ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「山梨」
2012/08/15 Wed 23:42 マイクロフォーサーズ
目的もなくふらりと新宿駅に出たら、たまたま特急が出発前だった、
思わず切符買って乗り込んだ、というエントリ
の続編です。

山梨県自体には行ったことはありましたが、県庁所在地たる甲府には今回初めて行きました。
目的地の躑躅ヶ崎館跡は、今は神社になっているらしいということ、
最寄り駅は甲府であること、
歩いていける距離であること(これは間違いかもなあ)
衝動で行きましたのでその程度の知識しかありませんでした。

ちょっと閑散とした北口バスターミナルからバスに乗り込み、武田神社を目指します。
終点武田神社まで15分ぐらい乗ったと思います。180円でした。
バスを降りたら武田神社はすぐ目の前です。


お堀も健在です。
信虎の都市計画は京都を模したものだったのだそうで、そういえば確かに館の位置は御所と同じような立地のように思えます。


拝殿です。武田神社はその名の通り、武田信玄を祀っています。


隣には宝物殿があり、そちらはけっこう盛況です。
風林火山の軍旗(実物)、上杉謙信の「毘」の軍旗(実物)、信玄の軍扇(実物)などを見ることができました。
あと、甲陽軍鑑の写本って言うんですかね?それも興味深かったです。撮影禁止だったのが残念。
その入口にあった、キティちゃん像であります。


さざれ石です。君が代の歌詞に登場する石ですね。
今年の6月に岐阜県揖斐川町から奉納されたのだそうです。
人だかりができていました。国歌を口ずさむ人も何人もいました。


躑躅ヶ崎館跡は、お堀とか、石垣も?地形がそのまま残っているみたいで、散策することもできました。
あと、武田の水琴窟など。動画を撮ってきました。雰囲気が伝わればいいのですが…


私は大阪出身で、大阪では豊臣秀吉がものすごく人気があり、私もその影響で秀吉に好印象を持っています。
それと同じように山梨県の人たちは武田信玄に並々ならぬ思い入れがあるわけで、
ご当地キティならぬご当地武将(笑)みたいなノリでもいいから、
そういった「土地ごとの違い」を楽しみたいなと思いました。


中井貴一のポスター。
実は武田信玄が主役だったドラマは数えるほどしかなく(数年前の大河ドラマ「風林火山」の主人公は山本勘助)、
信玄が主役の大河ドラマは中井貴一の「武田信玄」のみであります。
そこから考えるに、中井貴一は他の地域に比べ山梨県でかなり人気が高いのだろうと想像します。


帰りは甲府駅まで歩きました。
途中で体調が悪くなり、ゆっくり色々見て回る余裕を失い、早めの特急で早々に引きあげました。
駅に向かう途中の信号待ちの際の写真です。
この道は甲府駅と武田神社を南北にまっすぐ結ぶ道で、「武田通り」というそうですが、
見所は「武田二丁目」ではありませんよwキツツキです。こんなところまで風林火山とは。


長くなりました。
なかなか行く機会がないので、良い機会になりました。
小田原・甲府と行きましたから、いずれは春日山城にも行ってみましょうかね。
今宵はここまでにしとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/08/14 Tue 20:39 マイクロフォーサーズ
せっかくのお盆休みにどこにも行かないのも寂しいものだ、と思ってはいましたが、
衝動で千葉から甲府まで行くのもなかなか普段はできない事ですので、
エントリにしようと思います。


特に用事もなく電車に揺られて新宿へ。
コンコースに上がった時に、これが目に入りました。


おおぅ、あと15分で出るじゃないか、
おおぅ、まだ席が残ってるじゃないか;
というわけで、そんなつもりもなかったのに、気がついたら特急「かいじ」甲府行きに乗っておりました。
何を血迷ったか、グリーン車であります。


新宿から1時間40分ほど、甲府に到着~
いや、完全な衝動旅行ですので、何の準備もしてない;
甲府といえば甲斐・武田氏。といえば躑躅ヶ崎館。漢字で書けないけどつつじがさきやかた。
よろしい、行ったこと無いし、行こうじゃありませんかというわけで目的地決定(笑


その前に、甲府駅でちょっぴり電車の撮影タイムです。
これは113系か?これは懐かしい思い、帰って調べたら寒冷地仕様の115系だそうで;
このカラーリングも長野色と言うんだそうです。


乗ってきた電車はこんな感じ。
外観は少々下品ですが、乗り心地もなかなか微妙でした(笑
まあこれは仕方ない、山間を走るわけですから。
E257系中央線バージョン、「あずさ」「かいじ」でございます。
E257系、中央線バージョンも房総バージョンも、カラーリングがダサくないですか?


甲府駅周辺は南口の方が栄えているということを知ったのは、帰った後でした。
目的の武田神社は北口出てまっすぐ行ったところにある、というわけで、
今回は甲府駅北口方面しか行っていません。
その辺の話は次のエントリに書くことにいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事