FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「恵比寿」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2017/12/06 Wed 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-09


2017年度クリスマスシリーズ、恵比寿編の続きです

2017年度クリスマスイルミネーションシリーズ、恵比寿ガーデンプレイス編の続きです。 クリスマスツリーやらシャンデリアやら、色々撮り歩いた結果記事が4つめになってしまいました(笑 この記事で本当に完結です! まあ次の記事もクリスマスネタですから見映えは似たようなものなのですが(笑 1月8日まで開催中だそうですよ!

シャンデリアでもう少し粘ってみる

エビガーの主役・バカラの巨大シャンデリア。 見ることができるのは1年のうち約2か月間、興味ある方は一度は見ておいた方が… と個人的には思っていますがお好きにどうぞ。ここは私が楽しんで撮っているところをご覧いただくブログです。 最近はめっきり使わなくなったボケ描写、たまにはそれを使って何となく立体的に現場を撮ってみます。 DSC02791 前回の記事で「広角で全体を見渡せるような写真を撮ったつもりだったのに」みたいなことを書きましたが、 撮ってたわ。 DSC02812 イキって斜めに傾けたりして、撮ってたわ。 これは理由があって斜めにしたんですが、角度の追い込みが甘かった。もうちょっと考えるべきでした。 ちょっとわざとらしかったね。対角魚眼でも使っていればこんな印象にはならなかったのでしょうが… DSC02802

ジョエル・ロブション近辺

さて、バカラの巨大シャンデリアの更に奥に鎮座ましますこの建物、 天下の三ツ星レストラン・ジョエルロブションであります。 多分私は一生、中に入る機会はありますまい。 せめて外観だけ撮らせていただき、雰囲気だけでも。 DSC02751 その手前もちょっとフォトジェニック、2017年の流行り言葉で申しますとインスタ映えのする場所です。 DSC02755 こちらはテラス席のように使っているのでしょうか。 いずれにせよ雰囲気のある場所ですので、社会人のデートコースの定番であるのも納得できます。 DSC02759

今回はこの辺で。

恵比寿編はこれでおしまいです。 私個人的には「さあクリスマスの始まりだ」という景気づけをさせていただく場所でもあります。 今の私はむしゅめ命ですが、もしクリスマスデートとかする機会があったらどこを選ぶだろうか。 たぶんこの恵比寿か、そうでなければ丸の内なんですよね。 コンセプトを決めて、色を絞って、雰囲気がブレていない。それが私の性に合っているようです。 チャンスがあればまた見に行きたい、写真抜きでも!と思うんですがちょっと遠くてねー(笑 次回は別のクリスマスイルミネーションスポットを採り上げます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC02869
今回の
撮影機材
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/12/05 Tue 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-08


2017年度クリスマスシリーズ、恵比寿編の続きです

2017年度クリスマスイルミネーションシリーズ・山場のひとつ。 恵比寿ガーデンプレイス編の続きです。 入口のクリスマスマーケットからツリーなどを経て、目ん玉をねぶる勢いで撮り進みまして、 今回は主役・バカラの巨大シャンデリア近辺となります。 DSC02744 1月8日まで開催中だそうですよ!

恵比寿ガーデンプレイスの主役・巨大シャンデリア

巨大クリスマスツリーを眺めていますと、その向こう側に、いかにもおしゃれな空気が漂っています。 毎年見に行っていていいかげん飽きそうなものですが、この雰囲気が本当に好きなもので(笑 DSC02689 巨大クリスマスツリーからスロープをゆったり下っていくと、巨大シャンデリアの鎮座する広場に出ます。 この景色はまさに圧巻で、上品な空気に満たされたスペースは訪れる人を幸福にします。 DSC02695 広場で少しの間、シャンデリアを見上げつつ撮ってみます。 もう少し全体を見渡せるような写真を撮たつもりでしたが、このぐらいの広さになってしまいました(笑 DSC02739 巨大シャンデリアと巨大クリスマスツリー、その両方を収めてみます。 こういう時のための中望遠ということになりますが、この日持ち出したレンズは望遠端で70mm。 もうちょっとやりようはあったかな? DSC02747 さすがの恵比寿ガーデンプレイス、デートコースということなのでしょうが、若いアベックも多数見かけます。 仲睦まじい様子をスナップさせていただいたりもしましたが、掲載するのはやめておくことにします。 当ブログ恒例、後ろ姿は載せさせてくださいね。 DSC02829 シャンデリアを思い切って切り取りました。 こういう時は単焦点が良いなあと思いますね。ボケがちょっと足りない気がします。 DSC02733

