ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「年末まとめ」
2016/12/31 Sat 23:00 日記・時事・業界

当ブログ2016年のベストバイは何か

2016年最後のエントリになります。 今年購入した機材の中で、もっとも「買ってよかった」と思えた機材は何か。 私はαマウント(特にAマウント)とマイクロフォーサーズ(特にオリンパス)については新機種追っかけ野郎でございまして、 1年を振り返ると、そこそこそれなりに買い揃えていたことに今更ながら驚きます。 今年はちょっとそのペースが落ちました。目的はほぼ達成した、ということもあろうかとは思いますが。 ともあれその中でいちばん「買ってよかった」というのは何か。 優劣をつけることが目的ではないのですがご紹介してまいります。 購入時期の早い順番に振り返ってまいりましょう。

カールツァイス「Batis 1.8/85」

カールツァイス「Batis 1.8/85」その3 大手町試し撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年「ソニーα」関連で購入した唯一の機材です。 ソニー純正ではありませんが機能的には遜色なし、てか充分以上でしょうこれは。 Eマウントに「小型軽量」であることを求める私にとっては中望遠のベストアンサーであり、最後の一本ともなりました。 85mmという焦点距離ゆえに「人物撮り専用」と捉えられがちですが、街スナップにも使えます。 良い買い物でした。 EM180034

リコー「RICOH THETA S」

リコー「RICOH THETA S」その6 浅草寺夜間撮影全天球 #theta360 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今やジャンルを確立したと言える全天球カメラ、コンシューマ向けのパイオニア的な存在であります。 THETAの成功なしにはこのジャンルの隆盛はあり得なかった、とは言いすぎでしょうか。 スマホで操作する、そのためにはWi-Fi接続しなくてはならぬ、その接続が私のスマホでは全然できなくなった。 そういう理由で我が家では登場機会が消滅しましたが、それでも世間的には価値ある存在かと思います。 使っていて、面白いですからね。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

パナソニック「LUMIX GX7mk2」

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その12 スタジオロケで春香さん #キューポッシュ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
当ブログで繰り返し触れ、我が家のマイクロフォーサーズ機では現在エースの位置にいるカメラです。 このクリスマス時期の後半もこのカメラばかり使っていました。 色々と問題のあるカメラ(であることが使い込んでいるうちに分かってきた)ですけれども、 その上で魅力もありますので、使い慣れていきたいなと思っています。 P1010092

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その4 パナソニックファースト 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今夏パナソニックから発売された広角大口径単焦点レンズです。 このレンズの存在は大きかった。換算24mmでF1.4ですよ! こんなレンズ、我が家には今までありませんでした。 夜スナップが楽になったのは本当です。買ってよかった逸品ですね。 P1020466

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」その6 新宿でイルミネーション撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年最後のカメラ機材です。 正直「どうしようかな、買うべきなのかどうなのか」などと逡巡していましたが結局ゲット、 以来マイクロフォーサーズを持ち出す時には常時携行しています。レギュラーレンズとなりました。 せっかくのF1.2ですからもう少しボケを活かした写真も撮らねば、と思っているのですがそれはそのうちそのうち。 P1060056 さて、そんな感じで振り返ってきましたが、今年のベストバイはどれ! ダララララララ(ドラムロール ダララララララ(ドラムロール チーン! 該当なしでございます。 今年は機材を増やすということについてモチベーションが著しく低下した年でありました。 例年この年末記事では8個程度の新機材がノミネートされていましたが今年は5つ。 とにかくカメラにお金を掛けなくなりました。結果ちょっと生活にゆとりが出ましたね(笑 というわけで、今後も機材増強につきましては「何でもかんでも」という姿勢ではなく、 自分のニーズに合致したものを、適切な予算範囲で手に入れる、 という方向でやっていこうと思います。 ですから、大賞不在なのは決して春香さんにお金を掛けなかったから、ではないのですよ!断じて!

今回はこの辺で。

来年こそ春香さんに散財していくことになるかもしれませんが、 そこんとこは暖かく見守っていただければと思います。 そしてそんなことよりも、今年も新たな出会いに恵まれました。感謝しています。 この関係も大事にしていきたい。 来年も、いや、これからずっと、よろしくお願いします。 今年も一年間ありがとうございました。 皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 m(_ _)m P1010556
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/12/30 Fri 22:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

管理人が選ぶ月別「印象に残った記事」

年末恒例、まとめシリーズとなります。 今回は「月別で印象に残った記事」を振り返りつつ並べてまいります。 アクセス数とか反響とかは考えず、主観で追いかけていきますのでそこんとこ夜露死苦 うちのブログを振り返るだけの記事ですので、興味ない方はスルーして良いお年をお迎えくださいねっ(^_-)-☆

1月:超初心者向け「この記事を読み終わった直後に実践できるフィギュア撮影のコツ」

超初心者向け「この記事を読み終わった直後に実践できるフィギュア撮影のコツ」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
年明け一発目のネタは、この記事でございました。 趣旨としては「高度なテクニックや専門用語や高価な機材を一切使わず、その場で即席で良い結果を得るための一手法」であります。 難しい言葉や七面倒くさいセッティングや特殊なノウハウがあればそりゃあ良い写真が撮れるでしょう。 しかし世間にはそれを実現できる人は多くはない。そこに私も目を留めるよう意識はしておりまして。 どういう形であれ、やりようはあるんだよ。ということが伝われば嬉しく思います。 P1000790

2月:パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その16 モノクロ特集 動画編

パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その16 モノクロ特集 動画編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その16 モノクロ特集 動画編 ...
昨年末に手に入れたパナソニックGX8を、私は主に動画で活用しました。 色々と撮り歩いた中で、この記事が私の中で最も印象に残ったのです。 モノクロオンリーの動画、というのは私としては初めての取り組みだったものですから。 また作りたいなあ。

3月:祝!「くまみこ」テレビアニメ放送決定。東京は4/3日曜深夜!

祝!「くまみこ」テレビアニメ放送決定。東京は4/3日曜深夜! #くまみこ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年最大の問題作?アニメーション作品について書いた記事です。 私は原作のファンでありまして、予告動画も綺麗だったので楽しみにしていました。 しかし私はとあるエピソード以降、見るのをやめました。マニアの方々が言うところの「切った」というやつです。 色々弁解はあるでしょうが、私の期待を裏切ってくれたのは間違いない。 「お話にならない」というやつです。アニメスタッフはこの漫画を面白いと思っていたのか? 結局のところ商業作品は結果がすべて、言い訳しているようではダメですね。 「志の無い人間はモノづくりをするべきではないのだ、周囲を失望させるだけなのだ」ということを反面教師として学び、 私自身も自戒を込めて取り組んでいきたいと思いました。

4月:リコー「RICOH THETA S」その1 第一印象

リコー「RICOH THETA S」その1 第一印象 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
本年度の当ブログ最大の隠し球、リコーの全天球カメラであります。 当初はノリノリで使いました。定番のお散歩ルートをひととおりトレースしましたね。 今ではあまり使っていません。と申しますのは、操作が非常に煩雑だからです。仕方が無いんですけどね。 Wi-Fiでスマホと接続し、スマホ側から操作するんですけど、このWi-Fiがものすごく繋ぎにくいんです。 クリスマスイルミネーションにもたびたび持ち出しましたがその都度スマホ接続ができず断念、 以後箪笥の肥やしとなり現在に至ります(笑
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

5月:「第18回国際バラとガーデニングショウ」その0 明日から開催&2016年混雑度の考察

「第18回国際バラとガーデニングショウ」その0 明日から開催&2016年混雑度の考察 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
「第18回国際バラとガーデニングショウ」その0 明日から開催&2016年混雑度の考察 ...
私が1年で2番目に楽しみにしているイベントです。 ここで毎年ネタにしている割に私の周囲で感化される動きはゼロ、自分の発信力の無さを思い知るのであります(笑 真面目な話バラの写真を撮るのに最高のイベントなんですけど、これ以上混んだら困るからカメオタは来ないでね(笑 DSC05947

6月:池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会

池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会 ...
リニューアルオープンした池袋西武屋上は、庭園を備えたフードコートとなりました。昔の姿は知らんけどね。 で、私はここが好きでチャンスがあれば行くのです。その流れでオフ会をやってみました。 結果ゆったり楽しく過ごすことができました。ここはおススメですがこれ以上混んだら困るから以下略 余談ですが、この記事でオフ会関連ネタを採り上げるのはこの一つだけ。以後は控えます。 どのオフ会も楽しいんですけど、公平を期して全部選んでいくと記事全体がオフ会の話ばかりになってしまいますから。 この記事の趣旨はそんなところには無いのです。 ですから「俺が参加したオフ会がスルーされとる!楽しくなかったのか!?」とか拗ねないでいただきたい!なにとぞ(笑 P1010889

7月:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その3 潮風とオイスター

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その3 潮風とオイスター 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
新たに導入したレンズの感想を書いた記事、ではあったんですが、行った先のオイスターバーがものすごく素敵でした。 うちのママが予約してくれて行ったんですけど、テラスのいちばんいいところに席が用意されていて超ゆったり。 店員さんは呼んだらすぐ来てくれてストレスゼロ、このお店は本当に楽しかったです。 それが写真にも出てるんじゃないかな? P1020426

