ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「旅行」
2011/05/24 Tue 16:30 ソニーα
ベネチアングラスとは、ベネチアのガラス細工の伝統工芸品のことですが、
箱根ガラスの森美術館は、その専門美術館です。
もちろん単なる美術館ではなく、
箱根の緑と調和するように作られた庭園を楽しむことができます。

DSC03148.jpg

ベネチアングラスが展示されている建物は、特別展の最中だったようで大盛況でした。
DSC03178.jpg

ローマングラスです。ローマ帝国時代のものがこのように現存していることが感慨深いです。
DSC03182.jpg

教会をイメージして作られたホールでしょうか。天井画があります。
もっと広角で撮れれば迫力があったのでしょうが;
DSC03172.jpg

庭園部分ではクロワッサンやジェラートのワゴンがありました。
DSC03219.jpg

現代のガラス工芸品ギャラリー兼売店です。
DSC03243.jpg

綺麗なぶどうです。
DSC03238.jpg

ガラスの森美術館はアジサイも名物であるらしく、
6月に入ると本格的にアジサイが咲き始めます。
少し咲き始めているようでしたので、撮ってきました。
DSC03194.jpg

星の王子さまミュージアム」とは距離も近い場所にあります。
観光地巡回バスで隣のバス停に位置するので、
セットで見学するのもよろしいかと思います。
DSC03145.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/05/23 Mon 21:40 ソニーα
強羅駅で観光地巡回バスに乗り換えて約15分、
「箱根サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム」へ行きました。
施設名が長いので、以下「星の王子さまミュージアム」と略します。

DSC03082_20110523211803.jpg

星の王子さま、と聞くと真っ先に思い浮かぶ挿し絵の立体化ですね。
ただ、私自身は肝心の「星の王子さま」を読んだことがありません。お恥ずかしい。
DSC03071.jpg

ヨーロッパ風の町並みを再現した庭園、という趣きです。
先日見学した「国際バラとガーデニングショウ」に感銘を受けまして、
星の王子さまミュージアムのような「作り込む洋風庭園」を見たいと思っていましたので、
楽しみにしておりました。
DSC03064.jpg

本題の(?)ミュージアム部分も充実しておりまして、
星の王子さまの作者サン・テグジュペリの人生をトレースする構成となっていました。
DSC03078.jpg

DSC03095.jpg

レストランも併設されています。
今回私は行きませんでしたが、美味しいフレンチが食べられるとのことです。
DSC03119.jpg

この施設は「星の王子さま」を読んだことがない私でも、とても楽しめました。
平日だったということもあり来客数は少なかったですが、その分ゆったり楽しめました。
機会がありましたらまた行ってみたいと思いました。
DSC03101.jpg

DSC03128.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/05/22 Sun 23:01 ソニーα
一泊二日で箱根旅行へ行ってきました。
温泉目当てであります。
箱根旅行は10年以上ぶり、
大地震の影響で観光客が減っていた、すわ箱根はオワコンか?
などとネット上では論じられたりもしていたようですが、
確かに外国人観光客はほとんど見かけませんでしたが(ゼロではない)、
日本人観光客の数はかなりのもので、今回宿泊した宿も大盛況とのことでした。

横浜から大人3人が鉄道で箱根へ行こうと思ったら、
小田原までは東海道線、そこで箱根登山鉄道に乗り換えることになると思いますが、
今回は東海道新幹線を回数券で利用しました。
こだま号の自由席しか利用できないという「縛り」がある回数券ですが、
料金はほぼ同じ、所要時間を考慮すると新幹線が有利かなと思った次第です。
私は従来新幹線を利用する時は一人ばかりでしたので、
旅行練者なら当然のように使っているであろう手も目新しく感じるのです。

DSC02970.jpg

小田原駅で、小田急改札口に向かいます。
箱根登山鉄道は小田原駅が起点だったはずですが、
今は運転系統が整理されて、箱根湯本までは「小田急線」同様のものとして運用されています。
まあ、系列会社ですしね。

DSC02974.jpg

今回は強羅のホテルを予約しました。
ここでは、その強羅駅までを記事にします。

小田急小田原駅にて。1000形です。
箱根登山鉄道カラー、というかスイスのなんたら登山鉄道カラーですね。

DSC02976.jpg

箱根湯本駅では列車を降りたら猛ダッシュ。
停車していた箱根登山鉄道車両がセミクロスシートでしたので、
ボックス占拠に血眼をあげます。
箱根湯本から強羅までは30分ほどの道のりで、急勾配且つぐねぐねの線路を進みますから、
とにかく座ること、が重要になってきます。

DSC02986.jpg

席をゲットしたら、ホームをひとしきり撮りまくります。

DSC02989.jpg

ロマンスカーです。
これに乗って箱根へ向かう週末の不倫カップル…なんて話を聞いたことがありましたが、
実際に降りてきたのは家族連れとじっちゃんばっちゃんでした。

DSC02995.jpg

ぐねぐね進む箱根登山鉄道ですが、運行頻度が半端じゃありません。
鉄道線の終点である強羅まで、何度すれ違ったか。
窓から半身乗り出して撮りました。
むしゅめに教育上良くないですね;
DSC03013.jpg

