ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「東京タワー」
2015/11/08 Sun 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

●クリスマスイルミネーション編の始まり

今年もやって来ました、クリスマスイルミネーションの季節です。 これから約2ヶ月の間、当ブログでは狂ったようにイルミ写真ばかり載ることになります(笑 たまには別のネタで記事も載せますので、お見捨てなきよう… で、今年の最初のイルミネーションスポット記事は、東京タワーでございます。 例年イルミイベントの開始が早い場所といいますと他に恵比寿ガーデンプレイス・東京ドームシティ等が思い浮かびますが、 今年は都内有力スポットでは羽田空港と東京タワー、あと六本木ヒルズが今年は開始時期が早く、既にキラキラ状態です。 来週になりますと「11月開始」の主要イルミネーションイベントが出揃いまして、 あとは「12月1日開始」の表参道等が続く、という塩梅になります。 ともあれ今回は東京タワーです。 DSC04640

●オレンジ色のイルミネーション

今年の東京タワーは「オレンジイルミネーション」と題して、ちょっと上品な内容で勝負です。 東京タワーウィンターファンタジー第1弾! ~オレンジ・イルミネーション~ 今月後半には第2弾としてサンリオとのコラボレーションイルミが追加されるらしいです。現時点ではオレンジのみ。 東京タワーもオレンジ色っちゃあオレンジ色ですから、その光量はかなりのものです。 DSC04623 オレンジ・イルミネーション、と銘打っておりますが、電飾は様々な色を使っています。白も多いですね。 それでも全体のイメージがオレンジなのは、イルミネーションスペースをオレンジの光にライトアップしているからです。 DSC04647 会場の全景はこんな感じです。 電球の数で規模を比較することが多い昨今、東京タワーは電飾の規模自体はそれほどではありません。 やはりイルミ単体ではなく「東京タワーの光も加わる」というのが最大の魅力ということでしょう。 DSC04650 85mmで撮っています。前ボケを当て込んだものの期待した出来にはなりませんでした。 やはりF2.8だからなのかなあ。やっぱりイルミ撮影の時だけはプラナーにしようかなあ。 DSC04633 冒頭の写真同様、イメージだけ押さえようと、ピントリングを回して撮りました。 私個人的にはこういう撮り方は普段あまりしませんが、今年は行く先々で撮っておこうかな。 そのスポットがどのような「色」で構成されているかを、後で見返すこともできますものね。 DSC04626 東京タワーのイメージキャラクター、ノッポン兄弟です。 元々タロ・ジロ像があったところに立っています。 結局オリンピック誘致だ何だかんだという「タロ・ジロ撤去」の理由付けはどうしたんでしょうかね(笑 DSC04673 私個人的には東京タワーへ行くのは久し振りでした。 ですので、このように股間狙いの定番構図も押さえておきます。 ちょっと傾いていますね。相変わらず水平を取るのが下手くそな私です(笑 DSC04655

●今回はこの辺で。

今回は「コントラストを低く」という設定で通してみました。 どことなくパンチ力が足りない、でも色は上品に出たね、みたいな印象になりました。 私の嗜好とはちょっと違いますので、やはりいつものテイストで行こうと思います(笑 次回はまた別のネタでまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC04622
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/11/18 Tue 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き、東京タワーのイルミネーション編となります。今回までです。
映画「くるみ割り人形」とのタイアップの件、音楽が綺麗で魅力倍増の件などを書いてきました。
今回は普通にイルミ撮りした写真を掲載してまいります。
つまりは私も「イルミ撮り人形」になったというわけであります。すみません、これが書きたかっただけです。
DSC00111

東京タワーといえばやはりこのふたり、ノッポン兄弟ですね。
この場所にはかつてタロ・ジロ像があったのですが、その記憶も遠くになりにけり。
DSC00080

イルミネーションに目を戻します。
会場の周囲にはベンチがずらりと並んでいて、アベックが腰掛けて語らっている様子が見られます。
DSC00097

見上げるとこのように東京タワー。圧倒的な光量です。
書きながら「やはり展望台に上がっておけばよかったな」とちょっと後悔。なかなか行く機会がないもので。
DSC00053

こんな風に自撮りで記念撮影しているアベックが、本当に多いですね。
スマホが出てくる前はコンデジを持ったアベックが「撮ってくれませんか」とちょくちょく言ってきたものですが、
そんなことは本当に少なくなったなあと実感します。
DSC00071

