ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「丸の内」
2017/05/05 Fri 23:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」にキットズームをつけて撮り歩く・続編です

前回に続き「α7SIIにFE28-70mm F3.5-5.6」をつけて撮り歩きました、というシリーズとなります。 私は基本的に単焦点を使うことの方が多いです。 夜撮り故の明るさ優先、ボケたくさん欲しいという嗜好、 そして何よりポジションを自分で決めることが写真の出来を直接左右するという楽しさ。 そういった諸々の私の嗜好にはやっぱり単焦点だね!みたいな思いがあるわけですが、 じゃあズームは要らん子なのか?と問われますとさにあらず。 単焦点の出撃頻度には及びませんが、使ってます。 例えばマイクロフォーサーズであれば、 パナソニックの「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」という換算24-70mm/F2.8というレンズがあり、 それが私の人生で最も多用したズームレンズ、なんですけれども、 今回取り上げます「FE28-70 F3.5-5.6」は、今やそれに次ぐ使用頻度になるんじゃないかなあ。 仕事では大三元だろ?というわけでもないですね、私の場合。仕事こそ単焦点の独壇場です。まあそれは置いといて。 F値が変動するズームって使いづらいよね!という意見があり私も同意見ですが、 そのネガティブファクターを、α7SIIの高感度耐性はひっくり返したのではないか、という気もいたします。 F5.6通しと思えば、ねえ(笑 DSC00539 以前にも特集したことがございます。 よろしければご参照ください。

大手町を歩く

さて、そんなレンズを使って撮り歩くシリーズ、今回は谷中銀座の先にある大手町であります。 ん?関連性が無いよな?とお思いのあなた、実はそうでもないんですよ。 谷中銀座を撮り歩いたあと、日暮里駅に戻らずそのまま不忍通りに出て、千駄木駅から千代田線に乗るのです。 そしたら大手町駅まで4駅。10分もかかりません。 谷根千から大手町方面というのはルートに組み込んでもいいんじゃないでしょうかね。知らんけど DSC00534 さっきまで下町谷中を歩いていたのに、10分もしたらこのような別世界が広がっている。 それに何らかの心が動くこともあるかもしれず、写真散歩にも何か影響があるのかもしれません。人それぞれですがね。 DSC00533 当ブログにはこの大手町をはじめ、東京駅近辺の写真を掲載した記事が多数ありますが、 もちろん私はそんなところに勤められるような上級ビジネスマンではありません。 好きで撮り歩いているだけです。 DSC00532 カメラの話も少ししておかねば(笑 この写真はISO25600、もちろん撮って出しです。カメラの設定で暗部を落としています。 私の目には少々ノイズが目立ちます。 この写真を自宅で見返して「今後はISO12800を上限にしようかな…」と思い、現在もそうしています。 どうもα7SIIは写真よりも動画の方が得意なのではないか。そんな気すらしてきます(笑 DSC00537 まあでも、そんなの使い方ひとつですよね。 同じくISO25600ですが、上の写真ほど粗が目立たないですね。 私は色やコントラストの設定をしただけで、あとはカメラの力です(キリッ DSC00544 そんな感じで歩き、最後は東京駅から電車で帰りました。 結局ここの写真かよ(笑)都道404号皇居前東京停車場線、通称行幸通りです。 この道の正面、柵は取り外して馬車を通すことが可能というインペリアル仕様であります。 DSC00547

今回はこの辺で

日暮里を出て谷中を通り、いつの間にやら大手町。 そんなお散歩をしましたよ、という記事でございました。 皆様もそれぞれ「心の定番ルート」のようなものがあるのではないかと推察いたします。 勝手知ったる道、自分にとっては飽きてもいるような風景でも、それを写真に残すことから生まれるコミュニケーションもある。 …そんな高い志など微塵も持ってはおりませんが、お互い楽しく撮り歩ければ良いですね。 と、これで終わりではないのだ! 次回まではこの流れでいきます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

ソニー「α7SII」東京駅に出撃しました、後編です

我が家の最新機材・α7SII関連エントリです。 前回に続き東京駅近辺をネタとします。 ただし今回は動画です。前回は写真を掲載し、今回は動画。 今後はこういったスタイルがスタンダードになる、かな?知らんけど DSC07728

