ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「北海道旅行2009」
2009/05/22 Fri 00:43 ソニーα
昭和新山・有珠山を見終えたら、洞爺湖のほとりを走りました。

RFNDMDkwOTHeBw_enlargement.jpg

RFNDMDkwOTWMu5GcWbs_enlargement.jpg

RFNDMDkwODLeBg_enlargement_20110509234811.jpg


途中、湖に沿う形で駐車スペースがいくつもあって、家族連れなどの人出がありました。
彫刻、というかオブジェを湖の周りに配置し、洞爺湖周辺を巨大な「美術館公園」と
見立てているそうです。
で、私も車を停めて、やろうと思っていたこと=洞爺湖に足を漬けてきました(笑
時間が切羽詰っているのに、呑気なものです。

RFNDMDkwOTDdBg_enlargement.jpg

おかげで時間はギリギリ、レンタカー返却直前に給油しようとガソリンスタンドを探したのですが見つからず、大慌て。
洞爺駅では「トワイライトエクスプレス」が停車していたのですが、
写真を撮っている暇もありませんでした。

RFNDMDkxMDTZ-g_enlargement.jpg

「スーパー北斗」到着5分前にレンタカー返却完了、大急ぎで改札を済ませて、乗り込みました。
で、一路函館を目指します。

RFNDMDkxMDXa-w_enlargement.jpg

RFNDMDkxMDjd_g_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/22 Fri 00:36 ソニーα
昭和新山は、有珠山の弟分、というか、息子かな?
今では有珠山と併せて洞爺湖畔の有力観光地のひとつとなっています。

RFNDMDkwNTLb_w_enlargement.jpg

溶岩が固まってそのまんま、みたいな色の赤茶色の地肌から、
水蒸気がいまでも立ちのぼっています。

麓の観光施設は、有珠山ロープウェイをはじめショッピングモール、レストラン・売店等が集積していて、なかなかの賑わいです。
その中で「エゾシカバーガー」なるものが売られていました。

RFNDMDkwODbiCg_enlargement.jpg

エゾシカの肉をハンバーグにしたハンバーガーで、食べるのは初めてです。
亀ゼリー以来の衝撃か?
肉はふわふわと柔らかくジューシィで、その場で火を通してくれることもあって熱々、
テリヤキ味のソースとの組み合わせも絶妙の逸品でした。
350円は安いな。リピーターが多いのもうなずけます。

RFNDMDkwODfjCw_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/22 Fri 00:31 ソニーα
洞爺湖畔を散策する前に、有珠山にのぼる。
予定としては決めていたのですが、いかんせん時間が足りない。
しかし、「駆け足で見てくれば何とか間に合っぺ」とばかりにロープウェイに飛び乗って、
有珠山を見学してきました。
活火山の山頂にのぼる、という字面に憧れた感があります。

RFNDMDkwNzbhCA_enlargement.jpg

RFNDMDkwNTXeAw_enlargement.jpg

有珠山の山頂近くの展望台からは、わずかながら煙を出している噴火口が見えました。
噴火口直近まで遊歩道が整備されていて、歩いていきたかったのですが時間が無い。
でも、活火山のてっぺんにのぼったというのは私的に貴重な体験でした。

RFNDMDkwNjfhBw_enlargement.jpg

RFNDMDkwNTjhBg_enlargement.jpg

有珠山&昭和新山の麓はちょっとした観光客向けの施設になっていました。
私はそこの駐車場にレンタカーを停めてロープウェイに乗ったわけです。
次のエントリではそこに少々触れてみます。

RFNDMDkwNzPeBQ_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/22 Fri 00:26 ソニーα
札幌を素通りし、
真駒内あたりから山道に入って行きます。
ぐりぐりとうねる山道を走って数時間、
眼前に現れるのが支笏湖であります。

RFNDMDkwMzbd_w_enlargement.jpg

ずっと山道を走っていて、
それはそれで景色も良く、「ここで車停めて撮りてー」と思うことの連続だったのですが、
支笏湖はさらにテンションを高めてくれました。
ちょっとした展望台らしきスペースに車を停めて撮りました。

RFNDMDkwMzngAw_enlargement.jpg

目的地にしていた見晴らしポイントの駐車場は入場順番待ち。
時間もなかったことから、やむなくそのまま次の目的地、洞爺湖を目指します。

RFNDMDkwMzPa_A_enlargement.jpg

RFNDMDkwMzTb_Q_enlargement.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/21 Thu 00:59 ソニーα
この記事、といいますか、2010年3月までの日付がついたエントリは、
当ブログ移転前の「みてみてぶろぐ」に掲載していたものをコピーしたものです。
みてみてぶろぐは残念ながらサービス終了で消滅してしまいまして、
記事をサルベージして、来るべき引越し先のブログ、要するにここのことですが、
内容をごっそり移行して始めよう、と思っていたのです。
が、保存していたはずのエントリのうち無くなっている物がいくつかあり、
写真自体は元データを消していませんので残っているのですが、
ブログ記事本文が無い、というわけでこのように穴埋め文章を書いています。