中央の巨大ツリーの台座も「くるみ割り人形」仕様でした。
タイミングが合うようなら見に行ってみるか?と、ちょっと洗脳されて帰ってきました(笑
DSC00075

カメラ女子は減ったかな?という気もしますが今も健在であります。
片手でバッグを持ちながら、空いている方の片手だけで撮りますので、ミラーレス(とは限りませんが)など、
とにかく小型のカメラが良いのでしょうね。あと、化粧が落ちないように背面液晶を活用できるモデル、と。
DSC00090

今回はこの辺で。
東京タワーは久し振りでしたが、撮っているうちにテンションが上がってきまして、ごく狭いエリアだけで結構長居してしまいました。
次回はまた別のネタを用意しています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/11/17 Mon 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

2014年度クリスマスイルミネーション編、お次は東京タワーです。
自分で記事を見返していますと昨年の東京タワーイルミの記事が見当たらず、去年は行かなかったのかな?となると2年ぶりですね。
都内でも早い時期からイルミネーションを開始することでも知られているスポットでして、
今年は恵比寿ガーデンプレイスが11月2週目開始だったから都心では一番早かったのかもしれません。知らんけど。

東京タワーは「どの駅からも遠い」ということで徒歩族にはツライ陸の孤島だったのですが、
今は都営大江戸線が開通して歩いて行くにも比較的楽になりました。赤羽橋駅からですと10分かかりませんよね。
で、今回も私はそうやって行ったわけですが、そのルートで目に入るタワーはこんな感じです。

この日は「女性に対する暴力をなくす運動」を象徴する紫のイルミネーションが行われている、との事でした。
東京タワーのイルミネーションは様々な種類があるのですね。
女性への暴力は良くない事です。
その上で「子供に対する暴力をなくす運動」や「男性に対する言葉の暴力をなくす運動」なんてのもあると嬉しいです。
不当に虐げられる人が少しでも減っていけばいいですね。
DSC00022

東京タワーのふもとに上がってきました。
今回もAマウントの「16-35mm F2.8」を持ち出しました。
東京タワーの定番アングル、この写真を久々に撮りたくなったもので。
DSC00029

で、正面側と言うのでしょうか、イルミネーション会場の方に回り込みます。
こんな感じです。一見、規模はそれほどでもないのですが、展望台にもイルミネーションがあるらしいですので、
トータルではそこそこのボリュームなのではないでしょうか。
余談ながら私も展望台に上がろうと思ったのですが、団体さんがちょっと騒がしかったので今回は諦めました。
DSC00032

映画「くるみ割り人形」とのタイアップなのだそうで、私はそんな映画が公開されているとは知らなかったのですが、
どうやらサンリオの製作らしく、ファンタジックな人形アニメ作品らしいです。
DSC00036

くるみ割り人形、ちょっと興味を持ちました。
11/29(土)公開だそうです。
11/29と言えば、当ブログのオフ会の開催日ですね!
今も一応募集はしていますが、もし検討中の方がいらっしゃるならば、早めにご連絡ください。
私が思っていたよりも宴会対応のお店が予約で埋まってきている様子でした。ご協力お願いいたしますm(_ _)m
DSC00045

中央部にある巨大ツリーは、音楽に合わせて様々な色に明滅します。
上で「この映画に興味を持った」と書きました。流れていた音楽がチャーミングで美しかったのです。
主題歌らしき女性ボーカルの曲がとても綺麗だったのですが、帰ってから調べたらきゃりーぱみゅぱみゅの歌だそうで。
DSC00042

そう、この曲でした。映画版は多少はアレンジされているかもしれませんが、この曲でした。
きゃりーぱみゅぱみゅの歌は今までまともに聴いたこともなくて、勿論この曲も知りませんでしたが、これはCD欲しいな。


このような近代東欧的ファンタジックな世界観にも似合っていると思います。
話はそれますが人形アニメというとどうも東欧を連想してしまいます。シュヴァンクマイエルの影響ですね(笑
DSC00046

巨大ツリーの前は記念撮影スペースになっていたのですが、来場者が少なくてちょっと寂しげです。
アベックがおずおずと前に進んでスマホで自撮り、みたいな感じでした。
DSC00040

今回はこの辺で。
展望台には上がらなかったのでネタに乏しい、と思いきや、次回後編です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m











今回の
撮影機材







このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/27 Mon 16:00 マイクロフォーサーズ
前回に続き、浜松町駅前の世界貿易センタービルの展望台「シーサイドトップ」からの夜景撮影の様子を掲載します。
私としてもお気に入りの汐留方向を撮った写真をメインに掲載しました。
今回は展望台西側、東京タワー方面の写真を掲載します。