久し振りの『街角動画』

私は拙いながらYouTubeにページを開設しています。 さすがに定期的に、とはいきませんが、時々動画をアップし、それをブログに貼り付けて記事の足しにしています。 動画は撮影後「編集」という作業が避けられず、また、書き出しを含めた作業時間自体も写真の比ではありません。 要するに手間がかかる、ということなのですがそれを言い訳にするのも限度がありますね。頑張ります。 というわけで、みんなー!動画のじっかんっだよー! PC・スマホとも、閲覧環境下における解像度を最高にしていただければ、撮影/編集者(私だ)の意図がより明確になります。 まあ拙い動画です。あまり時間をかけずに、切り貼りしてBGMをくっつけただけ、だと、こうなります。 これをご覧の方で動画制作に興味がある方、反面教師にしてください。 私もまた機会をみて丁寧に作ってみますね。 ただ、趣旨としてはこれで伝わると思います。 要するに「α7SIIの力を引き出す」ということです。 α7SIIにより、従来我が家では考えられなかった高感度域が実用の視野に入った。 それによって生まれた余裕を私は「絞り込むこと」に全振りして撮影しました。 見る人が見たら「お、絞り込んでるなー」と伝わるはずです。 絞り込むことによって映像上どういったメリットがあるか。 これはもう「解像感」の一言に尽きます。 写真と同じですよね。大きな写真を絞り開放で撮るとどうしてもある程度以上はボヤっとしてきます。 しかし絞り込むことによってレンズの描写をカリッと仕上げることができる、これは動画でも変わりません。 編集時にシャープネスを上げることはしていません。レンズとセンサーの力を引き出す努力をしています。 …おっ、良いフレーズ!次の美味しんぼネタが出来たぞ(笑

Aマウント、しかもズームレンズの登場です

そんなわけで、今回は単焦点レンズを使う必要は無く、性能の良いズームレンズを持ち出すことにしました。 AマウントのF2.8通し「Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8ZA」であります。 DSC07725 最近はEマウントでもGマスターとか、良いレンズは出始めています。 が、私はAマウントだけの時代にその手の良いレンズは一通り揃えてしまった。 もちろん同じ焦点距離でも最新の設計の方がより良いレンズであるだろうことは理解しますが、 だからと言って過去のレンズが「ダメレンズ」になるわけではない。特にフルサイズ1200万画素のカメラで使うのであれば。 ですので私は当面(資金的な面もありますが)Gマスターのズームには手を出す予定はございません。 わたしにはこれで充分です。上の動画で最高解像度にしていただければ、私が不満を持っていないことも伝わるはずです。 あと、トランスルーセントミラーによる光量減云々について。 知らんがな(私)私は気にせず使います。他人は知らん。 今後も機会があればAマウントのレンズを使って撮りますので!

今回はこの辺で

動画で最高画質にしてブログで並べてみますと、 当たり前のことではありますが、写真と同等かそれ以上の解像感がありますよね。 あと、これは主観ですので決め打ちしませんが、同じところを同じISO感度で撮っても、写真よりも動画の方が綺麗に見えます。 かえすがえすも主観です、他人は知らんよ。圧縮プロセスが進化しているのでしょうかね。 そんなわけで動画性能にも満足、まさに我が家のエース機となりつつあるのでした。 次回はα7SIIの我が家での設定を扱った記事になります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

ソニー「α7SII」東京駅に出撃しました、前編です

我が家の最新機材・α7SII関連エントリです。 購入前はあれだけ「RかSか」と悩んでいたのが嘘みたいに、「Sにしてよかった」と思う日々。 もちろんそれは私の興味が動画撮影にシフトしていることと無関係ではありません、てかまさにそれが理由だ。  動画の方は徐々に機会をいただくとしまして、今回は写真編です。 DSC07729

