ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「大阪城」
関西旅行2014年編、第十一回となります。
第一回で、どこへ旅行するか、いや本当に行くのかと悩んだ末に東海道新幹線に乗り込んで名古屋に至り、
第二回で、短い滞在時間の中で名古屋駅前でブログネタを探ることを試みて、そして近鉄特急で大阪へ向かうところまで、
第三回で、近鉄難波駅に無事到着、そこから色々行って千日前に行き着くところまで、
第四回で、徐々に暮れ始めた頃に法善寺横丁に入り、その風情を楽しむところを、
第五回で、道頓堀にずらりと並ぶド派手なオブジェ看板の競演を、
第六回で、かの有名なグリコ看板を撮るべく夕涼みがてら道頓堀川のほとりの遊歩道に降りて過ごしたところを、
第七回で、道頓堀を離れて心斎橋まで歩き、そこから御堂筋線に乗ったというところまでを、
第八回で、中之島の、公会堂を中心にライトアップされた景色を撮るところまでを、
第九回で、ようやく宿にチェックイン、宿の紹介や、GM1の使い心地などに簡単に触れたりなど、
第十回で、翌日朝から大阪城公園に勇んで訪れたことを
駆け足ながら掲載してきました。
今回も大阪城で過ごした時の写真を掲載してまいります。

内堀です。
前回の記事では巨大な外堀の写真を掲載しました。それに比べたら規模は小さめです。内側にあるんだからしょうがないんですけど。
でも、その深さはすごいですね。覗きこむとおしっこをちびりそうです。
P9990386

本丸に入ります。天守閣や豊国神社があるところです。
そこにひっそりとこんな建物も立っています。第四師団司令部です。
昭和初期に市民の寄付で天守閣再建と同時に建設された建物で、奇跡的に戦火を逃れ(!)、
戦後は警察本部→博物館として使用されていましたが共に移転、現在は公開されていません。
P9990391

建物に入ることは出来ませんが、すぐそばまで近寄ることができます。
ここで少しの間写真を撮っていて、ふと窓の中の照明がついていることに気付きました。
一般人は入ることができませんが、事務所か倉庫か何かで使用されているのかもしれません。
P9990399

クリエイティブコントロール・ブリーチバイパスで撮りました。
このようなずっしり感のある建物とは相性が良いのではないかと思います。
P9990396

この日はあまりの暑さで、真夏の屋外ロケでもびくともしない、暑がりのくせに意外に夏には強いはずの私でしたが、
日陰に入るなどの注意をせずに構わず歩き回っていたのが悪かったのでしょう、見事に熱中症の症状が出ました。
途中、しんどいなと思ってはいたのですが、本丸まで来てついに歩くことができなくなりました。
やばい、と思って手にしたのがアイスクリームです。このように熱中症とは人間の判断力をも鈍らせるのであります(笑
まあ本当に熱中症だったかは分かりませんが。でもこの時は本当にキツかったなあ。倒れるかと思いました。よく帰ってこれたなあ。
P9990401

体温を下げればいいのか!?建物に入ればいいのか?と思い、天守閣に入ろうと思ったのですが、入り口で大行列になっていました。
さすがにあそこに立って並ぶのは無理、と泣く泣く諦め、木陰でアイスと飲み物で頭痛などと戦う羽目に。
余談ですがその行列や周囲の観光客はほとんど中国人や韓国人のようでした。売店に群がるのも中国韓国人の旅行者です。
また、上の写真のアイスの売り子さんは東南アジア系の青年でした。
東南アジア系の人が売るアイスを、中国人が買う。もちろん問題は無いのですが、ここには日本人がいないのか!?とは思いました。
P9990406

