ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「大さん橋」

●横浜動画編の2回目です

みんなー!動画のじっかんっだよー! 前回はおもいっきり脱線してしまいました。 動画の役割は「写真では伝わらないものを伝えることにある」ということを書きたいがあまり筆が滑った塩梅です。 今回は頑張って今回撮った動画について書くぞ!書きたいなあ! EM524737

●街角動画・第19弾

毎度おなじみみんな大好きYouTubeに掲載したものを、今回も肴にして書き進めたいと思います。 約1分間の動画です。 街角動画#19 横浜 大さん橋

・今回は「オール手持ち撮影」

使用したカメラはオリンパス「OM-D E-M5 markII」です。 起動が遅い、突然録画が止まる、オーバーヒートする等、従来のオリンパス機に比べて不安定さが目立つカメラです。 某大手カメラポータルではプロユースに耐えると評価されていたが?何をゆう早見優、肝心の信頼性に大いに問題アリですぞ。 写真だけ撮っている分には粗は目立たないのかもしれませんが、「OM-D MOVIE」とドヤ顔するにはちょっと弱かったですね。 残念ポイントです。 しかし、五軸手ぶれ補正、これはすごい。たいしたものです。 手ぶれが綺麗に吸収されます。オリンパスの面目躍如と言っていい。 ですので今回の横浜行脚はそれを当てにして、三脚を持参しませんでした。 動画を撮るのが主眼だったのに三脚を持ち出さない、これは本来ならかなり度胸がいる立ち回りのはずなのですが、 OM-D E-M5 markII だと、本当に何とかなるような気がします。

・動画撮影における「手ぶれ補正」の存在意義

しかし、実際に上の動画をご覧いただきますと、ところどころでカメラが不自然に揺れています。 この「揺れ」というのは、人間が生き物である以上、カメラを手に持って撮影する限り不可避といっていい現象です。

・「ぶれ」と「揺れ」

ん?「揺れ」って何だ?「ぶれ」とは違うのか?とお思いになった貴女、そのご指摘は正しいです。 そのふたつの言葉はつまるところ「カメラが揺れること」を指すという意味で、同じ意味ではあります。 が、私は当ブログでは便宜上、「ぶれ」と「揺れ」という言葉を使い分けたいと考えています。 「ぶれ」は、カメラを持った手が、寒さや重さや緊張などで、小刻みに震えるのが、伝わってしまう現象とします。 「揺れ」は、カメラを持った人が、呼吸や歩行や癖などで、ゆらゆらと動くのが、伝わってしまう現象とします。 OM-D E-M5 markII、てか、オリンパスの五軸手ぶれ補正搭載機は、 「ぶれ」を吸収してくれますが、「揺れ」は吸収してくれません。 余談ですがソニーα7IIの五軸手ぶれ補正は、「ぶれ」も「揺れ」も充分には吸収しきれません。 α99の動画電子補正は、「ぶれ」の吸収には結構効果があるように思います。画角を犠牲にするというトレードは成立しているような。 ですが「揺れ」には打つ手なしです。 以上のことから、所詮は言葉遊びなのかもしれませんが、「ぶれ」と「揺れ」の境界線は、逆説的ながら、 「五軸手ぶれ補正の効果が出ているか出ていないか」というあたりにあるのかもしれません。

・揺れを抑える工夫

OM-D E-M5 markIIの動画撮影時における五軸手ぶれ補正は、「ぶれ」は抑えこむが、「揺れ」を完全には防ぐことができない。 記事冒頭の動画「街角動画#19」でも、「お、揺れてるな」と気づく部分があります。 演出意図(例えば、歩きながら撮る、視線としてのリアリティを出す等)があってカメラが揺れることを狙って撮るならともかく、 本来フィックスで撮るべきところをスタンドや三脚に頼らず撮っていますから、 その揺れは演出意図に反するという意味でも不自然なものになります。 人は「揺れ」を抑えこむことが出来ない、ならばやはりOM-D E-M5 markIIであってもフィックス撮影にはスタンドや三脚は必要なのか? いや、その前にまだ試すべき手段があります。