α7SII、とにかく撮って試したい

そんなわけで出掛けてきました。 行ったところは東京駅丸の内口です。いつもと同じやん。 そう、うちのブログはワンパターンなのです。撮りに行くところが基本的に同じ。 ルーチンワークの中で何を表現できるか、とまでは考えておりません。 行きやすいところ・行き慣れたところを惰性的に撮っているだけ、と言えます。 今回の主眼は「私が夜の街撮りをする際、α7SIIの高感度性能は導入するに足るか」です。 ですので、今回に限り、露出関係の設定値は記載しようと思います。 おっと忘れてた、当然ながらJPEG撮って出しです。でないと意味がないですので。 ISO25600 F11 1/25sec. DSC00096 同じ設定で撮影したものです。 基本的には暗いですからノイズ感は隠せない。その点は仕方ないことなのでしょう。 なんてったってISO25600ですから。 ISO25600 F11 1/25sec. DSC00095 こちらもISO25600です。「作品としての写真」という見地からするとちょっぴりノイジーですよね。 ただ、上の2枚の写真もそうなのですが、直線が破綻せず直線として描写されている。 基本的には「高感度処理を『こなせている』」感はあるはずです。 ISO25600 F11 1/60sec. DSC00093 状況を変えまして、こちらは丸の内南口ドームです。 ここではISO12800で撮りました。 上の写真とISO感度を揃えればよかったですね。「この流れならば」その方が説得力があったんですけれども。 そういう比較をしないから「これでは検証になりません(キリッ」みたいなスペック警察が来るんですよね。 この記事の趣旨は上の方で書きました通り「私が導入する意義があるかどうか」です。 「ISO25600での検証」が主目的ではないのでね。キーッとなってる面々はそこらへん早合点せず、記事の趣旨をきちんと読むように。 いや違う、間違えました。 「文脈を読む力も無い、知識を振りかざすだけのスペックオタ」はそもそもうちのブログとしてはお断りでした(笑 それ以外の大多数の良心的な皆様は引き続きお付き合いくださいm(_ _)m F12800 F11 1/60sec. DSC00098 今回、東京駅へは動画撮影を主眼にして撮りに行きました。 ですので実は、写真の枚数より動画のショット数の方が多いのです(笑 というわけでみんなー!動画のじっかんっだよー! PCでご覧の方は解像度を2160pまで上げられますので、解像感をご確認いただけます。 ISO25600 F11 1/30sec. XAVC S 4K30p S-log2 加工済み

今回はこの辺で

明るいところはノイズが少なく、暗いところはノイズが多い。 それは従来機であれα7SIIであれ、同じようです。 その上で、α7SIIでどこまでの感度であれば「夜の街撮り」でも実用に堪えるのか、ということを探っています。 引き続き探求の道は続くようです。 次回もα7SIIの記事になります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00091
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

2016年クリスマス直前の有楽町~丸の内界隈の写真です

ダラダラと(?)続けてきました当ブログ名物企画「クリスマスイルミネーション編」、 2016年度は今回で最終回となります。 そのフィナーレは!?丸の内なんですけど(笑 まあいいでしょう、当ブログのイメージに違わぬ結末、私としても本望であります。 P1060622

