ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「御茶ノ水」
前回に続き、小石川後楽園で梅三昧した帰り道に秋葉原まで歩いた、という記事となります。
3月の掲載当時に全4回構成にしようと構想していたものが、諸々の事情により梅部分だけの2回を記事化し、
帰り道部分の残り2回がお蔵入りとなっておりました。
が、撮った写真は骨までしゃぶり尽くしてブログネタにする方針により(笑)このたびめでたく日の目を見たのであります。

そんなわけで今回は御茶ノ水から秋葉原へ向かった帰り道、
お帰りなさいご主人様!
EM181174

御茶ノ水から秋葉原に歩く途中、西日が欲しかったので振り返って撮りました。
こうやってあらためて見ますと御茶ノ水って大病院が多いですね。さすが文教の街。
EM181166

方角で言いますと西から東に向かって歩く、ということになるもので、どうも暮れてゆく雰囲気を撮るには不利な気が。
どうしてもこのように「歩いてきた道を振り返りながら撮る」事になってしまいます。
EM181169

今回のようにルートを明記しての散歩写真記事ですと、読み手に方角で混乱させることのないような配慮が必要だと思っており、
歩いて行く先、前方を眺める写真も欲しい!ということでここらで掲載します。
先の方に万世橋の交差点が見えます。
EM181168

ここからは秋葉原の中を通り抜けた際の写真です。
秋葉原というと私はどうしてもこの撮り方をしてしまいます。凝縮感が良いですね(笑
EM181170

派手に建て直されたラジオ会館を見上げて撮っています。
時々無性に買い物しまくりたい衝動に駆られ行くことがあるのですが、最近は見るだけでお腹がいっぱいになります。
私の40-150もついに枯れたか?
EM181173

他所ではなかなか見られない垂れ幕です。垂れ幕っていうのかなこういうの。
これはミハル師匠ではありませんか!知らんけど。
EM181172

今回はこの辺で。次回はまた別のネタになります。
いよいよ開幕、「第17回国際バラとガーデニングショウ」!
私は週末に行くことになりますので記事にできるのはしばらく先になるかと思います。うー残念
カメラ使いには文句なしにオススメのイベントです。特にカメラ女子!
国際バラとガーデニングショウ
あと少しの間、ウキウキしながら待つことにいたします。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
5月最大の目玉、「国際バラとガーデニングショウ」記事に突入する前に蔵出し(というか積み残し)ネタを使い切りたい!
というわけで今回も春先の写真を放出です。はなてんではございません、ほうしゅつです。
決してネタ切れのつなぎというつもりはないのです。まじで。でも温存していたわけでもないんだよなあ。
当ブログは「写真と文章の両輪で」というコンセプトでございますので、できるだけホットなうちに記事にしてしまいたいのです。
撮影してからあまり日数が経ってしまうと当時に得た印象が薄れ、文章をつけづらくなるもので。

というわけで。
2月末に梅を目当てに出掛けた小石川後楽園前後編
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その11 小石川後楽園で梅三昧 前編 ひたすら逆光
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」その12 小石川後楽園で梅三昧 後編 日陰も撮りやすい
これらの記事のエピローグを書きます。平たく言えば、帰り道です。

小石川後楽園を出まして、塀沿いに歩いて水道橋方面を目指します。
このあたり一帯は水戸徳川家の江戸上屋敷(かみやしき)だった場所だそうです。
小石川後楽園が水戸藩のお屋敷だったのか、と思うなかれ。小石川後楽園は水戸藩上屋敷の「庭園部分」に過ぎないそうです。
このことを私は勘違いしていました。
お屋敷そのものは東京ドーム一帯にあったそうです。広いな!東京ドーム何個分あったのでしょうか。
EM181122

ですからこのあたりも全部水戸藩のお屋敷だったということになります。
めっちゃ広いな!東京ドーム何個分あったのでしょ(もういい
EM181130

東京ドームではオープン戦か何かが行われていたようで、人がどんどん集まってきていました。
私は観戦したいとまでは思わないものの、こういうちょっとした宣伝には誘惑されながら歩いていたという。
EM181131

東京ドームシティを離れる頃には、日も傾いてきていました。
紫色に染まりつつある空を撮ろうと頑張ったつもりでしたが力及ばず撃沈。
フォトショップでいじればそれなりになるのかもしれませんが、ここではそれはしません。
EM181134

水道橋駅に出まして、電車に乗って帰ろうと思っていましたがやっぱりやめた!秋葉原まで歩く!
というわけでこのように中央線沿いに歩くことにしました。
EM181149

