ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「元町」

クリスマスイルミネーションシリーズ、横浜元町に進みます

クリスマスシリーズ2016年度、果てが見えぬまま続けております。 もう少し横浜編が続きますのでね。ご容赦ください。 山手西洋館を見て回り、アメリカ山公園と撮り歩き、さて電車で移動しようかと思いましたが、 やっぱりここは外せませんね。元町商店街。 ちょっと寄り道してきました。 P1060359

ショッピングストリートとクラフトマンシップストリート

元町・中華街駅から石川町駅に至る道が元町通りと言うそうで、その商店街を「元町ショッピングストリート」、 一本山側に並行している道が元町仲通り、その商店街を「元町クラフトマンシップストリート」と呼ぶそうです。 それぞれ組合も異なるらしく、上野で言うところの「アメ横と上中」のような似て非なるものなのかもしれませんが、 当ブログでは普段は便宜上「元町商店街」とひっくるめて呼称しています。もちろん必要に応じて呼び分けますので。 P1060360 で、こちらは元町ショッピングストリートの様子です。 洋服や靴、アクセサリーといったファッション系のお店が多い、デートコースとして知られた通りであります。 P1060362 こちらは元町クラフトマンシップストリート。 ファッションのお店が多いのに加えて、雑貨屋さんやペット用品といったお店が目立ちます。 ライトアップは多少地味かもしれませんが、面白そうなお店はこちらにもいっぱいありますね。 P1060367 私が行った時には元町ショッピングストリートは自動車通行止めをしており、歩行者天国になっておりました。 常に洒落た外車が停まっているはずのパーキングメーターがこのようにスカッと空いている風景には、 ちょっと違和感を感じたりもしますね。 P1060364

今回はこの辺で。

というわけで元町ショッピングストリート・クラフトマンシップストリートを少し見て歩いて、元町・中華街駅に戻り、電車に乗り込んだのでありました。 山手西洋館から撮り始めてここらで約1時間強程度だったと思います。 最近は私も年を取ったのか写真散歩する時の集中力はせいぜい2時間が限界になってしまいました。 お気楽にスナップしているつもりですがそれなりに頭を使っているのかもしれません、さすがに疲れてきまして、 電車に乗った時に「このまま帰ろうかね」と思ったのですが気力を絞って次の撮影ポイントに向かいます。 次回も横浜編となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1060372
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●横浜動画編の4回目です

みんなー!動画のじっかんっだよー! 横浜ベイエリア動画編、今回ひとまず最終回となります。 動画を撮る、ということを第一の目的にして出撃した横浜でしたが、前回書きました通り画質的に微妙な出来になってしまいました。 ただまあ、せっかく撮った素材ですし、そこまで画質に拘る人も少ないかもしれない、 何より、スマホで見るぶんには粗が見えない! ということで、予定通り今回も動画編でまいります(笑 EM524707

●街角動画・第21弾

とにもかくにも、動画を掲載しなくては話になりませんね(笑 こちらです、お時間ある方はぜひご覧くださいm(_ _)m 街角動画#21 横浜 山下公園

・YouTubeの惨状たるや

今回掲載した動画jは、実は編集時間が10分もかかっていません。 BGMは(連続作品ということで)同じものを使い回すということをしましたし、 いわば「お手軽に作った」動画ということになります。 さて、ここでまた弾幕張って多方面に喧嘩を売りますけれども。 最近のYouTube、おかしいと思いませんか? 例えば「福山雅治結婚」なんかで検索しても、 「写真とテロップが延々流れて、そのテロップもどこかのニュースサイトのコピペ」 という動画が検索結果が大量に表示されますよね? もはや動画でも何でもない、まとめサイトを見ているのと同じで、わざわざ動画で見る価値はないものがずらりと並びます。 私は、下手くそなりに動画を製作する者として、「それは動画なのか?」と思わずにいられません。