ブリックスクエアのクリスマスツリー

東京国際フォーラムの斜め向かい、丸の内ブリックスクエアの中庭です。 三菱一号館という建物が復原されまして、こちらも名スポットのひとつとなりました。 バターケーキやチョコソフトクリームなど、アベック向けの場所ではありますね。 うちのママがキャスキッドソンを持っていた頃にはむしゅめも一緒に出掛けたりしましたが、 今は一人でカメオタ・スナップオタです(笑 P1060616 これまでも何度も撮ってきた、ブリックスクエア中庭に入る路地であります。 それはともかく、ここで私個人のコダワリを申します。 「綺麗なスナップを撮る時の避けるべき三大被写体」! すなわち、「ハゲ」「リュック」そして「マスク」であります。 ハゲは言うまでもなく、そちらに目が行ってしまうのでスナップ写真で目立たせるのは微妙です。 リュックは、女子高生が背負っているような可愛いのならともかく、オタク共の薄汚い(失礼!)ものは正直つらい。 そしてマスクは、人間の個性をなくします。何だか機械化してしまうような印象があるんですよね。 ハゲ・リュック・マスク自体をモチーフにするならともかく、ただ何となく撮るスナップでは、正直申しまして、避けるようにしています。 まあこんなのは主観なんですけど(笑) 私がそう思っている、ということを、私のメディアで発言しているだけです。皆さんはご自由に。 反論があるなら拝聴はしますが別にそれを見たところで私は謝罪も撤回もいたしません(笑 P1060613 この写真を撮りに行ったのは12月20日前後だったと思います。 クリスマス直前の時期でしたが、丸の内仲通りは歩行者天国になっていました。 ホットワインやソーセージなどの屋台も出ていたようです。 この記事冒頭の写真で、「車道にまで人が出て大丈夫なのか」というのは、こういう事情によるものでした P1060633 丸の内界隈は都内でも他に類似するものが無いほどに「石畳・シャンパンゴールド」という上品な雰囲気の場所であります。 この写真を独立して1枚見ただけでも「あ、丸の内ね」と思っていただけることでしょう。 P1060630 この写真、別に私はカメラ女子の後ろに回り込んで盗撮したわけではございません。 物販のワゴン車を入れて風景を撮らせてもらおうと思って構えたところに、私の前に割って入ってきたのです。 ちょっとムッとしつつも、これはこれでネタにできるなということで撮りました。 まあしょうがないよね。お互いカメラを構える者同士。どっちが悪い?(笑 自慢げにプロストラップをつけているジジイには頻繁にこういうことをされますけれども(個人の体験です。ヘイトスピーチ?)、 若い子でこういうのは私は初めてだったな。 一応申し上げておきますと、私はこのようなアホタレな立ち回りはいたしません。周囲の状況を尊重します(笑 P1060631 ※追記:後で読み返して表現を修正。本件で「特定のメーカー」を揶揄する意図は無いため、記述をあらためました。 KITTEのクリスマスツリーです。 撮影行為に厳しくなった後はほとんど立ち寄ることがなくなった旧東京中央郵便局、好きだったんですけどね。 この時期だけは1枚だけ、撮らせていただきました。 P1060640

今回はこの辺で。

というわけでクリスマス最後の記事が丸の内、これもまた当ブログの特色をあらわしたと言えるのではないでしょうか。 余談ながら丸の内イルミネーションは2月19日まで行われているそうです。 ですので私もまた訪れまして、記事にする可能性はあります(笑 ともあれクリスマスネタはおしまいです。また年末にお会いしましょう! 次回はオフ会の告知募集記事です。これは確定。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/21 Mon 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ようやく「大手町仲通り」に到着。丸の内イルミネーション編の続きです

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 関東地方はまだまだ暖かくて、クリスマス気分になるにはもう少し日数がかかるかもしれません。 私自身乗り切れない気分でないこともないんですが、いくつか見て回っているうちにスイッチが入ることもあるわけで。 そんな感じでクリスマスイルミネーションシリーズ、イッテミヨー DSC07314.jpg

大手町仲通りとは

今回の目的地「大手町仲通り」。 丸の内仲通り、は有名というか、都内のクリスマスイルミネーション有数の定番スポットで、私のような一般見物人も多い場所です。 しかし大手町仲通りとは。 正直申しまして、そういう場所があることは知っていましたが大手町仲通りという名前だとは知りませんでした。 ではその大手町仲通りとは、どこにあるのか? ここらへんです、ここらへん。 DSC07299 その雰囲気は、こんな感じです。 道としてはごく短い距離で、その街路樹に丸の内仲通りと同じようなシャンパンゴールドの電飾が飾られています。 DSC07302 このあたりは大手町再開発で誕生した「大手町フィナンシャルシティ」という施設でして、 複数の高層ビルに金融系の名だたる企業が入ると同時に、 低層階にはそこに勤める方々の胃袋を満たすための飲食店が入居しています。
大手町フィナンシャルシティ ショップ&レストラン(グランキューブ オープン)

週末は狙い目か?

