ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「新幹線」
2017/08/19 Sat 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

2017年函館旅行、ついに函館に到着!

函館駅 2017年夏の函館旅行シリーズ、第15回です。 このシリーズを最初から通してご覧くださっている方がどれだけおられるか分かりませんが、 今回ついに函館入りいたします! 今度こそ本当だ!今回本当に函館入りします!民主党とは違うのだ嘘はつかんよ!知らんけど

新函館北斗駅から函館駅へ向かう

前回の記事で、北海道新幹線で新函館駅に到着、 そのまま新函館駅隣接の新設ホテルにチェックインしたところまでを掲載しました。 函館市内にホテルを押さえることももちろん考えましたが、そんなの他のサイトでもやっておられることですし、 何より函館市内のホテルについてはこの先キッチリ触れますので! 今は新函館北斗駅のホテル、この方がネタにしやすかったという(笑 しかしこの判断が、この先の立ち回りに微妙に陰を落とす遠因ともなってしまいます。 チェックインしたのが18時頃、荷物を整頓し、カメラの充電を始めつつ、またホテルから出ます。 旅行2日目はまだまだ終わりません。行くところがあります。 新函館北斗駅に取って返すのでありました。 その時に撮った、ホテルの前に立っているポストです。 北斗市の公式ゆるキャラ「ずーしーほっきー」が乗っかっている郵便ポストです。 ホキホキホキー! DSC01479 新函館北斗駅から、在来線に乗ります。 漠然と撮った写真ですが「歩きスマホはおやめください」と、ちょっと強めのメッセージが。 クズはどこにでもいるものなのですね(笑 DSC01482 当初「新函館駅」で進んでいたはずが地元自治体がゴネて紆余曲折した結果この長い駅名になったという。 が、今となってはこの駅名が妥当な気がします。ここ、函館じゃないですものね。 駅名は長いですが(笑 DSC01484 その在来線1番ホーム、函館方面専用切り欠きホームです。たぶんこの列車専用なんじゃないかな。 停まっているのは「はこだてライナー」です。函館~新函館北斗間を20分弱で結ぶ、都心で言うと東京駅~池袋、ぐらいの時間感覚です。 はこだてライナーは「北海道新幹線で新函館北斗に到着した人を函館に運ぶための列車」という位置づけだったはずですが、 その割にこの列車、3両編成です。積み残しとかあるんじゃないのかはこだてライナー。 Wikipediaを見ましたら「繁忙期には6両編成で運行する」とありましたので、まあ大丈夫ってことかはこだてライナー。 もっとも、新函館北斗~函館間の列車ははこだてライナーだけではなく、森方面との往復列車や札幌から来る特急「ほくと」などもありますので、 とりこぼすことは無さそうであります。 DSC01485 微妙にダサいとか、そんなことは言ってはいけない!上野東京ラインだって似たようなものさ! それよりも「いよいよ函館入りするんだねえ」という演出だということですね。 だって新函館北斗まで、東京からだと4時間、仙台からでも3時間近くかかるんですもん。 これぐらいの旅情はアリなのだ! DSC01490 その「はこだてライナー」の車内です。 JR北海道733系、小樽方面や新千歳空港の「快速エアポート」など、札幌近郊では見かける車両ですが、 道南エリアで見るのは何となく新鮮です。 20メートル3扉車で広々とした印象の上、何となく新車のにおいがいたします。 DSC01486 そんなはこだてライナーに揺られ、終点函館駅に到着です。 ついに本当に今度こそ、函館に到着であります。 私はこの駅に思い出というか、思い入れがある。 長かった、本当に長かった。感無量とはこのことだ。 DSC01491 柱に「ようこそ函館へ。」の文字が。 サッポロビールの広告のようです。 上野からやって来る寝台特急北斗星やカシオペア、札幌からやって来る特急北斗の乗客に向けたものだと思いますが、 今ではそこに「新幹線+はこだてライナー」でやって来る旅行者に対するメッセージにもなっている。 実は私はこの看板が大好きなのです。ほんとに感無量。 DSC01492 ひたすら「ようこそ函館へ」が続きます。 函館は「古くからの観光地でありながら、観光客をぞんざいに扱わない」街である、という印象を私は持っておりまして、 個人的にも、かつて一人で訪れた私に「こんにちは」と屈託なく声をかけてくる小中学生、というのも強い印象があり、 函館に対して悪いイメージなど持ちようがありません。 例えば茨城県大洗町。ガルパンブームで小汚いアニメオタク(個人の感想です)が大挙押し寄せる羽目になっても、 「ガルパンさん」と諸手挙げて大歓迎、なのだそうですね。 「観光客様に媚びを売れ」などとは毛頭思いませんが、来訪者に好意的ってのはやっぱり印象が良いですよね。 真逆の印象なのがブブ漬け食うて以下自粛 DSC01494 函館駅です。 しつこいようですが、感無量です。 来たい来たいと思いを募らせつつ何年もその機会を得られずにおりました。 私の文章力が拙いがゆえに、「感無量です」以上の表現が出てこない。 ちょっとウルウルしたのは内緒ですがここが目的地なのではありません。更に先に進むのでありました。 DSC01497

