FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「丸の内ブリックスクエア」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」での初出撃です

昨日発売日で我が家も無事導入できたパナソニック製のレンズ交換式デジタルカメラ「LUMIX GH5S」関連エントリです。 前回の記事では「開封編」としてほぼ外観からの印象だけで記事を書いてしまいました。 今回はちょっぴり実戦に持ち込んでみました。 初陣ということになります。 行ったところは毎度おなじみ有楽町~丸の内~東京駅の当ブログ恒例お散歩コース、歩くところも全く一緒(笑 素材を集めて動画の1本ぐらい何とか作れるかな?というつもりで行ったのですがそれは頓挫しました。 そのあたりのことは後で書きます。 なお、今回の写真はオール「JPEG撮って出し、リサイズのみ」でありますが、 カメラの設定はいろいろいじりました。 撮るたびにコントラストを変えたりホワイトバランスを変えたりしましたが、 この記事の主眼は「ISO感度をいろいろ変えた」こと、そこから何か得られることがあるか、であります。 手始めにこちらはISO2500。 GH5Sですからこれぐらいなら余裕のよっちゃん、ですね(笑 P1000020

ISO6400までは遠慮なくブン回すことができる

さて、今回はISO感度をオートだけではなく積極的に変更していきました。 次の記事では「インターフェース編」予定しており、そこでも書こうと思っていますが、 私はこのGH5Sでも背面ダイヤルをISO感度変更にしまして。 ダイヤルをグリグリ回しながら撮ってきました。 こちらはISO5000。 明るい上にこの手の「引きの写真」ではノイズ感はそれほどでもないですよね。 P1000029 こちらがISO6400です。 え?同じところで感度を変えて撮らないと比較にならんだろ?って? そりゃそうです(笑 私は「ただのスペック話」がしたいのではない。実戦の中で「使えるかどうか」を試しているのであります。 スペック談義「だけ」をしているわけではないことは踏まえてご覧いただければと存じます。 P1000037 こちらがISO12800です。 さすがに暗い部分は厳しくなってきます。私個人的には「常用はISO6400まで」かなあと思います。 その上で、明るい部分はそれなりに綺麗だとも思えますのでISO12800は緊急避難的に使うことができるかもしれません。 それでもまあ、このISO12800が限度だろうなあ。 P1000044 こちらがISO51200です。25600はすっ飛ばしてしまいました。 正直、写真単体で「綺麗さを売りにする」にはかなり厳しいです。明るい部分すら線が線でなくなっています。 これ以上の感度は試しませんでした。私は使わないだろう、と思ったからです。 P1000054 動画もいくつか撮ってみました。 本当ならもっときちんと考えて撮って編集用の素材にしたいと思っていたのですがとにかく寒くて。 折からの大寒波に私の心もくじけました(笑 撮り方は置いといて、GH5SのISO51200のショットとはこんな感じだ、というのをご覧いただければと。 さて、限界は分かりましたのでちょっと下げましてこちらはISO12800です。 上の「ISO51200」を見て、私は12800を上限にする、と腹をくくりました。 その上で状況を考えてスナップしたものです。 引きで撮って、それを縮小してウェブで掲載する分には戦えるのではないでしょうか。 P1000070

今回はこの辺で

GH5Sで「どこまで高感度が実戦に使えるのか」を試してきました。 現時点では 「ISO6400までのつもりで使い、どうしても、という場合だけISO12800まで上げる」 という使い方が良さそうだな、と思っています。 動画と写真ではまた違いますから一概には言えませんが、この場合はまあ似たようなものでしょう(笑 本当は動画ばかり撮ろうと思っていたのです。しかし寒くてねー、ヘタレてしまいました。 一脚を持つ手がぶるぶる震えてしまい、とてもではありませんが無理でした(笑 まあいずれ動画も掲載する機会があるでしょう。きっと。 次回もGH5S及びマイクロフォーサーズ関連の記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000066
今回の
撮影機材
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/11/26 Sun 16:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
クリスマス2017-04

クリスマス関連記事、順次掲載中!

