ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「北斗星」
2016/07/19 Tue 16:00 旅行の写真 | 写真 | 動画・画像処理

フィルムシミュレーションソフトウェア「DxO Filmpack5」

パソコン用画像処理ソフト「DxO Filmpack5」関連エントリになります。 画像データに「フィルム調処理」を一発で加えるというソフトで、私は「Adobe Photoshop CC」と連携させて使用しています。 プラグインとして使うようなイメージです。てかプラグインの一種でもあるのです。 ただ、私としては「この処理のこの辺がフィルム調だよねえ、うんうん」みたいなことを語れるだけの知見はございませんので、 私の嗜好とあわせますとどうしても「レトロ調」に処理する、という方向に落ち着いてしまうのでした。 その他のメリットとしましては「昔撮った写真に処理を施すことで、もう一度採り上げるキッカケとする」 つまりはネタを使い回そうということです。 この「函館シリーズ」は、まさしくその趣旨で書いている記事となります。 今回の記事は「青函トンネルと竜飛海底駅」が主題です。 行った場所は青森県なのに函館旅行シリーズで括ってしまっています。青森の皆様、申し訳ございません。 竜飛海底駅 ※本記事の末尾に「アマゾンへのリンク」を貼りましたが、 公式サイトでダウンロード販売を利用したほうが(記事執筆時点では)明らかに安価ですので、購入ならこちらの公式サイト利用を推奨します。
クリエイティブな写真編集ソフトウェア | www.dxo.com

遙かなり竜飛海底駅

青森県と北海道とをむすぶ青函トンネル。 その途中にあったのが、竜飛海底駅です。2014年廃止。私は2009年に行きました。 トンネル内で災害に遭った際の避難経路として存在した駅であり(てか、避難施設としては現在も機能しているらしい) 坑内 駅とは言いましても切符があれば自由に出入りできる場所ではなく、乗客の乗り降りは極めて限られていました。 具体的には「トンネル観光ツアー」の利用者のみ、ということです。 このような坑道を歩くという貴重な経験をさせてもらえます。 トンネル 坑道の見学もそこそこに、地上に上がって行きます。 その際に乗車するケーブルカー「もぐら号」です。 きっとトンネル建設のときの人員輸送などで活躍したのでしょうね、今は主に見学者の輸送に従事しているっぽいです。 DSC09315

ご覧あれが竜飛岬北のはずれと見知らぬ人が指をさす

もぐら号で地上に出た、そこにあるのが青函トンネル記念館です。 トンネル建設の記録や苦難の道を展示しており、先人の苦労が偲ばれます。 そこは今回は省略しまして(写真がほとんど残っていない)、その外、竜飛岬を歩いて撮ったものを。 DSC09282 津軽半島の先っちょ、この海の先には北海道がある …はずなのですがこの日はあいにくの雨模様、ご覧のとおりのモヤ景色でした。 竜飛崎 青函トンネル記念館、竜飛岬と並んで観光名所となっているのが「国道339号線」の一部区間、 いわゆるひとつの「階段国道」と呼ばれるスポットです。 車道を整備できなかった事情もあるのでしょうが、今や立派な観光地。 階段はしっかり造られており、手すりも取り付けられていました。 339号線

ふたたび海底トンネル

見学を終えて、函館に戻る時間が近づきました。 トンネル内に戻りまして、列車が来るのを待ちます。 現在は新幹線が開通して在来線列車はほとんど走っていない状況ですが、 私が行った当時は八戸と函館とを結ぶ在来線特急「白鳥、スーパー白鳥」が比較的頻繁に行き来していました。 青函トンネル その「白鳥」が、トンネル見学者が乗り込む時だけ竜飛海底駅でドアが開けるという。 自由席に座って、函館に帰っていくのでありました。 白鳥

今回はこの辺で

竜飛海底駅で降車することはできなくなりましたが、 今でも青函トンネル記念館から入る形でもぐら号・坑道を見学することは可能なのだそうです。
青函トンネル記念館
とても興味深かったですので、私としても機会があればまた行きたい場所のひとつです。 次回は函館の写真です。 「DxO Filmpack5」で加工したものを掲載しますが、もう「加工無し」のほうがいいような気もしてきます。身も蓋もないか(笑 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/07/18 Mon 21:00 旅行の写真 | 写真 | 動画・画像処理