今回はこの辺で。

今回の地図です。 上野を出発してここまで、飛行機に乗らず、新幹線一本でもなく、ひたすら地上の交通機関を乗り継いで踏破。 ついに函館入りということで、地図の掲載は今回でおしまいです。 ここからは「函館で過ごしたこと」を掲載していきます。 ある意味これからが本番!いつまで続くんだこの連載は!? というわけで次回は正真正銘函館ネタであります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/08/18 Fri 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

2017年函館旅行、新函館北斗駅に着きました!

新函館北斗駅とホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗 2017年夏の函館旅行シリーズ、第14回です。 関東から福島あたりでのんびり過ごしていた(笑)私ですが、仙台からは一気にワープでございますよ。 東北・北海道新幹線で堂々北海道入り、新函館北斗駅であります。 もちろん私の目的地はこの駅ではなくあくまでも函館市、 ですから更に移動をすることにはなるんですけれども、 ここでまた立ち止まり、記事にしたいと思います。

2017年現在、新幹線最北端の駅

ともあれ無事、新函館北斗駅に到着しました。 仙台からここまで乗ってきたはやぶさ号です。 ありがとう!快適だったよ!おばちゃんはうるさかったけど! DSC01463 北海道新幹線は、2017年現在この新函館北斗駅が終点です。 ですが現在、更にその先札幌に向けて建設が進んでいます。 この先に札幌があるのだ! DSC01462 新幹線の新函館北斗駅は2016年に開業した駅です。 ホームも綺麗で真新しく、メカニカルな雰囲気が魅力です。 DSC01466 どちらを見ても綺麗ですし、造りがゆったりしています。 利用者が少ないからか?まあそれもあるのかもしれませんが、私は充分に好印象を持っています。 DSC01469 この新函館北斗駅、もともとは「渡島大野(おしまおおの)駅」という函館本線の無人ローカル駅でありまして、 ここを新幹線の駅にする!となり現在に至るという激動の駅なのです。 P7301188 上の写真を撮影した、当時の記事はこちらです。 2011年ですか。懐かしいです。 そんな渡島大野駅が現在はこのような巨大なステーションになっています。 北斗市の威信をかけて?特産品ショップや観光案内所、バスターミナルなどが併設されています。 利用者はそこそこいるように思います。活気はある方なのではないでしょうか。 北斗市としては如何にこれを周辺地域に広げていくか、というあたりが作戦の練り所なのかもしれません。 DSC01478 さて、これは「函館旅行」、もちろんこの新函館北斗駅が旅の目的地ではありません。 ですが、私は旅行の2泊目をこの地に選びました。 宿は「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」、新函館北斗駅に隣接する、開業して間もないホテルです。 函館はこの先のお楽しみにとっておいて、 宿はむしろこちら(新函館北斗駅隣接)の方が、函館市内のホテルよりネタにしやすかろう、という判断もありました。 それに、開業して1年そこらのホテルですから、綺麗でしょうし。 DSC01472 ホテルは期待通り、いや期待以上の綺麗さでした。 部屋はグレードアップのツインルーム、私は幸運です。 重いリュックを下ろし、水戸を出て以来使いまくってきたカメラの電池の充電に取り掛かります。 DSC01470 部屋は和洋室、って言うんですかね? 奥は畳チックにフラットに座れるリラックスタイプ。 水戸で宿泊したホテルがビジネスホテル然としたテーブルとチェアでしたので、これはまた気分が変わってありがたかったです。 DSC01473 窓からはこのように、新函館北斗駅を見下ろすことができます。 明日はここから行動開始だ!今日は疲れたからゆっくり休むぞ~ DSC01474

今回はこの辺で。

今回の地図です。 新函館北斗駅近辺での行動に終始しましたので、行程は掲載していません。 (函館入りするまでGoogle Mapを掲載してみます。) この新函館北斗駅は「北斗市」に所在する駅でありまして、 本シリーズ14回目の記事にして、今なお函館に着きません。 しかし次回はいよいよ函館入りします。函館旅行!なのです! またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/08/17 Thu 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

2017年函館旅行、ついに北海道に到達!