今回はこの辺で。

恵比寿ガーデンプレイスへクリスマスイルミネーションを見に行くなら、平日に限ります。 土日祝日は人がどっと押し寄せます。ちなみに私は平日に行ってこれらの写真を撮りました。 持ち出したレンズは24-70mm、私としては充分に戦えるだろうというつもりでしたがちょっと広角が足りません。 もっぺん撮りに行くかなあ…こんど行くなら単焦点で戦いたい それはともかく次回も恵比寿ガーデンプレイス・クリスマス編の続きになりそうです。 やはり記事3つでは載せきれませんでした(笑 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/12/04 Mon 22:15 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-07


2017年度クリスマスシリーズ、恵比寿編の続きです

断続的に掲載しております2017年度クリスマスイルミネーションシリーズ、 恵比寿ガーデンプレイス編の続きです。 私個人的にはクリスマスイルミネーションスポット巡りの山場のひとつでありまして、 満を持して訪問し、記事も複数回(笑 今回は中編でございます。 恵比寿ガーデンプレイス入口に燦然と立つ巨大クリスマスツリーが主役となります。 DSC02675 1月8日まで開催中だそうですよ!

恵比寿ガーデンプレイス名物のひとつ、巨大クリスマスツリー

さて、その巨大クリスマスツリー。 恵比寿ガーデンプレイスの入り口に立っており、とても目立つものですから、 下手したら奥に鎮座する真の主役よりも人を集めます。 このように「近付くことが出来る」という点も大きいのかもしれません。 DSC02848 恵比寿ガーデンプレイスの雰囲気は『大人の街』そのものですが、 時としてこのように学生さんのグループがキャッキャ言いながら撮っていました。 DSC02681 ツリーに隣接して入口がある恵比寿ガーデンプレイスの主要施設のひとつ、恵比寿三越です。 食料品フロアの充実っぷりが目立ちます。地元住民の皆さん向けなのでしょうね。 要するに、ハイソ御用達ってか!? DSC02679 同じく隣接するビヤステーションです。 前の記事でも書きましたがここは元々サッポロビールの工場、それを再開発して現在に至るわけですが、 この建物がその名残と言える存在なのかもしれません。 敷地内にはヱビスビール記念館もあり、試飲などもさせてもらえるようですので、興味ある方はぜひ。 DSC02682 たまには機材のことも書きましょう。 持ち出したレンズはAマウント「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8ZA」です。 普段はもっと明るい(F値の小さい)単焦点レンズを使うことが多いので、 その意味でこのレンズのボケ量には期待していませんでしたが、頑張ればこの程度のボケは得られます。 写りの良し悪しはどうなんでしょうね。私はそこまで頓着しませんので何とも(笑 DSC02862

今回はこの辺で。

クリスマスツリー周辺の写真で記事いっこ費やすことになりました。 が、実際それだけの値打ちと言うか存在感はあるんですよね。行ってみればお分かりいただけるかと。 『現場の雰囲気を伝える』ということも当ブログに掲載する写真の重要な目的のひとつですので、 綺麗なイルミネーションだねー、ツリー大きいねー、みたいな感想を持っていただければ充分です。 次回も恵比寿ガーデンプレイス・クリスマス編の続きです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/12/03 Sun 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-06