フィルムシミュレーションソフトウェア「DxO Filmpack5」

今月に入って採り上げておりますパソコンのソフトウェア「DxO Filmpack5」関連エントリになります。 「フィルムカメラを使おうという気は無いが、フィルム調という表現については潜在的な憧憬の情がある」 ということで、私個人的にはこのソフトと相性が良いような気がしています。 大きなポイントとしては「効果適用はクリック一発」という簡単さ、でしょうかね。 面倒くさがりの私には、とても良いですね(笑 DSC09496 ※本記事の末尾に「アマゾンへのリンク」を貼りましたが、 公式サイトでダウンロード販売を利用したほうが(記事執筆時点では)明らかに安価ですので、購入ならこちらの公式サイト利用を推奨します。
クリエイティブな写真編集ソフトウェア | www.dxo.com

函館旅行の写真をリバイバル掲載

今回の写真は、函館旅行へ行った時のものです。 2008年~2009年頃のもので、ところどころに「当時ならでは」の情景がある、かもね。 例えばこちら、上野駅13番線から寝台特急北斗星に乗って出発したんですけれども、 今ではちょっと撮りにくい写真にはなっているかなと思います。 あと5~6年寝かせたほうが味が出たかもしれませんが。 fuji astia 100f その北斗星の車内の様子です。 私は「B寝台ソロ」という、一人用の個室を利用していました。 出会いこそが旅の醍醐味である、という考え方からしたら個室寝台には旅情もクソもないんでしょうね。 確かに「銀河」の開放寝台は、そちらはそちらで思い出だったりします。 1900年代 北斗星の食堂車「グランシャリオ」で過ごすひとときを撮りました。 ビールにおつまみ、カレーを食べた記憶もあるなあ。 あと、写真に写っている「ポメラ」懐かしい! 当時はスマートフォンも無く、私も「出先での入力環境」について模索していました。今もですが。 P1010701 函館駅での機関車交換、これは人だかりが出来る「北斗星旅行中の一大イベント」でもあります。 早朝6時台に函館駅に到着、だったかな?とにかく眠い目をこすって見に行った。その時の写真です。 DSC08734

今回はこの辺で

ブログの写真の雰囲気もかなり変わってきましたかね?(笑 それはそうと、最近更新ペースが落ちた!それを自覚します。 ブログと向き合う、ということが日課ではなくなりつつあるのです。 これはどげんかせんといかん。 仕事が忙しい、特にこの先今月中は仕事で撮影が目白押しで、ブログの更新がどうなるか雲行きが怪しいです。 時間がないとかいう理由では無いのです。 私自身の内なる「ものづくり」への欲求が、仕事で満たされてしまう→ブログまで気が回らない、という状態です。 そう聞くと「なんと幸福なことか」と聞こえますね。 私自身そう思わなくもないですが、それでもこのブログは自分の柱のひとつですので、細々とでも続けようと思っています。 興味がある方だけ、よろしければお付き合いください。 次回はこの「函館レトロ」の続きです。記事数稼ぎの意図もあり、小出しにしていきます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/03/15 Sun 21:40 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
2015年3月のJRダイヤ改正関連エントリです。
前回の記事では、このたび開通した「上野東京ライン」について、よこっちょからささやかに感想を書きました。
その上野東京ラインや華々しく開通した「北陸新幹線」などの横でひっそりと去りゆく者もおりまして、今回はそちらについて書きます。
上野発の夜行寝台特急列車「北斗星」であります。

私は昭和40年代生まれですが、当時も子供の頃には数多くの「ブーム」が到来しました。
スーパーカーブーム、ガンプラブーム、キン消しブーム、ダッコちゃん、それは古いか。とにかく色々ありましたが、
中でも子供心にあこがれだったのが「ブルートレインブーム」であります。
高度経済成長期に「モータリゼーション」と並んで国内旅行への欲求を満たすかのように登場したのですが、
それでもブルートレインは1970年代後半には早くも衰退傾向にありました。
そんな経緯もあり、テコ入れのためのキャンペーンが結果としてブームを創りだした側面もありますが、
ともあれ当時子供だった私にはもちろん自腹で乗ることもできず、あこがれはあこがれのままで過ぎていったのです。

大人になって、その頃の記憶が蘇ったかのようにブルートレインに乗車したいと思い、実際に乗車したことが何度かありました。
私にとっての初ブルートレイン乗車体験は、大阪と東京とを結ぶ寝台急行「銀河」です。
確かに車両は古いし、すべて開放寝台で個室がなく時代が求めるものとは既に合わなくなっていましたが、それでもワクワクしたものです。
次に乗ったのが寝台特急「北斗星」です。
上野と札幌とを結ぶという、私には夢のような列車であり、上野駅の行先表示で「札幌」とあるだけで私は泣きそうになります。
こうして見てみると、明らかに異質だと思いませんか?
DSC02425