・金儲けを悪いとは言わないが

写真とテロップで動画を仕立てて、YouTubeにアップする。 儲かるのかもしれません。知らんけど。 私は「ネットにコンテンツを掲載することで収入を得る」こと自体を否定はいたしません。 作品に対しては正当な評価がされるべきだと思いますし、それが金銭に変換されることも悪いこととはまったく思いません。 ルネサンスが「パトロンありき」だったことを引き合いに出すまでもありません。 自分の時間という「他に代わりのないリソース」を割く以上、生活がかかっているわけであり、そこに収益を求めることは正当であります。 しかし、このYouTu beの昨今の動画作成トレンドは、どうなのでしょうね。 ヤフーニュースなどでネタを探し、検索で写真を見つけて、ニュースの本文からテロップを作成し、 著作権対策で言い訳程度に自分のコメントをちょっぴり入れる。 そこに「クリエイターの矜持」はあるのでしょうか。まあ、ないわな。 そういう「サービスの仕組みに乗っかってお手軽に拡散していく仕組み」を作った者が強いのが、インターネットの特徴だとは言えます。 「※※※ブ※※※※※」などにも同じ臭いを感じます。ブログの広告収入すごいらしいですね。 私も「せっかくだから大儲けできるシステムに乗っかりたい」とも思いますが、 横目で羨みつつここは格好良く「地道に勝負します」という姿勢でまいります(笑 YouTubeに戻って申しますと、「時事ネタと写真とテロップ」というノウハウには元締めがいるらしいですね。 皆さんもそこを見極めていくのが良いと思います(笑 度を超えて儲けさせちゃいけませんよ、「そんなのでいいのか」と、全体のクオリティに悪影響を及ぼします。 私の動画が優れていると主張する気はさらさらありませんので私の動画は外していただいて結構ですが、 オリジナリティでキッチリ勝負している動画については、評価の前にそれなりの敬意を払っていただけると嬉しいなあと思います。

・製作時間10分弱の動画

今回も話がそれました。すみません。 短時間で制作した動画、ということを書いているわけですが、 決して「短い時間で作れる俺カコイイ」と言いたいわけではありません。 素材のショットは既に用意されており、BGMも決まっています。 あとはいかに見せるか、という演出の部分ですね。凝ったカッティングや音切りなど、センスが求められる部分。 しかし今回私はそれらの部分のすべてを無視しました。 要するに「テキトーに作った」ということであります。 何となく使えそうなショットから切り出し、カットをつなげていく。 音楽とのリズムなどは一切考慮していません。 もし「タイミングよく映像が切り替わったな」と思われる部分があったとしても、それは偶然です。私の手柄ではない。 この記事を書いている段階で私は、「街角動画#21 横浜 山下公園」の完成品を見ていません。 こういう作品は時代に揉まれて消えていくものですが、 今回私がアップした動画はどうでしょうね。まあ消えていくでしょうね(笑

●今回はこの辺で。

横浜動画編はここまでです。お付き合いいただきありがとうございました。 次回は新境地と言いますか、新ネタでまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM524720
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014年度クリスマス編関連エントリとなります。
ここしばらく、横浜行脚した時の写真を掲載しておりまして、そろそろ飽きたぞという皆様、まだ続きます(笑

今回は元町商店街で撮った写真を掲載していきます。
元町ショッピングストリート、という名前が定着しているらしいのですが、そちらは東武スカイツリーライン的な、E電的な語感があり、
当ブログでは「元町商店街」で表記を統一させています。
最近知ったのですが、元町ショッピングストリートに並行して山側を通るもうひとつの商店街は
「元町クラフトマンシップストリート」というのだそうですね。
であれば尚更、当ブログ的にはごっちゃにして掲載していることでもありますので、総称でもある元町商店街でまいります。
EM190348

