ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「札幌」
2009/05/20 Wed 22:59 ソニーα
この記事、といいますか、2010年3月までの日付がついたエントリは、
当ブログ移転前の「みてみてぶろぐ」に掲載していたものをコピーしたものです。
みてみてぶろぐは残念ながらサービス終了で消滅してしまいまして、
記事をサルベージして、来るべき引越し先のブログ、要するにここのことですが、
内容をごっそり移行して始めよう、と思っていたのです。
が、保存していたはずのエントリのうち無くなっている物がいくつかあり、
写真自体は元データを消していませんので残っているのですが、
ブログ記事本文が無い、というわけでこのように穴埋め文章を書いています。

藻岩山は札幌市街から少し南に位置しており、
夜景の絶景スポットとして知られています。
私はテレビでそれを見て知りまして、一度行ってみたいと思っておりました。
で、実際に行ってみて、そこから見える夜景も撮ってきたのですが、
風が想像以上に強く、写真がブレまくりで大変でした。
ですので、ここに掲載する写真は1枚きりで、それもブレがひどいものですが、
とにかく「行ってきたことの証」として残しておきたい、この一心で掲載いたします。

RFNDMDg4NjlnZW56b3WFgw_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/20 Wed 22:16 ソニーα
サッポロビール園は、もともとサッポロビールの大麦工場だったそうです。
今は工場としては稼働してなくて、跡地と情緒ある赤レンガの建物を利用してレストラン施設となっています。

RFNDMDg4MDTfDA_enlargement.jpg

で、初めてのジンギスカンを食べたのですが…
美味しかったですね。私には、焼き野菜が充実した焼肉、という感じでした。
服ににおいがついて大変だった。

RFNDMDg4MDfiDw_enlargement.jpg

私以外で「おひとり様」の利用者も多く、「ジンギスカンに一人で行くのか」と気後れしていたのが馬鹿馬鹿しく感じられました。
総合案内所で、
「…ひとりで、予約もしてないんですけど、ジンギスカン食べられますか?」
と聞いてみたら、
「はい、大丈夫ですよ♪あちらの建物の2階へどうぞ。そのまま入れますから」
と言われ、入ってみたら私と同じような独り者が何人も(笑)
これをご覧の方、検索で「ジンギスカン ひとり」とかでたどり着いた方、サッポロビール園はおひとり様歓迎って感じでしたよ。私が行った時間帯は予約もいらなかったです。
ただ、服はどんなに防護しても本当ににおいがつきますので、旅行中の方はその服を洗濯できなければその旅行中は着るのをあきらめる、ぐらいの覚悟がいるかもしれません。
レストランは煉瓦作りの雰囲気ある建物で、天井が高いビアホール風。
写真も撮らせてもらいました。

RFNDMDg4MDjjEA_enlargement.jpg

RFNDMDg4MDXgDQ_enlargement.jpg

ジンギスカンを食べた後は、隣接するサッポロビール博物館へ。

RFNDMDg4MjLfDg_enlargement.jpg

私は最近企業博物館を見るのが趣味のひとつになっていて、都内でもメジャーどころでは「ていぱーく」、マイナーなところでは「ADMT」などなど見て回ったりするので、サッポロビール園も楽しみにしていました。
古いビール瓶の展示など。創業初期はビンを自社生産できなくて、
そこらの空き瓶を洗って使っていたそうです。非常に興味深いです。
日本の麦酒会社の歴史年表というのもあって、じーっと見ていたのですが、
サッポロビールとアサヒビールがかつて同じ会社だったとは、恥ずかしながら今回初めて知りました。
麒麟麦酒の扱いが小さかったのはご愛嬌(笑
順路後半では、サッポロビールの歴代広告がずらり。こういうのが好きでして。
「男は黙ってサッポロビール」のCMも流れていました。
ここは面白いですね。次回札幌に来たらもう一度見てみたいです。

RFNDMDg4MjThEA_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/20 Wed 22:10 ソニーα
どうにかこうにか札幌市入り。
まずは風呂だな、と、すすきの行きつけのスポーツクラブ札幌へ向かいました。
まったり泳ぎ、露天風呂に漬かってさあ移動開始と。

RFNDMDg3ODboGw_enlargement.jpg

旧道庁~時計台~大通公園と、昨年も回ったのと同じコースをトレースしていきます。
旧道庁は、八重桜とチューリップが旬の時期でした。
しっかり撮らせてもらってます。
時計台は、相変わらずですね。
これもちゃんと撮らせてもらってます。

RFNDMDg3OTfqHg_enlargement.jpg

今回は「16-35mm F2.8ZA」で撮りました。
変わり映えはしないか;
大通公園では、「とうもろこし・じゃがバターセット300円」というのを買い食いです。
天気も良く、観光客としてはこれが王道の過ごし方、
のはず。

