ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「数寄屋橋」
2017/12/14 Thu 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-17

2017年度クリスマスシリーズ、銀座撮り歩き

2017年クリスマスイルミネーション、第17弾となります。 前回の記事から銀座編というわけで進めており、私のお散歩コースに従って写真を掲載させていただきます。 この時期の繁華街はいつにも増して華やかで、それは人によって好き嫌いがあるとも思いますが、 私は好きで記事にしているクチであります。嫌いな方はよいお年を(笑 今回は「銀座4丁目交差点」近辺で撮った写真を掲載いたします。 銀座線銀座駅直上、都内屈指の繁華街・銀座の中心であります。 さすがに人通りもかなりのものでスナップ野郎には厳しい現場でございました。 DSC03429

銀座の中心でクリスマスを撮る

まあこの時期「クリスマスを撮る」ったって、右を向いても左を向いてもそれっぽい飾りが目に入るわけで。 私はそれをターゲットとして出掛けているわけですからこれはもう入れ食い状態、 普段は街に溶け込んでいるオブジェもクリスマス仕様だったりして、嬉しく思ったりするのであります。 こちらは天賞堂のキューピッド、サンタ仕様のクリスマスバージョンですがちょっと下が寒いですね(笑 DSC03428 銀座4丁目交差点のランドマーク・銀座和光ビルのショーウィンドウです。 季節に合わせてディスプレイをガラリと変えることで知られるこのショーウィンドウですが、 クリスマスの主役はロボットと巨大不明生物の足でした。 DSC03431 足は雪男でしょうか?そちらはさておき、私はロボットの方を主役にさせていただきます。 何となくダンボーに似てないか? DSC03432 カルテットで手を振っているロボットもいまして、通りがかる人がスマホで撮っていきます。 もちろん私も撮らせていただきましたさ(笑 DSC03435 あんぱんの木村屋総本店、その入口の脇に飾られている樹をモチーフにさせていただきました。 通行人にピントを当てるのは本来憚られるのですが… DSC03437 そのお隣、銀座山野楽器の前に立つ巨大クリスマスツリーです。 従来近隣のミキモトツリーが風物詩だったのですが今はそれが見られませんので、こちらに人が集まっています。 思わず見上げてしまう大きさです。高さは5メートル以上あるのかな? DSC03445 楽器屋さんですので、飾りもそれを取り入れたものになっています。 色がくるくると変化するツリーですので、ひととおり押さえるのに時間がかかります(笑 DSC03446 新生ミキモトビルのショーウィンドウです。 かつてはクリスマスツリーが名物でしたが、今はそれを立てる場所も様変わりしてしまい、 このように「建物の中」になってしまいました。 今風で洒落ているとは思いますが、以前のような人だかりはできないでしょうね。 銀座を行き交う人は、ショーウィンドウの中を撮る、ということをあまりしませんので。和光は例外中の例外です。 DSC03447

今回はこの辺で。

銀座四丁目あたりのショーウィンドウを覗きながら歩いただけで記事が終わってしまいました(笑 でもまあこれはこれで「東京のクリスマス風景」ということになるかな? 特に和光の写真は後々振り返ると「ああ、あの年はこんなだったっけね」というように思い出すこともありますね。 皆様にもそのような「変わり続ける馴染みの風景」があるのではないでしょうか。 次回も銀座京橋編の続きです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/12/13 Wed 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-16


2017年度クリスマスシリーズ、銀座撮り歩き

2017年クリスマスイルミネーション、第16弾となります。 今回は場所を変えて銀座です。 有楽町駅で降りて銀座・京橋を歩いて東京駅に至り、そこから電車で帰る。 私個人的には久しぶりに歩いたお散歩コース、 今回はクリスマスの装いを意識してみました。 第一回の今回は数寄屋橋交差点、銀座東急プラザ探訪となります。 オシャレゾーンですよ!ちょっと寂しい髪の毛を整えたわ(笑 DSC03410