以前にここを訪れた時には、時刻が20時近くになっていて、多くのお店が既に閉まっており人出も華やかさも微妙でした。
今回はその轍を踏まぬよう、早めに現地入りであります。
EM190360

ぱっと見る限りでは、昨年と同じ飾り付けのように思います。
今年なりの何か、を探すのは難しいかも。私は昨年は上で書いたようにほぼ閉店された後を徘徊しましたので、
これはこれで収穫ありだと思っています。
EM190410

そうそう、こういう雰囲気ですよね。
ウィンドウショッピングも楽しい街なのではないでしょうか。私は買うものがほとんど無いですけど(笑
EM190383

店頭で飾られていた車です。愛らしい。
ナンバーがついているのを見るに、実際に走ることもあるということなのでしょうかね。
EM190377

クリスマスっぽいものも撮らなくては。
ショーウィンドウの中のクリスマスツリーです。
ガラス越しに撮っていますので光の反射が見えますが、それも前ボケと思えば、それもまたよしだ!
EM190396

昨年も撮ったモチーフですが、ボケが欲しくなったものでまたこのように撮りました。
Mマークはベンチの肘掛けです。ベンチがいくつも並ぶとこのMマークもズラリと並びます。さしずめドM、と。
EM190368

向こうに歩き去っていく人物の後ろ姿が主役なのですが、ここではMFでミキモトの看板にピントを合わせておき、
被写体に良さそうな人物が看板の真下を通る瞬間にシャッターを押す、という方法で臨みました。
要するに置きピンで獲物を待ったわけですが(笑)私個人はAF頼みの一本釣りが主流で、普段あまりこの方法を使いません。
EM190395

今回はこの辺で。
この記事は比較的サラリと済ませた感がありますが、元町商店街自体には実はけっこう滞在していまして、
あちらこちら試行錯誤しておりました。
ここから元町・中華街駅か石川町駅から電車に乗って帰ろう、と思っていたのですが途中で気が変わり、
さらに横浜の街を歩くことにしました。次回はまた別の場所を採り上げます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/05 Sun 00:00 ソニーα
ソニーEマウントの人気レンズ「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
α7系、というかAマウント・Eマウントを問わず、ソニーのカメラは現行モデルがすべて「EVF+背面液晶ライブビュー」搭載機です。
このレンズはAPS-C規格のレンズなのですが、このレンズをボディに取り付けた時には、
たとえフルサイズ機であってもEVFや背面液晶にはその分拡大して液晶全面に表示されるので、
フルサイズレンズを取り付けた時と同じ使用感を得ることができます。
「光学ファインダーに比べて優れている」などとつまらない事を言いたいわけではなく(そう思ってもいません)、
このシームレスな使用感が担保されているからこそ、このレンズが選択肢になり得たのだ、と思うのです。

さて、延々と続けている横浜元町行脚、今回で一段落します。
昨年のクリスマス前に撮りに出かけた時の写真です。
実は収穫に納得がいかず2日連続で行っていて、その2日分から混ぜるように選んで掲載してきたのは秘密です(笑)
今回は元町商店街です。私はここに数回しか行ったことが無かったのですが、とても華やかで魅力的ですね。
惜しむらくは、私が入れるようなお店が皆無であったことぐらいでしょうか(笑)
DSC01080

何の変哲もないハイネケンの看板ですが、ここにあると何となくお洒落に見えます。
アルコール関係は見栄えが良いということもあるのでしょう。
DSC01050

看板シリーズその2、レストランのものですが、私は往々にしてこの構図を用います。
いや、「往々にして」ではなく「年がら年中」ですね。
ここまで3枚連続同じ構図!教育的指導!ザ・ワンパターン!
DSC01043

気を取り直して別のものも撮ってみます。
私は水平を取るのが下手くそで、撮り帰った写真を見返すとその拙さに、
「フォトショップで傾きだけでも修正してやろうか」という邪心がもたげてきます。
が、それをやってしまうとキリがない、何でもアリになってしまう。何より撮影時に水平を取ることが上達できない、
そういうわけで、腕を上げるためにも無用の修正はせずに努力しようと思います。
DSC01048