8月:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その9 東京ベイコート倶楽部のラウンジ

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その9 東京ベイコート倶楽部のラウンジ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私は平凡なサラリーマンです。ド平民と言っていい。昼食代200円、それを使うのを我慢して貯めているクチですから。 ですのでこのような「富裕層御用達」の場所に連れて行ってもらった時にはテンションが上がります。 雰囲気のある写真を撮ることができますし、ここだけは社畜根性全開になりますね。 P1020527

9月:「新橋~上野 中央通り全線踏破」インデックスページ

「新橋~上野 中央通り全線踏破」インデックスページ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私個人的には満を持して取材・公開した、今年屈指のシリーズです。 特定の「道」を前線踏破して、その過程を丁寧に書いていく。とても楽しいシリーズでした。 次回構想は練っておりますよ。もう少し暖かくなったらやってみることにいたします(笑

10月:久し振りに行ったお台場で、レインボーブリッジと花火動画

久し振りに行ったお台場で、レインボーブリッジと花火動画 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
この時期私は「ブログ更新に対するモチベーション」が著しく低下していました。 仕事でガッツリ「モノづくり」をやっていたので、私の創作意欲が全部そっちに持っていかれていたのだと思います。 記事数にも反映されていますね。全然更新できなかった(笑 そんな中、たまたま行ったお台場で、たまたま花火の打ち上げに遭遇し、たまたま三脚があったので、たまたま動画を撮りました。 私自身花火慣れしていなかった中で、咄嗟の対処への訓練にはなったかな、と個人的に思っています。 良い経験をさせていただきました。

11月:行ってきましたニューおまん

行ってきましたニューおまん 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
おまーん!.
春先にオープンした衝撃の新施設であります。 何が衝撃か?って、そりゃもちろん名前であります。「ニューおまん」ですよ。おまん。 おまんまんですよ?そんな名前つけるかね普通。 しかし考え方によっては、大いにアリなのであります。 言葉狩りが度を過ぎている現代日本において、「おまん」が日常使われるようになるとするならば、 その功績は間違いなくこの「ニューおまん」にあります。断言してもいい。

12月:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」その2 我が家のマイクロフォーサーズ単焦点史 前編

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」その2 我が家のマイクロフォーサーズ単焦点史 前編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年最大の反響があった記事だったかもしれません。 新レンズ導入に際してそれまでの私の歩みを記しておこう、という簡単な動機でしたが、 結果としてマイクロフォーサーズ単焦点レンズ16本の流れを概観するという大河シリーズ(笑)になりました。 あれだけ反響があったのならば、α編もぜひやりたいなあ、などとひそかに思っている今日この頃。 P9990967

・今回はこの辺で。

という感じで当ブログの1年を追ってみました。 記事中では触れませんでしたが、年の初め頃にいただいたコメントをきっかけに運営方針を変えた、 ということにも触れておきます。 それまで私は来訪して読んでくださる方を「読者様、読者様」と崇めておりました。とても嬉しかったのです。 が、こちらがそんな態度でいると付け上がる人間もいるのですね。 私のことを何を言われても「へへーっ」とひれ伏す、と思っている人間が。 ですので運営方針を変えました。 当ブログは読者を選びます。それが気に入らないなら、読まなくて結構です。 いや、無料公開しているブログとしてはその言い方は適当ではありませんね。 誰にでも見ることができ、読むのも感想を持つのも自由ですから。 ですから言い換えます。 当ブログはコメントに質を求めます。それが気に入らないなら、読まなくて結構です。 私が返答する必要のないところでどう感想を持たれようと勝手です。知ったことではない。 しかし当ブログにコメントするのであれば、作法は守っていただきます。 コメントしたいのなら「記事中の一フレーズ」を捉えて膨らませて叩く、という昨今のマスコミがやるような卑怯な手法に頼らず、 記事の意図、当ブログのスタンスをきちんと読み切った上でしていただきたい。 トンマなコメントはほんと、ピコ太郎の刑ですよまじで。 かつて、ソニーαに対する辛口の感想を連発していた私に、 「マイクロフォーサーズの記事は楽しいが、ソニーαの記事の書き方は怖い」 と直言してくれた方がいました。 私はそれに対してどう返したか記憶がありませんが、そのやり取りをした事は鮮明に覚えており、 紆余曲折あってオフ会でも顔を合わせ、大切な友人になり、今に至ります。 そういうこともあるのです。 口先だけで「こんな記事では(キリッ」と、通りがかりに言い捨てていく人間とは、私は友達になれるとは思えない。 私が「基本的にすべてのコメントに『ありがとうございます』とコメント返ししている」という事実がある上で申しております。 「お客様」根性で私にコメント返しを求めないでいただきたい。 私に頭を下げさせたいのか?足元を見るなと言いたい。 私のこの書き方が気に入らないなら、何度でも申しますが、二度と読みに来なくていいです。 「私が求める読者」ではないですから。 それでも良い、と、こんな雑で汚いブログでも読んでくださる方。 私は皆様に支えていただいております。本当にありがとうございます。 お気づきの点がございましたら、ぜひお寄せください。よろしくお願いいたします。 次回が年内最後の記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/12/29 Thu 21:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

当ブログの2016年アクセス数上位記事10傑

今年もあと数日で終わりですね。色々なことがありました。 場末のブログではありますが、一年の総括ネタを今年もやってみます。 1/1~12/26のページビュー数を基準に、本年度上位10のネタを挙げていきます。 ランキング集計対象の記事は2015年11月以降の日付がついたものとします。 私の記事の書き方や掲載時期の違いによる有利不利もありますが、ある程度フェアな集計になるかな? 例年は「同一機材を扱う記事が複数ランクインした場合は、原則としてひとつだけ採り上げる」としていましたが、 今年はその制約を取っ払います。 10位から、カウントダウンで行っていきます。 一年を通じてお越しくださった皆様に、あらためて感謝申し上げますm(_ _)m

10位:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その1 開封編

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その1 開封編 ...
今夏パナソニックから発売された、マイクロフォーサーズの換算24mmの大口径単焦点レンズです。 我が家での換算24mmレンズではもっとも明るいレンズ、という位置づけになります。 以後レギュラーの座を獲得し、常に持ち歩くレンズとなりました。 記事掲載当初には、横浜のオイスターバーに行ったりしましたね。あれは良かったなあ。また行きたいなあ。 P1020464

9位:ソニー「α99II」国内正規発表に伴い、感想を書きました。後編「スーパー35mm」

ユーザーの念願でもあったAマウントフルサイズ最新機種について書いた記事です。 ただ、肝心のα99IIについてはほとんど無視、この点は来訪者さんの期待を裏切ったかもしれませんね。 まあ別に気に入らなきゃ二度と来なくて結構なんですけど(笑 記事中では最近のソニーのマイブーム「スーパー35mm」について書きました。 この手の記事を私は毎年1~2個書くんですが、調べるのが大変なんですよね。
ソニー「α99II」国内正規発表に伴い、感想を書きました。後編「スーパー35mm」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
ソニー「α99II」国内正規発表に伴い、感想を書きました。後編「スーパー35mm」 ...

8位:パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その7 大三元ズームで4K動画 中編 丸の内

パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その7 大三元ズームで4K動画 中編 丸の内 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その7 大三元ズームで4K動画 中編 丸の内 ...
動画の記事となります。最近あんまり公開してないですねすみません。 実は現在の私の主戦場は、写真ではなくて動画です。 編集がへたくそ、というかセンスが無いもので苦戦していますが、動画で頑張りたい。 GX8にもそういう要素を期待して導入したのであり、その期待には応えてくれていますが、 やはり作品につながらない分だけ、動画記事はアクセス数にはつながっていないのが現状ですね。 来年こそ動画を頑張ります!

7位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その2 コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その2 コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今春導入したパナソニックのカメラ「GX7mk2」関連記事であります。 ではありますが、むしろフィギュアが主役ですよねこれは。書き主が見返してもそう思うわ(笑 新機材のお試しを大義名分にして萌えフィギュアを撮りまくった、というあたりが人気の秘密だったのかもしれません。 P1010016

6位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その7 オリンパスのレンズをつけて浅草に出撃・後編

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その7 オリンパスのレンズをつけて浅草に出撃・後編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その7 オリンパスのレンズをつけて浅草に出撃・後編 ...
こちらもパナソニックGX7mk2の記事です。 ではありますが、むしろ使用したレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」が主役ですよねこれは。書き主が見てもそう思うわ(笑 新機材のお試しを大義名分にして望遠PROレンズを使いまくった、というあたりが人気の秘密だったのかもしれません。 P1010341

5位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その4 続々・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その4 続々・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今春導入したパナソニックのカメラ「GX7mk2」関連記事であります。 ではありますが、むしろフィギュアが主役ですよねこれは。書き主が見返してもそう思うわ(笑 新機材のお試しを大義名分にして萌えフィギュアを撮りまくった、というあたりが人気の秘密だったのかもしれません。 …え?コピペはやめろって?まあいいじゃありませんか。プリケツ大切ネー P1010046

4位:カールツァイス「Batis 1.8/85」その1 開封編

カールツァイス「Batis 1.8/85」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
カールツァイス「Batis 1.8/85」その1 開封編 ...
カールツァイスから発売された、ソニーのフルサイズEマウント対応レンズです。 このレンズはずっと欲しいと思っていて、ついに念願叶ったという気持ちでおりました。 購入日がバレンタインデーだった、それも何かの縁でございましょう。 現在でもα7IIを持ち出す時には常に傍らにいる、そんな大切なレンズとなりました。 EM180039