・あきらめの境地

人間は、手持ちでフィックス撮影が出来ない。OM-D E-M5 markIIは「揺れ」を吸収しない。 自分は直立不動のつもりでいても、気づかないうちに身体がわずかに動いているのですね。手持ち撮影はそれを拾ってしまう。 ですから、いっそ「そもそも直立不動することは不可能」と割り切ってしまって、動いてしまう自分を受け入れよう、というわけです。 わけ分かりませんね(笑)具体的には、自分が動いてパンをする、つまり「人力パン」であります。そんな用語は無いけどね。 人間って不思議なもので、立っているだけだと前後左右にゆらゆら揺れてしまい、棒切れのようにはなれませんが、 意志を持って一定方向に動いていたら、他の方向への揺れがぱったり止んでしまうのです。 ですから「ここではパンをしよう」と決めてそのように動けば、他の方向へのゆらゆらがなくなります。 私の動画で縦パン(チルト)が多いのは、そのような効果を当て込んでいる部分も大きいのです。 でもそれじゃあフィックスにはならないぞ!手持ちで揺れを抑えてフィックス撮影するにはどうすりゃいいんだ!? …そうですね、ならばゆるやかに前後に動けばいいのではないでしょうか。そしたら左右への揺れは抑えることができるはずです。 近い距離だとこの手は(ピントを外すので)使えませんが、例えば大さん橋の上からみなとみらいを撮る、ぐらい離れていれば、 きっと誰も気づかないはずです(笑

●今回はこの辺で。

実践的な記事になったぞ!知らんけど! 次回も横浜動画編です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM524750
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/14 Wed 20:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニー渾身の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
前々回・前回に続き、横浜ベイエリアを撮り歩いた時の写真を掲載してまいります。
みなとみらい線の日本大通り駅からスタートして大さん橋へ行きました。
今回はその続き、象の鼻パークから赤レンガ倉庫あたりまでを書きます。
DSC01313

使用したレンズはAマウント部隊、3本セットです。
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA
この日は手持ち半分・三脚半分ぐらいの比率で撮り歩いたと思います。
前の記事でも書きましたが私はα7IIを手に入れてからの約3週間、
フルサイズEマウントのレンズを買い増ししたいという欲求と戦っておりました。
具体的には「16-35mm F4」と「70-200mm F4」が候補です。
ヨドバシで実物を見るたび、また、中井精也氏が出演したテレビ番組で使っているのを見ていても、
欲しいなあという思いが決定的に高まっていました。

が、今回の横浜歩きで、気持ちが変わりました。やっぱりF4ではツライですね。
私の主戦場は街の夜スナップです。私の事情としては(←これは充分に前置きしておこう)正直F2.8でも暗いと感じます。
マイクロフォーサーズにおいても、オリンパスレンズの優位性(大きさ・最短撮影距離)を承知しながらも、
結局少しでも明るい方を、ということでパナソニックレンズが主流になりつつある状況に至っています。
F2.8で1/8秒とか、ザラです。F4だと1/4秒ですよね。どう考えても厳しいかと。

というわけで、もうしばらく様子見します。もしかしたらもう少し明るい単焦点レンズが、広角域と中望遠域で出てくるかもしれない。
それを狙うことにします。
DSC01293

ピクチャープロファイルを使って撮った写真です。「PP1」だったと思います。
以前の記事でも書きましたが、ピクチャープロファイルは動画用の機能ではありますが写真撮影でも反映させることができます。
さすがの動画向けと言うべきか、適度に枯れた表現が可能でして、実は最近お気に入りだったりします。
DSC01305

「ピクチャープロファイル」は動画向けの機能ですので、使われる用語が普段聞き慣れないものが多いです。
プリセット7種類に加えてかなりのカスタマイズができますので、せっかくだから使いこなしたい。
ですので、せめて「用語のすり合わせ」だけでもやっておきたいなあと思い、こんな表を作りました。
写真の調整において、Photoshopでの主なパラメーターを基本に、
ピクチャープロファイルがどのような機能を持っているかを大まかに表したものです。
比較対象例として、オリンパス機の場合も付け加えて作ってみました。
ピクチャープロファイルは写真で使う場合、うまい具合に隙間を埋めてくれているのだなあと思いました。
Book1.xlsx

