ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「山谷」
2014/07/24 Thu 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回、友人と連れ立って新宿に飲みに行った時のことを書きました。
今回はその帰り道で撮った写真を掲載していきます。
店を出て新宿駅で解散したのが0時30分頃、私は山手線の東側に住んでおり、
普通に考えたら山手線に乗ってぐるっと回れば帰れるだろう、と思っておりました。
が、実際には山手線は既に環状運転を終了していて池袋行きばかり。
どうすれば帰れるか?と考えた挙句、中央線東京行きの最終列車に乗ったのでした。
神田で京浜東北線、これも最終列車だったのですがそちらに乗り換えたもののその列車も上野行き。
もうどうにでもなれ、と。私は終電までうろつくことは滅多に無いもので、
「もうどこにも電車は出ませんよ、改札から出てください」というアナウンスがしきりに流れる中、
どうすればいいかしばし思案しました。
DSC08021

よっしゃ、上野駅から歩いて帰ろうじゃないか。それもまた良しだ!
我が家の最寄り駅は上野から3駅、電車やバスはいくらでもある地域ですので普段は歩かない距離です。
浅草から歩いて帰るのはちょくちょくありますが、上野から歩くのは初めてだなあ。
DSC08025

まずは上野駅から浅草方面に歩きます。
いわゆる浅草通りです。地面の下を地下鉄銀座線が走っているという、由緒正しい道です。
いや、ここだけを「由緒正しい」と書くのは誤りですね。都内の主な道は江戸時代以来ずっと道として存在してきたのですから。
DSC08029

その途中、下谷神社という神社に寄り道しました。少し脇道に入るだけですので大した道草でもありません。
ひと気の無い神社は、都内とはいえ耳に痛いほどの無音。時折通り過ぎるタクシーのエンジン音が聞こえるぐらいです。
DSC08032

このまままっすぐ浅草に出て浅草寺あたりをかすめて帰ろうかと思っていたのですが、ここで気が変わりました。
合羽橋です。一般的には「かっぱ橋」とひらがなで表記されることが多いですし私もひらがな表記に馴染みがあります。
飲食店備品の問屋街です。不景気な中で実質的に小売も行っているので我々一般人でも気軽に買い物できます。
そう、昼間ならね。
DSC08039

かっぱ橋を過ぎて少し歩くとこんどは吉原、日本一有名な風俗街です。その真ん中を突っ切って歩いてきました。
吉原、という地名は住所として存在せずこの地域の通称なのですね、いわゆるひとつの赤線というやつです。
すでにお店は閉まっていて呼び込みのおじさんなどもいません、ここまでひたすら、ひと気の無いところを歩いています。
DSC08046

吉原を過ぎて少し歩くと、こんどは山谷です。さんや、と読みます。
山谷、という地名も住所としては存在しません。この地域の通称です。西の釜ヶ崎、東の山谷といったところでしょうか。
簡易宿泊所が建ち並んでいるところでもあります。ゴミ捨て場にどこからか死体を持って来られてしまうという土地柄でもあります。
DSC08048

ここまで歩くと我が家も近くなってきまして、昼間歩くとおっちゃん達がゴザを敷いて花札などしているのを見かけます。
商店街は「あしたのジョーのふるさと」ということで町おこしを狙っていて、ジョーの像まで設置されています。
これだけだとまだ厳しいなあ。実写映画化ぐらいされないと話題にならないように思います。
もし実写化されるその時には、ジョー役は香取慎吾でいかがでしょうか。
DSC08047

というわけで帰ってきました。
今回はこの辺で。夜中に歩くのも楽しいものです。
翌日ママが「怖くなかったの!?」と驚いていましたが、正直人がいなくてシーンとしている分には怖くもなんともないですね。
ちょっと「なんぞ?」と思ったとすれば、謎の叫び声と、犬の散歩をしているおばちゃんと、
日本語でない会話が通りのわきからゴソゴソ聞こえた時ぐらいでしょうか。
ここまで書いて、我が家もけっこうディープゾーンの近くにあるのだなあとあらためて感じた次第です。
上野からの徒歩による所要時間は1時間半、帰り着いた時には3時近くになっていました。
タクシーに乗れば良かったか?いやこれはこれでネタにできたのだから良しとしましょうよ(笑