水平チャレンジ、その2です。
歩道は坂道で、軽く傾斜しています。しかしそのようなミスリードには負けません。水平水平!
DSC01022

水平チャレンジ、その3です。
水平を気にするあまり、色合いをまったく考慮してません(笑)。
DSC01032

このような写真は水平など気にせず行きましょう。面白いディスプレイですね。
ペットショップだったかな?いや、ペット用品店だったかな?
まあそういうことはあまり気にせず見て歩いているのです(ダメだろ)
DSC01034

今回はこの辺で。
横浜元町編、私としてはとても充実したものになりました。いずれまたチャレンジいたします。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/04 Sat 00:00 ソニーα
ソニーEマウントの人気レンズ「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
このレンズ、結局私は昨年末に手に入れたわけですが、それ以前に手に入れる機会がないわけではありませんでした。
しかしこの時期までずれ込んだのは、やはりこのレンズが「APS-C専用」であるため、
フルサイズNEXの噂が出回った時点で我が家のEマウントシステムのフルサイズ移行を構想していた私としては
「もしかしたらフルサイズ対応の上位互換レンズが登場するのではないか」
と、どうしても「様子見」せざるを得なかったからなのです。

その危惧が現実のものとなり、実際に似た画角のレンズ「Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8ZA」が登場したわけですが、
描写力は同等としても「比較して、暗く、寄れない」レンズであることが分かってきました。
それを勘案した上で私はこのレンズに関してはフルサイズセンサーの全面使用をあきらめて「24Eゾナー」を選択した、
というところまでは前々回に触れたとおりです。
私は自分の撮影スタイルと照らしあわせて「今回はこの判断で良かった」と思っています。
レンズの中央部、描写の良い美味しいところだけを使える、という副次的なメリットも得られているかもしれません。

さて、今回は引き続き横浜編となります。
昨年のクリスマスに撮影に出掛けた元町界隈、今回は山手西洋館となります。
以前に「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」で撮った記事を掲載しましたが、その時レンズを取り替えながら撮っていたわけです。
訪れた時刻が15時頃だったため、西洋館の内部でも窓に近いところの展示は外の光が入ってきます。
いわゆるひとつの「ミックス光」という状態なのですが、私はこういう状況がめっちゃ苦手です。
DSC00582

ダラダラと過ごして、日が沈むのを待ちます。
沈むのを待つ、とは言っても完全に暮れきってしまうとそれはそれで面白くないわけで、
暮れ切ってしまう直前の数十分に賭ける!みたいな心境になるのは撮影あるあるネタになるのではないかと。
この写真でも、左のグラスに窓の外の暮れ具合が写り込んでいますね。
DSC00787

いったん外に出てみます。おお、良い感じ。
日は暮れきらず、ランプは点灯した。この時間が貴重なのであります。
ここはエリスマン邸の入口で来場者の往来も多い中パシパシ撮っている私は「何を撮ってるのこの人は」と思われていたことでしょう。
DSC00805

上の写真は私のお気に入りです。
で、こちらも「洋館と暮れゆく紫色の空のグラデーション」を主題にした一連の写真のひとつなのですが、
こちらは何だか構図が不安定な気がします。
垂直線を窓枠に合わせたため、向こう側の出入口が斜めを向いてしまっているのがまずかったですね。
私は水平を取るのが苦手なのですが、それと同等以上に「垂直を取るに際してどこに基準を置くか」のセンスが固まっておらず、
ここでも角度を少しずつずらしながら何枚も撮っています。
DSC00816

