ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「函館駅」
2017/08/20 Sun 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

2017年函館旅行、ついに函館に到着!

函館山 2017年夏の函館旅行シリーズ、第16回です。 前回ついに函館入りを達成、今回から本格的に「函館旅行2017シリーズ」の本編となる、函館で過ごしたことを採り上げた記事になります。 東京からですと並の人なら飛行機でホイ、ちょっと変わった人でも北海道新幹線で一本。 私はここで「ほら僕って変な人だから」とアピール(笑)したいが故に、 在来線、しかも常磐線を利用するというルートを実行しました。 茨城県水戸市を夜明けに出立してからまる一日かけてここまで到達した、 しかしまだ2日目は終わりません。 この記事では、ある意味この旅行の主役とも言えるスポットに行ったことを記事にいたします。

函館駅から函館山へ、タクシーで急ぐ

そんなわけで今回の主役は、函館山の夜景です。 私が函館駅に到着したのは19時過ぎ、鉄道による移動である上に私は今回レンタカーの手配をしていません。 すべて公共交通での移動を当て込んでここまできたわけですが、 さすがにここから乗り合いバスや市電を利用する気は起こらず。 タクシーで函館山ロープウェイの駅まで向かうことにいたしました。 余談になりますが、函館駅前にそびえ立っていた2大商業ビル「棒二森屋」「和光デパート」のうち、和光がなくなっています。 上層がマンション・下層が商業施設、という建物に建て替えられたようですが、これも時代でしょうね。 DSC01496 また、双璧のもうひとつ「棒二森屋」も閉店を検討しているという。 実際この棒二森屋アネックス(函館駅側の建物)の4階には店舗が入居しておらず、がらんどうのままでの営業をしていました。 私は所詮旅行者、売り上げに貢献できる立場ではありませんので偉そうなことは言えませんが、寂しいなあと思います。 頑張れ! さて、函館山ロープウェイ駅に着きました。函館駅からタクシーで約1000円です。 以前に函館に訪れた際、当時のタクシーの運転手さんに「函館は観光客の具合はどうですか」とお伺いしたところ、 「いやあダメだ、今北海道の観光は旭山動物園に全部持っていかれてる」というお話を聞けたんですが、 今回タクシーで運転手さんに「北海道新幹線の開業で、函館も活気が戻ってきたのではないですか」とお伺いしたところ、 「いやあダメだ、去年(新幹線開業1年目)だけだったわ」というお話を聞くことができました。 観光地ランキングで常に上位、魅力的な都市ランキングでも3連覇、などと日本屈指の観光都市ですら、これなのです。 他の地方都市は言わずもがな。 日本頑張れ、と思わずにいられません。 そんな気持ちはともかく、ロープウェイに乗ります。 降りてくるロープウェイは観光客満載。 ここはさすがに日本三大夜景、大混雑であります。活気があると思いました。 DSC01498 ガコン、と固定され、乗客が乗り込みます。 定員は100人ぐらいはいけるのかな?かなりの大型ロープウェイであります。 ただし乗っている大半は外国人のようです。日本人はゼロではないですが少ないですね。 主に中国人、ツアー客であるようです。 DSC01500 ロープウェイから見える風景を動画で撮ってみました。 混雑していて思うようにコントロールできていません。チャンスがあればまた挑んでみたいものです。 そしてついに到着、函館山展望台であります。 すんなり夜景写真を載せているように見えますが、展望台に上がるための大行列、展望台の大混雑、 展望台の先っちょが空くのを辛抱強く待ち、ようやく撮ることが出来ました。 ある意味この時間が函館旅行最大のヤマ場のひとつ、だったと思います。 DSC01552 全体を押さえた上で、部分も押さえてみます。 こちらはベイエリア・金森赤レンガ倉庫のあたりを撮ったものです。 DSC01527 手前の台形チックな場所は埋め立て地「緑の島」です。 特に何があるわけでもないんですけど、ベイエリアを海の向こうに眺める、みたいなことができる場所であります。 私個人的にはここにものすごく思い入れがあるんですが、まあそれはここではいいでしょう。 DSC01517 帰りのロープウェイは、まさしく殺人的混雑でした。 5分間隔で運行のロープウェイに乗るために45分待ちという大行列は、ロープウェイ駅の建物の外にまで延々と続きます。 その行列に並びつつ撮ったのがこちら、函館山送信所。 道南・青森エリアのテレビ・ラジオ送信をしているそうです。 DSC01554 余談ですがNHKの「その時歴史が動いた」土方歳三の回、 オープニングはこの函館山のてっぺんをモチーフに映像を制作しています。 私個人的にはここに動画をオープニングだけ、フルで上げたいぐらいなんですけど、ダメかな? 引用としてなら大丈夫なのかな? ええい、いいや。載せてしまえ! 冒頭から5分ほどのところまで、函館山上からの映像が使用されています。
土方歳三 : 箱館に死す / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus

今回はこの辺で。

函館山はとにかく大混雑でした。 夏休みだからかな?とも思うのですがきっとこれはオールシーズンですね。 観光都市函館、たいしたものです。 次回は函館山を下りた後に行ったところを掲載してまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/08/19 Sat 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

2017年函館旅行、ついに函館に到着!