2017年度クリスマスシリーズ、恵比寿編です

断続的に掲載しております2017年度クリスマスイルミネーションシリーズ、 今回から恵比寿ガーデンプレイス編です。 11月初旬開始という、他のスポットに比べて比較的長期間行われるイベントで、都内屈指の名所でもあります。 私個人的にも「クリスマスの始まり」を象徴する場所でありまして、訪問を楽しみにしておりました。 DSC02664 今回はその『恵比寿ガーデンプレイス』で撮った写真を掲載してまいります。 開催期間は1月8日まで。 例年11月3日(祝日)から始まりますので、約2か月間のロングランということになります。

何となくアーティスティックに見える、それがモノクロの魅力

JR恵比寿駅を出て南に進みますと『動く歩道』に乗ることになり、延々と乗り継いだ後に到着するのが恵比寿ガーデンプレイス。 元サッポロビール工場だった土地(ここで作られたビールが『ヱビスビール』)の再開発によって誕生したオシャレゾーンです。 位置的には恵比寿駅と隣の目黒駅の中間あたりでありまして、意外に?距離があります。 だからこその動く歩道なのだと思いますがともかく、それを抜けたところでどどんと登場するのがこの風景であります。 DSC02652 余談ながらこの恵比寿編もオール「RAW現像」です。 ひとつひとつの写真は明部暗部の表現も見直して色の乗り方も調整しており、見栄えが良いな!というものになっているかもしれませんが、 これらの写真をタイル状に並べますとわざとらしくてしゃーない。 やはり写真である以上、『自分なりの味付け』にはリミッターを設けた方が良いのか?そんな思いがしております。 他人の考えは知らん、興味もない。 DSC02671 恵比寿、というか山手線の西側は、若いお嬢さんの割合が高いですよね。 歩いていてそれは事実だと思います。 DSC02663 恵比寿ガーデンプレイスの(恵比寿駅側)入口では、恒例のクリスマスマーケットが行われていました。 私が行った日は平日でしたので人ではそこそこ、なのかな? DSC02671 それでも人出はかなりのものでした。 やはり都内クリスマスイベント有数の名所、わいわいがやがややってます。 DSC02669 メインの通りとは違いますがこちら、東京都写真美術館に続く道でもイルミネーションが施されています。 恵比寿ガーデンプレイスといえば電球色のトラディショナルなイルミが売りなんですけれども、 こちらは青白をイメージした、エビガー的には傍流に属する装飾が行われています。 DSC02657 どうやら『コロプラ』(スマホゲームの会社)とのタイアップのようですが人通りはまばら、 まだまだ1ヶ月ありますから頑張って!(無責任 DSC02653

今回はこの辺で。

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションは、私個人的に大好きです。 そのエリアの雰囲気も踏まえた上でコンセプトをキッチリ決めて、色なんかも統一性を持たせて作り上げる。 コンセプトがぶれた、例えば『首都圏最大!xxx万』というような、電球の数だけで一番を誇りたいようなイルミネーションとは一線を画しています。 違う、違うんだよ、ただ電球をぶら下げればいいってもんじゃあないんだよ。 まあ好き好きですがね。私はそれには与しない。雰囲気が大事だと思いますよ。 次回は恵比寿ガーデンプレイス・クリスマス編の続きです。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC02661
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/29 Tue 21:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 都心部隋一と言っていいクリスマスイルミネーションスポットのひとつ、恵比寿ガーデンプレイス・略してエビガー。 その現場の雰囲気をここ数回にわたって掲載してきました。
恵比寿ガーデンプレイスでクリスマスマーケット! クリスマス2016 その8 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
恵比寿ガーデンプレイスの巨大クリスマスツリー! クリスマス2016 その9 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
恵比寿ガーデンプレイスの巨大シャンデリア! クリスマス2016 その10 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
クリスマスマーケット、巨大クリスマスツリー、バカラの巨大シャンデリア。 それらを採り上げてきました。切り口はいろいろあれど、これで概ね網羅したと言っていいかと思います。 今回はそれらの周辺(失礼!)で見られるものを集めて掲載します。 と言っても取りこぼしもあるんですけどね。とにかくイッテミヨー DSC07174