3位:パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その1 開封編

パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
そんな「GX7mk2」マイブームの一方で、こちらもアクセスを集めました。 昨年末機材名を伏せてクリスマスイルミネーションを撮り歩いた、その時のカメラです。 世間的には受け入れられなかったようですが私は好きですよ。 特にEVFは素晴らしい。これはぜひ体感していただきたい! EM140011

2位:オリンパス「PEN-F」について考える

オリンパス「PEN-F」について考える 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
オリンパス「PEN-F」について考える ...
私個人は結局手を出さなかったPEN-Fについて言及した記事です。

1位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その1 開封編

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年の当ブログ上でのカメラボディ記事については、パナソニック「GX7mk2」関連記事にアクセスが集中しました。 世間的にはマイナーな(不本意!)パナソニックボディですから、実写を交えたブログ記事が少ないから、なのかもしれません。 ある意味ニッチを攻めた、とも言えますがそれは結果論。 現在に至るまで我が家のマイクロフォーサーズのレギュラーカメラの座を獲得しております。 EM548299

・今回はこの辺で。

今年はほぼマイクロフォーサーズ関連の記事が独占しました。 当ブログはどうしても機材関連の記事が上位に来ますし、その場合でも新製品の記事が採り上げられやすい。 それは私が作り上げたこのブログのカラー、ということでありますので、不本意だとかいうわけではありません。 が、今後は機材ネタに頼らない記事を書いていかねばならないなあ、と、集計していてあらためて思いました。 次回も2016年の年末まとめ記事の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/31 Thu 00:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

●当ブログ2015年のベストバイは何か

2015年最後のエントリになります。 今年購入した機材の中で、もっとも「買ってよかった」と思えた機材は何か。 私はαマウント(特にAマウント)とマイクロフォーサーズ(特にオリンパス)については新機種追っかけ野郎でございまして、 1年を振り返ると、そこそこそれなりに買い揃えていることに今更ながら驚きます。 その中でいちばん「買ってよかった」というのは何か、優劣をつけることが目的ではないのですがご紹介してまいります。 購入時期の早い順番に振り返ってまいりましょう。

・オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
先日やってきた我が家の新しい仲間、オリンパスのスーパーレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」、 良さそうなレンズだ、だけどどうだろう?と悩みながら手に入れたと ...
オリンパスから2014年に発売された「換算80-300mm、F2.8通し」の望遠ズームです。 「PRO」グレードを冠したフラッグシップシリーズの1本なだけあって描写は抜群使い始めたらやめられないレンズです。 私個人的には「最短撮影距離70cm」もポイント高かったです。 ちょっと重たいですけど、街スナップにも使えますね。目立つ上に怪しさ満点ですけど! 限定版春香さん「どや」 EM170652

・ソニー「FE 28mm F2」

ソニー「FE 28mm F2」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
予約する時までレンズの外観すらロクに見ていませんでしたので(笑 「28mm」「F2」「安いらしい」という情報だけで手を出したようなものです。 ...
ソニーから発売されたフルサイズEマウント用広角単焦点レンズです。 初お披露目だったCP+当時は正直興味薄でしたが後々考えるに「これはマストだろ」というわけで半ば衝動買い状態でゲット。 さくさくスナップ撮り歩き。これ1本で出掛けるのも楽しいものです。 私個人的にはやはりF2というのがポイント高いです。夜撮りに積極的に使える明るさに何度助けられたか。 限定版春香さん「これな」 EP570686

・ソニー「ウルトラワイドコンバーター SEL075UWC」

ソニー「FE 28mm F2」その2 ウルトラワイドコンバーター 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
上の「FE28mm F2」に取り付けて使用するためのソニー純正ワイドコンバーターです。 デカくて重い、ある意味本体であるFE28より自己主張のあるワイコン、所有する喜びを刺激しますね(笑 組み合わせて換算21mm F2.8として使うことになります。ソニー純正としては貴重な超広角単焦点というわけです。 APS-C初期標準レンズのE18-55mmにも取り付けることは出来ましたが、その手の冒険は自己責任でひとつ。 限定版春香さん「とれた」 EP570693

・パナソニック「LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」

パナソニック「LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
発売情報を少し前に知り、FE28mm購入時のポイントを充当させればお安く手に入る、ということもあり、 思い切って買ってしまいました。 買おうかどうしようか…は、正直あまり悩んでません。完全なる衝動買い ...
パナソニックから発売された換算85mmの中望遠単焦点レンズです。 先発の製品として「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」通称ノクチクロンがあります。 比べるとこちらはF1.7でちょっと暗め、まあ安いんですから当然ですがノクチクロンに勝っている部分もありまして。 「最短撮影距離31cm」というのがそれです。破壊力抜群ですよ。 限定版春香さん「これこれ」 EP540702

・オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
実際には注文を受けていないのに「注文が入った体で」取り寄せたか。 個別の事情は分かりませんが、インターネットでこまめに情報を入れていくと、私のようにラッキースケベにぶち当たる場合があります。 ...
オリンパスから発売された換算14-28mmのF2.8通し広角ズームレンズです。 このレンズは「受注販売」ということで流通量が限られ、私も「いつ手に入れる事ができるのやら」と半ば諦めていましたが、 運良く早い時期に入手することができました。まことにもって「たまたま」でしたのでこりゃまた素敵なラッキースケベ。 私個人にとっては「マイクロフォーサーズ構築上最後のパーツ」でした。この先は道楽でござる。 限定版春香さん「くろいな」 EP582828

・オリンパス「OM-D E-M5 markII」

オリンパス「OM-D E-M5 markII」その1 開封編  某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年はじめに発表され、CP+で注目を集めた後発売された、オリンパスのマイクロフォーサーズ規格レンズ交換式デジタルカメラです。 ...
今年のはじめに発売され、私も長い間迷って結局購入したという鳴り物入りの機材でしたが運悪く初期不良に当たりました。 ここまで私の購入したOM-Dはすべて「最初からどこかがおかしい」個体だったことに気付きオリンパスへの信頼感が消滅。 いや、OM-D E-M5markIIに罪は無いな。悪いのはオリンパスですから。私のカメラ生活を台無しにしてくれました フォローしておきますとこのカメラは私的には重宝してますよ。特に仕事で動画ロケの時に大活躍してます。 「E-M5markII」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」との組み合わせは絶品です。これは近日記事にします。 DSC07243

・ソニー「85mm F2.8 SAM SAL85F28」

ソニー「85mm F2.8 SAM SAL85F28」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
手に入れたのは「85mm F2.8 SAM」。2010年発売という、プチ昔のレンズとなります。 なぜ今更?なぜAマウント?色々あるんですけど、 それをひとつずつ追ってまいります。 ...
ソニー純正「A」マウントの中望遠単焦点レンズです。 フルサイズEマウントはレンズラインナップが足りない、大きくお金を使えない時期に思い余って手を出したという経緯でした。 想像していたよりもシャキッと写ってくれます。25000円という値段以上の値打ちがあると思いました。 最短撮影距離が60cm(!)なのも素晴らしいですね。ふつう85mmレンズというと最短撮影距離は1m近くあるのが普通なのに。 小型軽量で持ち出しやすいこともあり、昼間撮影には多々出番があります。 DSC04418

・パナソニック「LUMIX DMC-GX8」

パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
年末も押し迫った年の瀬に、機材を増強いたしました。 パナソニック「LUMIX GX8」であります。 ...
パナソニックから8月に発売され、私も年末に導入した、我が家では今年最新鋭の機材です。 クリスマスイルミネーション撮影の最後の頃に使い始めて、現在も重点的に持ち出しているカメラとなります。 年明け早々の時期は、このカメラが主役になるのではないかと思っています。書きたいことが色々たまってきましたので! 春香さん「めりーくりすます!」 EM140001 さて、そんな感じで振り返ってきましたが、今年のベストバイはどれ! ダララララララ(ドラムロール ダララララララ(ドラムロール チーン! ベストバイ:コトブキヤコトブキヤ「キューポッシュ アイドルマスター 天海春香さん スターピースメモリーズ」
コトブキヤ「キューポッシュ アイドルマスター 天海春香(スターピースメモリーズ)」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
春香さん「わたしだよー」
限定版春香さん「びっくら」
オゥフ、まさかの春香さん三連覇! ここまでご覧くださった方から「てめーふざけんなよ」という声が聞こえてきます。聞こえてくるぞぉ しかし!ここまで載せてきた写真を見れば一目瞭然でございましょう。 最も活躍したのは何だったのか、いや、誰だったのか! 限定版春香さん「まあねー」 EM180667 夏場に限定版星井美希が加わったことでそれ以降の大賞争いはこの二人のデッドヒートになったのですが、 一年を通して振り返った時、やはり王者の貫禄が物を言ったという形になったのであります。 限定版星井美希「おめでとー!」 限定版春香さん「おっとお」 EM123244

今回はこの辺で。

来年もそれなりにカメラなりレンズなり春香さんなりに散財していくことになるでしょうけれども、 良い物をしっかり見定めていきたいなと思っています。 そして何より、今年も多くの新たな出会いに恵まれました。皆様に感謝いたします。 来年もよろしくお願いします。 今年も一年間ありがとうございました。 皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 m(_ _)m EM123246
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/30 Wed 00:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

