ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「怪しい秘密基地まぼろし博覧会」
2012/01/31 Tue 00:02 ソニーα
先日エントリにした「またまた行ってきたアンダリゾート」の時に立ち寄った博物館です。
かの有名な「怪しい少年少女博物館」の姉妹館とのことです。
怪しい少年少女博物館はお化け屋敷併設で、そちらではむしゅめも怖がるであろう、と、
こちらに初めて行ったのですが、
こちらも幼いむしゅめにはかなり刺激が強かったようであります。
泣かなかったのは立派でしたw
私はサブカル的かつ懐古的なセンス(あくまでも「的な」に留まりますが)が好きで、
それらの融合であるところのこの博物館とも相性が良いようです。

入口からキャッチーであります。
DSC01050.jpg

DSC00976.jpg

博物館の主たる展示物は、戦時から昭和にかけての時代を追う形で並べた風俗文化うんぬんかんぬんです。
支那事変国債。この時代から国債を国内で捌いていたんですね。
DSC01035_20120130232527.jpg

「ほら、日本の味方は赤の国だけで、黄色の国も緑の国もすべて敵で、最後には日本だけで世界中と戦争していたんだよ」
「…ふーん」
DSC00989_20120130232528.jpg

戦後はシラミ対策に苦労したんですね。
DDT散布なんて言葉だけは聞きますが、
こうやってマネキンで生々しく表現されると伝わってくるものが違います。
DSC00987_20120130232106.jpg

私は大学闘争とは縁がない世代で、通った大学もその手の闘争と無縁なところでした。
DSC01011.jpg

けっこう仮面ですね。
当ブログは全年齢対象にした健全な内容(笑)で勝負ですので、
びーちくは自主規制しますw
要はマネキンにコスチュームを着せているわけです。
DSC01013.jpg

怖いよ。怖いよ。むしゅめが泣きわめいてるよ;
「うんぎゃぁ!ままー!」
修羅場であります。
DSC01005.jpg

おお、インベーダーゲーム。
初期のカラー版インベーダーは色つきフィルムを貼っていただけだそうで。
DSC01023.jpg

昔は男女のペアを「アベック」と読んでいました。
今は「カップル」ですか。
私は時々「アベック」と言ってしまい、周囲の失笑を買っているようです。
今でもアベックホームランとか言うじゃんか。言わない?
DSC01031.jpg

別のエリアでは、もう少し妖しい展示物が並んでいました。
入口を通ったあと、むしゅめが夢遊病のように「顔がない…顔がない…」とつぶやいていたので、
何のことやらと思っていたら、これのことでした。
DSC01037.jpg

置屋を再現しています。照明もリアルです。
思うに、この博物館が不気味な雰囲気を持っているのは、
マネキンが独特の使い方で溢れているからですね。
DSC01041.jpg

DSC01049.jpg

もっといろいろあったのですが、このへんにしておきます。
楽しい展示物がいっぱいです。キモ面白い博物館です。
伊豆高原方面にお出かけの際にはぜひ立ち寄ってみてください。
ステマじゃないよw
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事