熱中症の症状に慣れていない私はとてもキツくて、これはダメだ、涼しくなるまで動けないかも、とベンチでへばっていました。
が、人間何とかしようと思えば何とかなるものらしく、下まで降りて(本丸は高台の上にある)ビジネスパークのビルで涼もう、
と気持ちの中で目標を立てると、不思議と歩くことができるのですね。
…と思ったのも束の間、再び限界に達し、地面にしゃがみ込むと「何事だ!」ということになるのでそれもできず、
朦朧としながらこの橋を渡ったのでした。ちなみにこの橋は極楽橋といいます、本当に極楽に行くかと思ったよ(笑
EM170080

今回はこの辺で。
本当に熱中症だったかどうかは分かりませんが、症状が出たのは事実です。きつい思いをしたのは間違いありません。
そんな中でよく呑気に写真なんか撮っていられたな!?とお思いかもしれませんが、
皆さんもカメラ持ったら意外に歩けるものではないですか?木口小平、死んでもラッパは離しません。
関西旅行編はまだまだ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM170077

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
関西旅行2014年編、第十回となります。
第一回で、どこへ旅行するか、いや本当に行くのかと悩んだ末に東海道新幹線に乗り込んで名古屋に至り、
第二回で、短い滞在時間の中で名古屋駅前でブログネタを探ることを試みて、そして近鉄特急で大阪へ向かうところまで、
第三回で、近鉄難波駅に無事到着、そこから色々行って千日前に行き着くところまで、
第四回で、徐々に暮れ始めた頃に法善寺横丁に入り、その風情を楽しむところを、
第五回で、道頓堀にずらりと並ぶド派手なオブジェ看板の競演を、
第六回で、かの有名なグリコ看板を撮るべく夕涼みがてら道頓堀川のほとりの遊歩道に降りて過ごしたところを、
第七回で、道頓堀を離れて心斎橋まで歩き、そこから御堂筋線に乗ったというところまでを、
第八回で、中之島の、公会堂を中心にライトアップされた景色を撮るところまでを、
第九回で、ようやく宿にチェックイン、宿の紹介や、GM1の使い心地などに簡単に触れたりなど、
駆け足ながら掲載してきました。

翌朝ホテルをチェックアウトして、さっそく移動を始めます。
今回は地下鉄を細かく乗って移動しています。長くても2駅先ぐらいで乗り換えます。
大阪の地下鉄は碁盤の目状に走っており、東京の地下鉄のようなショートカットこそできませんが最短距離を選ぶことが容易です。
というわけで、前回ちょっと触れた四つ橋線で一駅乗って、本町で中央線に乗り換えます。
写真はコスモスクエア行きですが、私が実際に乗ったのは逆方向の生駒行きです。
P9990346

本町から二駅乗って、谷町四丁目で降りました。
出口の位置の兼ね合いから谷町線のホームを通りぬけることになり、せっかくだからと谷町線も激写します。
P9990351

谷町四丁目で降りて、馬場町交差点を目指します。
この日は予報では雨だったのですが、当日になってみれば何の事はない、晴れました。
雲は多少残っていたものの、日差しが肌にチクチク刺さるほどの快晴です。
NHK大阪放送局と大阪歴史博物館のツインタワーを眺めつつ、目的地に進みます。
P9990357

そしてやって来ました馬場町、大阪城公園!私の母なる公園であります。
この風景を見た段階で暑さも忘れてウルウルしてしまった私ですが、気を取り直して歩き始めます。
P9990361

向こうの方には生駒の山々が見えます。正直私としては、天守閣が無くても、このお堀だけでもいいかも。
EM170063

そうかあ、今年は2014年ですもんね。
大坂冬の陣は1614年、夏の陣は1615年ですから、冬の陣から400年ですね。
私が子供の頃には「大阪築城400年祭り」というのがありまして、それが私の大阪城公園の原体験でした。
P9990372

大阪城公園は、徳川時代の城がベースになっています。この櫓も徳川氏によるものです。
豊臣時代の城郭は埋められたり土で盛られたりして、ひと回り大きな「徳川大坂城」を作った、という経緯があります。
大坂の陣で壊滅した大坂城を幕府の要衝として再建する目的があったのでしょうが、
豊臣の威厳を徹底的に潰す、という意志が働いたのだろうとは推察されますよね。
ということで、現在の大阪城で豊臣時代のものはほとんど見ることができません。
時折公園周囲の建設現場で豊臣時代の遺構が発見されたりして、大阪では新聞で大きく扱われもします。
EM170064