2015年3月13日、私は別件でしたが仕事帰りに上野駅に降りました。
その日は北斗星の「定期列車(特に断りを入れず、いつも運行される前提の列車)としての北斗星」の最終運転日でして、
もちろん私はその事を知ってはいましたが、「上野駅に見に行く」という発想は、実はありませんでした。
たまたま上野に用があり、時間がちょうど北斗星入線の時間に近い、ということで、急遽上野駅13番線に行ってみたのです。
DSC02424

カメラはもちろん持っていました。日頃肌身離しませんので。
行ってみて驚きました。凄まじい人数の人がホーム近辺に溢れかえっています。
これが噂の葬式鉄か!?
DSC02411

既に13番ホームは入場規制されており、私のような通りがかりでは近寄ることも出来ない状況でした。
少し前までは普通に見に行けたのに!
DSC02412

「葬式鉄」とは、廃止になる路線や列車の最終日、最終運転に合わせて駅にあらわれる鉄道ファンに対する呼び名です。
テレビのニュースなどで「最後の発車」が映像に流れるたびに駅を埋めつくす人はほぼそれと思って間違いないですね。
私は実際に見たのは初めてです。
その存在を知ってはいましたが初めて見て感じました。あの人達は、必ずしもその列車の廃止を残念には思っていないんですね。
東に廃止される路線があれば行ってありがとうと叫び、
西に廃止される列車があれば行ってありがとうと叫ぶ。
イベント、お祭りみたいなものなのだな、と理解しました。
廃止を残念に思うなら乗ってお金を払って支えればいいですし、その前に廃止されるものがなければ自分が存在できないですものね。
もちろん葬式鉄「だけ」を悪し様に書くつもりはありません。CP+だ新製品だと騒ぐ私達カメラクラスタも似たようなものですから。
すべからく趣味が高じると騒ぎたくなる人が出る、葬式鉄はその中で目立つ存在になってしまった、という事なのでしょう。知らんけど。
DSC02414

駅の外には警察の車両が連ねて停まっていました。そこまで警戒してるのか。
確かにマニアのマナーの悪さは日頃から多方面から指摘されており、それらは概ね事実らしいので気持ちはわかります。
DSC02421

さて、そんな混乱を横目に、私は北斗星の入線を待たずにその場を離れました。
が、北斗星に興味が無いわけでは、もちろんありません。むしろ心底残念と思っている側の人間です。
私自身は2度乗りましたし、密かに3度目を狙っていたのは事実です。当ブログでも北斗星については記事にしてきました。
たったの2回、ではありますが、それでも私にはちょっとした事情もあり深い思い入れがあるのです。特別な存在と言っていい。
DSC08734

当時撮影した食堂車グランシャリオ、ディナータイムではなく何て言ったっけ、バータイムでしたっけ、
コースではなく軽食が提供される時間帯の写真です。カレーですけど(笑
P1070254

私は2回ともB寝台ソロ(個室)に乗りました。
個室の写真がとっさに見当たらないもので、翌朝北海道入りした際の車内通路を撮ったものです。
DSC08742

さて、北斗星は定期列車としては3月13日で運行を終了しましたが、
臨時列車としては8月まで存続するそうです。
JR東日本の北斗星ページ(運行日情報あり)
それならまだ乗れるチャンスはあるのかな!?とも思いますが、
既に終了日もアナウンスされていますからレア度は変わらず、競争は厳しいでしょうね。
狙い目は従来通り「札幌発上野行きの平日」なのでしょうが、さて乗れるかどうか。
DSC02415

今回はこの辺で。
一時期私にとって北海道旅行とは「北斗星で行くこと」を意味しました。いっぱい思い出がありますがここではこれ以上は書きますまい。
私としてはこの半年弱の間で何とか3度目の乗車を目指します。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/05/01 Thu 12:00 マイクロフォーサーズ
特に初心者の方にご覧いただくことを想定したシリーズとなります。
スマートフォンやコンパクトデジタルカメラからのステップアップとしてレンズ交換式デジタルカメラを初めて手に取った方に対して、
私はこんな風に使ってます、というのを作例付きで示す、という趣旨の記事です。
同コンセプトの記事を、ユーザータグ「初心者向け」にまとめてありますので、よろしければご参照ください。
今回は上野駅です。少し前、てか冬に撮った写真ですので写り込んでいる人物が妙に厚着です(笑)

