ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「北海道旅行2011」
2011/08/07 Sun 22:09 マイクロフォーサーズ
先日購入した「オリンパス PEN E-P3」を携えて函館旅行に出掛け、
その時撮りまくった写真を作例として掲載することを趣旨とした記事です。
今回は、SL函館大沼号に乗車した際の写真を掲載します。

最終日、飛行機が出るまでの時間を利用して、大沼公園へ往復してきました。
函館→大沼公園は、特急スーパー北斗。超満員でした。
青森からやって来て函館に到着した「スーパー白鳥」から乗り継ぐ人が大多数、
これも東北新幹線効果でしょうか。
で、大沼公園ですが、あいにくの曇り空。
あの綺麗で雄大な駒ケ岳は残念ながらお預けになりました。
P7300967.jpg

まあ仕方がない、また来る機会もあろうということで、
今回の主役、SL大沼公園号であります。
大沼公園駅に到着したところを撮影しました。
私が乗車したのは「森→函館」という、
1日1往復のSL函館大沼号にとっては「復路」にあたる走行時で、
しかも大沼公園駅入線時はSLは先頭で引っ張るのではなく、
最後尾にくっついてくる状態でした。
P7301084.jpg

ここで進路が逆になりますので(複雑ですね)、あらためてSLが引っ張っていく、
というわけなんですが…
私は知りませんでした、SLって後ろ向きでも普通に走れるんですね。
大沼公園から函館まで、先頭はこんな感じです。
P7301103.jpg

客車はこんな感じです。
満席ですかね?とても混雑していました。
着席している人が少ないようにも見えますが、
みんな席を立って車内の探索に出かけているのです(笑
P7301107.jpg

売店付き車両はこんな感じです。
売店ではオリジナルグッズや地元の特産品、お弁当などが売られていました。
P7301109.jpg

客車の最前部へ行くと、
SLのお尻が見えます。
今回はSL自身は逆向きで列車を引っ張っていますので、
お尻とは言っても、顔を見ることができました。
P7301164.jpg

余談ですがこの写真は「渡島大野駅」にて、
(理由はわかりませんが)停車していたときに撮ったものです。
渡島大野駅、5年後には「新函館駅」となって華々しく新幹線デビューする予定の場所ですが、
今は駅周辺はのどかな風景が広がっていました。
駅名票に貼られた「H70」というステッカーが、
とってつけた感満点で寂しくもあり、
新幹線がやって来るのをひとりで待っているようでもあり。
P7301188.jpg

客車の窓から車外をのぞむ。
アートフィルター「ドラマチックトーン」。
P7301155.jpg

そんなこんなで無事函館駅に到着。
最後尾にくっついていたディーゼル機関車です。
ごく僅かな区間ではありますが、
列車を逆さ向きに動かすために牽引する必要があり連結されていたわけです。
もしかして、後ろからちょちょっと押していたのだろうか?
P7301300.jpg

客車はこんな色をしていました。
14系客車です。銀河の色違い、何もかもみな懐かしい(ToT)
P7301312.jpg

私はSLが引っ張る列車に乗ったのが、今回が初めてでした。
もっと煙でモクモクになるのかと思ったら、それほどでもないんですね。
今の石炭はベトナム産だったか忘れましたが、煙の少ない石炭でしたっけ。
それでも堪能することができました。
北海道ではJRの列車、すなわち長距離列車、を「汽車」と呼ぶそうです。
対義語で函館市電は「電車」なのだそうで、
まさに私は汽車気分を味わうことができたなと、満足している次第です。

あ、E-P3の試し撮り日記の体をなしていない気がしてきましたので補足しますが、
パースの効いた写真は、たぶん12mmF2.0で撮ってます(笑

昭和のひとコマのような写真は、
アートフィルター「ラフモノクローム」。
P7301385.jpg

最後に。もっと寄れたかな。
アートフィルター「トイフォト」。
P7301442.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/07 Sun 01:57 マイクロフォーサーズ
先日購入した「オリンパス PEN E-P3」を携えて函館旅行に出掛け、
その時撮りまくった写真を作例として掲載することを趣旨とした記事です。
今回は、元町~ベイエリアの夜景を掲載します。

P7280660.jpg

函館のベイエリア~元町の一帯は、石井幹子プロデュースによるライトアップが行われており、
綺麗なライトアップを見ることができます。
基本的には「函館山からの見栄えの良さ」を大いに意識したプランであるようですが、
函館山は霧が山上を覆うことが多く、
函館山以外からの、いわば代替景観ポイントをいくつか市が指定しています。
ラビスタ函館ベイは無論そのポイントに含まれてはおりませんが、
函館ベイエリアの景観の良さを堪能できるポイントであることは間違いありません。