天守閣です。とても美しいと思います。
世間的には「鉄筋コンクリート製の天守プギャー」とか「エレベーター付き天守プゲラッチョ」みたいに言われることもありますが、
私にはとても美しく見えます。このお城で充分です。
EM170069

この写真をどこから撮ったか分かった方には!別に何も差し上げませんが(笑)
石垣の上に用意された休憩所から撮ったのです。
P9990415

今回はこの辺で。
関西旅行編はまだまだ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990381

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/12/24 Mon 22:09 マイクロフォーサーズ
関西旅行編です。1週間前の話で恐縮です。

「新幹線で大阪入り」冬の三都物語 その1
神戸ルミナリエ
大阪ステーションシティ「Twilight Fantasy~イルミネーションと音楽の共演~」冬の三都物語 その3 且つ クリスマスイルミネーション その17

個人的な話で恐縮ですが、大阪城公園にとても思い入れがあり、大阪方面に行く際には必ず旅程に盛り込んでいます。
で、その際の散歩ルートにもこだわりがありまして(笑)、
入るときには必ず谷町四丁目駅で降りて、馬場町交差点から入る、ということを決めています。
電車を天満橋駅で降りても、そこから大阪城公園には向かわず、わざわざ谷町線に乗り継いで谷町四丁目へ、と。
他人には理解不可能な自分だけのルールって誰でも持っていると思うのですが、
私の場合、これがマイルールでございます。

馬場町から入って行くと、いきなり巨大な外堀が目に入ってきます。
この風景が好きでどうしようもないです。
写真の櫓は徳川家による再建以来残っている、非常に貴重な建物です。
現行の天守が昭和建築であることを考えると、残っていること自体が奇跡なのかもしれません。


内堀南側です。この部分が空堀なのが「長年の謎」なのだそうです。


旧大阪市立博物館跡です。もともと旧陸軍第四師団司令部の建物だったとのことですが、
現在は市立博物館は閉鎖、後継施設として巨大な大阪歴史博物館が誕生して現在に至ります。
ヨーロピアンな建物が味があって良いですね。


天守です。いわゆる「復興天守」と呼ばれる近代天守の中では古い部類になると思います。
昭和初期、市民に募金をしたところ短期間に巨額の再建資金が調達できた、と。
現在なお大阪の象徴である点、素晴らしいと思います。


天守前の広場にある売店で、たこ焼を買います。


ちょっと一休みでございます。


天守の北側から降りていきますと、豊臣秀頼自刃の石碑があります。


極楽橋と名付けられている、天守北側の橋です。
何度か架け替えられているものの、この位置には豊臣時代以来橋がかけられていたそうです。


大阪城を後にして、ビジネスパークの中を通り抜けて京橋方面に向かいます。
大阪ビジネスパークは20年前から雰囲気が変わりませんね。今回は写真無しですが。
で、京橋のダイエーでドムドムバーガー。ここに行く事も予定してました。昼ごはんでございます。


さらにうねうねと散歩するのですが、それは次回といたします。
よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/16 Tue 07:57 日記・時事・業界
関西旅行へポメラ片手に出かけました。3日目と最終日です。
3日目はほとんど写真を撮っていないので、最終日とくっつけてエントリにしました。
行く先々でポメラを使ってその時思ったことを綴るという試みです。
文体は当サイトで使用している敬体ではなく、常体を基本とします。
明らかな事実誤認や誤字脱字は見直しますが、基本的にはそのまま掲載します。