札幌からレンタカーを繰り出して、
夜通し走って富良野入りしました。
夜明け前に富良野駅に到着。
RFNDMDg4OTNnZW4jRA_enlargement.jpg

国道沿いだったでしょうか、無料駐車スペースがあったので停めて車内泊したわけですが、
朝起きたらそこが絶景ポイントでした。
公園になっていたのですが、公園の名前を失念しました;

RFNDMDg4OTVnZW4lTA_enlargement.jpg

RFNDMDg4OTZnZW4mUA_enlargement.jpg

RFNDMDg5MDPfDg_enlargement.jpg

で、テンションが上がってひたすら北上、美瑛に向かった、と。
富良野には、実際には夜明け頃に通過したぐらいのものだったのですが、
夜明けの風景の綺麗さと澄んだ空気のおいしさを味わってきました。

RFNDMDg5MTBnZW4ZFg_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/20 Wed 22:59 ソニーα
この記事、といいますか、2010年3月までの日付がついたエントリは、
当ブログ移転前の「みてみてぶろぐ」に掲載していたものをコピーしたものです。
みてみてぶろぐは残念ながらサービス終了で消滅してしまいまして、
記事をサルベージして、来るべき引越し先のブログ、要するにここのことですが、
内容をごっそり移行して始めよう、と思っていたのです。
が、保存していたはずのエントリのうち無くなっている物がいくつかあり、
写真自体は元データを消していませんので残っているのですが、
ブログ記事本文が無い、というわけでこのように穴埋め文章を書いています。

藻岩山は札幌市街から少し南に位置しており、
夜景の絶景スポットとして知られています。
私はテレビでそれを見て知りまして、一度行ってみたいと思っておりました。
で、実際に行ってみて、そこから見える夜景も撮ってきたのですが、
風が想像以上に強く、写真がブレまくりで大変でした。
ですので、ここに掲載する写真は1枚きりで、それもブレがひどいものですが、
とにかく「行ってきたことの証」として残しておきたい、この一心で掲載いたします。

RFNDMDg4NjlnZW56b3WFgw_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/20 Wed 22:16 ソニーα
サッポロビール園は、もともとサッポロビールの大麦工場だったそうです。
今は工場としては稼働してなくて、跡地と情緒ある赤レンガの建物を利用してレストラン施設となっています。

RFNDMDg4MDTfDA_enlargement.jpg

で、初めてのジンギスカンを食べたのですが…
美味しかったですね。私には、焼き野菜が充実した焼肉、という感じでした。
服ににおいがついて大変だった。

RFNDMDg4MDfiDw_enlargement.jpg

私以外で「おひとり様」の利用者も多く、「ジンギスカンに一人で行くのか」と気後れしていたのが馬鹿馬鹿しく感じられました。
総合案内所で、
「…ひとりで、予約もしてないんですけど、ジンギスカン食べられますか?」
と聞いてみたら、
「はい、大丈夫ですよ♪あちらの建物の2階へどうぞ。そのまま入れますから」
と言われ、入ってみたら私と同じような独り者が何人も(笑)
これをご覧の方、検索で「ジンギスカン ひとり」とかでたどり着いた方、サッポロビール園はおひとり様歓迎って感じでしたよ。私が行った時間帯は予約もいらなかったです。
ただ、服はどんなに防護しても本当ににおいがつきますので、旅行中の方はその服を洗濯できなければその旅行中は着るのをあきらめる、ぐらいの覚悟がいるかもしれません。
レストランは煉瓦作りの雰囲気ある建物で、天井が高いビアホール風。
写真も撮らせてもらいました。

RFNDMDg4MDjjEA_enlargement.jpg

RFNDMDg4MDXgDQ_enlargement.jpg

ジンギスカンを食べた後は、隣接するサッポロビール博物館へ。

RFNDMDg4MjLfDg_enlargement.jpg

私は最近企業博物館を見るのが趣味のひとつになっていて、都内でもメジャーどころでは「ていぱーく」、マイナーなところでは「ADMT」などなど見て回ったりするので、サッポロビール園も楽しみにしていました。
古いビール瓶の展示など。創業初期はビンを自社生産できなくて、
そこらの空き瓶を洗って使っていたそうです。非常に興味深いです。
日本の麦酒会社の歴史年表というのもあって、じーっと見ていたのですが、
サッポロビールとアサヒビールがかつて同じ会社だったとは、恥ずかしながら今回初めて知りました。
麒麟麦酒の扱いが小さかったのはご愛嬌(笑
順路後半では、サッポロビールの歴代広告がずらり。こういうのが好きでして。
「男は黙ってサッポロビール」のCMも流れていました。
ここは面白いですね。次回札幌に来たらもう一度見てみたいです。