歩いているだけでも心が満たされる空間です

皆さんは、お金を落としてくださいね。 その上で、私はさらりと歩きます(笑 いや、飲食店には入らないんですけど、おみやげというか雑貨やお惣菜は買って帰るんですよ? とは言え、その程度です。 例えばこういったフレンチに入ったりすることはほぼありません。すみません、いずれお邪魔します。 DSC07190 巨大クリスマスツリーやクリスマスマーケットのあたりに、こんなお店ができていました。去年は無かったよね? 俺の、ということでピンと来て(てか、皆さんピンと来るとは思いますが)ネットで調べてみましたら、 やっぱりなんですね。俺のフレンチや俺のイタリアンの系列店でした。 DSC07242 新業態ですかね。恵比寿向け、と言われればそのような気もしてきます。
俺の株式会社
恵比寿ガーデンプレイスと言えば「レンガ造りに電球色イルミネーション」…と思っていたら、さにあらず。 このような青白イルミもございます。写真美術館に向かう裏通り専用通路です。 ここ恵比寿はそういうわけで私も含めた写真好きの聖地でもあるのですが、正直言って青白はエビガー的にどうなのかね。 まあその空気の読めないっぷりと言うか世間とのズレっぷりというか、それが象徴しているとも思えました(笑 DSC07248 と思いつつ入口近辺を撮ってみたら、意外にカラフルな電飾だったのだなと気付かされます。 電球色一色、ぐらいのつもりで見ていましたが人間の目も印象に引っ張られるのでしょうね。 DSC07252 悔しかったのでモノクロで押さえてみました(笑 この時だけカメラでモノクロモードにして撮った(=自宅で後処理でモノクロにしたのではない)んですけど、 そのような咄嗟にセッティングをわらわらと変えるのも、これもまたデジタルをいじる楽しみの在り方だと思ってくれい。 DSC07224 今回最後の写真です。 後姿を撮った後、この人が振り返ったんですけど、笑顔が似合う美人さんでした。 声を掛けようかとすら一瞬よぎったぐらいです(笑 まあ、しませんけどね。 個人が特定されない、というために後姿を撮らせていただく、私の流儀でもあります。 DSC07261

今回はこの辺で。

というわけで、恵比寿編はこれでおしまいです。 もしかしたらシーズン中にもう一度行くこともあるかもしれません。 その時にはまた記事にするかもしれません。 クリスマス夜景デートをしよう、と考えている社会人の彼氏!いや、これから口説こうと思っている野郎ども! 恵比寿ガーデンプレイスはおススメでございますよ! 恵比寿駅前にはホテル街もあるしな! 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/27 Sun 19:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 都内有数、いや、現在では屈指のと言ってもいい都心クリスマスイベントの聖地・恵比寿ガーデンプレイス 略してエビガーの風景を、ここ数回に渡ってお送りしております。 今回もその流れにございます。 クリスマスマーケット、クリスマスツリーと進み、次はいよいよ主役ゾーンということで。 DSC07144.jpg
恵比寿ガーデンプレイスでクリスマスマーケット! クリスマス2016 その8 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
恵比寿ガーデンプレイスの巨大クリスマスツリー! クリスマス2016 その9 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

足を踏み入れた瞬間目に入る巨大シャンデリア

クリスマスツリーのあたりから下りのゆるやかなスロープが伸びて、それが恵比寿ガーデンプレイス中心の広場に続いています。 ですので見晴らしが良く、広場の中心にどどんと置かれているシャンデリアが巨大なこともあり、とても目立ちます。 縦長のケースに収まるシャンデリアを縦位置でガッチリ押さえ用という場合、私は決まってここから撮ります。 レンズは中望遠を選ぶことが多いですね。私の場合、85mmもしくは135mm 我が家のBatis 1.8/85は普段は補欠ですが、このエビガーでは局地的ながら活躍の場があります。 その事にもいずれ触れる、かもしれません。 DSC07158 いわゆる電飾を使用した演出は事実上?この赤絨毯エリアのみ、規模としては実はそれほどではありません。 なのになぜ歯を食いしばり君は往くのかそんなにしてまで。 このスポットは都心のクリスマススポットとしては出色と言える存在でありまして、デートコースとしてもおすすめ、 写真を撮るという視点から見ましても「行きさえすれば誰でも素敵な写真を撮る事ができる」のは間違いない、 ハズレナシの場所なのであります。 DSC07152