さて、大さん橋はそこそこに、先へ進みます。
先は長いぞお。
DSC01320

上の写真と2枚連続、並べてみると分かりますね。構図が見事にワンパターン(笑)いやここまで同じだとワラエナイ
まあそれでも良いのです。私は満足してます。
DSC01326

そんなこんなでやって来ました赤レンガ。
スケートリンクまだやってるんですね。かなりの賑いでした。
私はアイススケートは経験ありません。たぶんこれからも無いでしょう。
DSC01331

クリスマス時期には華やかに飾りつけられて、クリスマスマーケットで人出も多かった広場です。
2月のはじめに何かイベントやってましたよね、それまでのひととき、このようなだだっ広い雰囲気を味わいます。
DSC01332

今回はこの辺で。
赤レンガ倉庫に至るまでの道のりで、かなり寒くて身体も冷えてしまいました。
海沿いだったので風も強く「始終吹きっさらし」な感じです。もうちょっと防寒をしっかり対策しないといけないな。
でも負けずに進みます。次回横浜編最終回、みなとみらいです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01317

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/13 Tue 23:55 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニー人気の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
前回に続き、横浜ベイエリア夜景探訪編とまいります。
使用したレンズはAマウント部隊、3本セットです。
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA
結論として、このシリーズの最後に書こうと思っていましたがやっぱり先に書きます。
16-35mm/F4も、70-200mm/F4も、真剣に購入検討していましたが、やっぱりいらない!
私の嗜好が夜撮りにあることが明白で、そんな中F4通しを買ってもしょうがない。
私には必要ない!Aマウントの明るい単焦点レンズ3本でこれだけ楽しかったら充分だ!
当面はレンズの増強は無いな、と思いました。ソニーさんFE85mmF1.8、無印でもいいからはよ。
そんなこんなで今回は大さん橋、イッテミヨー!
DSC01287

大さん橋は、風も強くてとても寒かったです。当たり前か。
私のようなこらえ性ない人間には厳しいですね。
連休の中日なのに見物人も少なく、撮影目的の私としてはそれはそれでありがたいことではあったのですが。
DSC01281

今回の主役は三脚です。
私は「夜撮り大好き!」と公言してはばからない人間ではありますが、その割に三脚はあまり使いません。
街中で三脚を立てて撮影することの反社会性に思いを馳せる、というのは大きいです。
が、それ以上に荷物を軽くしたい、フットワークは常に軽くありたい、という思いが強いというのが本音です。
ですが今回の横浜編の取材にあたっては、三脚を持ち出しました。
使用した三脚はベルボンの「UT-43Q」という小型軽量三脚です。
大丈夫です、リンク先はメーカーサイト紹介ページですから私には一銭も入りませんので、よろしければ見てみてください。
私は以前にスリックの「コンパクト2」という三脚を使用していて「これは良い!」と書いたことがありますが、多用が過ぎて、壊れました(笑
そして次に購入したのがベルボンUT-43Qというわけです。
この小型三脚は、「普段は手持ちで撮りたい、イザという時にそれなりに本格的に使いたい」と思っている方に対する、
決定打なのではないでしょうか。
ヨドバシ価格で15000~18000円ぐらいだったはずです。損はしませんので興味がある方はぜひ。
DSC01278

というわけで、私は実は三脚をそれほど頻繁に使っているわけではありません。
そんな私に思わぬ落とし穴!我ながら脇が甘かった、というエピソードとして書いておきますね。
大さん橋に上がってからの最初の何枚かが、このように揺れまくっていたのです。
何枚撮ってもこんな感じ。
DSC01272