浜松町駅は東京タワー最寄り駅のひとつとして知られていますが、
その駅前にある世界貿易センタービルもしたがって「東京タワー最寄り展望台のひとつ」ということになります。
ここからの夜景は、こんな感じです。
EM110595

上の写真でも伝わる通り、東京タワーの周囲には高層ビルがそれほど多くありません。
前回も掲載した汐留方面の風景に比べて明るさは控えめ、その結果東京タワーがひときわ目立つことにもなっているのですが、
このビルがタワーと並んで強烈な自己主張をしています。
ご存知六本木ヒルズ森タワーであります。
EM110593

さらに望遠で狙ってみます。
二代巨頭!みたいな存在感が良いですね。
世界貿易センタービル展望台の魅力はこういう写真を撮ることができる点にあるのではないかと思っています。
六本木ヒルズからは、六本木ヒルズ自身をこのように撮ることはできませんので。
EM110588

レンズを換算50mmのものに取り替えて、ちょっと広めに撮ってみます。
ホワイトバランスを色々いじってこのように昭和的に撮ってみました(笑)
EM110600

大門交差点を見下ろして撮っています。
アートフィルター「ジオラマ」で撮っています。
何枚か撮ってみて、光跡がいちばん面白く見えたものを掲載しました。
EM110621

設定をアートフィルター「ジオラマ」のまま、東京タワーを狙ってみました。
従来「ジオラマ」は横方向に撮るのが定番だったはずですがそれを逆用して、縦位置(ですので、ピントのラインも縦です)でタワーを撮りました。
EM110626

鉄骨を強調しようと思ってモノクロで撮りました。
もう少し暗めのほうがよかったかな?でも東京タワーがパアッと明るいという雰囲気も表したいところです。
これは私としては今後も要研究ですね。
EM110630

今回はこの辺で。
世界貿易センタービル、私としては久しぶりに行きました。三脚使用が解禁されてからは初めてです。
おかげで堂々と(?)じっくり撮ることができました。
持ち出したボディはタイトルに書いたとおり「OM-D E-M1」、
使用したレンズはパナソニック「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8」と「LEICA Summilux 25mm F1.4」でした。
もっと色々使ったかもしれませんが覚えてません(笑)
営業終了間際までガッツリ撮らせていただいたのでお腹いっぱいです。
仕事帰りに寄り道しやすい場所ですので、また機会があったら行ってみようと思います。
EM110648

田町~浜松町編はひとまずここまでです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/06/19 Wed 00:00 マイクロフォーサーズ
前回・前々回・前々々回・前々々々回に続き、友人と写真散歩編、今回が完結編となります。
秋葉原~水道橋~白山神社~増上寺~芝公園~汐留と来て、都営大江戸線に乗って赤羽橋を目指します。
目的は東京タワー、「さっき芝公園に行った時に寄ればよかったのでは?」とお思いの方、
日暮れを狙っておったのですよ!というわけでパンツァーフォー。
OMD99354

赤羽橋駅から歩いて少ししたところ、タワーのふもとでしばし立ち止まり、三脚「コンパクト2」を使用して撮りました。
パナ35-100mmで思いっきり望遠にして撮りました。解像力が素敵です。
ここでは3人連れ立って三脚を使いまわして撮っていたのですが、三脚での撮影が気に入ってもらえたようで、
私も嬉しく思いました。私自身は手持ち派ですけれどもw
OMD99352

東京タワーの真下にたどり着きました。定番構図で挑戦です。
私は東京の右半分、スカイツリーから自転車圏の距離に住んでいて、だからスカイツリーに親近感を持っていますが、
東京タワーの特別感はこれまた別格だと感じます。
私が小学生の頃、東京に遊びに行った時に真っ先に思いつく「観光地」は、子供心に東京タワーでした。
蝋人形館やゲームセンターなど、楽しく過ごした思い出もあります。
今ではどうなんでしょうかね。その役割はディズニーランドなどが背負っているのでしょうか。
OMD99360

少し前に話題になった、タロジロ象があった場所、今はノッポンが立っています。
オリンピック誘致関連の何かを置くためにタロジロを撤去した、との報道がありましたが、
それが事実だとしたら、それへの反発に配慮してオリンピック誘致ではなくノッポンを置いたのでしょうか。
ノッポンに罪はありませんが、それだったらタロジロのままでよかったのでは?
OMD99364

ともあれノッポン兄弟は座右の銘が「小さなことからコツコツと」「冷めた仕草で熱く見ろ」なのだそうで、
これを考えた人は私達と同年代であることは明白、ある意味ものすごく親近感を覚えますw
OMD99363