2017年度クリスマスイルミネーションシリーズ関連エントリとなります。 この記事が11月26日掲載、都内を中心にあと30個ぐらいはクリスマスの記事が載ることになりますが(笑 実は今年はスロースタートであんまり見て回っていません。 例年であればとっくに見終わっている六本木や東京ドームもまだこれから。 12月に入ると更にイルミネーションイベントが増えます。こういうのも『嬉しい悲鳴』というのかな?(笑 DSC02569 丸の内仲通りを中心に、それに面した各複合施設がめいめい飾り付けを行っています。 見ごたえ充分、お仕事帰りに如何?

丸の内ブリックスクエア

で、丸の内エリアの有楽町寄り、レンガ造りの三菱一号館がシンボルの複合施設『丸の内ブリックスクエア』。 私のお散歩ルートのひとつで、夜の撮影での難所としても知られています(嘘 中庭の照明が暗めで、どのような色にするかも少々思案が必要という、まあ行ってみれば分かると思います。 今年は我が家の高感度番長α7SIIの力技で乗り切る所存でございます。 DSC02595 α7SIIの導入によってこのような表現手法「絞り込み」が可能になりました。 思いっきり絞り込み、その分ISO感度も思いっきり上げて、明るさを確保します。 写真はF22、ISO51200、1/8秒です。余談ですが手持ちです。 え?三脚立てたら感度上げなくてもいいだろ、って? そうですよ?でもそれを商業施設のど真ん中では、私は基本的にはしません。 ブリックスクエアの中庭は広くないですし、他人に迷惑をかけてまでやることではない、と「私は」思っています。 今回もすべての写真がRAW現像ですが、ディテールを残すことを優先してノイズ軽減は控え目にしています。 DSC02596 こうやって写真を見てみると、人が少ないですね(笑 実際にはひっきりなしに人通りがあります。 また、この日はドラマか何かのロケ撮影をしていました。どこかで放送されるのでしょうか。 DSC02579 三菱一号館美術館で開催中のロートレック展、それをモチーフにさせてもらいました。 お正月明け頃までやっているようです。 DSC02597 アングルを変えて、同じところを撮らせていただきます。 ここではやたら絞った写真を撮っていますが、これはあくまでも傍流でございますので! DSC02602

今回はこの辺で。

ISO5万以上の高感度ともなりますと、さすがにノイズ処理は本気で追い込む必要がありそうです。 ブリックスクエアは文字通り「レンガ」が主役、というか大きな特徴で、 ノイズリダクションを強くかけすぎるとレンガ感が失われ、のっぺりした壁になってしまいます。 せっかく『手持ちで絞る』という撮り方が成立したわけですから、この先も時々は活用していくことにいたします。 マイクロフォーサーズでもこんな尖ったカメラが出たらいいなあ。 次回もクリスマス丸の内編の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC02572
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
パナソニックから発売されているレンズ交換式デジタルカメラ、「LUMIX GM1」関連エントリです。
モノクロ主体で銀座~有楽町と撮り歩いた写真を掲載してきました。
今回は毎度おなじみ丸の内ですけれども、使用したモードは最近マイブームの「ブリーチバイパス」です。
これ、いいなあ。私はこのモード大好きです。
カメラ内エフェクトはジリジリと使用頻度が下がっていくのが通例ですが、私的にブリーチバイパスはまだまだ飽きてません。
さんざっぱら行き倒している丸の内でブリーチバイパスだとどのように写るものか。
これは興味津々といいますか、GM1を手に入れたらやってみたいことの一つでした。
三菱一号館です。レンガの色からビビッドさが抜けて渋く写りました。
P9990606

ブリックスクエアの広場を撮りました。
シックな、という表現が適切なのかは分かりませんが、この場所の雰囲気に合ったエフェクトだと思います。
P9990621

上の写真と同じ広場ですが、撮る場所によってずいぶん雰囲気が違いますね。
5~6月ですといたるところで花が咲いていて、さらに見栄えが良い場所です。
P9990611

花が少しだけ咲いていたので、それを撮りました。
コントラストが高めということもあり、花の白色は飛び気味です。
この花に限ったことではなく、ブリーチバイパスですと白い部分は容赦なく吹っ飛び、黒い部分は容赦なく潰れます。
私としては許容範囲ですが、被写体によっては困る状況もあるかもしれません。
P9990619