ホールでは何やらコンサートが行われていました。
それを窓越しに撮っているところです。
DSC00818

同じところを横向きでも撮っています。
窓に「空の紫色」がより大きく写り込んでいますからこちらの方が「日暮れ時感」が出ているかもしれません。
DSC00819

今回はこの辺で。
撮り貯めた写真はまだもう少しありますので、そちらを掲載していくことにします。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00591
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/12/24 Tue 00:00 ソニーα
前回に続き山手西洋館シリーズです。今回は後編となります。
山手西洋館へ行ってきました、と一言で書いていますが山手西洋館とは意外に広く、
元町・中華街駅から近い外国人墓地近隣と、石川町から坂道を上がっていくイタリア山庭園あたりのエリアに大別できますが、
今回私が行ったのは元町・中華街駅から徒歩圏のいくつかの西洋館にとどまります。
全部回ることは考えていませんでした。いやー寒くてねー

という訳で今回はベーリック・ホールです。
1階に広いホールがあってイベントがよく行われるという印象ですが、この日も賛美歌などのコンサートが行われていました。
こちらのテーブルコーディネートは赤主体のシンプルながら可愛らしいもので、いきおいカメラを握る手も熱くなります。
この写真だけホワイトバランス調整でピンクに撮ってみました。
DSC00665

by tilandmark

ほら、前ボケ前ボケ。カーテンきれい、雰囲気かわいい。
女子カメラ風に、と意識して撮ってみたのですが意外に難しいものですね。カメラ女子は彩度は落としているのだなと再認識しました。
DSC00650

by tilandmark

ダイニングルームに用意されていたイルミネーションも兼ねた間接照明です。
こちらもやはりボケの柔らかさに助けられています。
DSC00759

by tilandmark

廊下も飾り付けられています。被写体に困りませんね。
階段を行き交う人の流れが切れるのを待って撮りました。
DSC00728

by tilandmark

この手の写真を撮るとき気にするのは、被写体にピントが行っているかどうかと同時に背景のボケです。
実はちょっとブレているのですが気にしません。雰囲気があれば当ブログ的には採用であります。
DSC00645

by tilandmark

ホールはコンサートやダンスイベントなどが定期的に行われるのでしょうね。ピアノが置かれていました。
DSC00646

by tilandmark

本日のイキリ写真です(笑)
耳を澄ますと聞こえてきます。何でも斜めに撮れば洒落てるってわけじゃねーぞ(゚Д゚)ゴルァ!!
グラスを端っこに明るく配置して、それ以外を全部赤く染めたい、と思った場合、ここでの私の答えはこうなります。
水平を無視して撮る場合、そこに自分なりの理由があるべきだ。
言い換えれば、撮影意図が明確ならば水平無視の斜め写真もアリでは?と思うのですがいかがでしょうか。
DSC00718

by tilandmark

今回はこの辺で。
ちょっと訊ねられたのでこちらでも回答しますと、ここまでの当ブログのα7R写真はすべて手持ち撮影です。
特にこの山手西洋館シリーズでは、館内が暗めであることも考慮してISOオートを「800-3200」としています。
その結果、実際には1/90秒ぐらいでシャッターが切れているはずです。
シャッタースピードを稼ぐためもあって、前回・今回の写真についてはすべて絞り開放です。
とにかく手ぶれが怖い、しかし撮影時には構図優先で撮りたい。そのための設定でした。
2枚目の写真ではちょっとノイズが目立ちますが、全体的には私的に許容範囲内で仕上がっています。
よーく見ると微妙にブレてる写真もありますので、あんまりじっくり見ないでくださいね(笑)

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/12/23 Mon 01:15 ソニーα
ソニーEマウント期待の新型レンズ「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
前回に続き横浜元町シリーズとなります。今回は山手西洋館をちょっぴり。
世間様は3連休でもありクリスマスムード満点なわけで、クリスマスにちなんだイベントを行っているエリアは軒並み人出がすさまじく、
元町~山手西洋館もおそらく、いや間違いなく大混雑であろうと推察しましたので、今回はα7Rだけという軽装で出かけました。
予備のレンズを1本だけコートのポケットにしまってバッグも持たずに手ぶらです。混雑対策というわけです。
この予測は的中、西洋館が押すな押すなの大盛況でした。

