ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「中華街」
2014/04/24 Thu 16:54 ソニーα
横浜山手イタリア山庭園散策編は今回で最終回となります。
今回は余り物といいますか、ここまでの記事で載せ損ねた写真を掲載します。
載せ損ねる、と書くといかにもボツ写真!という風に聞こえますが、一概にそうとばかりも言えません。
確かに「ブレたねえ、これでは使えないな」とかいう理由で掲載を見送ることは多いですが、
他の理由として「同じような写真ばかりになるから」とか「本文の流れから外れてしまう」とか、
「写真が多いな、記事をふたつに分けて次回は後編にしよう→そのまま掲載わすれて全ボツ」みたいなこともあります。
裏話的なことにも触れますと、以前にも書いたことですが当ブログでは記事あたりの写真枚数は7枚を基準にしています。
田中長徳氏の著書にあった「他人に自分の写真をしっかり見てもらえるのは連続10枚が限界」説に私も体験的に首肯できるので、
多くても10枚、私は無名のシロート写真家ですのでそれでも多かろう、7まいぐらいで行くか、
と考えて基準を7枚にしています。

外交官の家で撮ったバラの写真です。
寄ったり引いたり別の方向から撮ってみたり、まあ色々試しています。
DSC06926

その外交官の家を外から撮りました。
外観を色々な方角から撮っているのですが、似た写真ばかりにならないように採用する写真は絞り込んでいます。
掲載する基準は何だろうなあ、写真としての出来とか、綺麗かどうかとか、それに加えて「文章をつけられるかどうか」もあるような。
DSC06947

敷地内の並木道です。
もう少し「何か」を撮りこむつもりだったのですが、結局普通に撮ってしまいました。
DSC06877

その日は横浜で仕事というわけで夜になってしまうのですが、帰りに中華街に立ち寄った時の写真です。
DSC07043

正直、中華街のことはまったく詳しくありません。何度も行っているつもりなのですが今でも道に迷います(笑)。
ですので、これ以上多くを書けない悲しさよ。
DSC07039

平日だったこともあり人出はそこそこ、ちょっと晩ご飯と立ち寄ることも考えましたが、やっぱりそのまま帰りました(笑)
以前に寄った時に食べたフカヒレチャーハンは美味しかったなあ。だけどどのお店だったか、もう分かりません。
DSC07045

で、石川町駅からJRで帰宅しました。
DSC07034

今回は、バラの写真以外すべて「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」を使用しました。
NEX-7について総括しますと、軽快にサクサク撮れて楽しいですね。夜は手ぶれ写真がいっぱいですが(笑)
我が家で登板機会が少ないのは、操作性に癖がある、と言うか他の機種と違いすぎる点が大きいですね。
決して性能面で不満があるとかいうわけではないのです。
せめてダイヤルやボタンへの機能割り振りがもう少し融通がきけばよかったのになあと思っています。

NEX-7も、また機会を見て持ち出すことにします。
と言いつつ次回はOM-Dの記事なんですけど(笑)
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/01/03 Fri 00:27 ソニーα
ソニーEマウントの人気レンズ「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
前回私はこのレンズを購入した動機として「(FE35mmF2.8ZAに比べて)明るい、寄れる」という点を挙げました。
そのふたつによって得られるメリットの前には「APS-Cサイズでしか撮れない点はあきらめる」と。
その判断が正しかったかどうか。今は「私の使い道としては」後悔していません。

今回はこのレンズを持って横浜へ行った時の写真を掲載します。
中華街です。それほど頻度は高くないのですが、たまに行くとカメラ的にはテンションが上がりますね。
甘栗攻撃を巧みに避けながらサクサクと撮っていきます。
DSC00442

媽祖廟です。私が行った時には既に閉門されていてライトアップだけがされていました。
門扉越しに撮ったのですが、こういう写真は人がいないぶん撮りやすかったです。
DSC00446

ボケを見てみたくて、門の龍をかたどった部分にピントを合わせて撮りました。
思ったより柔らかくボケる印象です。提灯が、光源としては強くないからかな?
DSC00453

中華街チックなものを探し回る必要はないですね。
私は全然知識を持っていませんが、事前情報無しでも行けば行ったで何とかなるものです。
DSC00438

中華街を出て、元町方面に向かいます。
その途中に見かけたお店です。バーレストランでしょうか。
私は痛風を患ったこともあり、ひとりでこういったお店に入る機会がなかなかありません。
それはともかく、この写真は雰囲気を気に入っているのですが、惜しいのは窓にカラオケ屋さんの看板が写り込んでいることです。
この程度ならフォトショップで何とでもなるのですが、当ブログはそれをしません。
あくまでもJPEG撮って出しを基本に考えているのです。
DSC00458

中華街ではないのですが、横浜で撮ったのでここに掲載します。
柱に隠れたむしゅめを撮っているのですが、構図として破綻しないギリギリまで近寄りました。
24Eゾナーだとこれができる、35FEゾナーだと可能だとは思いますがもう少し引いたところから撮るしかないかもしれません。
この写真の出来はともかく、まさにこんな風に撮るために、このレンズを選んだようなものです。
DSC00385

年が明けたのに昨年の写真ばかりで更新するような状況になっています。すみません。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM110021
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/05/27 Sun 00:31 マイクロフォーサーズ
前回のエントリに続き、横浜散策編であります。
媽祖廟です。媽祖とは中国の「海の女神」だそうです。
日本でも規模は小さいながら媽祖信仰というのもあるそうで。私は不勉強にも知りませんでした。
P5054656.jpg

ロウソクの火と線香の匂いは日本と変わらないですね。
媽祖を信仰する、というのが日本人の私には実感が無いですので、
今回は単純に観光であります。
外国人が神社に訪れるときの気持ちが分かった気がします。
P5054688.jpg

中華街はアジアンな猥雑さが魅力なのですね。
私にとってはふだん馴染みがない分、なかなか慣れない街ではあります。
甘栗トラップに引っかかりそうになりますし(笑)
P5054736.jpg

お次は関帝廟です。関帝というか関羽は日本人にも馴染み深いですね。
P5054784.jpg

関帝です。やっぱり赤い顔と長いヒゲなんですね。
P5054824.jpg

狛犬もカラフルです。中国でも「こまいぬ」と呼ぶのかは知りませんが。
P5054792.jpg

山下公園から大さん橋を横目で見ながら赤レンガ方面に歩いたのですが、
ピースボートの客船がとまっていました。
少し前に「くりらじ」でピースボート災害ボランティアセンターの代表という人物が、
震災復興支援の話をしておられました。
その人はごく普通の人物ではあったものの、組織としての胡散臭い「イメージ」は、
やはり創立者の印象を引きずっているのでしょうね。
まあそれ以上のことはここではどうでもよろしい。
当サイトは写真ブログです。写真で勝負であります。
P5054952.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事