丸の内仲通りを歩いていきます。
もうね、何度撮ったことか知れません(笑
P9990622

こうして撮っていますと、ほんとうにこの界隈は雰囲気が日本的ではないように思います。
ヨーロッパ風というかニューヨーク風というか。まあどちらも行ったことは無いんですけれども。
P9990626

お店もオパキューとか、その雰囲気に合っていますよね。
え?オパキューって読まないの?もうオパキューでええやん。ASUSだって今はアスースじゃないんでしょ?
P9990625

とまあ、撮り歩きながら東京駅に到達しました。
全体的に発色は地味目ながら、はとバスの黄色が綺麗に出ているところが見どころと言えば見どころですね。
P9990632

今回はこの辺で。
毎度毎度同じ所ではありますが、夜だったり昼だったり、あとは今回のようにエフェクトを変えてみたりして、いろいろ遊んでいます。
私が楽しんで使っているのが伝わっていれば嬉しいのですが。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM180268

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/30 Thu 19:00 ソニーα
前回に続き、ソニーのフルサイズ対応Eマウントレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6」関連エントリとなります。
ソニーのフルサイズ対応Eマウントレンズロードマップが公表されていますが、
多少なりとも具体的に「こんなレンズの予定だよん」と紹介されているもの8本のうち、
このレンズだけがツァイス銘でもなければGを冠してもいないいわゆる「無印」レンズです。

私の感覚ではツァイスやらGやらという肩書のついたレンズの方がラインナップとしては少ないのが普通、のような気がするのですが、
思うに消費者がレンズに「箔」を求める、結果そちらの方が高くても売れる、だからツァイスとGばかりになるんだ…
というような現象が起こっているのかもしれません。
仮にそのような消費傾向が現実にあるとするならば、もちろん私もその一翼を担っているわけですけれども(大爆笑)
私程度のユーザーですと「このレンズは良いレンズなんだよ」というお墨付きがあると安心できる、ということもあるかもしれません。

さて、今回は丸の内の夕景なのですが。
お正月休みの時刻が17時前後でした。日が暮れるか暮れないかというタイミングでして、
この時期会社帰りにはなかなか撮れない色でもあります。
DSC02093

上の写真では、樹木に取り付けられたイルミネーションが点灯されていません。
これが17時になると同時にいっせいに明かりが灯ります。
ブリックスクエアの窓に、まだ暮れきっていない青い空が写り込んでいます。
丸の内仲通りの夜はシャンパンゴールドと電球色に染まりますので、こちらの方が明るい印象に結びついています。
DSC02136

ピントが甘いのですが全体的な色合いが好きなので掲載します。
普段は空が真っ黒な時間帯に行っていますので、私には新鮮な状況ではあります。
DSC02124

ブリックスクエアのお店あたりを撮りました。
あまり頭を使わずサクサクと撮り進んでいます。
DSC02150

同じくブリックスクエアのお店を主題にしているのですが、
私の悪い癖が出ています。ちょっと気を抜くとすぐに構図が似たり寄ったりになってしまいます(^^;
DSC02145

これもブリックスクエアのお店です。
全体的に写真が黄色いな、ホワイトバランスとか失敗してるんじゃないか?と思われるかもしれませんが、
そのまんまとは言わないまでも、この場所は実際こんな雰囲気です(笑)
DSC02089

今回はこの辺で。
私は周辺が多少流れていても「流れてるねえ」、歪んでいても「歪んでるねえ」、光量が落ちていても「落ちてるねえ」という感想を持つ程度で、
実用上はそれほど気にしません。
しかし中央一点でピントを合わせた時にそこがカリッと写ってくれないと、これは悲しい気持ちになります。
このレンズを使っていて思ったのは、ピントが合った部分の切れ味が今ひとつ、ということでして、
同時期に購入したふたつのEマウント単焦点レンズ「55mmFEゾナー」と「24mmEゾナー」に、この点では劣っているように思います。
それは私の腕前が問題なのだろう、使いこなせていないのだろう、ということが大きいと思いますので、
引き続き機会を見て鋭意使用していこうと考えています。

このレンズについてもまた記事を掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC02128
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/07 Tue 21:36 ソニーα
ソニーから昨年末に発売されたフルサイズ対応Eマウントレンズ「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
鋭意持ち出して使っているのですが、手ぶれ補正が無いのが惜しい!ほんとうに惜しい!まあ言っても仕方がないんですけど。
もう少しブレ写真を減らさなくてはなりません。もっとも、私の構え方がフランク過ぎるのが問題なのだとは思っています。