色々撮った後に東京タワーを離れて、浜松町に向かいました。
世界貿易センタービルの展望台「シーサイドトップ」を目指したのですが、ここで不覚をとりました。
なんとこのシーサイドトップ、入場時間は20時までとのことで、私たちは20時過ぎに行ったものだから入れませんでした。
ここは来場者がそれほど多くなく混雑しませんので高層夜景撮影の穴場、と思っているのですが、
まさか20時に終わるとは。早くね?
…ともあれ私の調査不足です。22時ぐらいまでは当然開いているものと勘違いしておりました。
友人ふたりには申し訳ないことをしました。
さらに移動して東京駅、今回最後の目的地です。
こちらも東京駅のライトアップは終わってましたがまるっきり真っ暗というわけではなく、東京中央郵便局もまだ明るかったので、
それなりに撮影はしっかりできたものと思います。
OMD99374

というわけで友人と写真散歩編はここまでです。
1日で色々歩きました。当ブログ的には関西旅行編並のネタ密度であります。
友人と撮り歩くというのが楽しいものだというのをあらためて思いました。
同好の集まりというのは良いものですね。
友人の撮る姿に学ぶところも多く、今回も良い糧になりました。ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/11/12 Mon 21:17 ソニーα
クリスマスイルミネーション撮影編、記事としては第5弾となります。
今回は東京タワー、
スカイツリーに押されているかと思いきや、
観光地としての価値が再認識され、来場者は増加傾向にあるようです。
例えば「はとバス」でも、「二大タワー競演」なんてツアーがあるほどで、
観光客に対しては巧みに棲み分けているように思えます。

α99
Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
AF 35mm F1.4G

恵比寿ガーデンプレイス「Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-」クリスマスイルミネーション2012 その1
丸の内仲通り「丸の内イルミネーション2012」クリスマスイルミネーション2012 その2
東京ドームシティ「ラブイルミネーション」クリスマスイルミネーション2012 その4

クリスマスイルミネーション見物のご参考に!
2012年クリスマスイルミネーション備忘録:クリスマスイルミネーション2012 その3

私の住んでいるところはスカイツリーに自転車で行ける程度の距離ですが、
では「東京タワーに自転車で行ける距離のところ」に住むことができるかというと出来ないわけで、
私的にはスカイツリーは下町の星、東京タワーは都心の象徴、というイメージです。


増上寺の敷地内になるのでしょうか。
イチョウが徐々に黄色くなってきましたが、見頃までは今少し時間が必要のようです。


東京タワーのふもとにたどり着きました。
巨大ツリーが注目を集めています。
平日にしてはなかなかの人出でした。


「アイラブタワー」のイルミネーションの下で記念写真を撮ることができます。
記念写真ブースがいくつも用意されていました。
観光地のパイオニア、さすがの気づかいであります。


イメージキャラクター「ノッポン」、双子の兄弟ですが、青い服は兄だそうです。
兄のモットーは「冷めた仕草で熱く見ろ」、弟は「小さなことからコツコツと」とのことで、
キャラクターを考案した方と私は同年代であることがよく分かりました。


トラディショナルな「電球色と赤と緑」の飾り付けが、青白全盛の昨今、新鮮に感じます。
駅からちょっと遠い観光地ですが、この季節に行くなら夕刻以降がオススメです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/11/05 Thu 23:27 日記・時事・業界
今回は写真無しです。


いよいよ冬がやってきます。とは言ってもあと1ヶ月ぐらいは「秋」なんですけどね;
冬自体には何の思い入れもありませんが、
私としては、クリスマスイルミネーション撮影をものすごく楽しみにしておりまして、
昨年も記事にしなかったものも含めて10箇所以上回りました。
この記事は、各地のイルミネーションイベントの開催時期を下調べしようという趣旨のもと、
作成しています。
※私が行く可能性があるところに絞って下調べしていますご容赦ください

神戸ルミナリエ
12月3日~12月14日
DSC02612.jpg

JRセントラルタワーズ
11月13日~1月6日
DSC02234.jpg

新宿テラスシティ
11月11日~2月14日
DSC03469.jpg

恵比寿ガーデンプレイス
11月3日~1月11日
DSC00633.jpg

丸の内
11月12日~2月14日
DSC02070.jpg

東京タワー
11月3日~12月25日
DSC00869.jpg

東京ミッドタウン
11月12日~12月25日
DSC01521.jpg

なんばパークス
10月31日~12月25日
DSC02338.jpg

六本木ヒルズ
11月4日~12月25日
DSC01552.jpg

カレッタ汐留
12月1日~1月11日
DSC02139.jpg

判明したものは追加していくことにします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/09 Sun 22:10 ソニーα
ハイホー、ハイホー♪
月並みですけど見渡す景色最高でしょ♪
意外とお手軽にLaLa空中散歩♪