●管理人が選ぶ月別「印象に残った記事」

年末恒例、まとめシリーズとなります。 今回は「月別で印象に残った記事」を振り返りつつ並べてまいります。 アクセス数とか反響とかは考えず、主観で追いかけていきますのでそこんとこ夜露死苦 うちのブログを振り返るだけの記事ですので、興味ない方はスルーして良いお年をお迎えくださいねっ(^_-)-☆

・1月:ソニー「α7II」その17 「今年初の浅草出撃」前編 浅草寺

ソニー「α7II」その17 「今年初の浅草出撃」前編 浅草寺 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
当ブログ的には定番スポットのひとつではありますが、今回はα7IIで行きましたという点、 そして最近お気に入りの「ピクチャープロファイル」を使用した、という点が特徴となると思います。 ...
1月は「α7II」にどっぷりはまり込んでいた時期でした。 加えてこの記事の前後あたりは「ピクチャープロファイルを写真撮影に適用させる」ということに凝っていた時期でもありました。 ピクチャープロファイルは本来動画向けの機能ということもあるのでしょう、総じて色の出方が抑え目な傾向のようで、 この写真のように「適度に枯れた、でも現場の特徴を再現できている」あたりのバランスが良いなあと思ったのであります。 DSC01379

・2月:川崎市「藤子・F・不二雄ミュージアム」その3 愛すべき藤子キャラたち

川崎市「藤子・F・不二雄ミュージアム」その3 愛すべき藤子キャラたち 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
訪問してからはや一週間経とうとしていますが、実は興奮冷めやらず、また行きたい!という思いが強くなっています。 ...
むしゅめ孝行ということで川崎市、生田緑地の近くにある藤子・F・不二雄ミュージアムに行きましたらとても楽しい場所だった、 という記事でした。 大人でも楽しめる、いやむしろ大人の方が楽しいんじゃないかなあ。 オシシ仮面のフィギュアを買いそびれたことはいまでも後悔の念が。 P1310222

・3月:2015年3月13日の上野駅13番線

2015年3月13日の上野駅13番線 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
上野東京ラインや華々しく開通した「北陸新幹線」などの横でひっそりと去りゆく者もおりまして、今回はそちらについて書きます。 上野発の夜行寝台特急列車「北斗星」であります。 ...
今年のJRダイヤ改正も大ネタが目白押しでした。最たるものは北陸新幹線、身近なところでは上野東京ライン。 しかしそれらが華々しくスタートする一方で去りゆく者もまたいるのであります。 寝台特急北斗星廃止がそれでした。私にとっても思い出が多い列車です。 別件で上野ヨドバシへ行こうとした際にちょうど入線時刻近かったので見学のために13番線に立ち寄ろうとしたところ、 鉄っちゃんがいっぱいでした。葬式鉄の人達を始めて見ました。 「お疲れ様で~す」とか声掛け合ってたぞ、常連か! DSC02424

・4月:「春のイルミネーションスペシャル」その11 越後屋お主も春よのう

「春のイルミネーションスペシャル」その11 越後屋お主も春よのう 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
「春のイルミネーションスペシャル」と題したシリーズ、最終回です。 六本木と日本橋を見て回った、という風に総括できますね。 ...
春は桜の季節、ということで、桜をモチーフにライトアップイベントを行なっていた2つのスポット、 六本木と日本橋を見に行ったという記事ででした。連載日数にして半月分ぐらいはあったはずです。 来年もやるのかなあ。だとしたらまた見に行くでしょうね。4月の定番になればいいのですけれど。 EM122354

・5月:「第17回国際バラとガーデニングショウ」その3 花束を上から見下ろす撮影術

「第17回国際バラとガーデニングショウ」その3 花束を上から見下ろす撮影術 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
「バラとガーデニングショウ」という名称のイベントですから私としてはバラも押さえておきたい。 というわけで、今回はバラだけを押さえた写真をずらりと掲載していきます。 ...
私が1年で2番目に楽しみにしているイベント「国際バラとガーデニングショウ」関連記事です。 綺麗にメンテナンスされているバラと、趣向をこらしてガッツリ造りこまれたガーデン。それが撮り放題。 今年はちょっと壁紙用に意識するなどして、バラで埋め尽くすという写真だけで記事いっこ作ってみたりしました。 P9990304

・6月:ソニー「α6000」その8 中央林間オフ会に出席!飲み会配信付き

ソニー「α6000」その8 中央林間オフ会に出席!飲み会配信付き 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
行った場所は中央林間、田園都市線の終点にして私としては地図上のどこにあるかも分からない未踏の地であります。 ...
αアンバサダー関連記事であることはさておき、友人とのオフ会ということでとても楽しい思い出となりました。 ツイキャスも試しましたね。手応えを感じたので何かの時にはまたやりたいなあと考えています。 オフ会という体裁だとどうしても7~8人規模になってさまざまな話ができる反面キャラが立たないということがありましたので、 計3名ぐらいの少人数で場所をセッティングできたらいいなあと考えています。来年の課題のひとつです。 DSC00441

・7月:「ワンダーフェスティバル2015[夏]」その1 超初心者がやっと会場入りできるまで

「ワンダーフェスティバル2015[夏]」その1 超初心者がやっと会場入りできるまで 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私は以前から行ってみようと思っていましたが今回ついに?初出撃いたしました。 「私のような超初心者、ド素人が一念発起してワンフェスに行き、どのような経験をしたか」を書いていきます。 ...
ワンダーフェスティバルというイベントに初めて行きました。 事前知識ほぼゼロのウルトラ初心者がどのように立ちまわったかを書いた記事です。 当日朝出発直前までビッグサイトへ行こうとしていましたからね。そうだ会場は幕張だと聞いたことあったな、と慌てたという。 返す返すも私はオタクではなく「オタク趣味に理解のある一般人」でありますので。そのラインをキープで行きましょ。 EM163072

・8月:オリンパス「OM-D E-M5 markII」その4 動画後編「ビットレートとALL-Intra」

オリンパス「OM-D E-M5 markII」その4 動画後編「ビットレートとALL-Intra」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
「ALL-I」もしくは「A-I」というのは「All-Intra」の略、読み方は「オールイントラ」ですけれども、 ...
前回の記事の最後でちょっと触れましたが、今年私が「自分なりに気合を入れて書いた記事」として印象に残るもののひとつです。 E-M5markIIそのものについて触れたくなかったという心理も働いたのかもしれません(笑) こういう「文章主体の記事」も、たまには良いものですね。毎回は大変ですが。 alli

・9月:著作権のお話 その1 著作物と著作者

著作権のお話 その1 著作物と著作者 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私は法律に詳しくありませんので「解釈上の慣例」などにまで話を広げますと事実誤認も発生してきそうです。 ですので、基本的な部分で、 私達「写真を扱う側」が普段どのようなことに留意すべきなのかという実用性 ...
こちらも前回の記事で少し触れました、「気合を入れて書いた」シリーズです。 オリジナリティやアイデアの出し方について書くつもりが著作権を避けて通れなくなり、成り行き上ガッツリ書く羽目になったという。 私は法律の専門家でも何でもありませんから、法律・憲法を読んで、多数の解説サイトを頼りにして作りました。 シリーズ最後には「当ブログの写真の素材利用規定」らしきものも書いていますのでよかったらそちらも見てね DSC02931

・10月:「東京ディズニーシー ホテルミラコスタ」の結婚式に出席した!その3 披露宴

「東京ディズニーシー ホテルミラコスタ」の結婚式に出席した!その3 披露宴 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
あくまでも「機材の活用」に軸足を置いたものを志向してはおりますが、 当然に結婚式風景の写真をもろもろ掲載するという中で、その写真の内容にも触れないわけにいきません。 その上で、友人夫妻の門出を祝すとい ...
友人がディズニーで結婚式を挙げる、何たる豪勢な話! というわけで私もネタにできると門出を祝うために出席させていただきました。 ショーの世界にいるようで、圧巻でしたよ。もう一回やってほしいぐらいだ! P9990657

・11月:「スマートイルミネーション横浜2015」後編 55mm F1.8

「スマートイルミネーション横浜2015」後編 55mm F1.8 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
11月と12月の記事は、ほぼクリスマスイルミネーション撮影となりました。 そのプロローグと言うような位置付けで今年いちばん早く見に行った冬季イルミネーションが、 この「スマートイルミネーション横浜」でした。 滞在時間を10分と定め(実際は20分弱ぐらいになったと思いますが)戦略的に撮り歩くということでも記憶に残っています。 下町ロケットを見たかったのよねん DSC04538

・12月:忘年会無事終了しました!