さらに歩みを進めていきます

広場でシャンデリアを見上げてめいめい写真を撮っている風景です。私もこの中に混ざって見上げて撮っておりました。 シャンデリアとはつまりは光の塊でありますから、どのように撮れば良いものか、意外に考えさせられたりします。 私の場合は、例えばこういう感じかな。手前に別の被写体を用意して、ボカします。 こういうのを「置きに行った写真」というのかもしれませんね(笑 DSC07173 「向こう側」に回り込み、階段を上がったところから撮りました。 このように全体を俯瞰するような撮り方をしますと恵比寿ガーデンプレイスとクリスマスイベントとの親和性の高さを実感します。 あと、広場の樹木には「敢えて電飾を施さない」という選択も洒落てて良いなあと思います。 DSC07194 地上で、シャンデリア越しに諸々撮らせていただきました。すみません。 どのような形で切り取るか、アイデアの見せ所だぞ良い子の諸君!知らんけど! DSC07179

今回はこの辺で。

私のような「ショートステイで一撃離脱」タイプのスナッパーとしては異例のシャッター数で過ごしております。 実は最近は、カメラを持ち歩くこと自体は欠かしませんが、シャッター数はめっきり減りました。 この記事に限らずですが、最近は出先で撮った写真のほとんど全て、ブログ掲載に使用しています。 良く言えばボツが減りました。悪く言えば試行錯誤をしなくなりました。 それを並べ替えて記事にしている有様でございます。 恵比寿ガーデンプレイス編は次回まで続きます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07185
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/25 Fri 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 この時期都内有数のクリスマスチックな施設となる恵比寿ガーデンプレイス、 その中枢部にこれから進んでいこう、という記事です。 恵比寿駅から向かって一番手前にあるエリアが前回記事にしたクリスマスマーケット、 それに隣接する形で第一のメインイベント、巨大クリスマスツリーがあるのです。 てか、チョー目立つけどね。今時チョーとか使わないか。猿股失敬! DSC07210.jpg こんな感じでね、目立つんですよ。でかいし。 ですから人が集まります。 下手したら「真の主役」よりも人が多いんじゃないかな? DSC07141

クリスマスツリーの「色」について

これは私の主観ですので別に同意してくれなくていいです、人それぞれです。 クリスマスツリーについては私は「赤・緑」の組み合わせが好きですね。 トラディショナル・カラーですよね。家庭で飾り付けるツリーはまさしくそれであります。 DSC07142 クリスマス時期のイルミネーションに関して余談になりますと、 青色LEDの実用化と普及に伴い、電飾は「青色、そして白色」の時代が到来します。 冬の寒さ、雪のイメージづけにも適していたのでしょう、これが大流行いたします。 全盛期が2000年代の中頃だったはずで、 その時代にスタートしたイルミネーションイベントは、青白をこそトラディショナルカラーと位置づけるかのように用いました。 具体的には六本木ヒルズけやき坂(2003年~)、カレッタ汐留(2006年~)、東京ミッドタウン(2007年~)などです。 新宿西口サザンライツも、2000年代後半あたりは青白でした。流行だったんですよね。 それがさすがに陳腐化したのか、最近は赤緑+電球色の電飾に回帰しているような印象です。 てか陳腐化も何も、そもそもクリスマスとは赤緑ではないですかね(笑 私は青白も赤緑も好きですよ。 その上で、やるなら「どちらか」にしていただきたい。混ぜちゃイヤーンバカーン。 …思いつくまま書いているのですが、やっぱり発想がおっさんですかね。すみません。 DSC07225

さらに歩みを進めていきます

さて、クリスマスツリーも堪能したところで、先へ進みます。 この先に恵比寿ガーデンプレイスの主役が鎮座しているわけですが、それがもうデカくてですね(笑 DSC07237 そこに至るまでの赤じゅうたんの道も当然にフォトジェニックなのでありまして、 大いにモチーフにして撮らせていただきました。 写真撮るならこのあたり一帯がメインになるかな?と思いますね。 DSC07277