上野駅13番線の名物と言えばやっぱりトイレ寝台特急の発着ですよね。
夕方以降、寝台列車が発車する時刻が近づいてくると、どこからともなくわらわらとカメラを持った人たちが集まってきます。
EM501057

が、そのような風景も、あと数年しか見られないのかもしれません。
2014年には「あけぼの」廃止、
2015年には「北斗星」が臨時化されて繁忙期のみの運行となるらしく事実上の廃止、
2016年には「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」が廃止となるようです。
北海道新幹線の開業によって、青函トンネルを走る在来線列車が一斉リストラになるようなものです。何とか存続できないものか。
あれ?JR北海道の急行が走ってなかったっけか?そっちはどうなるのでしょうね。
EM501067

私は「北斗星」に二度乗ったことがあります。これは後々自慢できることになると思っています(笑)
廃止になる前にもう一度乗りたい、と思っていますが実現するかどうか。
これから先、どんどん予約は取りづらくなるでしょうから。
EM501064

今、上野駅に、札幌行きの列車がとまっている。
そう思うだけで私はおしっこをちびりそうになるほど震えるんですよね。
EM501113

廃止の予定になっているのはものすごく残念なことなのですが、一方で仕方ないことなのだろう、とも思います。
車体を見れば分かります。老朽化が著しく、だましだまし使っている状態なのでしょう。塩害も無視できないでしょうし。
成田エクスプレスの先代253系も、末期はよく見たらサビが浮いているような状態でしたので、鉄道車両の宿命なのだろうと思います。
EM501062

見学する人も多く、近づいて写真を撮るのも一苦労、というあんばいです。
EM501089

うーん、やっぱり乗りたいよなあ。
この日の北斗星は大盛況の様子でした。
明らかに「今日は空いているなあ」と感じられる日もありますので、予約状況も日によってまちまちなのかもしれません。
EM501082

小さな子どももこの列車にはロマンを感じているのかもしれませんね。
EM501096

今回はこの辺で。やはりもう一度乗りたいですね。予約頑張ってみようかな。
え?この写真のどこが「初心者向け」なのか、って?
使用したレンズはキットレンズ「12-50mm F3.5-6.3」です。でもそんなことはどうでもよろしい。
言いたいことはひとつです。「感慨を込めて撮ろう」ということであります。
ただ「綺麗だから」という理由で撮る他にも、撮っておきたいもの、撮るべきものはあるのではないか、ということであります。
北斗星ではなくて例えば「孫と遊ぶおじいちゃんおばあちゃん」に置き換えると伝わりますでしょうか?
そのためにも、カメラはいつも持ち歩くべき、なのだろうと思っています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/05/20 Wed 22:00 ソニーα
今年も行ってきました、北海道旅行編です。
毎度のことながら、私の北海道旅行は上野駅から始まります。贅沢でしょ?(笑

RFNDMDg3MDXfCg_enlargement.jpg

18時50分ころ、北斗星が推進回送で入線してきます。
ここから発車時刻の19時03分までの13分間が勝負です。
私たち乗客は、いったん乗ってしまうと北斗星の外観を見る機会が極めて限られてしまいます。
●出発地の上野の発車前
●機関車が交替する函館
●終点札幌で降車後
ぐらいでしょう。
なので、荷物を部屋に入れた後は、走り回って撮りまくります。もちろん私の他にもそうしている人が何人もいました。
今回の北斗星は、とても混雑していました。
私の部屋は「B個室ソロ」ですが、切符をあっさり取れたのが嘘みたい。
一部で騒がしい人たちもいて、どうやら団体客も乗っているようでした。団体客は開放B寝台の方にいるらしく、前回乗車時には閑散としていた開B寝台が、今回は満席とのことでした。ゴールデンウィーク直後だから空いているだろう=まったりできるだろう、という目算はちょっと狂ったかな、という感じです。

UDEwMTA3MjKu7g_enlargement.jpg

今回の旅行では、LUMIX LX3も持参していました。
シャッター音が出ないカメラを北斗星用に、ということで持っていきました。
ですので、車内写真の大半はLX3で撮ったものです。
LX3は、その後いっさい出番がなかったです;

食堂車グランシャリオも、大盛況。
前回乗ったときのパブタイムは、利用者が私含めて2~3組しかいなかったのに対し、今回は満席。順番待ちの状態でした。
頼んだものはサッポロクラシックという北海道限定ビールとビーフカレー。乗車前にも食事を買い込んでいたので、北斗星の中では食べてばっかりです(笑