忘年会無事終了しました! 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私自身ものすごく楽しみにしていた忘年会が、無事終了いたしました。 ご参加くださった皆様には感謝申し上げ、また、次回開催への強力なモチベーションになりましたことも合わせてご報告申し上げます。 ...
今年の春先から2月、4月、6月とオフ会的な集まりを開催したり参加させていただりしてきました。 12月には忘年会を行うこともできまして、今回もとても楽しい思いをさせていただきました。 年中行事っていうんですかね、どういった形であれ定例化していければいいなあと思う一方で、 参加される皆様の負担をどのように軽減していけるかが問われるのかもしれないなあ、などと思いを馳せておりました。 とにかくまた集まりましょう!よろしくお願いしますm(_ _)m EM556198

・今回はこの辺で。

今年は遠出しませんでした。せいぜい伊豆までです。 普段の写真はほとんどすべて、東京駅を中心にしたごく限られたエリアです。 写真ブログとしてはもっといろいろ出掛けて行って、目新しい何かを撮らねばならないのでしょうね。 来年はそういうあたりも意識しつつ活動していければいいなあと思っています。 次回が年内最後の記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/12/29 Tue 00:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

●当ブログの2015年アクセス数上位記事10傑

今年もあと数日で終わりですね。色々なことがありました。 場末のブログではありますが、一年の総括ネタを今年もやってみます。 1/1~12/26のページビュー数を基準に、本年度上位10のネタを挙げていきます。 ランキング集計対象の記事は2014年11月以降の日付がついたものとします。 私の記事の書き方や掲載時期の違いによる有利不利もありますが、ある程度フェアな集計になるかな? 同一機材を扱う記事が複数ランクインした場合は、この記事では原則としてその最上位記事のみをランクインとします。 ですので「本来はx位のはずなのにここで採り上げられていない」という記事も出てくる場合もありますが、 それ以上の作為、つまり「元々箸にも棒にもかからない圏外記事をゴリ押しするようなこと」はいたしません。 今年も10位から、カウントダウンで行っていきます。 お越しくださった皆様にあらためて感謝申し上げますm(_ _)m

・10位:横浜そごう「ファウンドリー」の絶品スイーツと、実店舗のSNS写真撮影への対応のあり方など

横浜そごう「ファウンドリー」の絶品スイーツと、実店舗のSNS写真撮影への対応のあり方など 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今回はスイーツ、洋菓子について書きます。 うちのママのたっての希望で「FOUNDRY(ファウンドリー)」というお店を見に行ってきました。 ...
デパ地下スイーツ、横浜そごうの名店「ファウンドリー」にケーキを買いに行った際、 ショーケース撮影可ということを知り、撮らせていただきました、という記事です。 使用機材はα7IIとAマウント単焦点、単発ネタとしては異例の上位入りであります。 お○○○みるく!お○○○みるく欲しいのおぉぉぉぉ! DSC02580

・9位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その3 ズーム全域で最短撮影距離70cm

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro」その3 ズーム全域で最短撮影距離70cm 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
ここから少しの間、初心者向けとして書いてみます。最短撮影距離の話を簡単に書きます。 「んなもん知っとるわ」という方は読み飛ばしてください。 ...
オリンパスの高級望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」関連の記事です。 発売後数ヶ月経過してからの導入でありアクセス数については期待していませんでしたが、 やはり注目度の高いレンズのレビューとは人目に触れるものなのだなあと思いました。 限定版春香さんが頑張って紹介してくれました。 EP580673

・8位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」その1 開封編

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
納期1ヶ月とも言われ、メーカーの通販サイトでは予約受付すらしてもらえないことがあるらしい、 そんな中で私が手に入れることができたのは、まったくのたまたまでした。 ...
続けてオリンパスのPROレンズ記事がランクイン。こちらは「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」です。 入手困難な時期に展開したことも幸いしたのでしょう、アクセス数は順調でした。 EP582831

・7位:ソニー「α6000」その7 KITTE屋上庭園が三脚使用禁止になっていた #αアンバサダー

ソニー「α6000」その7 KITTE屋上庭園が三脚使用禁止になっていた #αアンバサダー 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今や都内有数の夜景撮影スポットとして有名になったのですが、ここにきてちょっと異変がありました。 「(以前はOKだった)屋上庭園における三脚・一脚が使用禁止」になっていたのです。 ...
ソニーのブロガー囲い込み企画「αアンバサダー」に幸運にも当選でき、 お借りしたα6000で撮りに行った東京中央郵便局・KITTE。 以前は使用OKだった「三脚・一脚」が使用禁止になり、大きな貼り紙まで貼られていた、という記事です。 ソニー公式サイトからリンクを貼っていただいていたのでこの順位になったものと思われます。 今は落ち着きましたが公開直後の来訪者数はかなりのものだったと記憶しています。 DSC00413

・6位:ソニー「α7II」その3 ピクチャープロファイル「s-log2」を写真撮影に応用したらどうなるか

ソニー「α7II」その3 ピクチャープロファイル「s-log2」を写真撮影に応用したらどうなるか 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
このピクチャープロファイル、動画向けの機能ではありますが実は写真撮影にも適用できるものですから、私もダブルに興味を持ちました。 ...
ピクチャープロファイルというのはソニーのビデオカメラに搭載されている色調整機能の名称です。 圧縮前に色を調整するため結果としてトータルで画像劣化を抑えることができる、という機能ですが、 これが実は写真撮影にも適用できると知り、ニッチなネタとして採り上げてみました。 それにしても、こんなドマイナーでニーズもない記事がどうして上位に来たんだろう。 確かに当時は積極的に連載記事にしましたけれども。こういうこともあるんですね、分からんもんですわ DSC00752-0

・5位:ソニー「FE 28mm F2」その6 足りないピースを埋めるがごとく~カメラ談義~

ソニー「FE 28mm F2」その6 足りないピースを埋めるがごとく~カメラ談義~ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
当ブログの写真をつらつらと眺めていただくと何となく伝わるかもしれませんが、 うちの売り、というか主な撮影対象は都市の夜風景です。 ...
うちのブログは、皆様思っておられる通り非常に「あざとい」タイトルをつけています(笑 その割に機材の運用話は年に数回ということで、 クイズ番組のはずなのにクイズが少ないぴったんこカンカン、みたいな印象を持たれているかもしれません。 そんな中の貴重な機材運用トーク、だからこその上位入賞なのかもしれませんね。 来年はもうちょっと機材話にも花を咲かせてニーズにも応えていかねば。 EP570684

・4位:「ザ・ボイス そこまで言うか!」場外乱闘 激論!ラジオパーク大決戦 in 日比谷

「ザ・ボイス そこまで言うか!」場外乱闘 激論!ラジオパーク大決戦 in 日比谷 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
ラジオ番組「ザ・ボイス そこまで言うか!」初の単独イベントが、本日開催されました。 場所は日比谷公会堂、ニッポン放送の「ラジオパーク」というイベントの一環、なのかな?とにかく隣接する形で行われました。 ...
ゴールデンウィークに日比谷公会堂で開催されたラジオ番組の公開イベントについて書いた感想記事が、 今年の単発ネタでダントツの伸びを示しました。 毎年、「なぜこんなに見られてるの?」みたいな記事が一つはあるのですが、今年についてはこの記事がそれに該当します。 「ザ・ボイス 日比谷」みたいな検索をかけると、うちは公式サイトに次ぐあたりの上位表示がされますので、そのおかげでしょうね。 DSC03302

・3位:オリンパス「OM-D E-M5 markII」その1 開封編

オリンパス「OM-D E-M5 markII」その1 開封編  某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
箱から出して手に持った時の感触はとても良いです。OM-Dシリーズでいちばん良いように思います。 ...
発売後半年ぐらい経過してからの導入でしたのでアクセス数には影響しないだろ、と思っていましたが、 フタを開けたら年間トップ3ですよ。皆さんオリンパス大好きなんですね(笑 ちょっと過激な論調で記事を書きましたから「煽り効果」みたいなものもあったのかな? いや、あの程度で煽り記事とは言えませんよね。カメラについては「イイネイイネー」って書いていたわけですから。 DSC07241

・2位:パナソニック「LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編

パナソニック「LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私はオリ45を「初めて一眼デビューしてマイクロフォーサーズを触る方にオススメする、キットズームの次に買うべき優れたレンズ」 と思っておりその意見を変えたことはありませんでしたけれども、このレンズは良い ...
ここ数年この「アクセス数上位記事の集計」というのをやっていて思ったのは、 「高級機よりも普及機、高いレンズより安価なレンズ」の方がアクセス数が多い傾向にある、ということであります。 私も含めてやはり「自分が購入するかもしれない機材のレビュー記事」に興味が向くのだ、と思うと自然な結果ですよね。 10万超えするオリンパスのプロレンズよりも、E28mmも含めた「せいぜい5万程度の『比較的手に入れやすい』レンズ」の方が、 結果として上位に来ることが多いのだということが、よく分かりました。 この記事はその代表例だと思います。 EP540703

・1位:ソニー「α7II」その2 約1500枚撮った段階で感じたこと

ソニー「α7II」その2 約1500枚撮った段階で感じたこと 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今週はじめに無事ゲットしたソニーの新型カメラ「α7II」関連エントリです。 月曜日に入手して、5日ほど使用して約1500枚の写真を撮りました。 ...
それらすべての記事を押しのけて今年トップだったのは「α7II」関連記事でした。 例年マイクロフォーサーズ関連記事が上位を独占し、今年もその傾向であることは間違いありませんでしたが、 今年は1位に関してはα7IIネタがゲットしました。今なお当ブログアクセス数上位の記事です。大したこと書いてないのに(笑 α7IIについて申しますとモニター・ファインダーの手動切換が今なお実現していない、その一点を除いてはすべて満足です。 α7IIがある限り、例え高感度に強かろうがα7SIIの増備に40万の価値を見出だせません。モニター手動切換以外は。 ああ、だからソニーはα7IIにモニター切換ボタンを用意しないのか。買い替えなくなるものね。 DSC00372