大さん橋の床は木でできていて、人が歩くとコツコツと振動が伝わります。
だからそれが三脚を伝ってカメラが拾ってしまうんだろう、と思い、人がいない状況にして撮っても、やはり上の写真のように揺れます。
???
人が通らない時を狙って撮っている、もちろん私自身も動かない、それでもダメ。
どうしてだろう、と思っているうちに、そういえば、と気付きました。三脚使用時は、手ぶれ補正をOFFにするんでしたっけ。
でも今までのカメラ(ソニー・オリンパス・パナソニックを問わず)そんなことしたこと無いよなあ、
と思いつつ手ぶれ補正を切って撮りましたら、綺麗に撮れました(笑
やっぱり機材の特性はよくよく把握しておかねばなりませんね。良い経験になりました。
disると思ったろ!いつもいつも文句を垂れてるわけじゃないですから!フェアに見てるつもりです一応(笑
DSC01274

ここは雰囲気の良い場所ですね。
時々うるさいテンションが高い学生グループが通りますが、基本的に静かな場所です。
DSC01285

このように、ベイブリッジも眺めることができます。
前の記事でも書いたように、今回は三脚を立てて撮った写真はすべて「最小絞り」F22です。
それでもシャキっと写ります。α7II侮りがたし。
DSC01279

今回はこの辺で。
大さん橋で意外に長く時間を過ごしたもので身体がすっかり冷えてしまいましたが、写欲には火がついてしまいました。
日本大通り駅に戻ってみなとみらい線で帰ろう、と思っていましたが路線変更、みなとみらいを目指すことに。
よしよしさんすみません、ネタが被ってしまいました!
というわけで横浜編はもう少し続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC01269

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/12 Mon 15:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー人気の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
何だかんだ言っていますが結局気に入って使っています。クリスマス以降、このカメラにしか触れていません(笑
シャッター数はどれぐらいになったかな?3500枚+動画30秒ぐらいのショットを30本ぐらいだと思います。
仕事で実戦投入していない割には、結構撮っていますね。私としてはハイペースです。
ただ、そのほとんどが東京駅近辺という(笑

ですので、今回からは横浜編です。ベイエリアを歩いてきた時の写真を数回に渡って集中連載します。
当ブログのことでもありますので、夜撮りです。
しかも今回は三脚使用を前提に歩いてきましたので、そのあたりのことを書ければいいなあと思っています。
DSC01257

使用したレンズはAマウント部隊、3本セットです。
Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM
Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA
広角&標準&中望遠、私の使用目的においては実にバランスの良い組み合わせだと思っています。
レンズキャップが72mmでお揃いという点も私のような「面倒くさがりのくせにレンズ交換は細かくやる人間」にとっては、
密かにありがたいポイントですね。
DSC01251

今回はみなとみらい線「日本大通り駅」で降りて、歩きました。
県庁のすぐ横に出ますので、ここからですと大さん橋や象の鼻パークも目と鼻の先です。鼻だけに。
DSC01241

マリンタワーが見えます。うちのブログではあまり登場しませんね。
山下公園・中華街・マリンタワーの一帯は、なぜかあまり行く機会がありません。
こんどガッツリ歩いてみることにします。
DSC01250

日本大通り駅を出ていくらも歩きません、駅前と言っていいと思います。
ちょっとおしゃれっぽい、私には敷居の高いお店がいくつか並んでいます。
ハイネケンの上に雪だるまが乗っかっていますね。
DSC01254

そこから大さん橋に向かって少し歩きますとペデストリアンの下をくぐります。
脇の小路を入っていきますと、冒頭の写真を撮ることができる撮影ポイントに出ます。
DSC01256

写真右側手前に見えますのがクイーンの塔こと横浜税関、左奥がキングの塔こと神奈川県庁です。
ココらへんの歴史は少し前にも触れましたが、幕末~明治をざっと見るだけでもけっこう面白いのでぜひ。
DSC01263