その大手町仲通り、てか大手町フィナンシャルシティの地上飲食店エリア部分と言うべきか。 平日は混雑することは容易に想像できます。日本のビジネス街の中心地ですから。 しかし週末はさすがに閑散としています。大手はホワイトですなー(笑 DSC07303 行った時刻は21時ちょい前ぐらいでした。 既に営業終了したお店もあるようで、まあこの人出であれば仕方がないと思います。 DSC07301 気温はまだ高めで、テラス席でもゆったり過ごすことができると思いました。お客さんはいませんでしたね。 ただ、このお店は営業しており、テラス席ではなく店内を見てみますとそこそこ席は埋まっているようでした。 これは本当に穴場ですね。私も体調がまともならちょっと一杯、ぐらい気持ちが揺れたかもしれません。 DSC07310 が、この時ちょっと腹具合が悪くてですね、実は撮影どころではありませんでした。 ちょっとお手洗いを借りに…と、大手町フィナンシャルシティの建物に入り、トイレのドアを開けようと思ったら、開きません。 ナンダヨー(チューヤン調で)もう締切かよー 大手町フィナンシャルシティなどと大層な名前の割にケツの穴が小さいなこれは! と思いましたがこの際自分のケツの穴の心配をしなくてはいけない状況でして。 しかもここ、東京駅と神田駅のちょうど中間あたりにあるもので、自宅に帰ろうと思ったらものすごく時間がかかるのです。 結局悶々としながら、もじもじしながら必至の体で帰り着いたのでありました。 大手町仲通りの北端は、このような河川沿いの緑道というか公園になっています。 ここは夕方に訪れれば帰宅するビジネスマンを除いてはあまり人が立ち寄らない、ゆったりスポットであります。 DSC07312 以前に記事にしたこともありましたね。その時はまだまだ工事中、みたいな雰囲気だったと記憶しています。
「久々に私的撮影で歩きました」その4 日本橋川沿いの遊歩道 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

今回はこの辺で。

というわけでほうほうの体で帰ったこの日の撮影ですが、楽しかったです。 休日夜の大手町、良いではないですか。また行こうっと 丸の内イルミネーションとの関連性としてはどうでしょうね。雰囲気は似ていると思いますが、ボリュームとしては不足感は否めません。 何よりエリアが連続していないのが厳しいかなと。「別物」として対するのが良いと思います。 丸の内仲通りですと車道がありますが、大手町仲通りは純然たる歩道です。 その視点ですと気楽に歩けて良いかもしれません。 神田~大手町近辺にお住まい&お勤めの皆様にはよろしければお立ち寄りいただければ。 DSC07305 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/20 Sun 14:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

今年は「大手町仲通り」までエリア拡大。丸の内イルミネーション編の続きです

2016年度クリスマスイルミネーション編、関連エントリとなります。 少し前にも掲載しました「丸の内イルミネーション」の続編というか、番外編というか、そんな感じです。 DSC07297.jpg 今年の丸の内イルミネーションは、以下のような「新要素」が用意されています。 ーーーーー引用(改行は引用者による)ーーーーー 15年目を迎える今年は大手町フィナンシャルシティと協力し、 2016年4月に竣工した「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」や、 7月にオープンした星野リゾート「星のや東京」が隣接する大手町仲通り(※1)に 新たに点灯エリアを拡大してお楽しみいただける予定です。
イベント情報 | 丸の内イルミネーション2016 | Marunouchi.com
ーーーーー引用ここまでーーーーー 私は大手町にも撮り歩きには行きますので散歩レベルでの地理感はあるつもりですが、 大手町フィナンシャルシティって丸の内からは少し離れていますよね? 丸ビル新丸ビル辺りからも数区画歩く印象ですし、ましてやブリックスクエアなどから歩こうと思ったら一苦労なのではないでしょうか。 場所の良し悪しはともかく、従来の「丸の内イルミネーション」との一体性はあるのだろうか、とか、 そういう興味もあり、点灯翌日に早速行ってきました。

東京駅から歩きました

その前に、会場たる「大手町仲通り」とはどこにあるのか? 丸の内仲通りは有名ですよね。それこそ都内有数のイルミネーション会場でもありますし。 しかし「大手町仲通り」とは? 偉そうに書いている私自身、場所自体は分かりますがそこが「大手町仲通り」という名前だとは今回初めて知りました。 ちょっと距離がありますが歩いてみましょう。 東京駅丸の内口を出ます。勝手知ったるお散歩エリアです。 今は駅前広場の工事によって仮囲いがかなり主張していますが、撮り方次第でそれを避けることは可能です。 DSC07290 丸の内南口のタクシー乗場整備風景です。 かなり出来上がっていますね。 DSC07289 ここらへんでゴジラが活動停止したのだなと。 あらためてパンフレットを見ますと「派手にやられたなあ」という気がいたします。 早くDVD出ませんかね DSC07291