数寄屋橋交差点

元数寄屋橋阪急こと、銀座東急プラザ。 かつての数寄屋橋阪急の重厚な建物の写真もどこかにあるはずでそれを載せようと思ったんですけど見つかりませんでした(笑 そのうち歴史を振り返る系の記事を書く時までに探しておきます。 DSC03408 余談ながらその向かいでは年末恒例、大行列が途絶えることなく続いております。 知る人ぞ知る西銀座チャンスセンター1番窓口に並ぶ列、であります。 宝くじですね。 私は実は宝くじを買ったことがありません。ですからここのありがたみも理解できないのですが、 流行りものに並ぶ気持ちは分からなくもないようなやっぱり分からないような、そんな気持ちでおります。 DSC03404 その数寄屋橋交差点を眺めてみます。 ソニービル、これは建設ではなく解体しているところのようです。 しばらく更地にしてイベントスペース的なものにした後、2022年に新生ソニービルとして再オープンするそうな。 Wikipediaで見たものの受け売りですが(笑 DSC03405 更に余談。 この写真は有楽町マリオンの前で撮ったものですが ここで言いたいのはイルミのことではなく、向こう側に見える「プリマハム」の看板の件であります。 プリマハムの看板のビル、正式名称を「塚本素山ビル」と言いまして、かの寿司店「すきやばし次郎」が入居しているビルとして知られておりますが、 このビル、かの「塚本總業」の本社ビルなのであります。 なにそれどこのローカル企業よ?とお思いになった貴方は、まあいいや。 塚本總業と言えば千葉駅前、ヨドバシカメラが入居している「塚本ビル」の持ち主でございますよ。 DSC03400 他愛のない写真が、それに興味を持つことでどこからとなくつながっていく。 こういうことを書けるのもスナップ写真の醍醐味のひとつであろうと思います。

銀座東急プラザのアナ雪

銀座東急プラザの6階に、吹き抜けになっているイベントスペースらしきものがありまして、 そちらでクリスマスの展示が行われている、ということを知ったもので、エスカレーターを上がって見てきました。 エスカレーターで6階まで?と聞くと大変そうな気もしますが、 銀座東急プラザは数寄屋橋交差点から歩いて入る場合、記事冒頭の写真にあるエスカレーターを上がっていくのが主要な導線になっているようで (そういえば表参道の東急プラザも正面から入ろうと思ったら自然とエスカレーターを上がる構造になっていますね、デザイナーの趣味ですかね?) 館内散策はいきなり3階からのスタートですので、6階はそれほど苦ではありません。 あ、それが狙いなのか! DSC03423 その6階では、「アナと雪の女王」を題材にしたクリスマス展示&売店が用意されていました。 「アナ雪」私も観ましたが、映像も綺麗でよく出来ているなあと思ったものでした。 数年たって今更かよ?という気もしなくもないですが、これはこれで見栄えがするものです。 DSC03412 銀座東急プラザほどのオシャレゾーンでも、記念写真ブースは作らざるを得なかったようです(笑 私は一人で撮り歩いていますので、こういうのは誰もいない状態で撮るのが定番になっています。 てか、記念写真ブースがあるということは、ここで撮った写真はWEB公開も自由ということか?(拡大解釈 DSC03416 そこから見下ろした景色がこちらです。 左右両端、後ろの光がガラスに写り込んで変になっていますが、これは現場でしかるべき対策をすれば解消できることでもあります。 私はその対策をしなかった、ということです(笑 個人的には、見下ろして撮ることがなかった景色ですので新鮮でした。 クリスマス時期を外して、あらためてもうちょっと頑張りにいくことにします。 DSC03419

今回はこの辺で。

久しぶりの銀座ネタで文字数が多めになってしまいました。 正直申し上げて写真としては(いつも通り)微妙なのですが、ここではこの際撮り歩いたこと自体に意味がある! と信じて掲載することといたします。 有楽町駅を出て東京駅まで歩く、と書くと「たった一駅かよ」ということになりますが、 それなりに見栄えの良いところを巡ったつもりですので、この先もそれを載せていこうと思っています。 次回は銀座京橋編の続きです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC03411
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事