今回はこの辺で。

というわけで、恵比寿ガーデンプレイスの中心部に進んでいくのでありました。 次回はこの続きとなります。当ブログとしてはかなりのボリュームを割いているつもりです。 それにしても、恵比寿ガーデンプレイスを行き来する女性は皆さん綺麗ですね。 私も空気に呑まれているのかな?そうかもしれんね。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07155
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/24 Thu 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーションを見に行ってきました

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 今回からは恵比寿ガーデンプレイスです。 都内有数の大規模イベントであり、同時に、日本でも他に類例のない貴重なイベントです。実際ここは素晴らしい。 ですので、当ブログとしましてもこの先何回かに渡って記事にしていくことにいたします。 言っとくけど長いよ!(笑 DSC07136.jpg

恵比寿ガーデンプレイスとは

ここであらためて説明するまでもないとは思いますが、この場所にはかつて「サッポロビールの工場」があり、 その再開発ということで複合施設が誕生した、という経緯がございます。 90年代にオープンしまして、当時20代の私もドライブでここに寄ったりしましたね。オシャレスポットの最先端でした。 今は複合施設のベテラン的存在として、今もなお都内有数のスポットであります。 主要な来場者は、学生ではなくて社会人のちょっとお金に余裕がある方々ですね。 渋谷あたりの「お金をかけずに盛り上がろう!」という雰囲気とも、 お台場あたりの「普段は見ない風景を堪能しよう!」という雰囲気ともちょっと違います。 都心部にあって、独特の空気で圧倒する。 且つ、ここでキッチリ飲食しようと思ったら、ある程度お金は必要ですよ。 …そういう「オトナの街」感が充満しているエリアなのです。 以下は主観ですが、 丸の内同様、ここにはウェーイ連中は来ないでいただきたい。少なくとも、場に合った振る舞いをせよと。 ゾーニングですよ、ゾーニング。 こっちも渋谷の邪魔はしないから、覚悟がないなら騒ぐんじゃないよ(笑 DSC07130

クリスマスイベントへの力の入れ方が半端ない

この恵比寿ガーデンプレイス、毎年クリスマス時期の演出に、ものすごくお金と手間をかけています。 基本的にレンガ造りのイメージが強い施設ですから親和性が高く、アピールできるからなのでしょうね。 その上で、上っ面の電飾オンリーではなくて、きちんと自らの魅力を踏まえた上で作ったイベントです。 だからこそ魅力的なのであり、私も毎年複数回行くのであります(笑 DSC07133 恵比寿ガーデンプレイスの最寄り駅は、恵比寿駅である。 で、この恵比寿ガーデンプレイスは、そこからちょっと離れた場所にあります。 具体的には、恵比寿駅と隣の目黒駅の中間あたりですよね。 で、この距離を埋め合わせるために、恵比寿駅からガーデンプレイスへは、動く歩道がずっと設置されています。 何が言いたかったか。 恵比寿ガーデンプレイスは、その名の通り、恵比寿駅から入るのが王道である、ということです。 で。 そのルートを歩いて恵比寿ガーデンプレイスに入った時、最初に踏み入るエリアが、 こちら、クリスマスマーケットなのです。 ドイツ発祥の木造ワゴンによる屋台営業。それがクリスマスマーケットです。 その雰囲気を、恵比寿ガーデンプレイスでは最初に味わうことができます。 DSC07134 さて。 私が行ったのは平日ですから、写真から伝わりますように、混雑感はありません。 が、週末はたぶん地獄ですよ!(笑 DSC07135 私はふだん「山手線の東側」をメインにしていますから偉そうに申す権利もないのですが、 恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイベントでゆったり過ごすなら、断然平日がおすすめです。 人出もそこそこですし、このような特設クリスマスマーケットでも、空席いっぱいですから、 ホットワインでもピザでも、ゆったり食べながら過ごせます。 アベックにはおすすめですね。 DSC07138