大手町方面に進む

東京駅を離れまして、大手町方面を目指します。 大名小路をまっすぐ上がっていけば良いようなものですが、今回それではネタにしづらいということで、敢えて遠回りです。 新丸ビル裏手のイルミネーションを見ながら進みます。 DSC07292 永代通りで丸の内仲通りのイルミネーションは途切れます。 この先北側は大手町ビルヂングという東西に長いビルが建っていて、通り自体が断絶しています。 ですので私もそれを迂回するようにして、さらに北にすすみました。 途中こういう写真を撮りながら、ですけれども、そう言えば紅葉を撮っていませんね。まあいっか(笑 DSC07294 大手町の読売新聞本社、ですね。本社だっけ?たぶん本社ですよね。東京本社か?知らんけど 箱根駅伝、私はロクに見たことないのですが、ここがスタート地点なのでしょうか。 DSC07295

今回はこの辺で。

という風に歩き進んで、記事冒頭の景色にたどり着いたのであります。 この先が大手町仲通り、というところで今回はおしまい。次回に続きます。 週末ならではのライトアップ風景をご覧いただけるのではないかと。 次回はこの続きとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/17 Thu 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

クリスマスイルミネーション始めました

当ブログ年末恒例「クリスマスイルミネーション特集」関連エントリとなります。 東京都心部を中心に、私が興味を持ったところを独断と偏見で(まあ個人ブログだから当たり前ですが) チョイスして見て回り、その写真と体験したことを書く、というシリーズです。 今回は前々回・前回に続いて、本年度開始間もない、てか初日に見に行った、 東京駅丸の内口「丸の内イルミネーション」の様子を掲載していきます。 DSC07033.jpg

丸の内イルミネーション

丸の内イルミネーションは「丸の内仲通り」という道がメインストリートです。 街路樹にびっしりとシャンパンゴールドの電飾が施され、石畳と合わせて上品な雰囲気を作り上げます。 ただ、この写真を撮りに行ったのは11月10日、まだちょっと早かったですね。 葉っぱの緑色が主張しています。もう少し日にちが経てば、全体的に黄色になっていくはずで、 それからが丸の内イルミネーションの本番だ!とは言えるのではないでしょうか。 DSC07030 こちらは昨年の写真です。 葉っぱがなくなって電飾のみになった状態です。 構図が異なりますので直接比較して欲しいわけではありませんが、言いたいことは伝わりますかね。 記事冒頭の写真もそうなんですけれども、イルミ感が足りないなと感じたものですから、 ちょっとピントリングを回してボケの写真にすることで、色で表現してみました(笑 まあこんな写真は本来ならば記事中1枚あれば充分なのですけれども。 DSC07037 丸ビルの1階吹き抜け広場「マルキューブ」では、巨大クリスマスツリーの点灯が行われていました。 立ち止まって写真を撮っていく人多数、私もその中に混ざってカメラを向けておりました。 が、ここはちょっと難しかったなあ。紫の照明が強くて、撮って出しですとそれを具合良く処理できませんでした。 ですのでこの写真は少し色をいじっています。 DSC07031 この写真はどこで撮ったんだっけ?と思いながらブログに貼り付けていましたが、 これ、新丸ビルだった(笑 前回載せるべき写真でしたね。まあいいや、ちょっと毛色の違う写真も載せたかったところですのでこのままいってしまえ。 DSC07026

今回はこの辺で。

というわけで丸の内イルミネーション行脚、、今回は丸ビル近辺でちょっと撮って終了です。 今年度中にたぶん何回も行くことになると思っていますので、その時にはブリックスクエアの方まで見て回ることにいたします。 今週はちょっと暖かくてまだまだクリスマス到来という気分になれない私がいますが、 そろそろ本気で頑張ろうと思います。 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07043
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/16 Wed 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

今季1回目の丸の内イルミネーション

当ブログ恒例行事の「クリスマスイルミネーション探訪」関連エントリとなります。 毎回毎回ライトアップイベントの写真を載せていくということになりますので、 どうかお見捨てなく(笑)よろしくお願いします。 で、前回からそれが始まったわけですけれども、今回はその続き、丸の内イルミネーション編でございます。 DSC07013.jpg