それぞれの西洋館で、クリスマスをテーマにしたテーブルコーディネートが行われています。
建物ごとにテーマとなる国を決めて、それにちなんだ飾り付けを行うという趣向のようです。
こちらはエリスマン邸です。チェコのクリスマス、だそうです。
DSC00905

by tilandmark

人型クッキーということでしょうか。
こんな時「クッキーにピントを合わせるべきか、リボンにピントを合わせるべきか」
私のセンスが不足しているのだと思っているのですがいつも決めきれません。今回も納得できないなあ…
DSC00875

by tilandmark

シャンデリアが美しい、こういうのってモノによってはこれぐらいのサイズでも何百万円もするのだそうですね。
私は別段目利きがあるわけではないのですが、綺麗だってことは分かります(笑)
DSC00864

by tilandmark

同じテーブルを撮ったものなのですが、この写真はすこし明るさの補正をしました。
照明が全体的に(写真を撮るには)暗かったもので、ちょっと不自然かなとも思うのですがこんな感じで。
DSC00890

by tilandmark

これもエリスマン邸、上の写真とは別の部屋にかざられていたものです。
これも微妙にピントを外してます。本来こういうのは下のメッセージ部分がしっかり読めるように撮るべきだと思っています。
MFでよく狙ったつもりだったのですが、しかも5枚ぐらい同じカットを撮ったのですが全部ダメでした(´・ω・`)
DSC00879

by tilandmark

エリスマン邸を出まして、移動しながらレンズをとっかえひっかえ色々撮り歩きました。こちらはレストランのようですね。
DSC00915

by tilandmark

移動しまして山手234番館、こちらのテーマとなっている国はフィリピンだそうです。
日本では報道も沈静化していますが台風災害の救援活動は一息ついたのでしょうか。ともあれお見舞い申し上げます。
DSC00940

by tilandmark

今回はこの辺で。
山手西洋館関連記事は次回後編を掲載する予定です。
私が知っている50mmは、その多くが主観ながらボケがうるさいように感じられるのですが、このレンズはそれほどでもないような。
やはり開放F値が1.8ということで小さいながらも光学的には余裕ある設計ということなのでしょうか。よく分かりません。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00932

by tilandmark
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/12/22 Sun 22:18 ソニーα
ソニーのフルサイズ対応Eマウントレンズ「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
ところでこのレンズ、どうして「55mm」なんでしょうね。
私には「50mm=標準」という先入観がありますので中途半端に見えます。
もっともそれはまったく撮影には影響しません。普通に50mmとして使っています(笑)

今回は横浜、元町商店街です。
「元町商店街」で検索しますと、もっぱら神戸の方がヒットします。
横浜の方も「元町商店街」という通称で場所の説明もできるかと思いますので、そのまま記事タイトルにしました。
もっとも横浜の方は「元町ショッピングストリート」などというらしいのですがそのあたりは詳しくありません。
「伊勢崎線」と「スカイツリーライン」の違いのようなものでしょうか。
本エントリではひとまず「元町商店街」で表記を統一してまいります。
DSC01018

by tilandmark

元町・中華街駅側の入口近くではためいていた星条旗です。
直上に「アメリカ山」って名前の場所がある…のとは関係ないか。
DSC00971

by tilandmark

元町商店街は私などからしたらおしゃれなアベックが行き交う印象なのですが、家族連れも多く賑わっていました。
DSC01004

by tilandmark

もちろんアベックもいっぱいです。
適度な規模のイルミネーションが華を添えます。
DSC01011

by tilandmark

パーキングメーターで停まっている車は、見栄えの良い外車ばかりです。
丸の内の仲通りも路駐しているのは高級外車が多いですね。住む世界が違うんですね。
DSC00529

