ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「名古屋駅」
2007/12/23 Sun 20:43 ソニーα
JR名古屋駅「タワーズライツ」です。去年に続き、今年も見に来ました。
比較的狭い区域に集中的にイルミネーションを配置している、名古屋名物タワーズライツです。

DSC01466.jpg

DSC01415.jpg

昨年は学生さんの造形物が中心に展示されていたタワーズガーデンでしたが、
今年はもう少しオーソドックスに樹木メインでした。

DSC01418.jpg

ボディはソニーα700、
レンズは「ミノルタAF50mm F1.7 NEW」「ソニーVario-Sonnar 16-80mmZA」です。
50mmの方は、PlanarやSonnarに比べてボケが硬い気がします。「うるさいボケ」とはこういうのを指すのでしょうか。
結構収差が出てますね。ボディ側の設定のせいなのでしょうか。

DSC01436.jpg

さて、ここで撮影していた時、些細なことがありました。
せっせとカメラに向かっている私に「すみません、撮ってもらえますか」と声を掛けてきた人がいたのです。
なんじゃこら、とばかりにそちらを向いてみたら、なんとも綺麗なOL2人連れ。
二人とも掛け値なしの美人さんだったのでにこやかに「はい♪」とカメラを受け取って、熊さんのまえで記念写真となりました。
OLふたりは熊さんに寄り添うようにして、にっこり。はいソニー。

DSC01446.jpg

しかし、そのようにして撮った写真は、必ずしも印象的には仕上がりません。
イルミネーションの光は単体では弱い(所詮は豆球orLED)ので、被写体をイルミネーションのすぐ脇に置いたのではボケ効果が望めないこともあり、なんとも微妙な仕上がりになるのです。
熊さんもまるで、全身に斑点が浮き出て病を患っているかのように写ります。
OLさんたちが私に託したカメラはIXY Digitalでしたが、さすがにコンパクト機では写りにも限界があり、実際写真をその場で確認していたOLさんたちも「こんなものなの?」的な表情をしていました。
何より「OLさん&熊さん」の背景に大型液晶ビジョンがあり、明るすぎて雰囲気もくそもなかった、という点が大きかったかなと思います。

いや、撮る時にそんなことは分かっていたんですよ。このシチュエーションで写真を撮っても綺麗には仕上がらないってことぐらい。
だけどね、「ここじゃいい写真が撮れませんから場所を移動しませんか」とは、一眼レフ構えた見るからにマニアックな男としては言い出せませんって。
OLさん達だって「そこまでしなくてもいいよ、ここでシャッター押してくれるだけでいいんだから早くしてよ」ぐらい思うかもしれませんし。

が、「撮ってくれませんか」と「ありがとうございました」のあたりのやり取りを思い出すに、
あのOLさん2人(ふたりとも美人)は性格も良さげでしたから、それぐらいは提案しても良かったかもしれません。
もちろん、そのOLさんふたりの写真は、私のカメラには収められていません。
私の社交性とは、その程度のものです(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事