新幹線こまち&はやぶさ 2017年夏の函館旅行シリーズ、第13回です。 上野駅を出発し、常磐線をひたすら進み、水戸やら双葉やらで立ち寄って散策したりして、 そんなこんなでようやく仙台に到着いたしました。 ここからはスピードを上げますよ。新幹線に乗ります。

久々の東北新幹線

杜の都・仙台で過ごした時間は短いものでした。 今度ゆっくり来よう、仙台が目的地ならば(近いから)まだ機会はあるだろう。 そんなことを考えながら新幹線待ちをしていました。 乗ろうとしているのは14時54分発・はやぶさ号であります。 DSC01429 新幹線が来るまで15分ほどあるな、その間ホームで新幹線を撮ろう! というわけで、ひたすら新幹線の写真です(笑 DSC01427 E2系、ですかね。 はやて、などに使用されている車両です。忍者ハヤテ! 外国人もびっくりだ! DSC01426 その後にやってきました、私が乗り込むはやぶさ号です。 ただし写真の赤い新幹線は秋田新幹線こまち号、連結してニコイチでここまで走ってきたのであります。 DSC01431 写真左側の赤い新幹線はこまち号、右側の緑色の新幹線がはやぶさ号です。 このように連結されていることは知っていましたが、この至近距離で見たのは初めてです。 なぜかラブホテルにある対面椅子を思い出しました(笑 DSC01435 乗ったのはスーパーグリーン車「グランクラス」です。 はやぶさ号の先頭車両に18席のみ用意されたファーストクラス。 嗚呼選ばれてあることの恍惚と不安我にあり。 DSC01423 何となく扉も重厚で、ホテルみたいです。 リュックを背負って普段着の私みたいな岡田君似の若造が入っていいのでしょうか。 P_20170803_174357_vHDR_Auto 車内で撮りました。シートは体形に合わせてあちこちが動く、マッサージチェアーのような仕様です。 ゆったり乗って行けるなあ…と思っていましたがここがとんだハズレ席。 後ろの席のおばちゃんコンビはペラペラずーっと喋りっぱなし、 前の席の子供は躾ができておらず親も放置する中車内を動き回ってまったく落ち着かない。 まあ、グランクラスといえども所詮は相乗り、そこは不運だったと諦めるべきところですが、 さすがに仙台→新函館北斗間3万円オーバーの旅であります、 この先で他の席が空いたところでアテンダントさんにお願いし、移動させてもらいました。 配慮してくださったアテンダントのお姉さんには仙台で買った「萩の月」をお礼に差し上げました。 DSC01439 トイレの中の写真は控えますが、ウォシュレットでしたよ。 このエリアは隣車輛の人も入れたのかも?よく分かりませんが、基本的にグランクラスは一般車両とはきっちり区分けされており、 グリーン車ではよくある「通路を人がうろうろ」というのもほぼありません。 P_20170803_174346_vHDR_Auto 仙台からグランクラスに乗車したのは、私だけでした。 席について少ししたら、アテンダントのお姉さんがおしぼりを持って来てくれます。 そこでワンドリンク&軽食のオーダーを聞かれます。 飲み物は飲み放題、軽食も料金内です。 軽食は「和食か洋食か」聞かれましたので私は和食をチョイスしました。 ちなみに洋食ですとサンドイッチなのだそうです。 DSC01442 東北新幹線が、乗り換えることなく北海道新幹線に乗り入れて青函トンネルに入っていくわけですが、 新函館北斗駅まで乗る人は、そこまで多くはないようです。 盛岡を過ぎても人がいっぱいだったグランクラスですが新青森で大半が降りていき、 その先、車内は私ともう一組だけになってしまいました。 DSC01455 さっき牛タン丼食べたばっかりだぜ!という状況でちびちびおつまみにしながら、ビールだワインだとぐびぐび。 朝5時起きで移動しっぱなし、さすがに疲れが出ていた頃合いでもありましたのでお酒が染みまして、 すっかり出来上がってしまいました。 こちらは「青森りんごを使用したシードル」だそうです。おかわりもらっちゃったよ。 DSC01447 アテンダントさんにへべれけにされているうちに青函トンネル突入、そして北海道上陸です。 連載13回目にしてついに北海道に入った! 向こうに見えるは函館山! やった!私は身震いするほどの感激に包まれたのであります。 DSC01461 仙台から揺られること約3時間、ついに終点・新函館北斗駅に到着であります。 なんかね、涼しいよ。8月なのに。 DSC01468