by tilandmark

ベンチも特注品のようで、肘掛けに元町商店街のロゴがデザインされていました。
DSC01002

by tilandmark

今回はこの辺で。
ゾナー55mm良いですね。私にも分かりやすい性能の良さを気に入っています。
ボケが柔らかく綺麗で、私的にはAマウントの50プラナーよりも良いかも?などと思ってしまいました。
色々撮り歩いていますので、また記事にしてまいります。
DSC00994

by tilandmark

当ブログでは現在、写真ファイルの保存を「Flickr」に頼っておりますが、
そちらからの貼り付け仕様がちょっと変わったようで、現在対応を模索中です。
縦横どちらの写真も「長辺800ピクセル」で表示させていましたが、
場合によっては今回のように縦写真だけ大きく表示させてしまうこともあるかもしれません。
見やすさに関しては引き続き検討してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/04/29 Sun 12:52 マイクロフォーサーズ
この日はあまりに暑く、結局ゆったり見学したのはベーリック・ホールの一箇所に留まりました。
もう少し涼しくなったらあらためて回ってみることにします;
大杉漣の漣写でGO!でも採り上げられた電話ボックスです。
ここはリーニュクレールで。
P4283112.jpg

エリスマン邸は飾り付けはシンプルで、展示や近隣施設紹介が多い印象です。
P4283042.jpg

玄関にある電話機です。実際に公衆電話として通話ができるようです。
P4283073.jpg

ちょっと歩く間にもこのような建物が並んでいます。
もう少し涼しくなったら(ry
P4283097.jpg

主題に乏しいのですが、影が印象的だったので撮りました。
クロスプロセスです。
右上がベンチか何かだったらもう少しストーリーがあったかもしれません。
P4283077.jpg

この後坂を下って山下公園方面に抜けていきました。
この日の横浜行脚編はもうひとつ続く予定です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/04/29 Sun 01:06 マイクロフォーサーズ
むしゅめも西田敏行ライクなお腹が引っ込んできたのが写真でよく分かる!
(本文とは全く関係ないですすみません)
P424444.jpg


世間的にはゴールデンウィークに突入のようで。
私も今日についてはお休みでしたので、ちょっと横浜まで出向きました。
久しぶりに行きたいと思っていた山手西洋館、雨だ何だと先送りにしていましたが、
ようやく晴れたので出かけてきました。
というか、晴れすぎだろ;暑くて汗ダラダラでした。
うかつにも正面から撮るのを忘れたベーリック・ホールの外観です。
P4282705.jpg

テーブルコーディネートは、適度にボカすのがいいのですね。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
P4282778.jpg

タイプライターだから、というわけではないですが、ジェントルセピア!
実際に使われていたものですかね。AとかEとか、キーが使い込まれています。
P4282822.jpg

P4282842.jpg

ノクトンほどではないけれども、ボケます。
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
P4282937.jpg

トイレを借りに地下に降りたら、これまた趣きのある場所でした。
P4282945.jpg

以前に見学した時はクリスマス時期でして、過度な装飾が施されておりネタに困らない状態でした。
今回がネタに乏しいとは言いませんが、何となくしっくりこなかったというのが写真にも出ています。
最近仕事でポートレートの撮影が多いもので、
もう人は撮りたくないわー(ミサワ調で)、という状態に陥っています。
その影響もあるのでしょうか、風景とか撮るのに自分の中で違和感が;
いや、下手なのは以前も今も変わらないのですけれども。私の中での感覚です。
いやあ、あらためてプロは大したものですね。私はそのレベルに近づくこともできません。

おまけ。
やけ酒がてら、赤レンガで絶賛開催中のオクトーバーフェストに行こうと思ったのですが、
あまりの混雑っぷりに撤退しました(笑)。
てゆうか、「オクトーバー」フェストなのに4月開催?
P4283554.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事