まあ今回はラビスタの話はおいといて。
元町~ベイエリアの夜景をちょこちょこ撮ってきたのを掲載します。

函館名物ラッキーピエロ。
GLAYも通った、という売り文句はもはや必要ありませんね。
函館でマクドナルドをあまり見かけないのはラッキーピエロがあるからではなかろうか。
ネットでは「らきぴ」などと略する記事を見ますが、
うちのママは「らっぴ」と呼んでいるらしいです。
P7280618.jpg

函館名物ハセガワストア。略してハセスト。
ベイエリアでは、ラッキーピエロの隣にあります。
函館のソウルフード2連発、といった感があります。
やきとり弁当で有名です。豚ですがやきとり弁当。
たれの味を選べるようになっています。
今はセイコーマートと提携しているようで、
セイコーマート印のPBチューハイなども売られています。
P7280619.jpg

函館市地域交流まちづくりセンター。
十字街駅に近いところにあり、
函館山ロープウェイの駅に向かう途中にありますので、
立ち寄りやすい場所です。
P7280621.jpg

函館ハリストス正教会。
向こうの緑色のライトは函館山ロープウェイの山上駅です。
P7280672.jpg

カトリック元町教会。
ライトアップは建物の上半分重視となっています。
遠いところからの眺めに対応するためと思われます。
個人的には下半分も何らかの形でライティングしてはどうか、と思います。
P7280669.jpg

旧函館区公会堂。
函館元町エリア散策の定番中の定番であります。
馬場先生も作例の撮影や撮影会の会場に訪れている場所です。
P7280688.jpg

元町公園にある、函館市写真歴史館。
正式には(?)旧北海道庁函館支庁庁舎。
函館は開港以来の西洋文化の流入に合わせて写真文化ももたらされた、
その歴史を展示している、ということなのですが、
中に入ったことがない;
一度見学したいものです。
P7280691.jpg

八幡坂。ブレてます。
ホワイトバランスに失敗したかのような写真ですが、
夜はまあこんな色をしていると思います。
タクシーを降りて、道のど真ん中で記念写真を撮っている観光客が多く、
他の車にクラクションを鳴らされそうになるとかならないとか。
P7280683.jpg

金森赤レンガ倉庫街。
左端の車はトリミングで削った方がよかったかと、ちょっと後悔。
倉庫街の中まで入って撮った写真ももちろんありますが、
そちらはアートフィルターを効かせた写真が面白かったので、
ちょっとまとめ直しているところです。
P7280707.jpg

函館の夜景スポットは、豊富な観光資源による見どころの多さが魅力ですが、
同時に、広範囲に散在している印象があります。
もう少し「点と点をつなぐ」方法はないものか。
大きな通りにはガス灯を模した電灯が備えられてはおりますが、
もう一息その設置規模を広げる必要があるのではないかと感じます。

函館旅行編はもう少し続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/04 Thu 22:56 マイクロフォーサーズ
オリンパスの新型デジタルカメラ、PEN E-P3の購入記念、
というわけではありませんが、函館へ旅行した際に持ち出し、
ある程度撮影してきました。
それを掲載しています。

函館での宿は「ラビスタ函館ベイ」。
3年前にオープンし、今ではすっかり人気宿となっています。
売りは最上階の温泉大浴場と、朝食バイキング。
朝食バイキングは時間帯によっては席があくのを待つ大行列ができます。
↓の写真はISO2000で撮影されたものを縮小しています。
JPEG撮って出し画像はノイズを消すために塗り絵のような画質になっていますが、
縮小のおかげで多少は見られるようになっています。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7280597.jpg

赤レンガ倉庫跡を再利用した施設と聞いています。
1階の外壁に使用されている赤レンガは、移設なのかな?当時のものも使っているとか。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7280713.jpg

1階ロビーあたりです。とても落ち着けるスペースです。混んでますけど。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7280715.jpg

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7280716.jpg

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7290841.jpg

1階にはカフェがあります。
広めのスペースですが座席数は少なめで、とてもゆったりしています。
ビジターでも利用できるようですので、
暑い夏の赤レンガ倉庫散策の合間に立ち寄るのもいいかもしれません。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7290836.jpg

カフェのメニューにあった「いちごみるく」です。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7290799.jpg


今回利用した部屋は「デラックスツイン」。
通常のツインルームに比べて若干高めの価格設定ですが、たまの事なので贅沢してきました。

山側の眺望です。
夜は足元の赤レンガ倉庫がライトアップするのを見ることが出来ます。
パナソニック LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
P7280436.jpg