今回はこの辺で。

今回の地図です。 これまでのスローペースは何だったんだ!?というぐらい、実にあっさりと北海道に到着してしまいました。 シリーズ最高の移動距離であります。 (函館入りするまでGoogle Mapを掲載してみます。) しかしながら、新函館北斗駅は「北斗市」に所在する駅であり、 私は今なお函館に到着できていません。 次回ついに函館入り!できるかな!さてさてふむー! またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
連休を使って旅行に出掛けてきました。行き先は関西です。今回は一人旅でした。
一人で遠出するのは久しぶり、その上次回はいつになるか分からない、ということで行き先を詳細に検討しました。
ざっと行き先候補はこんな感じでした。

1:やはり本命 関西
2:久し振りだね 函館
3:七夕まつり 仙台
4:行ったことない 金沢
5:やっぱりやめた 東京
6:キングオブ深夜バス はかた号

どうしっぺ!ほんまにサイコロ振ったろか!?というぐらい今回は直前まで悩みました。
直前ったって並の「直前」ではありませんぞ!
当日、荷物まとめて、家を出て、ここ上野駅に来るまでまだ行き先を決めかねていました。
P9990059

みどりの窓口へ行ってみたり、特急券の券売機で指定席の空きをダラダラ見てみたり。30分ぐらい過ごしたかなあ。
色々悩みました。サンライズ号は満席、北斗星は運休…グランサイズは大丈夫だろうけど本当にそれでいいのか…
しかし、普段やり取りしているTwitter友の「旅に行ってきた」という一連のツイートを思い出し、それが決定的に私の背中を押しました。
やはりここしかない!ほらほら身体は正直だぜ~!
というわけで関西旅行であります。のぞみ号の切符を買って東京駅へ。風は西へと。
P9990063

当ブログの過去記事をたどっていただくとお分かりいただけます通り、私は基本的に遠出をしません。
長期休暇が取りづらい職場であることと、旅行費用より機材に消える家族サービス第一である私としては、
たとえ東京→大阪の旅行であってもかなり度胸のいる大冒険なのです。
私が大阪出身だということも逆に心理的に作用しているというのもあるのでしょう。故郷は遠くなりにけり。
P9990064

だからというわけではないのですが、その旅程では私は贅沢をします。新幹線はグリーン車。
テンションが高い学生団体やところかまわず宴会を始めるサラリーマングループを回避する有効手段なのです。
敵を増やしたか!?いや皆さん思っていることではありませんか?騒がしいものは騒がしいのです(笑
何よりも私としては滅多にない一人旅、ゆったりしたいではありませんか。
P9990067

今回持ち出したのはもちろん「LUMIX GM1」です。購入直後の出撃、いわば初陣となります。
ただ、全国的に天候が悪くなる気配がありましたので、防塵防滴の「OM-D E-M1」も念のため同行させました。
この写真はE-M1で撮りました。
レンズはGM1のキットレンズ以外に5本
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
という豪華キャストであります。
ぶっちゃけ広角系のレンズは「パナソニック12-35mm」1本にまとめることもできたのでしょうが、それはしません。
様々なレンズを試したかったですし、何よりレンズの数ほどブログネタは増やせるものですから(笑)
ご覧いただくにも、これぐらいの方が見応えがあるはず、と信じます。
EM160005

さて、のぞみ号にのって快適に関西入り…かと思ったら、さにあらず。
昼食どうしよう→別に新幹線でもいいけどさ→せっかくだから寄り道するか、という発想の飛躍がありまして、
新幹線の切符は名古屋までにしていたのでした。
P9990080