RFNDMDMwMDLQ3Q_enlargement.jpg

2008/12/15 09:57

ホテルでの朝食をすませ、これから出発。
まず行く先は大阪城公園。
今日も快晴、雲ひとつない青空だ。いわゆるひとつの「ピーカン」ってやつである。

RFNDMDI4MDne-A_enlargement.jpg

2008/12/15 10:58

今日も今日とて大阪城本丸にてこれを書いている。
平日ながら観光客は多い。
今日は一日自由行動時間にしている。特に行き先を決めずに市内をぶらぶらしようと思っている。
海遊館とかUSJみたいな、あからさまな観光地には行かず、本当に市内をぶらつきたい気分だ。新世界とか行ってみようかな。

2008/12/15 11:05

大阪城天守閣の足元で書いている。
見れば見るほど惚れ惚れする。
この天守は「復興天守」と呼ばれ、昭和初期に建てられたものだ。だから城マニアなんかからは馬鹿にされることもある。
が、市民の強い願いで寄付が集まり建てられた天守が、戦災も免れ、昭和初期の鉄筋コンクリート建築としてむしろ貴重な歴史的資料となっていたりする。
そんな能書きはさておいても、ただ見ているだけで惚れ惚れする。

2008/12/15 11:56

長堀鶴見緑地線心斎橋駅で書いている。
これから地上に上がって心斎橋筋をぶらぶら南下しようかなと思っている。
途中「カメラのナニワ」があるのでそこには寄ろうと思うが、他は特に何も考えていない。
記念にレンズの買い増しなど考えないでもないが、荷物が増えるのも微妙だし、思案のしどころだ。

2008/12/15 14:09

日本橋に来た。立ちながら書いている。
日本橋は寂れた、なんて聞いていたが、なかなかどうして人出がある。
観光地化した秋葉原ほどではないものの、これは寂れたとは言えないのではないか。
とはいうものの、昔ながらの家電店が見あたらないのはヨドバシビックヤマダの影響大とはいえ寂しく感じる。

2008/12/15 16:14

なんばCITYのロッテリアで書いている。
日本橋で買ったものは、
SDHC16GB
SDHC対応CFアダプター
∀ガンダム13巻DVD
の三点。
Bトレインショーティーのご当地モノがあれば、と思っていたのだが、無かった。
中古のレンズも漁っているのだが、ミノルタαレンズは大概漁られ尽くしたようで、掘り出し物は見られなかった。

2008/12/16 16:50

御堂筋線を淀屋橋で下車し、中之島公園で書いている。
まもなく「中之島OSAKA光のルネサンス」というイルミネーションイベントが始まる。
徐々に人が集まり始めているところだが、神戸ルミナリエを見てしまっているので微妙にさびしく感じる。
が、ルミナリエと比べてはいけないな。あちらは開催規模が大きすぎる。イルミネーションイベントとしてはむしろこちらの方が適正規模というべきだろう。

2008/12/15 22:20

帰宅。
ホテルで食べるための夕食買い出しの途中、魔が差して立ち寄った10円スロット店で、出てしまった。
1000円投資で3万円回収。帰りの旅費が浮いた(笑
で、気がついたら行こうと思っていた阪神百貨店も閉まっているので、東通商店街で王将と回転寿司の持ち帰りをした。
どこかの店に入って食べようかという発想はなかった。性格なのだろう。

2008/12/16 11:26

京橋の喫茶店で書いている。
起床・チェックアウト・大阪城公園ときて京橋だ。
今日は最終日、新幹線で帰京しなくてはならないのだが、今日は今日で行きたいところてんこ盛りである。
まずは京阪京橋を目指すことにする。では。

2008/12/16 11:41

京阪京橋駅にて。
私は京阪にのることはほとんど無いので、
噂に聞く向谷実の発車メロディを初めて聴いた。洒落てるねえ。

2008/12/16 12:57

南海汐見橋駅にて書いている。
この駅は「都会のローカル駅」という雰囲気が漂っていて私は大阪に来たときにはよく来る場所だ。
関西旅行最終日、市内で電車に乗って過ごそうという過ごし方を選んだ私は鉄っちゃん丸出しなのだが、主立った観光地へ行く時間もモチベーションもないので、私にとっては手軽な旅気分を味わう手段ではある。
が、ただ電車に乗るだけじゃないぞ。
一応ブログネタとして成立するような乗り方を考えているので乞うご期待。別に全裸で乗るとかじゃないのでご安心を(笑