今回は丸の内ブリックスクエアです。年初早々に「初撮り」したものを掲載してまいります。
夕刻、日が暮れるか暮れないかの時間帯に撮った写真なのですが、よくある景色ではあるのですが、
この時期仕事帰りに撮り歩こうと思っても会社を出る頃にはもう完全に夜になっているもので、私的には貴重なのです。
DSC02167

同じ場所を縦でも押さえています。
この場所の雰囲気をより表現できているのはどちらか。まあどちらもこんなもんです。
DSC02170

ブリックスクエアの南半分、三菱一号館の壁面です。
ここのカフェが半沢直樹のロケ場所になっていたのではないかと思うのですがどうでしょう。
DSC02172

ブリックスクエアと言えばこの中庭です。夜になると照明が控えめなため、かなり暗くなります。
ここをいかに綺麗に撮ることができるか、腕の見せどころですね!
最近のカメラはフルオートでも全然イケるんですけどー
DSC02152

ここに行くたびに撮っている道です。うちのブログもいいかげんマンネリですかね。
左側に3本並んでいる街灯のうち、中央の1本が電球切れを起こしているのが気になってもうけっこう経ちます。
節電しょうか?まさかね。こういうのはどこに伝えれば良いのでしょうか。
DSC02165

可愛らしく飾り付けられたショーウィンドウです。
私はショーウィンドウやマネキンも、見栄えが良ければ節操無く撮りまくります。
女性には意外にこれが恥ずかしいことらしいのですが女心とは分からないものです。
DSC02151

仲通りのイルミネーションです。
クリスマスは終わりましたがこのイルミネーションはまだまだやってます。2/16まで。
このイルミネーションが終わる頃には私もパナソニックの42.5mmを手にしているのでしょうか。どうなるやら。
DSC02155

今回はこの辺で。
カメラはAモード、すべて絞り開放、ISOはオートで800-1600にして使っています。
この撮影に出掛けた日は例によって何本かレンズを持ち出しておりまして、それらをとっかえひっかえ使ってきました。
何回かに渡ってその様子を記事にしていこうと思います。
ネタは分割して記事数を稼ぐ、当ブログの常套手段であります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/06/10 Mon 00:01 マイクロフォーサーズ
今回は、私的にはドキドキの大博打でございます。
何が博打かって?タイトルにデカデカと「薔薇の花咲く」と書き、写真も載っけているのに、
実は薔薇ではない、別の花だったら赤っ恥ですな!?ということなのです。
嗚呼、下調べ裏とり一切なしのぶっつけ記事の悲哀がここに。
まあ薔薇で間違っていなければ何の問題もないのですがw

OMD79076

東京国際フォーラムの斜め向かい、トランスフォームした三菱一号館と隣の商業施設でまとめて「ブリックスクエア」なのですが、
私としてはここの中庭が好きで、散歩途中に立ち寄ることが多いのです。
レトロモダンの香り漂う丸の内の商業施設群の中にあって、ひときわ異彩を放つエリアであります。
OMD79054

この「昼なお暗き」雰囲気が良いのですよ。
三菱一号館は当時の雰囲気を可能な限り残した、復元の志をもって建てられた建築物とのことです。
ここに立っていた丸ノ内八重洲ビルヂングには思い出がありません。今となってはそちらもじっくり見てみたかったです。
OMD79052

雑貨屋さんの店頭にある馬ですが、これ、前からあったっけ?
OMD79080

カカオソフトクリームが、そりゃもう美味しそうでたまらないチョコレート屋さんの店頭です。
OMD79084

こういった、空間恐怖症的な写真も好きでして、ちょくちょく撮ります。ガバっと空間をとれない性分のようですw
OMD79053

使用したレンズはオリ60mmマクロと17mmF1.8。下の写真は60マクロです。
マイクロフォーサーズでここまでぼかせるのは本当に嬉しいことです。絞りがちょっとカクカクしてますがw
OMD79069

というわけで、ブリックスクエア編はこのへんで。
いいかげんネタ切れ感がありますが、可能な限り毎日更新イッテミヨー!
どうぞよろしくお願いいたします。
OMD79038
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。