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/03/07 Thu 00:01 マイクロフォーサーズ
今回は自宅近辺の話題です。決してネタ切れになったわけではありません。
我が家は隅田川に程近い団地にありまして、あたりは江戸の下町の雰囲気とはちょっと違った場所なのですが、
15分も歩きますと、都下有数のディープエリアがいくつもテーマパークのように広がっています。
泪橋、という交差点を渡って台東区に入っていきますと、街の雰囲気がちょっと変わります。
いわゆるひとつの「山谷(さんや)」と呼ばれる地域であります。

山谷、と聞いても、ちょっと離れた場所にお住まいですとピンと来ないかもしれません。
日雇い労働者の人たちのための安価な宿泊施設が集積している地域、いわゆるドヤ街です。
東の山谷、西の釜ヶ崎と言われるほど有名な場所なのですが、
治安が不安視されていたのは10年も昔の話で、最近はそんなに危険な街ではないと感じます。
朝通りがかった時にはおっちゃんが酔いつぶれて歩道で寝ていたり、おまわりさんも平然とスルーしていたりします。
外国人の旅行者が多かったり、そんな外国人向けであろう英語の案内板があったり、
おしゃれなカフェがオープンしていたり、そのカフェの数軒となりに街頭テレビ設置の一杯立ち飲み屋があったりしますが、
まあ平和な雰囲気だろうと思います。

山谷はカメラを持って歩けるような場所ではない、という話も聞きますが、
現代の山谷はそんな印象でもないですね。撮る側が勝手に気後れしているだけなのかもしれません。
もっとも、ドヤ街の簡易宿泊施設がずらりと並ぶ風景を大阪DEEP案内さんのように撮れればよかったのですが、
ただでさえ街灯も少なめの上に仕事終わりですっかり日も暮れてしまい断念。またの機会にします。
今日は通りがかった商店街「いろは会商店街」のいくつかのオブジェを掲載します。

露出に失敗?というわけでもありません。
昼なお暗き杉の並木、こんな雰囲気だったと思います。


山谷と言えばあしたのジョー、という連想には至らなかったのでこの「街おこし」は意外に感じられました。
台東区は今でも商店街がとても多い場所ですね。まさに下町。
横綱級メジャースポットで言えばアメ横、浅草寺の仲見世。
大関クラスの浅草六区や合羽橋。
その他今でも地元の買い物客で賑わう商店街がひしめき合っています。
このいろは会商店街も、そのなかのひとつです。ちょっと寂しいですけれども。


パン屋さんの看板です。開いている店が少ないですので、ぱっと華やいだ印象です。


芸術的な落書きに足が止まりました。クリムト的と言いますか天野喜孝的と言いますか、顔だけ加藤直之的と言うべきか。


基本的にはシャッター街なのですが、そのシャッターにあしたのジョーポスターがいっぱい貼られています。
そう言えば商店街のどこかにジョー像があると聞いたのですが、今回は見つけられませんでした。
けっこう広い商店街ですので、ふらっと行ってみただけではすべてを見て回るのも難しいことではあります。


この商店街の周囲はドヤ街になっていて、その雰囲気を撮ろうというのが目的だったのですが、
そちらはちょっと暗くて断念。今思えば無理して撮ってきてもよかったのかもしれません。
また近いうちに行ってみることにします。
一応書いておきますが、山谷を茶化したような内容に見えるかもしれませんが、私は本気で他人事だとは思っておらず、
当然ながらそこで生活する人たちを見下してもおりません。明日をも知れぬ身なのはお互い様であります。
アベノミクス?何やそれ美味いんか、梅田駅のミックスジュースなら知っとるで?てなもんです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事