終点の強羅駅です。
乗客の多くはこの駅でケーブルカーに乗り換え、更に山上を目指します。
私たちはここが目的地でしたので駅を出ます。
宿に荷物だけ預かってもらい、いくつかの観光地を巡ろうというわけです。

DSC03036.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/08/29 Sun 16:38 ソニーα
五稜郭で、箱館奉行所の復元が4年がかりで行われ、2010年7月29日にオープンしました。
以前に五稜郭へ行ったときには復元作業真っ最中だったので、
完成の暁にはぜひ見てみたいと思っていたのが叶いました。

復元中の箱館奉行所(2008年6月撮影)
DSC00783.jpg

公開された箱館奉行所
DSC00978.jpg

箱館奉行所自体は1800年代、箱館戦争までの短命(建物自体は7年、とオフィシャルサイトにあった
とのことです。こんどの奉行所は末永く存続して欲しいですね。

当時の工法を可能な限り再現した、とのことで、
当時の建築技法に興味がある方でも鑑賞に耐えるものと思います。

DSC00991.jpg

DSC00987.jpg

何だかトイレばっかり撮ってますね(^^;
DSC00989.jpg

箱館奉行所~箱館戦争に関わった人物の写真の入ったコマ。
台に置くと、正面のディスプレイにその人物の経歴や箱館との関わりが解説されるという仕組み。
DSC00998.jpg

DSC01001.jpg

夏休みだからか、平日でもかなりの人出がありました。
興味のある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
出来上がった奉行所の裏手では、なお何かの工事がされておりました。
全貌は全くわかりませんが、復元建物をさらに増やすのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/08/28 Sat 23:14 ソニーα
函館へ行ってきました。
観光も目的の一つでしたので、いろいろ回らせてもらいました。

そのうちのひとつ。
元町地区の函館区旧公会堂。
それにあわせて行ってみた「茶房 菊泉」のエントリです。

DSC01222.jpg

DSC01233.jpg

旧公会堂へも何度か行ったことがありましたが、
今回は以前に見たことがないものを見せて頂ける機会がありました。

皇族のために用意されたという「トイレ」であります。

DSC01198.jpg

DSC01200.jpg

陛下ご訪問の際に急ごしらえされたヒノキ造りのトイレは浴場と連結しており、
浴場には浴槽が無く、桶持ち込みで湯浴みする場所であったそうです。
で、トイレですが、
裏側にこういうスペースがあります。

DSC01201.jpg

皇族の皆様のやんごとなき排泄物を、担当医がここでチェックし体調確認に利用したとのことです。
皇族の利用を想定した施設には大なり小なりこういった設備があるとは思いますが、
私自身は初めて見ました。

DSC01205.jpg

DSC01204.jpg

暑い&甘いものが欲しいということで「茶房 菊泉」へ。
幾多のグルメサイトにも掲載されている甘味店であります。
建物は大正時代のものだそうで、古き良き日本建築の面影が残っています。
というか、よく現存しているな&普通に喫茶店で使っているな。その点でも驚きです。

DSC01191.jpg

DSC01189.jpg

「豆腐白玉」を使用したパフェ。
豆腐白玉は、そう言われなければわかりませんが(笑
充分美味しくいただきました。

よく晴れた天気で、坂道を歩いていると汗ばむ陽気でした。
雨が降るより100倍マシですが(笑

DSC01177.jpg

DSC01181.jpg

DSC01162.jpg

北海道の夏は涼しい、というのは本州人である私の大いなる誤解でありました。
今年が異常だからかもしれませんが。
しかし、多少でも気温が低く、湿度も低いので不快ではない、
それだけでも大違いだと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/11 Thu 00:27 マイクロフォーサーズ
2日目の宿は、「アンダリゾート伊豆高原」です。
ここは、カエルをイメージキャラクターにしたバリ風ホテルです。
建物に入った瞬間からお香が焚かれていて、バリ気分を味わえます。バリへは行ったことがありませんが。
首都圏ではカラオケ店「パセラ」やホテル「バリアン」などを経営している会社のグループです。
パセラの入口にこのホテルのパンフレットが置かれていますので、
ご存知の方も多いことでしょう。

P0180375.jpg

この宿は、「いったん入館してしまえば、宿泊代以外は基本的に何をやっても無料」というのが特徴、というかウリでして、ダーツやパターゴルフに始まり、本格的なカラオケや夕食時のアルコール数十種類飲み放題に至るまですべて無料という、とても素敵な料金システムを採用しています。
実際、さんざん遊びまくったにもかかわらず、精算の際にはきっちり宿泊料だけ取られただけでした。

P0180412.jpg

従業員さんのホスピタリティもとても優れていて、夕食時に娘がぐずった時なども、駆けつけてくれてカエルのぬいぐるみを娘が飽きるまで貸してくれました。
その夕食時にひとりひと包みずつ振舞われたクッキーの口留めが何気なくハート型をしているのに私たちは感心することしきりでした。