RFNDMDg4MDDbCA_enlargement.jpg

RFNDMDg4MDPeCw_enlargement.jpg

で、大通公園でひとしきりまったりした後、
ちょっと早い夕食をとりに「サッポロビール園」へ向かいます。
本当はここで「円山・中島・真駒内公園のいずれか1カ所」へ行く予定だったのですが、断念しました。
次回の札幌ではぜひ回ってみたいと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/06/07 Sat 01:15 ソニーα
小樽到着時には、日が暮れかかっていました。
漁港まで出て少したたずんだ後、運河へ行きました。
平日ということもあってか、観光客はまばらで、三脚を立てるのにも気遣い無用。
「北のウォール街」という旧い金融街などもあったらしいのですが、
下調べが甘くたどり着けずタイムオーバーになりました。

RFNDMDA1MzDT5A_enlargement.jpg

RFNDMDA1ODbe9A_enlargement.jpg

夜景づいた勢いで札幌にトンボ帰り。
昼間回った旧庁舎~時計台のライトアップを撮りたかったのですが、時刻はもう21時過ぎ。
旧庁舎のライトアップが終了していた段階で札幌駅へ引き返し、JRタワーへ。
38階の展望室というのは札幌市でいちばん高い高層建築物とのことで、
夜景撮りもしてきました。

RFNDMDA2MTLU5Q_enlargement.jpg

RFNDMDA2MDbX5w_enlargement.jpg

JRタワー展望室もガラガラでした。観光客は私一人だったのではないでしょうか。
あとはカップルばかり。照明も落とし気味でいい雰囲気でした。
360度に、視界の彼方まで夜景が広がるというのはとても迫力がありました。
私は観光客なので、南側(テレビ塔方向)ばかり撮っていました。
人が少ないので三脚を立てるのに躊躇も無く、展望室全体が薄暗いので窓ガラスで照明が反射し写り込む心配もあまりいりませんでした。
少しの間撮っていましたが、カップルが増えてきたのでいたたまれなくなって撤収しました。
三脚とデジイチかついで行くような場所ではなかったようです。
お邪魔しました。

RFNDMDA1OTjh-A_enlargement.jpg

すこしブルーになったので、夜の街にくり出して飲み食い…ではなく、
コンビニで弁当とビールを買って、宿に戻ってそれを食べてすぐ寝ました。

RFNDMDA2MTTW5w_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/06/07 Sat 01:10 ソニーα
「北斗星」の終着駅、札幌は快晴でした。
札幌駅を出たとき、まぶしいほどの日差しを浴びた時が、この旅行で最もテンションが上がった瞬間でした。
「神様っているんだな」と思いました。

初夏を感じる暑さの中、ホテルにチェックインする前に市街地を散策します。
旧庁舎では北海道開拓の歴史に触れ、樺太や北方四島の歴史に触れました。

RFNDMDA0MzLU4w_enlargement.jpg

次に行ったのが「時計台」。
日本3大がっかりスポットのひとつとしてあまりにも有名な時計台ですが、
私は高校の修学旅行で札幌に訪れていた時に一度がっかりしているので、
今回は淡々と写真だけ撮っていました。
裏手に回ったとき、建物から出てきた従業員らしきおねえさんが綺麗だったのが印象的でした。

RFNDMDA0NDDT4w_enlargement.jpg

その流れで「大通公園」。
昨今のゆるキャラブームの中できたのだろうと思われるテレビ塔のキャラクター「テレビとうさん」なるものを初めて知ったのですが、売店は子供達で賑わっていて、人気があるように見えました。
暑い上にレンズ満載で荷物も重いので、少し木陰で涼んで行きました。
札幌はその日「YOSAKOIソーラン祭」の初日だったそうで、チェックイン後に見に出かけたのですが、その時はカメラを持ち出さなかった(忘れた)ので写真を撮れませんでした。

RFNDMDA0NjXa7A_enlargement.jpg

先日のエントリでオススメしていただいていた「まつじん」ですが、お店は見かけたのですが時間が無かったのとお店に入るのに気後れしてしまったのとで結局入れませんでした。すみません。
今回の旅行の楽しみのひとつ「良いラム肉を使ったジンギスカンを堪能する」は結局実現しませんでした。
4日間旅行を通じて食事や喫茶店に入ったのは北斗星の食堂車「グランシャリオ」とホテルの朝食を含めて全部で4回。あとはコンビニなどで済ませました。
この旅の最初から最後まで、人と会話することができなくなっていました。
せっかくの北海道なのですからもう少し食事とかいろいろ趣向をこらせたはずだったのですが、まあこれは仕方がないですね。

ホテルに戻り、カメラと三脚を手にして、札幌駅に向かいます。
行先は小樽です。運河を撮りたかったので。
札幌駅で小樽行き電車を待っていたとき、キハ183系の写真を撮りました。
キハ183系を見るのは初めてです。

RFNDMDA0OTnh9g_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事