丸の内イルミネーション

東京はイルミネーションイベントが多く行われます。 その中でも高評価を得ている部類に入りますところの「丸の内イルミネーション」、 これについて概要を申しますと、 丸の内仲通り、という南北に走る道がございまして。 ブランド店やおしゃれ洋服屋さんがずらりと並ぶ東京駅丸の内口のオトナな繁華街なんですけれども、 この街路樹がずっと、シャンパンゴールド一色のイルミネーションで照らされる、というものなのです。 その上品な佇まいが評判を呼び、現在では都内屈指のイルミネーションスポットとなりました。 以前は9月から3月まで、みたいな、まさに一年の半分ぐらいずっとやっていたものですけれども、 ここ数年は年末年始に期間を絞ってきたみたいです。 DSC07016 通り沿いには丸ビル・新丸ビルなど、いくつもの複合商業施設が並んでいます。 いずれも丸の内勤務のハイソなビジネスマンを相手にした商売をしていますから、私のような一般大衆には敷居が高いです。 ですから基本的には卑屈に(笑)撮らせていただくだけ、なんですけれども。 それはそれで楽しいものですよ。この場所ならではの写真、なんかも撮ることができますから。 DSC07019 こちらは新丸ビル。ビルの外から中を覗いて撮ってみました。 何だかビルの中はハイソだなあ。私なんかが入っていいのかなあ、なんて考えながら。 DSC07020 でも結局入っていくのであります(笑 クリスマスツリーが見えましたので、それをモチーフにして何か撮れないか、という思いでございました。 DSC07021

今回はこの辺で。

簡単ではありましたが、丸の内イルミネーション編でした。 次回も丸の内なんですけどね(笑)ただ、今回は不完全燃焼でした。 私の腕が足りない、それはもちろんなんですけれども、多分に外的要因もございました。 そのあたりのことも書ければいいなあと思っています。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07027
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/15 Tue 23:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

いよいよ始まります、2016年度クリスマスイルミネーション編

当ブログの主要コンテンツのひとつに「クリスマスイルミネーション撮影」があります。 2010年に当ブログを始めて以降、いや、それ以前のブログでも毎年恒例にしていたコンテンツです。 クリスマスイルミネーションの華やかな雰囲気、都会的な装い、スタイリッシュなアベックの幸福そうな佇まいなどに対するルサンチマン、 そのような思いが幾重にも重なり、私の場合はそれが写真に昇華されました。 かくして始めたクリスマスイルミネーション行脚、この趣味も10年以上になりますね。 俯瞰すれば色々語るべきこともあるのでしょうけれども、まずは写真で勝負です。 DSC06991.jpg

丸の内イルミネーション

私の主な行動範囲に「山手線の東側」というキーワードがあります。 都内でもトップクラスのターミナルである渋谷・新宿・池袋。流行の発信地・山手のおしゃれ意識に対して抱くアンチな感覚、 自ら東側に住むことに対する矜持、 何より、定期券の範囲が日暮里~品川ですので(笑) そんなわけで山手線の東側を主体に撮り歩く習慣がつきました。 中でも私が好きなのは、それらの中心地であるところの東京駅です。 DSC06997 東京駅は、東口と西口でその雰囲気がガラリと違います。 東側はいわゆる「八重洲口」、ヤシオリ作戦の当初の展開地域として知られています(誰に?) 西側はいわゆる「丸の内口」、ヤシオリ作戦の決戦地域として知られています(誰に?) ネタバレになりますが映画「シン・ゴジラ」の決戦地は何を隠そう東京駅。 私はそれを知らずに映画館で見たものですから、 映画が東京駅で最終決戦!となった時に、 東京駅フリーク&山手線東側派の私はあまりの驚きで全身鳥肌&金縛りにあったかのように動けなくなりまして。 まあその話はいいや。 そんなわけで、今年のクリスマスイルミネーション編は、東京駅からスタートです。 丸の内北口隣接の商業施設、オアゾ前の広場であります。 DSC06993 イルミネーションというと、何となく電飾ギラギラな風景ばかりが思い出されますので、 当ブログとしてはどこかで「イルミネーションと直接関係無いかのような写真」も載せて、メリハリをつけていこうと思います。 DSC07003 と、偉そうなことを書いていますがこの記事の写真、東京駅の駅舎ばっかりモチーフにしていますよね。 こういうのを「口先だけ」と言うのです。 批評は上から偉そうに、でも「ならばお前の作品はどうなんだ」と問われるとショボクレ千万。 いや、ショボクレていようが、ブログでも何でも世に問うているのであればは良いのです。 表現する側の者であるにも関わらず自分の作品も見せずに他人の写真評論とか、話にならん、と思いますね。 何の話でしょうね(笑)いや私がdisられたわけではなく、随分前にそういうサイトを見たもので。 この記事の趣旨とは全然関係ないんですけど。 言論の自由とかいう大きな話が論点なのではなく、表現者としてのプライドの話でした。 DSC07005