・今回はこの辺で。

10記事中、 αネタが4つ(α7II、FE28mm、αアンバサダー、ピクチャープロファイル)、 マイクロフォーサーズネタが4つ(パナ42.5、E-M5markII、オリ7-14、オリ40-150)、 単発ネタが2つ(ザ・ボイス日比谷、横浜ファウンドリー) という結果となりました。 例年と異なりα勢がちょっと巻き返している印象ですね。α7II、出番多かったものなあ。 それにしてもこうして見てみると横浜ファウンドリーの強さは何だったんでしょうね。確かに有名店ではありますが。 やっぱり「お○○○みるく欲しいのぉぉぉ!」の破壊力でしょうか。 変なことを書くな、ですと?○○○はもちろん「ケーキ」ですよ。何を言ってるんですかあなたは 今年は私個人的に色々と「冒険した記事」があったのですが、それらはことごとく上位進出することなく圏外でした。 私個人的に頑張ったと思い出深いのは以下の2つの関連シリーズでしたが、 残念ながら両方共圏外も圏外、ド圏外記事でございました。ぬるかったか、すまぬ(笑
オリンパス「OM-D E-M5 markII」その4 動画後編「ビットレートとALL-Intra」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
そうしますと次に「じゃあIPBで充分じゃんよ、All-Intraって何のために搭載されたんだ!?」という疑問が生まれます。 ...
著作権のお話 その6 著作権法とアイデア、当ブログのスタンス 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
アイデアの話から始まり、BGM使用許諾の話や肖像権や私有地での撮影マナーなど。 もちろん全部を網羅したなどと自画自賛するつもりは毛頭ございません。 ...
動画についても著作権についても、私がそれに相対するにあたって考えをまとめておこうという意図で書いたものです。 ただ、大まかには分かっているつもりでも「そのソースは?」というのをひとつひとつあたっていく作業はある意味面倒なものでもあります。 特に「著作権シリーズ」については、関連の法律を延々読みながら「いつ投げ出そうかな」と思っていたぐらいでして(笑 内容もどこか間違っていたら意味無いですし、 まあ理解できなかった部分は「それは私には分かりません」と書いてるからいいんですけど、 とにかく記事と格闘した、という点で当ブログとしては珍しく「読み物に偏った」内容となりました。 来年も主題はともかくこういう記事をいくつか書いてみたいところです。その時はぜひお付き合いください。 次回も2015年の年末まとめ記事の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014年最後のエントリになります。
今年購入した機材の中で、もっとも「買ってよかった」と思えた機材は何か。
私はαマウント(特にAマウント)とマイクロフォーサーズ(特にオリンパス)については新機種追っかけ野郎でございまして、
1年を振り返ると、そこそこそれなりに買い揃えていることに今更ながら驚きます。
その中でいちばん「買ってよかった」というのは何か、優劣をつけることが目的ではないのですがご紹介してまいります。
購入時期の早い順番に振り返ってまいりましょう。

1:ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」
24mm
昨年末に購入しましたが本格的な運用は今年に入ってから、というわけで2014年導入扱い、としていたレンズです。
APS-Cのイメージサークルを持つレンズではありますが私はα7Rでの運用を前提に購入しました。
もちろん悩みましたよ。フルサイズ対応35mmF2.8がα7シリーズと同時発売されていましたので。
散々悩んだ結果、こちらにしました。そのあたりのことは当時の記事でガッツリ書いていますのでよろしければ。
約1年経ちますが、私の使用目的においてはこの選択は正しかった、と今なお思っています。

2:ソニー「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」
28-70
フルサイズEマウントの標準ズーム、α7のキットレンズでもありまして、ブランドを冠しないいわゆる「無印」レンズです。
ローンチのツァイスブランド24-70mmF4通しのレンズを検討していたのですが、
予約しても入手は遅くなりそうだった点、あと「寄れない」点が決定的でそちらはすっぱり諦めまして、
こちらのレンズを中古屋さんで手に入れました。実質3万円で便利さを得た、という感じでしたね。
ズームに淡白な私ですので稼働率はそれほど高くありません。が、記録でいいんだ、という時にはこれ1本で出掛けることもあります。
買って後悔なし!ですね。まあ3万円だったし(笑

3:パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」
nocti
今年購入した機材の中で最もウルトラスーパーデラックスでメガトン級のインパクトを持つレンズです。
欲しいとは思っていました。いずれ手に入れよう、とも思っていました。が、発売日には無理だろうなとも思っていました。
ところがどっこい発売当日、ネットで在庫状況を見たらまさかの「在庫僅少」。あるってことじゃんそれ!
というわけで速攻とりおき、財布を空っぽにしてゲットいたしました。
そのご威光は流石の一言につきます。直後に開催された「CP+」に持参したところ、
パナソニックブースの方々の優しかったこと。私の歴史に残りましたよ(笑

4:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」
25mm
そのCP+終了後に発売されたオリンパスの標準単焦点です。
発表直後は私としては既にパナ25mmがありましたからそれほど物欲が刺激されたわけでもありませんでした。
が、性能が良いらしい、という前評判もあって、気がついたら結局買ってました。
パナ25よりも寄れる!だけどちょっぴり暗い!持ち出す回数は減りました。
ただし自宅では大活躍、今年後半の室内撮り春香さんは、僅かな例外を除きほぼ全てこのレンズで撮ったものです。

5:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7」
15mm
私は実は今年に入ってから、新製品情報をほとんど追いかけていません。
価格コムや某掲示板などの情報は普段から見る習慣がありませんが、
あれだけ見に行っていた噂サイトも、ほぼまったく見なくなりました。
ですから、新発売の機材については事前情報が無く、本当に「急に目の前に登場する」ようになっています。
このレンズもそうでした。「え?今月発売なの?」という状態で慌てて取り置きをするような感じです。
換算30mmという画角にまだ慣れることができず、どこか持て余したりもしているのですが、
オリンパスの17mmF1.8の出番を確実に食っています。てかこの辺の画角が欲しい時にはこればかりになりました。

6:パナソニック「LUMIX GM1」
gm1
発売自体は2013年11月でした。半年以上悩んだ末に導入したカメラです。
当時は「OM-D E-M1」と「α7R」を1ヶ月ズレぐらいのペースで導入したので見送りましたが、欲しいという思いは消えず、
夏のボーナス支給がずれ込んだために当時購入候補の最右翼だったα7Sを買う気が失せまして、
α7Sの代わりに「GM1+関西旅行」というバーターで導入したという経過があります。
GM1は軽快で使いやすく、楽しいカメラだと思いました。オススメはブリーチバイパスです。
後継機も出ましたが、当ブログ的には新型ではなく「値段の下がったGM1」の方をおすすめするものでございます。

7:パナソニック「LUMIX G Fisheye 8mm F3.5」
fisheye
マイクロフォーサーズで超広角が欲しいなあ、と思っていた時期があり、
その時たまたまTwitterで何人かの友人が対角魚眼の作品をアップしていて、それに触発される形で導入したレンズです。
当初狙った超広角ではありませんでしたが、マイクロフォーサーズで対角魚眼は欲しいと思っていたので後悔なし、
一時はこればかり、GM1に対角魚眼つけてそれだけで出掛けたりしていたほどです。
やってみると分かっていただけるかもしれませんが、魚眼一本でスナップに出かけるのは結構度胸がいるものなのです(笑

8:ソニー「α7II」
EP520639
年内最後に導入した機材です。只今絶賛使用中!概ね満足ですが感想はまた後日のネタにとっておく、ということで。
「α7II ブログ」で検索してみてください!うちも結構頑張ってますよ(*´∀`)

今年は、私のおこづかい的には厳しい年でした。我が家にはアベノミクスはまだ来ていない印象です。
それもあって意識的に新製品情報を見ないようにしたり噂サイトへ行くのもやめて(噂サイトを見なくなった理由は他にもありますが)、
物欲を封印していた感じでした。
が、フタを開けてみると導入機材は8つですか。去年と同じだな(笑

今年は「欲しいなと思いつつも、様々な(主に金銭的な)事情であきらめた機材」が多かったことでも印象に残ります。
α7S
Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4ZA
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8Pro
の3つについては「逃したなあ」という感じですね。特にα7Sにその思いが強いです。
が、α7Sをもし手に入れていたらα7IIを買い足すという選択はしなかったでしょうね。
ボディばかり増やすのもどうかと。どちらか、だと思います。

さて、そんな感じで振り返ってきましたが、今年のベストバイはどれ!


































ダララララララ(ドラムロール












































ダララララララ(ドラムロール















チーン!


ベストバイ:コトブキヤ「キューポッシュ アイドルマスター 天海春香さん」
DSC04272
まさかの2連覇!素晴らしい!

ん?何だと!?去年買ったんじゃないのかだと?それは違うぞぉ藤村くん。
確かに去年も買った!けど今年も買ったのだ!今ブログで活躍しているのは今年導入の2代目春香さんなのだ!

ん?何だと!?じゃあ来年は3代目春香さんがベストバイになるんだろうって?
ぬは!ぬは!ぬはは!そうなるかもしれぬな!

真面目な話、順当な結果!なのです。
上の機材写真でもほぼ皆勤ではないですか!
ちょっと待って!Yahooに戻る前に話を聞いて!