末永華子さんによるとても印象的なCMが頻繁に流れたのは、昨年のことでしたか。

RFNDMDA4NTTc9Q_enlargement.jpg

東京タワーは、私を含めた「非東京人」の多くにとって、
「最初に訪れた、東京の観光地」であったはずです。
私が初めて東京タワーに上ったのは20年以上前になると思うのですが、
当時は都営大江戸線など無論存在せず、
駅からとにかく遠く、延々と歩いた記憶があります。
都心中心部にあり、東京第一の観光地でありながら、最寄り駅に恵まれなかった陸の孤島、
それが私の「東京タワー」のイメージです。

RFNDMDA4Nzji_Q_enlargement.jpg

で、そんな東京タワーのクリスマスイルミネーション。
東京タワーの足元で行われている名物イルミネーションです。
タワー自身のライトアップをあわせると、
派手さは相当なものです。
写真でも、東京タワーのオレンジ色をどこかに写しこもうと試みています。

RFNDMDA4Njni_A_enlargement.jpg

RFNDMDA4NjPc9g_enlargement.jpg

毎度おなじみせっせと写真を撮っていた私に、
「すみません、写真撮ってもらえますか」と学生さんらしき女の子2人が声を掛けてきました。

私はひとりで写真を撮りに行くことを常としていますし、それはクリスマスイルミネーションでも変わりません。
当然といいますか、現地ではさまざまな人たちに「ちょっとシャッター押してくれ」と頼まれます。
そんな時、ケースバイケースではありますが、ちょっと戯れてみたりします。
以前に遭遇したケースとしては、

カップルと思しき若い2人連れに声を掛けられ、カメラを構えることになった。
2人はベンチに座り、カメラに向かってしゃきっと背筋を伸ばすのだけれども、
何だかぎこちない。
私にはすぐ理由が分かった。2人の間に微妙な隙間があるのだ。くっついて座ろうとしない。
その理由もすぐ察しがついた。
2人の関係は、「お付き合いを始めて間もない」か、「お付き合いに至る以前の友達段階」なのだろう。傍から見ても他人行儀なのだ。
だから、私はそ知らぬふりをして「もっとくっついて」と、両手でジェスチャーをする。
二人ははにかみながら、でも意を決したかのごとくぴったり密着する。
そこで、はい、ソニー。
写真の出来はともかく、まあ、感謝はされる立ち回りですw

RFNDMDA4NTnh-g_enlargement.jpg

で、今回は、学生さん、もしくは社会人になりたてぐらいの女の子2人組でした。
持っていたカメラは、LUMIXとFinePIX。
2人のカメラをかわるがわる受け取ってシャッターを押してあげました。
カメラで写真を確認してうれしがっている2人。
とても喜んでくれて、性格の良さがこちらにも伝わってきました。
なので、こちらから提案してみました。
「もう少し雰囲気の違う写真をとってみませんか?」
ちょうど手元で持っていた機材が、α900とPlanar85mmZA。
クリスマスイルミネーションのポートレート撮影には贅沢とも言える組み合わせ。
一眼レフはプチブームを迎えているとはいえ、まだまだ高級機材のイメージが高く、
女の子2人は「そんな本格的なカメラで」と喜んでくれています。
2人のカメラからSDカードを借り、CFアダプターを使ってα900に取り付ける。
2人並んで、はい、ソニー。
コンパクト機とフルサイズの、この場合の最大の違いは「ボケ加減」です。
背景を綺麗にぼかして、出来上がり。
2人にSDカードを返して、「ありがとうございました」と言って別れました。
正直、急な思いつきでやったことなので、構図もデタラメだったし手ブレもしていたかもしれません。
が、これは面白いですね。良い経験でした。
自分から言い出したこととはいえ、急にポートレートを撮らなくてはならない状況に自分を立たせる。
撮影ポイント探しから初対面のモデルの表情をほぐすための気遣いまで、いい練習です。
相手のメモリーカードを借り受けてそれで写真を撮るのですから、私の手元にデータは残りません。
が、これは今年のイルミネーション撮影で、機会があったらまた試してみたいです。

RFNDMDA4NzPd-A_enlargement.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事