P0180406.jpg

温泉も大浴場のほか、いくつもの貸切風呂があり、まさしく風呂三昧。私が泊まった部屋は個室半露天風呂だったので、それもあわせて都合7回お風呂を堪能させていただきました。

P0190423.jpg

ここはよかったです。また機会があったらぜひ行きたいと思います。
てゆうか、伊豆へ行く時にはもうこの宿しか候補に入らん;
未泊の方はぜひ一度行ってみてください。

伊豆旅行編はここまでです。
ご覧いただきありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/07 Sun 16:00 ソニーα
伊豆半島をずっと南に下り、河津町へとたどり着きました。
ここは早咲きの桜で有名な「カワヅザクラ」の語源となった町で、
原木も現存しているそうなのですが今回は見学する機会はありませんでした。

DSC03878.jpg

「河津桜まつり」は、河津川沿いの桜並木で大々的に行われており、
観光客も(2月という時節を考えると)かなりの数でした。
3月にもなると河津方面の道路は大渋滞するそうです。

DSC03922.jpg

川沿いにずっと歩いていると、沿道に延々と出店が続いています。
まんじゅう、たこ焼き、だんごなどの他に、地元でとれたみかんの量り売りなど。
私はさつまいもスティックを食べながら撮り歩く感じでした。

DSC03880.jpg

DSC03883.jpg

DSC03916_20100307155929.jpg

町営の足湯があり、そこで少し温まった後、車に引き返しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/03/06 Sat 04:42 ソニーα
1日目の宿は、伊東のはずれにあるホテル「ウェルネスの森」です。
こちらは、かの共立メンテナンスが経営しているホテルということでのチョイスです。
函館へ行けば必ず「ラビスタ函館ベイ」に泊まる私にうってつけのホテルです。

ホテル、というよりはコンドミニアム、と言った方が適切かもしれません。
部屋はよくあるような1Kではなくマンションのように複数部屋がありキッチンもある、
というより、マンションそのものの構造をしています。
部屋は広大で、居場所に悩むぐらいでした。
専有面積120平米だと言いますから、団体さんが夜通しゲームに興じてもOKでしょう。
実際、私たちの他には学生さんの団体もいたようですし、親戚一同で来た、というようなグループも見られました。

P0170361.jpg

大浴場の他に温水プールもあり、食事のバイキングも充実していて、かなり遊べる施設でした。
伊東へ行く機会があるなら、またぜひ利用したいです。

DSC03857.jpg

翌朝、窓を開けると雪が積もっていました。
そんな中出発です。一路南へ向かいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/09/19 Sat 03:30 ソニーα
α900で撮った、函館山の夜景です。
縁あってちょくちょく出かける函館ですが、
「最も魅力的な市町村」日本一に選ばれました。
地域ブランド調査2009
関東でもテレビニュースで何度も採り上げられていたこの話題、
地元函館では新聞一面トップを飾ったそうです。
地元民いわく「どれだけ平和なのよ」とのこと(笑

DSC09144genzou.jpg

函館については、これからも触れることが多いと思います。
当サイトの主要テーマのひとつ、と言えるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/22 Mon 08:23 ソニーα
神戸ルミナリエは、本来「クリスマス」を主題にしたイルミネーションイベントではありません。
それが証拠に、クリスマス時期を待たずに終了します。
なので、「クリスマスにルミナリエを見に行く」ことはできません。
不勉強にも私はそこを勘違いしており、昨年は1日差で見逃しました;

RFNDMDI1ODji_g_enlargement.jpg

初めてルミナリエに行ったのですが、圧倒されました。
何にって、その人出のすさまじさに、です。
私が過去に行ったイルミネーションイベントの全てに来場者数で圧倒しました。
阪神元町駅を出て、ルミナリエ会場にたどり着くまで1時間。
普段なら5分もかからないような道のりを、交通規制された大通りを埋め尽くす形で進みます。
おかげで、ハーバーランドをあきらめました(笑
今となってはそれも後悔のタネであります。

RFNDMDI2MTJfMWeL_enlargement.jpg

RFNDMDI2MjJfMWiP_enlargement.jpg

そして、ルミナリエは何よりもその内容で圧倒してくれました。
はい、私の負けです。
ルミナリエ最強でした。
写真などでどういったものなのかを知っている人は多いでしょうが、
これは実際に見ることをオススメします。

RFNDMDI2NTdfMXCq_enlargement.jpg

聖歌?なのでしょうか、会場は荘厳な声楽に包まれていました。テーマ曲でしょうか。
この演出は、素晴らしいと思います。

RFNDMDI2NDBfMWiR_enlargement.jpg

出口には、たこやきや焼きそばの出店が並んでいました。
このあたりは、関西のノリですね。好きですこういうの。

RFNDMDI2NznjAQ_enlargement.jpg

RFNDMDI2NDJfMWqX_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事