RFNDMDg4MjThEA_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/20 Wed 22:10 ソニーα
どうにかこうにか札幌市入り。
まずは風呂だな、と、すすきの行きつけのスポーツクラブ札幌へ向かいました。
まったり泳ぎ、露天風呂に漬かってさあ移動開始と。

RFNDMDg3ODboGw_enlargement.jpg

旧道庁~時計台~大通公園と、昨年も回ったのと同じコースをトレースしていきます。
旧道庁は、八重桜とチューリップが旬の時期でした。
しっかり撮らせてもらってます。
時計台は、相変わらずですね。
これもちゃんと撮らせてもらってます。

RFNDMDg3OTfqHg_enlargement.jpg

今回は「16-35mm F2.8ZA」で撮りました。
変わり映えはしないか;
大通公園では、「とうもろこし・じゃがバターセット300円」というのを買い食いです。
天気も良く、観光客としてはこれが王道の過ごし方、
のはず。

RFNDMDg4MDDbCA_enlargement.jpg

RFNDMDg4MDPeCw_enlargement.jpg

で、大通公園でひとしきりまったりした後、
ちょっと早い夕食をとりに「サッポロビール園」へ向かいます。
本当はここで「円山・中島・真駒内公園のいずれか1カ所」へ行く予定だったのですが、断念しました。
次回の札幌ではぜひ回ってみたいと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/20 Wed 22:00 ソニーα
今年も行ってきました、北海道旅行編です。
毎度のことながら、私の北海道旅行は上野駅から始まります。贅沢でしょ?(笑

RFNDMDg3MDXfCg_enlargement.jpg

18時50分ころ、北斗星が推進回送で入線してきます。
ここから発車時刻の19時03分までの13分間が勝負です。
私たち乗客は、いったん乗ってしまうと北斗星の外観を見る機会が極めて限られてしまいます。
●出発地の上野の発車前
●機関車が交替する函館
●終点札幌で降車後
ぐらいでしょう。
なので、荷物を部屋に入れた後は、走り回って撮りまくります。もちろん私の他にもそうしている人が何人もいました。
今回の北斗星は、とても混雑していました。
私の部屋は「B個室ソロ」ですが、切符をあっさり取れたのが嘘みたい。
一部で騒がしい人たちもいて、どうやら団体客も乗っているようでした。団体客は開放B寝台の方にいるらしく、前回乗車時には閑散としていた開B寝台が、今回は満席とのことでした。ゴールデンウィーク直後だから空いているだろう=まったりできるだろう、という目算はちょっと狂ったかな、という感じです。

UDEwMTA3MjKu7g_enlargement.jpg

今回の旅行では、LUMIX LX3も持参していました。
シャッター音が出ないカメラを北斗星用に、ということで持っていきました。
ですので、車内写真の大半はLX3で撮ったものです。
LX3は、その後いっさい出番がなかったです;

食堂車グランシャリオも、大盛況。
前回乗ったときのパブタイムは、利用者が私含めて2~3組しかいなかったのに対し、今回は満席。順番待ちの状態でした。
頼んだものはサッポロクラシックという北海道限定ビールとビーフカレー。乗車前にも食事を買い込んでいたので、北斗星の中では食べてばっかりです(笑

UDEwMTA3MDGr6Q_enlargement.jpg

UDEwMTA3MDOt6w_enlargement.jpg

北海道は、晴れていました。
車窓から大沼公園が、その向こうに駒ヶ岳が見えました。
鳥肌が立つ思いをしました。
…そう、これを見たかったんだよ。そのために1年越しでやって来たんだよ。

さて、今回の北斗星、札幌に延着しました。翌日11時台に到着の予定が、13時過ぎになってしまうという、2時間遅れの運転となっていました。
郡山以北の東北本線が、夜、強風のため運転見合わせとなっており、私が乗った北斗星も新白河駅で1時間以上停車しっぱなしとなっていました。
「16時間余」の旅が「18時間余」になったわけですが、北斗星に余分に乗れてラッキー、でもありました。
まあこの2時間延着で、札幌での予定を1個削ることになったのですがこのことには後のエントリでも触れるかもしれません。

毎度のことながら、寝台列車、というか北斗星って、時間を買う感覚で乗る乗り物だなと思うのです。もっと安価に、しかも2時間もあれば到着できる移動にわざわざ16時間かけることに意義を見いだす人(世間一般の価値観とはかけ離れた感覚ですが)に大切にされていくことでしょう。

UDEwMTA3MzKv8A_enlargement.jpg

UDEwMTA3NDSy9A_enlargement.jpg

後のエントリにも少し書くかもしれませんが、とある駅で「トワイライトエクスプレス」が停車しているのを見かけました。行先表字幕に誇らしく「大阪」とありました。
次の旅行はどうしようかな。北陸へ行きたいとも思っているのですが、これにも乗りたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事