今回はこの辺で。

今回掲載した風景は、恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイベントについて、多くを語っているわけではありません。 次回以降は恵比寿ガーデンプレイスの中枢部に切り込んでいきたいと思っています。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07139
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「GX8」で動画撮影、恵比寿編の続きです

パナソニックから発売されているレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX GX8」関連エントリです。 冬季イルミネーションの残照をもとめるかのように、祭りの後を惜しむかのように、 恵比寿ガーデンプレイスに行ってまいりました。 前回の記事では「対角魚眼を使って4K動画を撮ったぜオーイエー」と書いたものの、 肝心の動画ではほとんど出番が無かった、ナンジャコリャという展開になってしまいました。 今回はその埋め合わせ(になるか分かりませんが)として、魚眼を大胆にフィーチャーした動画を作りたいなあと。 この記事を書いている時点で動画編集が出来ておらず、完成予想図を思い描きながら言ってます(笑 P1010206.jpg

ちょっと色も変えたりなんかして

少し前の記事で「動画素材に、過剰なエフェクトや凝った編集は行なっていない」と書きました。 それは取りも直さず「現地の雰囲気をそのまま取り込みたい」という意図によるものである、と。 スキルが足りないので高度なテクニックを使えないということもあるのですが、 仮にその技術があったとしてもその上で「敢えていじらない」選択をするような気がします。 で。 そんな舌の根も乾かぬうちに今回の動画では、色をいじるエフェクトを使用しました。 「モノクロ」「セピア」がそうです。モノトーン系のエフェクトを入れてみました。 たまにアクセントして入れてみるのも良いかもしれんね、と思って素材撮りをしたもので、 撮ったからには使いたいよね、と思って編集時に組み込んでみました。 この動画では「見栄えを変えて飽きさせない」という以上の意図はありませんから、まあお試し版みたいなものです。

動画でも撮って出し

映像編集で色合いや明るさなどを変える作業は、編集作業の時に行うのが一般的です。 1本の完成品を通して見た時に色調を統一もしくは制作意図に沿わせるため、ですね。 写真で言うところの「RAW現像」に近い考え方と言っていいと思います。 しかし、私は動画でも現場で色を作り明るさを整えて一発勝負します。PCでの色調整はほとんどしません。 これには理由がありまして、 ・その方が結果として画質が良い ・カメラの色調整・明るさ調整能力は充分高いのでそれを使いこなせるなら問題なし というような、事情によるものです。 また、上に書いたように ・現場の雰囲気が伝われば充分なので、敢えていじる必要が無い というのもあります。全ては「カメラの動画画質が高い」ことによるものです。 しかし何より大きい理由は ・自宅PCが非力なので本格的なグレーディング作業に不向きである ということなんですよね。 私は動画編集に「Adobe Premiere Pro CC」というソフトを使用しています。 動画素材にエフェクトを掛けると、それが元素材に「レイヤー」のように乗っかります。 例えばカラーでクリアな画質に、「モノクロエフェクト」と「ノイズエフェクト」を掛ける、 モノクロとノイズはそれぞれ独自に微調整やオンオフが可能、というような仕組みです。 レイヤー構造での作業は感覚的にPhotoshopと似ています。しかし実は大きな違いがありまして。 Photoshopとの大きな違いとは「作業時のパソコンの処理の重さ」です。 Photoshopで何をやってもびくともしない我が家のPCでも、 Premiere Proでちょっと凝ったことを始めると、途端に動作が遅くなります。 製作中の映像をモニターするにもカクカクしてしまってダメですね。 具体例を挙げますと、4Kです。 作業は可能ですが、かなり重たくなります。 動画ですから仕方がない、とはいうものの。PC買い換えたいなあ(笑)

街角動画4K

そんなわけで長い前フリでしたが、みんなー!動画のじっかんっだよー! GX8と「12-35」「35-100」の2本、それに加えて「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」を使って、 恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションを撮ったものを掲載します。 PCからご覧の際には、動画画面右下の歯車マークから「画質→2160p 4K」をお選びいただきますと、 モニターの解像度に関わらず、フルHDを上回る解像感が得られます。