函館駅 2017年夏の函館旅行シリーズ、第15回です。 このシリーズを最初から通してご覧くださっている方がどれだけおられるか分かりませんが、 今回ついに函館入りいたします! 今度こそ本当だ!今回本当に函館入りします!民主党とは違うのだ嘘はつかんよ!知らんけど

新函館北斗駅から函館駅へ向かう

前回の記事で、北海道新幹線で新函館駅に到着、 そのまま新函館駅隣接の新設ホテルにチェックインしたところまでを掲載しました。 函館市内にホテルを押さえることももちろん考えましたが、そんなの他のサイトでもやっておられることですし、 何より函館市内のホテルについてはこの先キッチリ触れますので! 今は新函館北斗駅のホテル、この方がネタにしやすかったという(笑 しかしこの判断が、この先の立ち回りに微妙に陰を落とす遠因ともなってしまいます。 チェックインしたのが18時頃、荷物を整頓し、カメラの充電を始めつつ、またホテルから出ます。 旅行2日目はまだまだ終わりません。行くところがあります。 新函館北斗駅に取って返すのでありました。 その時に撮った、ホテルの前に立っているポストです。 北斗市の公式ゆるキャラ「ずーしーほっきー」が乗っかっている郵便ポストです。 ホキホキホキー! DSC01479 新函館北斗駅から、在来線に乗ります。 漠然と撮った写真ですが「歩きスマホはおやめください」と、ちょっと強めのメッセージが。 クズはどこにでもいるものなのですね(笑 DSC01482 当初「新函館駅」で進んでいたはずが地元自治体がゴネて紆余曲折した結果この長い駅名になったという。 が、今となってはこの駅名が妥当な気がします。ここ、函館じゃないですものね。 駅名は長いですが(笑 DSC01484 その在来線1番ホーム、函館方面専用切り欠きホームです。たぶんこの列車専用なんじゃないかな。 停まっているのは「はこだてライナー」です。函館~新函館北斗間を20分弱で結ぶ、都心で言うと東京駅~池袋、ぐらいの時間感覚です。 はこだてライナーは「北海道新幹線で新函館北斗に到着した人を函館に運ぶための列車」という位置づけだったはずですが、 その割にこの列車、3両編成です。積み残しとかあるんじゃないのかはこだてライナー。 Wikipediaを見ましたら「繁忙期には6両編成で運行する」とありましたので、まあ大丈夫ってことかはこだてライナー。 もっとも、新函館北斗~函館間の列車ははこだてライナーだけではなく、森方面との往復列車や札幌から来る特急「ほくと」などもありますので、 とりこぼすことは無さそうであります。 DSC01485 微妙にダサいとか、そんなことは言ってはいけない!上野東京ラインだって似たようなものさ! それよりも「いよいよ函館入りするんだねえ」という演出だということですね。 だって新函館北斗まで、東京からだと4時間、仙台からでも3時間近くかかるんですもん。 これぐらいの旅情はアリなのだ! DSC01490 その「はこだてライナー」の車内です。 JR北海道733系、小樽方面や新千歳空港の「快速エアポート」など、札幌近郊では見かける車両ですが、 道南エリアで見るのは何となく新鮮です。 20メートル3扉車で広々とした印象の上、何となく新車のにおいがいたします。 DSC01486 そんなはこだてライナーに揺られ、終点函館駅に到着です。 ついに本当に今度こそ、函館に到着であります。 私はこの駅に思い出というか、思い入れがある。 長かった、本当に長かった。感無量とはこのことだ。 DSC01491 柱に「ようこそ函館へ。」の文字が。 サッポロビールの広告のようです。 上野からやって来る寝台特急北斗星やカシオペア、札幌からやって来る特急北斗の乗客に向けたものだと思いますが、 今ではそこに「新幹線+はこだてライナー」でやって来る旅行者に対するメッセージにもなっている。 実は私はこの看板が大好きなのです。ほんとに感無量。 DSC01492 ひたすら「ようこそ函館へ」が続きます。 函館は「古くからの観光地でありながら、観光客をぞんざいに扱わない」街である、という印象を私は持っておりまして、 個人的にも、かつて一人で訪れた私に「こんにちは」と屈託なく声をかけてくる小中学生、というのも強い印象があり、 函館に対して悪いイメージなど持ちようがありません。 例えば茨城県大洗町。ガルパンブームで小汚いアニメオタク(個人の感想です)が大挙押し寄せる羽目になっても、 「ガルパンさん」と諸手挙げて大歓迎、なのだそうですね。 「観光客様に媚びを売れ」などとは毛頭思いませんが、来訪者に好意的ってのはやっぱり印象が良いですよね。 真逆の印象なのがブブ漬け食うて以下自粛 DSC01494 函館駅です。 しつこいようですが、感無量です。 来たい来たいと思いを募らせつつ何年もその機会を得られずにおりました。 私の文章力が拙いがゆえに、「感無量です」以上の表現が出てこない。 ちょっとウルウルしたのは内緒ですがここが目的地なのではありません。更に先に進むのでありました。 DSC01497

今回はこの辺で。

今回の地図です。 上野を出発してここまで、飛行機に乗らず、新幹線一本でもなく、ひたすら地上の交通機関を乗り継いで踏破。 ついに函館入りということで、地図の掲載は今回でおしまいです。 ここからは「函館で過ごしたこと」を掲載していきます。 ある意味これからが本番!いつまで続くんだこの連載は!? というわけで次回は正真正銘函館ネタであります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事