名古屋で遅い昼食を。そして余裕があればちょっとは付近の散策をして、再び関西を目指す。
昼ごはんを名古屋で、と思ったのは、いわゆるひとつの名古屋めしというものをいただいてみようと思ったのです。
ひつまぶし、味噌きしめんなど色々調べたりしていました。小倉トーストはちょっと私にはキツそうだなあ、とか。
で、結局無難にまとめました。味噌とんかつであります。
地元の有名チェーン、矢場とん。地元の方からしたらきっと無難きわまるチョイスなのでしょうね(笑
P9990087

矢場とん。やばとん、って読むのかな?知らんけど。
チェーンの名前だけは聞いたことがありましたが正直何屋さんなのかも知りませんでした。
今回「とんかつ屋さん」だと知ったのであります。何と無知な私。
「鉄板とんかつ」っていうのと「わらじとんかつ」というのとで決めかねたのですが、味が二つ楽しめるとの事でわらじとんかつに。
豚肉は180gとのことでした。とんかつとしては大きいですよね。
ただ、ステーキで150gぐらいはメニューとして普通ですから食べられなくはないだろうと。
「ソース半々」という、とんかつソースと味噌ソースの二種類がかかったものをいただきました。
写真で誤解していたのですが、下半分のドロリとしたのがとんかつソースで、上半分の色が薄い液体チックな方が味噌ソース。
とんかつがテーブルに運ばれてきた後、味噌ソースだけは店員さんがかけてくれるという謎仕様であります。
ステーキソースはこちらでおかけします!みたいなノリなのでしょうか。
とにかく美味しくいただきました。
後々触れることになりますが、この食事が今回の旅行グルメの山場だったのでした。
P9990085

今回はこの辺で。
私の関西旅行は一泊二日でした。が、ほぼ写真を撮りっぱなしでひたすら移動、
おかげで記事数は私としては破格の規模になりそうです。
一人旅ですのでそれほど珍道中というわけではありませんが、しばらくはお付き合いいただければと思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/14 Sun 23:38 マイクロフォーサーズ
JR有楽町駅を出てすぐのところ、銀座側=ビックカメラや東京国際フォーラムとは反対側に、
東京交通会館というビルがあります。

古くからある商業施設で有楽町のランドマーク的な建物でもあり、
週末などは政党が街頭演説会を行う名所ともなっています。
建物は昭和テイスト溢れる造りになっていて、
都道府県のアンテナショップが多数入居していたり、
昔ながらの衣料品や香水店などがひしめく、
見方によってはレトロ感満載のカオスゾーンとなっています。
P8133364.jpg

で、このビルの3階に「コリーヌ」と名付けられた庭園?があり、
そこが新幹線撮影の名所というか定番スポットとなっております。
都心部で気軽に新幹線を眺めることができるところ、として
鉄道ファンにはよく知られた場所ですが、
一般には馴染みが薄い場所でもあります。

眺めはこんな感じです。
線路と同じ高さですので、見上げたり見下ろしたりすることなく、
走る新幹線を眺めることができます。
P8133343.jpg

300系新幹線です。
ちょうどテラスに立ったときに目の前を走っていたので、
「おっ!?」とすかさず走り去っていくところだけ撮ることができました。
P8133223.jpg

700系新幹線です。置きピン失敗;
見れば見るほどカモノハシ、というイメージで、
個人的に好きだった300系や500系にくらべてユニークなデザインに見えます。
この場所はビルの立地上、新幹線を正面から捉えることは難しいですので、
むしろ流し撮りの練習にいいのでしょうね。
P8133327.jpg

N700系新幹線です。
現在での主力車両、と言っていいと思います。
公衆無線LANできるらしいんですが、
私が東海道新幹線に乗る機会が少ないこともあり、なかなか試せません。
通信速度とか、どうなんでしょうかね。
P8133336.jpg

コリーヌから有楽町駅前広場を見下ろして、
アートフィルター「ジオラマ」。
P8133360.jpg

今の時期は猛暑ということもあり、屋外のテラスはさすがに人気がないらしく、
人はまばらでした。
新幹線撮影や、流し撮りの練習に良いですね。
他の利用者を気にしたり新幹線の運行を妨害することもありません。
こんどはE-P3の動画試し撮りで訪れてみることにします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事