FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「中井精也」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader

東京三ノ輪にある鉄道写真家・中井精也さんのギャラリー『ゆる鉄画廊』に行ってきました

P1001993.jpg この記事は2018年5月20日に書いています。 本日夕方、三ノ輪にある『ゆる鉄画廊』に行ってきました。 『ゆる鉄画廊』とは、テレビ出演などでも広く知られている鉄道写真家・中井精也さんの写真ギャラリーです。 今春、東京・三ノ輪でオープンしたとの事で、私も行ってきました。 ゆる鉄画廊 東京都荒川区南千住1-19-3 地図でご覧いただいても伝わると思いますが、 都電荒川線の間近にあります。 大関横丁交差点から少し歩いたところ。 最寄り駅は都電荒川線三ノ輪橋駅、 地下鉄で言えば東京メトロ日比谷線三ノ輪駅。 『北千住寄り・3番出口』から出て歩きます。 実は我が家とは同じ町内、自転車でゆっくり走っても10分以内という場所でして、 「これもご縁かな、近々行ってみよう!」と思いつつこれまで延び延びになっていたのを 今回初めて、自転車をキコキコこいで行ってみた!のでありました。 P1002016 荒川区議会議員(今は違うらしいですが)の方が発行している区政レポート(共産党の相馬けんいち氏のミニコミ紙、実は荒川区では密かに有名で読者多し)でも紹介されておりました。 てか、三ノ輪界隈ってずっと台東区だと思ってたんですけど、違ったのね(笑 P1002029 (みんなの南千住レポート No.1233)

ギャラリーはまさしく『中井精也ワールド』

自転車を止めて、さっそく中にお邪魔します。 と、いきなりどどん!と中井精也さんご本人。 びっくりしたわ。本人在廊なんてことがあるんですね。 例えば梅宮辰夫のお惣菜店に梅宮辰夫本人が居ることって、稀だと思うのです。 私はその感覚で行ったものだから、正直驚きました。 中井精也さんは他の来店者の対応(えらくテンションの高いおばちゃんだったので声がよく聞こえた。中井さんのファンらしい)をしていたので、その邪魔をしないように展示作品の鑑賞をしていました。 壁にかかっている写真作品の全てが販売されているもので、購入を希望する場合は壁から外してレジに持っていけばいいらしい。 価格は『額ごと1万円』が基本だそうで、プレミア価格のものには値札がついている明朗会計システムであります。 P1001986 おそらくというか当然というか、主要客層は中井精也さんのファン、もしくは写真趣味の方々なのだろうと推察します。 販売されている作品は額装された写真作品でA4サイズ1万円~、 著名な写真家の作品と思えば良心的な値付けだと思いますが、その一方で周囲は下町丸出しのエリアです。 「夕食のおかずを買った帰りにちょっと写真パネルでも」というわけには、なかなかいかないと思うんですよね(笑 だからというわけではないでしょうが、リーズナブルな商品も多数揃っています。 定番のポストカードも品揃え充実、200円からだったかな? P1001997 もちろん私も中井精也さんのファンの一人であります。 以前にはソニーαのセミナーを聴講したこともありました。 金太郎飴も売ってました。 今思えば買っておけばよかったな! P1001995

敷居の低い写真ギャラリー

私は一般のギャラリーにほとんど行かないのですが、 その理由は『押し売りが嫌だから』というのが大きいです。 著名な作家の展示会が入場無料、だけど写真を買え買えとしつこい、みたいなのって怖くないですか? ギャラリーには、ものすごくむしり取られるような印象があります。有料の展覧会の方がマシ(笑 しかしこちらの『ゆる鉄画廊』は、さにあらず。押し売りの空気はありません。 写真作品を見学だけして帰るのでもOK!との言葉に偽りなしでした。 押し売りの雰囲気もありませんから、ちょっと入らせてもらって『綺麗な写真だなー』と出てきてもいい、 三ノ輪界隈の散歩コースには間違いなく加わるスポットであろうと思います。 P1002012

中井精也さんとお話しさせていただきました

先に買い物していた老夫婦が帰った後、店内にいた来客が一時的に私ひとりになったこともあり、 中井精也さんは私にも声を掛けてくださいました。 ツーショットで記念写真まで撮ってくださいました(!)が、その写真は見せたげない。 テレビやCP+の壇上で見た通りの、気さくな方ですね。 私個人的には中井精也さんは『格好いい人』という印象があります。この動画の印象です。 あと、ソニーブースのセミナーで使われていた谷村新司の『浪漫鉄道』が『途上篇』だった点にも、氏の人柄を感じたりしました。 (そちらはYouTubeに映像が無い。谷村新司の楽曲はソニー的にNGだったか?) 『どうして三ノ輪なんですか?』と不躾な質問をしてしまいましたが、 都電に近いこと、商店街(ジョイフル三の輪)の雰囲気が良いこと、 特に商店街については「若いころ住んでいた阿佐ヶ谷の商店街に近いイメージが良い」とのお話でした。 今やアーケードの商店街も少なくなりましたが(アーケードは一定期間で作り直しさせられる。商店街の店舗数が減っているためアーケード更新の費用負担が大きく、ぶっちゃけ『更新時期が来たアーケードは、潰した方が安上がり』と聞いたことがある)、 確かにこの雰囲気は貴重かもしれません。 P1002018 ゆる鉄画廊のお隣は、銭湯ですよ! 写真を鑑賞したら、ゆったりお風呂とかいかがでしょうか! P1002017

私が購入したもの

さて、今回私が購入したのは! 写真ではなくて、書籍でした。 『カメラは魔法の小箱です』 以前に「欲しい!」と思いつつ、通販限定だったため(私が通販嫌いなもので)泣く泣く諦めていた本です。 この他にも中井精也さんの関連書籍がいっぱいありますので、それを見に行くだけでも価値あり、であります。 P1002025 ギャラリーをひととおり見学した後に、この本を持ってレジに行きましたら、 スタッフの方が「サイン入れましょうか?」と。 そしたら中井精也さんも「サインしますよ~」と。 そんなわけで、思いがけずサイン本をゲットしてしまいました。 これも見せ場だ、ということで、動画を撮らせていただきました。 また、買い物した人には、オープン記念かな?硬券までいただきました。 自分で日付を刻印し、中井精也さんが入鋏するという趣向です。 P1002031.jpg

そんなわけで帰路に

という感じで過ごさせていただき、帰路につきました。 中井精也さんご本人がいたことには驚きました(後で確認したら、この日の在廊時間はTwitterで告知してたみたい)。 楽しく過ごさせていただいたので、また行きたいなと思いました。 次は写真パネル買いましょうかね。地元だけに毎回というわけにはいきませんが(笑 帰りには都電の写真も撮りました。三ノ輪に行った時のお約束ですね。 P1002021

今回はこの辺で

長い記事になってしまいました。 ここしばらく写欲がなくなってしまい、写真趣味への興味が薄れつつあった私にとって、 中井精也さんと『ゆる鉄画廊』は、私の首根っこを掴んで引き戻すほどの力がありました。 「また何か撮ってみたいな」 「肩の力を抜いて、写真と付き合ってみるのもいいかもな」 などと考えながら自転車で帰宅した日曜の夕方でありました。 そんなわけで、もうしばらく続けてみようと思います。断続的に、かもしれませんが。 次回は別の記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。