今回はこの辺で。
来年もそれなりにカメラなりレンズなり春香さんなりに散財していくことになるでしょうけれども、
良い物をしっかり見定めていきたいなと思っています。
そして何より、今年も良き出会いに恵まれました。皆様に感謝いたします。
来年もそうありたいです。

今年も一年間ありがとうございました。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/30 Tue 00:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界
年末恒例、まとめシリーズとなります。
今回は「月別で印象に残った記事」を振り返りつつ並べてまいります。
アクセス数とか反響とかは考えず、主観で追いかけていきますのでそこんとこ4649
うちのブログを振り返る記事ですので、興味ない方はスルーの方向でそこんとこも夜露死苦、仏恥義理

1月:ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」その1 開封編
1
ソニーαEマウントが誇る単焦点レンズです。発売時期は比較的古いのですが、私はようやく手に入れることが出来ました。
APS-C専用で換算36mmということになるのですが、私はα7Rで36mmのレンズとして平気で(笑)使っています。
55mmより出番が多いんじゃないかなあ?恐ろしく寄れることもあり、これぞまさしくレンズキャップ代わり。
もしフルサイズEマウント対応35mmF1.4が出たとしても、私は置き換えを検討しません。大満足。

2月:CP+2014 その4 E-P5とノクチクロンで会場をひとまわり
2
当ブログとしては2014年は「パナソニックを本格導入することになった年」として記憶されることになるのでしょうが、
その最大のきっかけとなった機材です。
このレンズは素晴らしい。開放から使える、てか開放でしか使ってません(笑
換算85mmでありながら50cmまで寄れるというのがマイクロフォーサーズならではとも言える魅力でしょうね。

3月:キューポッシュと行く「例のプール」 前編

3
今年は例年以上に「大ネタを取材し、それについていくつか連続して記事を書く」という傾向が大きかったように思います。
その嚆矢とも言えるシリーズとなりました。まさかの「キューポッシュ × 例のプール」というコラボレーションです。
例のプールについて説明が必要だという方は、この記事に限っては明白に対象読者ではないということでお察しください(笑

4月:「上越線方面旅行」その3 土合駅 魔の486階段

4m
その「例のプール」を超える、私としては今年はじめの最大の大ネタと言っていいと思います。上越線で土合駅に出掛けました。
土合駅について説明が必要な方は(以下略
486階段を堪能し、私が住む地域では普段見ることができない量の雪を見ることができ、
ほくほくして帰ってきた思い出があります。

5月:「第16回国際バラとガーデニングショウ」その2 まずはバラをひと巡り
5
国際バラとガーデニングショウは良いイベントですね。
あれだけのボリュームのものを見せていただき、しかも写真撮り放題で、入場料2000円ですよ!?
私の写真に説得力があるかは疑わしいところですが、興味を持たれた方は一度騙されたと思って!
行ってみてはいかがでしょうか。

6月:「初夏のレインボープロムナード」その6 暮れてゆく街と海と橋
6
こちらも私としては大ネタです。レインボーブリッジを歩いて渡るという。
開業当初はそういう人も多かったようですが21世紀に入って微妙に寂れた感があります。
そのあたりの雰囲気が記事から漂っていれば、私の意図は半分伝わったと言えます。
ここもオススメスポットです。夜景撮り放題、人が少ない点もポイント高し!ですね。

7月:「動画」その13 墨田河畔と目指すべき綺麗な映像とは何ぞや!?という雑談


今年は「ブログ以外のコンテンツへの模索」ということも断続的に行ってきました。
何度か試したツイキャス(ネット生放送)も面白かったですが、継続できない&自分を露出させたくないということで、
結局写真を撮りに行ったついでに回した動画を簡単に編集してアップしていこう、という方向性に落ち着いているところです。
最近途絶えがちではありますが、動画またやりますから!見て下さいね。

8月:「関西旅行2014」その16 逆襲の摩耶山
8
私としては今年最大の大ネタとなります。一泊二日の関西弾丸旅行記であります。
「途中で経験したことをすべて書く」というコンセプトのもと月の半分以上を費やした連載は全17回にも及び、
大して興味もない方々を地平の彼方へ置き去りにしてしまったようでサイトへのアクセス数も途中から激減(笑)したのでありました。
パナソニックGM1購入後初の遠征でもありましたね。大活躍してくれましたよ。

9月:パナソニック「LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5」その10 魚眼一本秋葉原 中編
9
その関西旅行後に買ったマイクロフォーサーズ用対角魚眼レンズが、9月の主役になりました。
「魚眼一本」と銘打って、他のレンズを一切使わず何でも魚眼で撮るという企画を通じて、
自分自身に無理矢理魚眼の画角・使用感を叩き込んだ時期であります。
この月は当ブログとして本格的にRAW現像にも挑戦しました。思い切り変えようとして結果下手くそな仕上がりだったのも良い思い出です。
そして写真のように今年は「妖怪ウォッチ」が大流行したことも書いておかねばならないのです。うぃっす。

10月:「あるこう!東京駅~日本橋百年散策」参戦記 その1 JR東京駅

10
今年は東京駅開業100周年、とのことで様々なイベントで盛り上がっている山手線の東側ですが、
私としてはこのイベントに注目し、張り切って参戦してきました。
日本橋界隈は都会の真ん中なのに時間がゆっくり流れているような気がしますね。
気持ちだけでも贅沢に過ごすことができました。

11月:「帝都写真散歩ミーティング2014」前編 当日を振り返る
11
当ブログ初のイベントはオフ会となりました。
参加する側としてもオフ会という名目なのは初めてでしたので、手探りの部分も多かったです。
何度も書きますが「自分で撮った写真を自分で解説する」という機会は、また実現させたいと考えています。
次回開催時期は未定ですが「CP+の帰りに集まる」みたいなのはアリかな?と漠然と考えたりしてます。

12月:祝・東京駅開業100周年!
DSC00323
12月恒例のクリスマスネタの中にありながら、やはりこの記事を私としては挙げておきたい。
この記事を12/20に掲載するために、クリスマスイルミの記事を調整に調整を重ねて、
しかもその調整に失敗した結果六本木編をぶった切って無理矢理差し込んだという(笑
記念スイカはずっと欲しいな欲しいなと思っていて、でもそんなに人気はないだろちょっと並んだら買えるだろと期待していたのに、
当日朝、希望者殺到で大パニック状態というニュースに触れて「これはヤバイか、手に入らないのか?ええか?ええのんか?」と焦り、
急いで向かったところ、走る山手線から見えた丸の内北口にパトカーが何台も停まっているのを見て「ああこりゃ無理だ」と諦めました。
後日「希望者に行き渡るようにする」と変更になり、ひとまず安心しているところです。

今回はこの辺で。
この記事を作るために自分のブログをずっと見返していたのですが、
今年は思いのほか大ネタが続いたのだな、と驚いています。
クリスマスネタも年々肥大化しておりますし、載せたいのはマウンテンマウンテン、
これは「1日1記事の原則」を撤回する日も近いかな?という気はありません。まったく。

年末まとめ記事はあと1回続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/29 Mon 00:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界
今年もあと数日で終わりですね。色々なことがありました。
場末のブログではありますが、一年の総括ネタを今年もやってみます。

1/1~12/26のページビュー数を基準に、本年度上位10のネタを挙げていきます。
ランキング集計対象の記事は2013年11月以降の日付がついたものとします。
私の記事の書き方や掲載時期の違いによる有利不利もありますが、ある程度フェアな集計になるかな?
同一機材を扱う記事が複数ランクインした場合は、この記事では原則としてその最上位記事のみをランクインとします。
今年も10位から、カウントダウンで行っていきます。

10位:「動画」その14 GM1でAVCHD撮影についての雑談

今年ついに手を出したパナソニック機「GM1」について書いた記事のうち、この動画ネタが最もアクセスが多いという結果になりました。
GM1自体は昨年発売されたものですから世間的に新鮮味がそれほどなかったというのは大きいのでしょう。
動画関連記事でもこの記事が最上位です。
当ブログのコンテンツとしても動画に一定の需要がある、ということが分かっただけでも収穫はありました。
来年は動画も頑張ります!

9位:キューポッシュとシルバニアファミリーの家具が相性抜群と聞いて買ってきました
1-9
コトブキヤのデフォルメ可動フィギュア「キューポッシュ」に、エポック社の「シルバニアファミリー」がジャストフィット!
ということを書いた記事です。
当ブログのイメージキャラクター「キューポッシュ春香さん」も大喜びだ!
ちなみにこのアイデアは当ブログの独創ではなく、世間的にも定番であるらしく、それを記事にしたものです。
「キューポッシュ シルバニアファミリー」というような検索で上位にひっかかっているみたいです。

8位:パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編
1-8
今年購入したメガトン級レンズ、ノクチクロン。
その記事は一生懸命書いたんだからきっとトップ3、いやナンバーワンに輝くに違いない!
と思っていたら8位ですよ。世間の移ろいたるや斯くの如しであります。
思っているより注目度が低いのかなあ。私などはギンギンにして待っていたんですけどね。

7位:結婚式に持ち込むズームレンズ、どうしましょうか
1-7
結婚式で写真を撮ることはあれど、公式カメラマンのふりをして堂々と撮りまくったというのは大きな経験でした。
そのようなブライダル素人がレンズに何を選ぼうかねえ、という話を延々書いている記事です。
大三元なのは当然として、レンズ交換しないならどのような組み合わせが良いのか。
そういう話を、経験を踏まえて出来るようになった、これは大きいです。

6位:オリンパス「OM-D E-M1 2.0」その1 ライブコンポジット
1-6
オリンパスのフラッグシップ機「OM-D E-M1」のファームウェアが大幅な機能追加を伴うバージョンアップを行いまして、
トキメキながら色々遊びましたよ、という記事です。
ライブコンポジットとはカメラ内で行い、その効果をリアルタイムに確認しつつ、キリの良いところで停止できる、という、
夢のような機能であります。
後日夜の街撮りでも試しましたが、なかなか上々な仕上がりでした。

