FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「中州」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader

福岡旅行1日目、市街地を散策

福岡旅行2018-3 2018年6月に行ってきた福岡旅行、その関連エントリとなります。 飛行機で福岡空港に到着、そこから博多に移動して食事をいただく、その際に福岡市街の基本的な知識を仕入れた …というあたりが前回までのあらすじとなります。 今回から本格的に福岡市街を散策したことを掲載してまいります。 が、この記事だけは未成年非推奨とさせていただきましょうかね。 正直際どくも何ともないし、大したことは書いていませんが、一応コンプライアンスってやつです(笑 そんなわけで当ブログ恒例の 出口

中洲

仕事を終えた後は、自由時間でした。 福岡のど真ん中で放り出されたら、そりゃあ男としては行くところは一つだろうと(笑 そんな意識があったかなかったか分かりませんが、まずは中洲であります。 P1002544 私が『中洲』という名前を初めて聞いたのは、実は幼い頃だったりします。 子供には吉原・堀之内・中洲・すすきのという言葉が並ぶ意味が分からないのですが、そこに聞いたことのある『ニューヨーク』が続く。 それ故に『ニューヨーク』の節で突き抜けていく感覚がもたらされる。 よく作られた歌詞だなあとこの年齢になって感じますね。 ニューヨークは『入浴』と掛けていたのだということに気付いたのも、大人になってのことでございました。 それはともかく。 『中洲』という地名でありますからそこは州、つまり河川に挟まれた陸上部分であるというのが名前のルーツであろうと。 Wikipediaによると『那珂川と博多川に挟まれた中州』だそうで、確かにこのあたりは川と橋が多い、と感じました。 この夜は中洲界隈を行ったり来たり、しきりに歩きましたので強く実感した次第です。 P1002505

雨の夜景

で。 せっかくの中州ですから色々行ってみたい!あんなことやこんなこと、何とかナニとか行ってみたい! 欲望の街、中洲!というわけで意気揚々と乗り込んだところで、雨が降り始めました。 私は雨が嫌いです。 正しくは『雨の中での撮影』が嫌いです。 いや今一度正確を期するならば『傘を持ちながらの撮影』が嫌いです。 ですからテンションがダダ下がり、写真としては構図も何も考慮していないものになってしまっています。 え?いつもと変わらん?そだねー P1002545 さて、中洲の写真、ここまで見てきましたがちょっと気付いたことがありました。 空が広いのです。ここに気付いた人は鋭い。 空が広い理由はひとつ。高層ビルが無いのです。 実はこの中洲の街で知り合った方との会話なのですが、 私「福岡空港が近いのに驚きました。便利ですよね」 ―「来た人皆さんそう言いますね(笑」 私「これだけ空港が近いと、飛行機の音とか気になりませんか?」 ―「それは意識したことないですけど、飛行機のおかげで高層ビルが無いんですよ、福岡って」 おお!それは気付かなかった! 言われてみれば確かにこの移動中、超高層ビルを見ませんでした。 これも福岡という街の大きな特徴かもしれません。 P1002543 さて、中洲と言えば屋台です。 私は普段ラーメンを食べませんが、今回ばかりは行ってみたいと思い、楽しみにしていました。 博多名物中洲の屋台、今回の旅行のひとつのクライマックス、というほどに期待したわけです。 が、行ってみたらスカスカでした。 雨に降られてしまい、屋台が少ないのです。期待した風景とは違いました。うーむ残念 P1002514 中州の中心街はさすがにカメラを取り出せない(歌舞伎町などと同じ理由です)で歩きましたが、 少し離れたところを眺めて撮ってみることはできるわけで。 お、何だかライトアップされている建物があるぞ! …と思ってシャッターを切り、よく見てみたらラブホテルでした(笑 何だか歩いていてムラムラする街ですね。いっそデリヘルにでも!? と思いつつもピューリタンな私は写真散歩であります。 手前の石灯篭は博多町家寄進高灯篭(はかたまちやきしんたかとうろう)という、明治時代のものだそうです。 灯篭には協賛したお店の名前が刻まれていて、これが本当の『広告塔』。 P1002518

今回はこの辺で

今回の旅行では、結局中洲で過ごした時間が一番長かったような気がします。ずーっと遊んでたわ まあいいでしょう。東京だとこうはいきません。どこで知り合いに会うか分からない(笑 そういう意味でも旅感覚というか非日常というか、そんなふわふわした立ち回りをしたのでありました。 次回は福岡の夜写真の続きです。機材の話もできるかな?さてさてふむー またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1002546
今回の
撮影機材
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。