お堀(を兼ねた神田川ですけど)沿いに歩きますと、桜の木が植えられていて、花が咲きつつありました。
河津桜だそうで、その花の咲き具合で時期も推し量れるというものです。
EM181143

色々撮りながら歩き、御茶ノ水駅にたどり着きました。
トンネルから時々顔を出す丸ノ内線、このように地上に出るのには理由があるそうで、
丸ノ内線は東京では戦後初開通の地下鉄路線だったのですが当初は「地下鉄は贅沢」とGHQが建設を渋った、
だから地上区間を無理やり用意して「丸ノ内線は地下鉄にあらず、普通の鉄道でござる」と押し通したって話本当かそれ?
EM181160

とまあ、歩いているうちにかなり暮れてきまして、
私お得意の(笑)野戦突入になりそうな雰囲気の中で次回に続く、となっていくわけでございます。
EM181165

今回はこの辺で。
水戸徳川家の上屋敷、小石川後楽園だけなのかと思っていたら東京ドームまでまるっと全部だったのか。
さすが御三家、スケールがデカイ話でした。
都心部を撮り歩くにあたってはどうもこの大名屋敷関連の話を避けて通ることはできないようで、
例えば当ブログ的にはしばしば登場する和田倉噴水公園は保科正之の会津藩松平家の上屋敷跡地なのだそうです。
また、先日の「ザ・ボイス」ネタの舞台にもなった日比谷公園は毛利家の上屋敷だそうでして、
じゃあ六本木ヒルズの毛利庭園ってのは、あそこは中屋敷か下屋敷か?
と思ったらそちらは毛利は毛利でも関ヶ原に参陣した秀元の長府藩上屋敷なのだそうです。そんなん知らんがな。
とにかく、ちょっと検索するだけでもいろんな名前が出てきて面白いものですね。
当ブログが「ちい散歩」「ぶらり途中下車の旅」と並び「ブラタモリ」の絶大なる影響下にある、というお話でした。
まあそれでもいいか。写真で勝負っぽい!なのです!
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/04/05 Thu 05:24 マイクロフォーサーズ
この写真、リーニュクレールのおかげで電車が目立ってくれて、
何とか巻頭を飾れる写真になった。よかったよかった(本文とあまり関係ないかも)
P4020330.jpg

小川町のオリンパスプラザへOM-D E-M5の騒音の件について尋ねに行った際、
当然のようにOM-D E-M5で近隣をスナップスナップしてきました。

神保町駅で電車待ちしていたところ、ベンチに座っている私の前に来て並ぶ人がちらほら出てきたので、
後姿ならかまわんだろスナップであります。
アートフィルター「ドラマチックトーン2」
P4020201.jpg

オリンパスプラザに展示されていたOM-D E-M5の実機2機は、
どちらもシルバーボディでした。
シルバーの方が予約数が少ない、という話だけは聞いていたのですが、
だからシルバーの方が数量的に余裕がある、ということなのでしょうか。
余談ですが、OM-D E-M5を知人友人プロカメラマン氏に見せたところ、
「お、良いじゃん良いじゃん、これすげぇ良いじゃんか」と食いつき抜群で、
「これはお前にしては珍しくいい買い物をしたな」と言われましたw
聞けばフィルム時代のOMシリーズを愛好していたそうで、
OM-D E-M5のことも「これは持ち歩きたくなるカメラだな」と絶賛でした。
OMファンとして、マウントも異なるこの似て非なるデジタルカメラをどう思うか、と聞いたところ、
「熱心なマニアの中には細かに比べて批判する人もいるかもしれないが、これは充分OMだろ」
「何より、持った時の感覚が同じ。これはすごいことだ」だそうです。
マイクロフォーサーズ規格という点はどうか、と聞くと、
「ま、ボカすばかりが写真じゃないしな」だそうです。
人それぞれなのでしょうけれども。
P4020236.jpg

ニコライ堂で2枚ほど。
現在の建築物は関東大震災の後1929年に修復を受けたものなのだそうです。
ということは、空襲での焼失は逃れたのですね。
これも余談ですが、欧米などから東京が都市として評価される際に、
「歴史的建造物が少ない」
というマイナス評価が下されることがあるそうですが、
お前らが焼き尽くしたんじゃないか、と思わなくもないですね。
P4020283.jpg

P4020275.jpg

御茶ノ水駅ホームにて。
駅利用者の顔が判別できないように、とボカして雰囲気だけ撮る練習です。
P4020310.jpg

リーニュクレールは意外に使えるかもしれませんね。
元画像は手ぶれがひどくて掲載するにも微妙な写真だったのですが、
この通り何とか使える感じになってくれました。
P4020178.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事