部屋の中はこんな感じです。ソファとテーブル、大画面テレビと、
山側に大きく取られた窓に沿った部分は前面デスクになっていて、
上の写真の風景を正面に見ながら一杯やれます。極楽であります。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
P7290847.jpg

ラビスタ函館ベイの部屋に備え付けのコーヒーはビジネスホテルのようなものとはちょっと違っていて、
豆そのものがパックされたものを開封して部屋でそれをゴリゴリと挽き、
文字通り挽きたてのコーヒーを自分で淹れる、という趣向です。
ポットもコーヒー1杯淹れ用の細口コーヒーポットが用意されています。
備え付けの豆は2杯用、お替りは実費200円で購入できるそうです。
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 2R
P7290855.jpg

他にも色々写真を撮っていますが、家族写真ばかりですので掲載はご勘弁ください
m(_ _)m
この宿は函館でも有数の宿として認知されており、
隣接する関連施設「函館ベイ美食倶楽部」には地井武男さんも散歩しにきたという有名な場所です。
オープン直後に一人旅でシングルを予約したのですが、
当日現地でツインにランクアップしてくれました。
初めての経験でしたのでとても嬉しく思い、
それ以来函館へ行った際には常宿にさせていただいていますが、
さすがに人気が出て部屋も埋まっているようですから、
もうランクアップするほどの部屋数の余裕もないでしょうね。
嬉しいやら寂しいやら、であります。

[ラビスタ函館ベイ] ブログ村キーワード

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/03 Wed 23:13 マイクロフォーサーズ
先日行きました函館旅行が、
私にとっての「E-P3」こけら落としでありました。

私が好きな写真ジャンル(と言うのか分かりませんが)は、
街角スナップというか、まあ散歩写真と呼ばれるもので、
あまり肩肘はらずに目に留まったものを撮る、という、
クリエイティビティに対する言い訳を常に帯同するようなスタンスで、
写真を撮り歩いているわけです。
まあそれはともかく。

羽田空港と、それに至るまでの道筋で何枚かの写真を撮りました。
私にとっては本格的にE-P3をいじくり回す最初の機会でありましたので、
必然的に私がE-P3に期待した機能、
すなわちアートフィルターばかりを使って写真を撮っておりました。

浜松町駅にて。非アートフィルター。
P7280165.jpg

モノレールの運転席です。多重露出ではありませんよ(笑
アートフィルター「クロスプロセス」。
P7280176.jpg


羽田空港第二ターミナルの長いエスカレーターを上がったところから、
下を見下ろしてアートフィルター「ジオラマ」。
P7280205.jpg

コンコースをアートフィルター「ドラマチックトーン」で。
P7280225.jpg

出発まで時間がありましたので、国際線ターミナルを見学しました。
非アートフィルターです。
鳴り物入りで開業し、話題をさらった羽田空港国際線ターミナルですが、
私が見る限りでは閑古鳥、まだまだ利用者は少ないようです。
成田はこんなもんじゃない。路線数の差でしょうが、今後どうなることか。
P7280306_20110803223058.jpg

ただ、ショッピングゾーンにはとても力を入れておりまして、
日本人としてはちょっと作り物臭いように感じますが、とにかく和風です。
売られているものも、ちょっと日本を意識したものが多いように思います。
P7280338.jpg

アートフィルター「ジオラマ」もういっちょ。
P7280284.jpg

ショッピングモールは2層構造になっていました。
上の階は家族向けのショップが並んでいました。
日テレショップまでありましたよ(笑
P7280379.jpg

キティちゃんからプラレールまで、なんでもありでございます。
博品館もありました。
P7280376.jpg

茶屋をイメージした和風の休憩所で、抹茶白玉ソフトをいただきます。
なぜかアートフィルター「クロスプロセス」。
P7280279.jpg

使用したレンズは、標準ズームと12mmF2.0でした。
ボケ味などが求められない写真では、E-P1時代と変わらず標準ズームが大活躍します。
オリンパスPENシリーズ、というかアートフィルターのような画像加工機能を持つデジタルカメラにとって、
写真は「素材」でしかないのかもしれません。
ファインダーを覗く一眼レフは、自身が「カメラ」であることを主張しますが、
液晶を見ながら撮影するデジカメはその匂いがあまりしませんね。
しかしそんな中にあって、
E-P3はまだ「カメラ」であることに土俵際で踏みとどまっているような印象があります。
それは、写真を撮る側にとって、意外に大きなポイントなのではなかろうか。
抽象的な話ですみません。
次のエントリはたぶん函館市内の写真を掲載することになると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事