おお、見えてきた見えてきた。テンションが上がりますね。
少しはカメラの話もしておきますと、三脚を使用した写真と手持ちの写真が混在していますので分かりにくいかもしれませんが、
三脚使用の写真についてはすべて「F22」で撮っています。いわゆるひとつの最小絞りであります。
おいおい回折現象もちょっとは気にしろよバカタレが、とお思いの方もおられたかもしれません。
今回は「シャキッときれいな光芒を出してみたい」という気持ちを優先させました。
絞れば絞るほど光芒の長さが長くなりますので(シャッタースピードは関係ないですので、ノイズが気にならないなら高感度でもいい)
回折現象は覚悟の上でやってみました。てか、いつもと同じJPEG撮って出しですが、そんなに描写が甘くはないですよね。
と思ったらα7IIでは「回折現象低減処理」も行われているそうです。普段は開放バカですから見過ごしていました。
OM-D然り、最近のデジタルカメラは小絞りボケとか気にしなくてもよくなっているんですね。大したものです。
DSC01258

今回はこの辺で。
年が明けて初めての横浜編は次回も続きます。
私は普段街のスナップで三脚を使いませんので、ちょっと戸惑ったことがありました。そのあたりのことも書いていきます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m











今回の
撮影機材







このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/06/17 Mon 00:00 マイクロフォーサーズ
前回・前々回に続き、横浜夜景散歩編となります。
(本シリーズの記事タイトルを若干変更しました。本文には影響はありません)
スリックから発売されている小型三脚「コンパクト2」を使用しています。
私は夜景撮影も手持ち派なのですが、その理由は「フットワーク優先」というものでありまして、
決して面倒くさいとか重いのがイヤ、とかそういうわけでは、ちょっとはあるかもしれませんが、まあそんなところです。
そんな私でもこの三脚は持ち運ぶ気になれます。
570gという、Aマウントレンズ1本程度の重量ですからその負担はミニマム、それでいて最低限のガッシリ感がありますので私的には充分です。
ただ、今回の横浜夜景編、天候が非常に安定していて海沿いであるにもかかわらず風の影響もほぼ無しという恵まれた状態でしたので、
たとえば冬のイルミネーション撮影など、ある程度風が強いことも考慮しなくてはならない環境で使えるかどうかは何とも言えません。
また、支えられる重量は1kgまでですので、ほぼミラーレス専用と思って差し支えないかと思います。

DSC03809

横浜三塔~象の鼻パークと歩きましたが、今回は「大さん橋」です。
記事を書くにあたっては、その簡単な歴史などをウェブ上で(さらっと、ではありますが)読むことにしているのですが、
今回はそこから横浜港の歴史に読み進みかけており、明治以来の史跡としての横浜港に対してあらためて取材に行きたいなと思いました。
まだまだ勉強することは多い、私にとっては写真がその入口にもなってくれています。
写真を通じて知ることは本当に多い、特に街撮りではそれを実感します。
OMD89143

大さん橋客船ターミナルの屋根部分は一般に開放されていて、24時間出入り自由のスペースとなっています。
写真趣味人にとっては横浜夜景撮影の定番中の定番ではあるのですが、一方でアベックにとっても逢引のメッカであるようで、
うちのママも行ったことがあるとかないとか。
「誰とだよ!?」と尋ねましたが「誰だったっけ?スピースピー」と、下手な口笛で誤魔化されたような気が。
それはともかく、人出は少なめかな?と思って何となくこの屋上エリアの向こうの暗い方を狙って撮ってみたのですが、
後で見返してびっくり、人がいっぱいいたのですね。さすがはデートスポット。
OMD89141

大さん橋屋上のフリースペースの多くは芝生と板張りで出来ているようでした。
この通路、写真でよく見たことがあったけど、ここだったのか。
OMD89144

大さん橋からはみなとみらい・赤レンガ方面が一望できて人もそちらに集まっているようでしたが、
反対側に回ればベイブリッジを眺めることもできました。
ただし結構距離がありますので、望遠で狙う必要がありました。これもパナ35-100mmを使用して撮っています。
OMD89140

上の方でも載せましたが、私は大さん橋に初めて行きましたがここからの景色は確かに良いです。また行きたいです。
こんどは大きい三脚を持ってαで行きたいなあ(笑)
横浜は華やかで良いですね。
OMD89138

次回は大さん橋を離れて少し歩き、赤レンガに向かいます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
OMD89136
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事