5位:CP+2014 その1 ノクチクロンでお姉さん撮り
1-5
私が1年でいちばん楽しみにしているイベント、カメラの祭典「CP+」関連記事です。
ノクチクロン発売日でもあり、初陣を飾ったのですが、ノクチクロンをぶらさげてパナソニックブースに行ったところ、
スタッフの方がとても優しくしてくれたという思い出が(笑
某メーカーも優しくして欲しいなあ心と体人間の全部、メイクビリーブ。

4位:「第16回国際バラとガーデニングショウ」その1 会場全景と混雑度についての考察
1-4
私が1年で2番目に楽しみにしているイベント、花と庭の祭典「国際バラとガーデニングショウ」関連記事です。
この記事が上位に来たのは、タイトルの付け方の勝利と言ってもいいでしょう。
掲載当時はアクセスが跳ね上がりました。「バラとガーデニングショウ 混雑」で検索上位にひっかかったみたいです。
このイベントはオススメです。バラにもガーデニングにも並の興味しか無かった私でも「ほうほう、ふむふむ」とブースを見て回り、
すっかりファンになってしまいました。男一人でも行って損無し、と思います。

3位:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.」その1 開封編
1-3
今年は私にとって本格的な「LUMIX元年」となりました。
その象徴となる機材…はノクチクロンですけれども(笑
購入以来ノクチクロンと同等、いやそれ以上の稼働率を誇るレンズがこちらです。
検索でも発売当初は上位にひっかかっていたみたいです。継続的にアクセスがある記事となりました。

2位:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」その2 上野試し撮り
1-2
このランキング集計は「同じ機材を扱った記事がある場合、最上位のひとつだけランクインさせる」というルールで行っています。
実は単純集計で並べますと、ベストテン中3記事がこの「オリ25mm」になってしまいました。
「開封編」「寄れるは正義」そしてこの「上野試し撮り」であります。
世間的に注目が高かったのだろうな、と推察します。逸品でございます。

1位:オリンパス「OM-D E-M5」の初心者向けおすすめ設定&お試し小物撮り
1-1
今年一番のアクセス数を稼いだ記事がこの記事となります。
以前から「(機種名)+初心者」みたいなキーワードでの来訪が多いことは把握しておりました。
いざ書いてみるとやはり「初心者向け、と題した記事」の需要が高いことに驚きます。
今後も機会があれば書いてみたいですね。もちろん「驕らず偉ぶらず」のスタンスは変えません。
余談ですが、記事内で「初心者がキットレンズの次に持つ、オススメレンズ」としてオリ45mm/F1.8を挙げている点は、
今でも考え方を変えておりません。
今年も色々レンズが出ましたが、それでもやはりキットレンズの次は45mm F1.8を試していただきたい、という気持ちでおります。

今回はこの辺で。
皆様お気づきになられたかもしれません。αの記事がほとんどランクインしていない!
実は一昨年辺りからの当ブログの傾向なのですが、
「αの記事」目当てのアクセスよりも「マイクロフォーサーズの記事」目当ての方が明らかに上回ってきておりまして、
「α関連のアクセス数」:「マイクロフォーサーズ関連のアクセス数」がほぼ1:2という状況になってきています。
記事数は公平もしくは少しα優先で書いているつもりですが、実際に見られているのはマイクロフォーサーズの記事。
私がαに対して辛口なのは認めますが、それがアクセスに影響したのでしょうか。今後はそこも研究していきます。
ともかく。
需要と期待に応えようと思ったら私が増強すべき機材はα7iiではなくオリ40-150ということになるのかもしれませんね。
ボーナス出ないし、40-150どうしようかねえええええ

年末まとめ記事はもう少し続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/12/31 Tue 10:54 日記・時事・業界
2013年最後のエントリになります。
今年購入した機材の中で、もっとも「買ってよかった」と思えた機材は何か。
私はαマウント(特にAマウント)とマイクロフォーサーズ(特にオリンパス)については新機種追っかけ野郎でございまして、
1年を振り返ると、そこそこそれなりに買い揃えていることに今更ながら驚くわけです。
その中でいちばん「買ってよかった」というのは何か、優劣をつけることが目的ではないのですがご紹介してまいります。


オリンパス「PEN E-P5」
我が家のお出かけカメラ筆頭格、手ぶれ補正が強力で気軽に撮れる、液晶がチルトするのでローポジション撮影が容易と、私向きのカメラです。
外付けEVFも手に入れましたが今となってはこの機種には不要だなと感じています。
OM-Dですら威圧的で持ち出すのに不適当な状況というのがたまにあるのですが、そんな時には迷わずE-P5の出番となります。
PENだからと言って、OM-Dとくらべて何も妥協していない感が素晴らしいと思います。
DSC06763

オリンパス「OM-D E-M1」
安定して使えるオリンパスの名機です。
歴史に名前が残るのはむしろ前身機種の「OM-D E-M5」だとは思いますが、こちらはそのコンセプトを継いだ、
現段階における完成形だと思います。
前モデルの不満点をここまで丁寧に解消してきた後継機というのは、見事の一言です。
DSC06907

ソニー「α7R」
ソニーが世に問うた「フルサイズミラーレス」初号機にしてα史上最高画素搭載機種です。
「小型ボディにでっかい撮像素子を搭載」を全てに優先した結果、それ以外の部分は並かそれ以下という昔のホンダ車のようなカメラですが、
これは間違いなくエポックメイキングな機種ですからこれぐらい尖っていた方が印象に残るのではないでしょうか。
今はこのカメラを使いこなせるよう努力中ですがなかなかこれが難しくてねー
DSC06950

この三者、どれが「2013年ベストバイ」だっただろうなあ。

シャッター数で言うと「E-P5 > E-M1 > α7R」なんですよね。
それはそのまま購入時期の差でもあるのでこれは比較根拠にはならないなあ。
でも、E-P5が今でも出番アリアリなのは大したものだと思います。新モデルの間に埋没しないのです。

操作感・使用感だと「E-M1 > E-P5 > α7R」なんですよね。
しかしそれは私がオリンパスのインターフェイスに、より馴染んでいることが証明されているだけだよなあ。
その上でE-M1の「身体と一体化するかのような感覚」は使った方には同意していただけると思います。これを超えるものはなかなか無い、はず。

写真を撮っている実感というのは「α7R > E-M1 > E-P5」かなあ。
α7Rの「カメラをいじってる感」はやはりシャッター音に影響されているのかも。
あの小型ボディでシャッターが「ばっちゃんばっちゃん」と、悟空が田舎に帰ったかのような派手な音をたてます。
この3機種でシャッター音がいちばんおとなしいのは、実はE-M1だったりします。よかったら家電店で試してみてください。

外観とか所有する喜びとかだと、これは甲乙つけがたいのです。ぜんぶ横一線。
そりゃそうですよね、節操無く手を出しているように見えるけど実はそんなことはなくて、
結果として衝動買いのものもあるにせよそれに至るまでの間にひとつひとつ熟考していますので。
自分でも納得のいくものを節操無く揃えているわけです(笑)


あと、レンズについても一言ずつ書きますと。
「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8」
…これは良いレンズと実感。今のところ代わりになるものが無いという点も含めて。
 我が家のマイクロフォーサーズ艦隊の主力レンズ、艦これで言うと金剛デース。

「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」
…画角・明るさ・小ささが使いやすさに寄与。ただし周辺はちょっとヤバメという危険も伴う両刃の剣。
 我が家のマイクロフォーサーズ艦隊の中核レンズ、艦これで言うと雪風のような。雪風かわいいよ雪風

「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MACRO」
…このマクロレンズは換算120mmとちょっと画角が狭いので使いづらいけど面白いですね。
 我が家のマイクロフォーサーズ艦隊の隠し兵器、艦これで言うと夕張のような。可愛いけど出番少ない、たまに出撃しても大破。

「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA」
…まだかまだかと待望されていたAマウントのポートレートレンズ、ちょっとボケが硬いかな?
 我が家のα艦隊の準主力兵器、艦これで言うと愛宕のような。うちでは遠征艦隊の旗艦やってます。

「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」
…驚異の性能を誇る新登場フルサイズEマウントレンズ、手ぶれ補正が無い以外は文句なし。
 我が家のα艦隊にあって小柄ながら八面六臂の大活躍、艦これで言うとハイパー北上さまのような。

難しいですね。こうやって振り返ってみますと確かに私の経済力からしたらかなりの散財なのですが、後悔したものはありません。
発売時期的に今はα7Rが持ち出しメインになっていますが、これも時期が過ぎて落ち着いたら目的別に使い分ける生活に戻るでしょうし。
とすると、やはり今年のベストバイはこれですね。

ベストバイ:コトブキヤ「キューポッシュ アイドルマスター 天海春香さん」

ちょっと待って!Yahooに戻らないでもうちょっと聞いてください!
上のカメラ3機種の写真を見ていただけるとお分かりいただけます通り、
カメラは次々と増えていきましたが、春香さんは変わらず健在であり続けたのであります。
これ以外にベストバイと呼ぶべきアイテムがあるでありましょうか!いや、ない、はず。
来年もそれなりにカメラなりレンズなりに散財していくことになるでしょうけれども、
良い物をしっかり見定めていきたいなと思っています。

来年も、より楽しいカメラ生活を送れれば良いなあと思っています。
今年も一年間ありがとうございました。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事