今回はこの辺で

4Kの「バチッとピントが合った時の解像感」に慣れてしまうと、そればかり使いたくなるものですね。 まだしばらく4Kマイブームは収まりそうにありません。ブログでも爆発させますよ(笑 恒例の告知コーナー! カメラの祭典「CP+」に便乗して実施予定のオフ会を開催します! 詳しくは専用掲示板を立ち上げていますので、そちらをご覧ください。 実施要項のご確認・参加表明等はそちらでお願いいたします。 次回もGX8関連記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「GX8」で動画撮影、恵比寿編の続きです

パナソニックから発売されているレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX GX8」関連エントリです。 イルミネーション終了間際の恵比寿ガーデンプレイス、略してエビガーに行ってまいりまして、 動画主体で撮影を行なってきました。 ひたすら動画に打ち込みまして、素材がいっぱいあります。 限られたエリアです似たような絵面のものを撮っていますから全部採用!というほどのものではないものの、 それなりのボリューム、当ブログ規準で言えば1分の動画を3本分ぐらいは作れそうなんですね。 ですのでネタを小出しにして記事数を稼ぐ意図も含めて(笑)シリーズとしてお届けしております。 質より量、記事数も頑張るブログなのです。戦いは数だよ兄貴! P1010204

今回は「魚眼レンズ」も投入

とはいうものの、それぞれの記事に何らかの特徴を持たせて、直近の記事と少しでも差別化を図ろう、という努力はします。 今回の差別化ポイントは「魚眼投入」ということになりますね。 現行のパナソニック機で4K動画撮影しようとしたら、画角がレンズ本来のものより狭くなる。 焦点距離で言うところの換算1.2倍から1.3倍になってしまうらしい。 換算50mmレンズを使ったら60mmとか65mmとかで撮ることになる、というわけです。 であるならば、対角魚眼レンズを使用した場合も画角が狭まって「歪み気味の超広角レンズ」として使用できるのではないか。 という興味を持ってやってみましたところ、魚眼のダイナミックさは失われたものの、 樽状に歪んだ超広角として「何となく面白いようなきがする映像」が撮れたような気がいたしました。 個人的には「実用性が高い」と判断したもので今ではレギュラーの座を獲得、常時カバンに入っております。

街角動画4K

そんなわけで、みんなー!動画のじっかんっだよー! GX8と「12-35」「35-100」の2本、それに加えて「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」を使って、 恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションを撮ったものを掲載します。 PCからご覧の際には、動画画面右下の歯車マークから「画質→2160p 4K」をお選びいただきますと、 モニターの解像度に関わらず、フルHDを上回る解像感が得られます。

飛び道具の生きる道

あれ?思ったほど魚眼の素材を使っていませんね(笑 すみません。看板に偽りありでございました。 恵比寿動画をさらに作るとするならば、そちらにはもっと積極的に使用していきますので。 むしろ今回の売りは「アベック撮りまくり」だったことかもしれませんね。 なるべく顔は避けて撮ろうと意識しておりましたので大丈夫、とは思うのですが… 手をつないで寄り添っているアベックを眺めていたら、 以前の私ならば「いいなあ私もああいう時間の過ごし方をしたいなあ」と思ったものですが、最近はその意識がなくなりまして。 獲物を追うハンターの気持ちになりました。デューク東郷の気持ちであります。命! P1010216

今回はこの辺で

最近、CSSを直接手打ちする知恵がつきまして、おっかなびっくり修正をかけています。 特に段落見出しに集中して手を入れているのですが当ブログ旧来の表記と混在すると思います。 既存の記事については見づらい部分もあるかもしれませんが、どうかご容赦ください。 告知コーナー! カメラの祭典「CP+」に便乗して実施予定のオフ会を開催します! 詳しくは専用掲示板を立ち上げていますので、そちらをご覧ください。 実施要項のご確認・参加表明等はそちらでお願いいたします。 次回もGX8関連記事になる予定です。恵比寿をもう一回引っ張るかな?分かりませんが。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。