2008/12/16 16:25

新幹線の中で書いている。
この旅も終わろうとしている。早いものだ。
名古屋~大阪~神戸と回ったわけだが、
それなりに充実した内容だったと思う。
もっと詰め込もうと思えば詰め込むことも出来たが、大阪城と大阪市内で半分以上を費やすことになり、計画していた京都と和歌山をスルーしてしまったのは残念だ。まあ次回があるさ。
それにしても、帰りが新幹線でトンボ帰りとは何とも味気ない。以前なら寝台急行「銀河」があったが、今は廃止されてしまった。
旅行はどんどん淡泊になっていくような気がする。寂しく思う。

2008/12/16 18:35

新横浜に到着。
鯖寿司食べて、ビール飲んで、うつらうつらしていたらもう到着だ。
ちょっと早くないか?(笑
そういえば、新幹線0系が引退したが、私が初めて乗った新幹線は0系だった。
「こだま」の自由席で東京まで乗ったことを子供の頃の出来事なのに覚えている。
当時の新幹線には「食堂車」と「ビュッフェ」があったっけな。

ポメラを書いたのはここまででした。その後帰宅。
当サイトは写真で勝負ですので、この旅行で撮った写真はあらためてエントリにしていきます。

RFNDMDI3NjDa-A_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/08/24 Sun 16:31 日記・時事・業界
この土日、ちょっとした用事で大阪に行ってきました。
目的の用事をやっつけた後、なんばのカメラ店でさんざんいじくった挙句、
購入に踏み切ったのがタイトルにも挙げた「LUMIX LX3」です。

UDEwMDAwMDGjzw_enlargement.jpg

このカメラ、画素数は1000万画素程度と、1400万画素台に突入した昨今の新型の中では見劣りしますが、
画素数の多さで綺麗さが決まるわけではない、ということが分かっているユーザー向けの商品ということなのだと思います。
画素数増加≠画質向上ということは今更触れることでもないのですが、
この点が足かせになって売れ行きに影響しないか、危惧しています。

UDEwMDAxNzFfMTwo_enlargement.jpg

UDEwMDAxNzNfMT4u_enlargement.jpg

私的にありがたかった「LX2」からの改善点は、以下の通りです。

(1)ホットシュー搭載。
 →オプションのビューファインダーをはじめ、クリップオンのストロボやシンクロアダプターなどをくっつけることも可能になり、ストロボをくっつけた撮影も試せそうです。

(2)46mm径のフィルターを装着できるレンズアダプター。
 →オプションの広角コンバージョンレンズを装着できるようにするためのアダプタなのですが、市販されている他メーカーのフィルターも取り付けられます。
アップした写真では「クロスフィルター」を取り付けて夜の中之島公会堂を撮りました。

UDEwMDAwOTZfMUI6_enlargement.jpg

UDEwMDAxMDNfMTcS_enlargement.jpg

UDEwMDAxMDRfMTgV_enlargement.jpg

(3)多彩なシーンモード、画像仕上げモード
 →次回以降の記事でこの機能を使った写真を載せていこうと思っています。

UDEwMDAxNjlfMUM8_enlargement.jpg

UDEwMDAwNzRfMT4s_enlargement.jpg

28mmだったのが24mmになったとか、アスペクト比を変えても画角が変わらないとかいろいろ改善点があるようですが、そこらへんのことは現状では正直どうでもいいというか、気になりません。
質感も良く、持っていて楽しいカメラだと思いました。
一眼レフと交換レンズをたくさん抱えて街撮りするのもいいですが、このカメラ1台持って出かけるのも楽しいものです。

UDEwMDAwNjhfMUE0_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事