UDEwMTA3MDGr6Q_enlargement.jpg

UDEwMTA3MDOt6w_enlargement.jpg

北海道は、晴れていました。
車窓から大沼公園が、その向こうに駒ヶ岳が見えました。
鳥肌が立つ思いをしました。
…そう、これを見たかったんだよ。そのために1年越しでやって来たんだよ。

さて、今回の北斗星、札幌に延着しました。翌日11時台に到着の予定が、13時過ぎになってしまうという、2時間遅れの運転となっていました。
郡山以北の東北本線が、夜、強風のため運転見合わせとなっており、私が乗った北斗星も新白河駅で1時間以上停車しっぱなしとなっていました。
「16時間余」の旅が「18時間余」になったわけですが、北斗星に余分に乗れてラッキー、でもありました。
まあこの2時間延着で、札幌での予定を1個削ることになったのですがこのことには後のエントリでも触れるかもしれません。

毎度のことながら、寝台列車、というか北斗星って、時間を買う感覚で乗る乗り物だなと思うのです。もっと安価に、しかも2時間もあれば到着できる移動にわざわざ16時間かけることに意義を見いだす人(世間一般の価値観とはかけ離れた感覚ですが)に大切にされていくことでしょう。

UDEwMTA3MzKv8A_enlargement.jpg

UDEwMTA3NDSy9A_enlargement.jpg

後のエントリにも少し書くかもしれませんが、とある駅で「トワイライトエクスプレス」が停車しているのを見かけました。行先表字幕に誇らしく「大阪」とありました。
次の旅行はどうしようかな。北陸へ行きたいとも思っているのですが、これにも乗りたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/06/07 Sat 01:07 ソニーα
北海道旅行を強行してきました。
いくつかの「目玉」を用意していたのですが、往路に利用した「北斗星」での旅はそのひとつです。

RFNDMDAzNDLU4g_enlargement.jpg

1ヶ月前(=JRの指定席券発売日)の夜に、みどりの窓口へ行きました。
A寝台「ロイヤル」が希望だったのですが、編成に4部屋しかないらしくゲットならず。
しかし「B寝台ソロ」が空いていましたので、すかさずそちらをゲット。
結果的に「ソロ」でも充分満足できる旅でした。

RFNDMDAzMzna5w_enlargement.jpg

RFNDMDAzMzbX5A_enlargement.jpg

私が子供の頃は東海道新幹線にも連結されていた食堂車ですが、
今や連結している列車は「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」のみ。
貴重な機会、これは利用しない手はありません。
私はフランス料理のフルコースや懐石料理が食べられる「ディナータイム」ではなく、アルコールと軽食メインの「パブタイム」へ行きました。

札幌までの各駅到着(発車)時刻をアナウンスしていたのですが、
「ご参考までに」と、青函トンネルに入る時刻と出る時刻を教えてくれるのは私には親切でした。
無論その時間起きるようにして、青函トンネルを味わうことが出来ました。
今回の旅行で残念だったのは、その青函トンネルの中にある「竜飛海底駅」が一時閉鎖されていて見学できなかったことです。
竜飛崎とか階段国道とかも見たかったのですが、これは次回のお楽しみとすることにします。

上野から札幌まで、1200キロ16時間の旅でしたが、
時間を持て余すということはなかったですね。
車窓が真っ暗になる深夜の時間帯はさすがに寝ていましたが、
それ以外の時間は本を読んだり流れる風景を眺めたりしていました。

RFNDMDAzNzDV5g_enlargement.jpg

RFNDMDAzNTDT4g_enlargement.jpg

私は、今年3月に廃止された寝台急行「銀河」をよく利用していました。
ですので、「銀河」廃止のときは困りましたしそれ以上に寂しく思いました。
この「北斗星」も、減便に次ぐ減便でついに1往復。
廃止にはなって欲しくないものです。
車内を一通り見て回ったのですが、個室は満室とのことだったのですが、開放寝台(みなさんが寝台車として想像される、2段ベッドが並んでいるアレです)はガラガラ。
減便によって個室車両が余ったのであれば、それを充当して全車個室寝台にすべきではないかと思いました。
JR(特に東日本)はブルートレインを廃止したがっていて、「北斗星」にもこれ以上テコ入れする気がないようなのですが、このような列車は残してほしいと思っています。

RFNDMDAzNjjc7A_enlargement.jpg

時間を買うという贅沢を味わうことができる数少ない機会でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事