその「それ以外をかき集めて」作った記事、ということになります。 何だか残り物を集めて次の日の朝ごはんにした、みたいなノリですが、 こういう記事にこそ、そのスポットの真の見所、奥深さのようなものが反映されるのではないか、と、そんな気もいたします。 DSC05584

・まずは屋外、青くない方のガーデン部分

少し触れました「クリスマス時期は通行規制がある」という話。 このような立て看板が何箇所か、目立つところに立てられていました。 私も何年か前には週末などに行きましたが、その時も通行規制は無かったような気がしたなあ… いや、歩道橋は一方通行だったかも。とにかく混雑することは間違いありません。 DSC05578 奥のガーデンは青一色ですけれども、そこに向かう遊歩道は様々な色のイルミネーションが飾られています。 この樹木は黄色いイルミでしたが、よく見たら上の方に天使がいる! 「きゃっ、見て、天使がいるよ!」 「ほんとだ!僕らを祝福してくれてるんだね」 ジャーン! チロリロリロリーン! ヨケイナ--コトナドナ-イヨネー DSC05587 Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA 暗すぎてAFはまったく役に立たないため、MFで慎重に合わせています。 しかしお構いなしに(当たり前ですが)向こうに歩いていきますから、私の腕では完璧にとはいかないのであります。 まあ雰囲気が押さえられればいいのです。いっけなーい、言い訳言い訳! DSC05582

・次は屋内、サンタやらクリスマスマーケットやら

屋外の話はこの位にして、屋内に移動します。 ミッドタウンには「ガレリア」という巨大吹き抜け空間がありまして、 そこを中心にイベントやら飾りやら、いろいろ催し物がありました。 これはガレリアの端っこ、出入口近辺の「サンタのツリー」です。 毎年展示されているものですので去年も撮りました。今年は135mmで切り取る感じで。 DSC05575 実は今回の六本木編、ガーデンが暗いことを想定しており、後で何とかならんかな、と「RAW+JPEG」で撮りました。 結果多くの写真で記憶に近い色を出せたのですが、せっかく私としては珍しくRAWで撮ったんだから色をいじるか、と思いました。 この写真がそうです。この1枚だけ、撮影時の色合い(=同時生成のJPEG)とはまったく異なる色をしています。 DSC05572 ガーデン側の、普段はフードコートですよね?そこにクリスマスマーケット的な売店が並んでいました。 クリスマスマーケットに関しましては、別のところのものですけれども次の次ぐらいの記事で写真を掲載する予定です。 DSC05663 大江戸線方面に抜ける地下通路の途中に咲いた一輪の花、キュアブロッサム! 真っ赤な花がクリスマス的だなと、思わず調整しながら何枚も撮ってしまいました。角度とか。 DSC05669

・今回はこの辺で。

東京ミッドタウン編はこれで終了です。ここはボリュームがあって楽しいですね。 惜しむらくは11月中には腰が重くて行く気になれず、複数回行くチャンスを逃したこと。 来年も見に行きますのでよろしくね! 次回は別の場所のネタになります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事