今回はこの辺で。

この先、当ブログでは約2ヶ月の間、クリスマスイルミネーションの写真をひたすら載せることになります。 私は好きで撮っているわけで、好きで記事を書いているわけですので、好きにやらせてください。 時々「こういう人工的な光は嫌いだ」みたいなスノッブな話を聞きますが、そういう方はどうか良いお年を。 次回は丸の内編の続きです。今年はひと味違うぜー、みたいな部分をご覧いただけるかどうか。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC07002
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

久し振りに東京駅の周りをぐるりとしてきました

もしかしたら以前からご覧くださっている方はご存知かもしれません。 当ブログの主な被写体は夜の街撮り、中でも東京、とりわけ東京駅周辺を集中的に採り上げています。 歩くところもたいてい同じですから、そこから撮る写真はワンパターンなのですが、撮っているときはその事が気になりません。 載せる都度、ちょっとずつ違う顔を見せる…てな感じで表現できていればいいですね(他人事)。 P1020920.jpg というわけで久し振りに東京駅周りを撮り歩きました。 使用したカメラはパナソニック「LUMIX GX7mk2」と「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」の組み合わせ。一本勝負です。 換算24mmの世界をとくとご覧あれ!なんてね。
LEICA DG SUMMILUX 12mm|交換レンズ|デジタルカメラ(交換レンズ)|Panasonic

工事が進む丸の内駅前広場

丸の内口は現在、仮囲いができていて、工事が行われています。 P1020910 丸の内中央口外を行幸通りと一体化したかのような歩行者広場として整備し、南北に交通広場を設置。 開放感あふれる空間は帝都の玄関口にふさわしい威容を誇る、と。 完成するその日が待ち遠しいという気持ちです。
JR東日本 進行中の建設プロジェクト
丸の内南口の交通広場です。なんだ、結構出来上がってるんじゃんか。 正直ここに来たのは久し振りでしたので、驚きました。 まだ車はほとんど入ってきませんので、すっきりした写真を撮ろうと思ったら今のうちなのかもしれませんね。 あと、この位置は覚えとこうね。あとでテストに出ます(嘘 P1020911 タクシー乗り場、なのかな?いや、降り場か。どっちでもいいんですが。 正面に東京ステーションホテルの入口がありますから、ここが降り場なのかもしれません。 P1020917 丸の内駅舎の前もずっと仮囲いが覆っているんですが、ここだけ囲いがありません。 駅舎中央部分です。いわゆるひとつの「皇族専用出入り口」であります。 観光名所ですので記念写真用に開放しているのでしょうね。この時も外国人がポーズをとっていました。 P1020919 信号を渡って行幸通りから見渡します。定番の撮影スポットであります。 こうやって見ていますと、換算24mmってなんだか「狭い」ですね。 文句を言っているわけではありませんよ、私の使い方が悪いのです(笑)勉強せねば。 P1020906

今回はこの辺で

今回掲載した写真はすべてRAW現像したものです。 ただしご覧のとおり、そんなに手を入れたわけではありません。ほんのちょっぴりホワイトバランスを調整したぐらいです。 感度はISO1600です。ノイズリダクションを強く、という意識はしていません。綺麗に写ると思います。 東京駅周辺はやはりテンションが上りますね。 先週末、やはり東京駅関連で全身ゾワッとするほどテンションバリ高になる経験をしたのですが今はまだ伏せておきます。 あっさり終わってしまった感のあるこの記事ですが、次回後編です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1020899
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事