FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「両国」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2017/11/15 Wed 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
駅前半径5分シリーズ07両国


新シリーズ「駅前半径5分」第7回です。

ひっそりと積み重ねている途中の「駅前半径5分シリーズ」第7弾です。 毎回ひとつの駅を中心に、その近辺をスナップして記事にするという試み、 その街のカラーと言うか雰囲気と言うか、そういったものを表現できればいいなと考えて始めました。 それが奏功しているかはまだ何とも。もっと記事の蓄積が必要な段階だと思っています。

両国国技館

今回は「両国駅」、前回の続きとなります。 ちょっと歩いて「おすもうさん!ちゃんこ!おすもうさん!ちゃんこ!」で終わろうと思っていたんですけど、 気がついたら足をのばして歴史的なエリアに踏み入っていました。 今回の記事ではそこらへんについて触れたいと思っています。 とは言え。 やはり国技館は外せないと思うのですね。 写真を撮りに行った時にはお相撲はありませんでしたが、建物の中に入ることは出来ました。 DSC02460 おみやげ屋さん営業中!との事で、そこそこ人がいましたね。 外国人、特に白人が多かったです。スモウレスラー! DSC02457

旧安田庭園

その両国国技館に隣接する庭園が『旧安田庭園』です。 安田財閥の安田善次郎、その没後に東京市に寄贈された場所で、のちに『旧安田庭園』という名前で開放され現在に至ります。 この安田善次郎さん、「寄付であれ慈善であれ匿名で」という美学があるそうで、 この旧安田庭園という名前も後世に命名されたのだそうです。 DSC02461 旧安田庭園は、他の庭園、例えば浜離宮や清澄庭園などに比べて面積としては狭いところです。 ただ、人はそれなりにいまして、プロカメラマンや着物の男女モデルさん(ウェディングフォトでしょうけど)も何組か来ていました。 ところでこの写真はRAW現像です。池の水面が綺麗すぎます。実際はこんな鏡みたいな見え方はしません。 こういうのをインチキと言う(笑 DSC02466

横網町公園

その旧安田庭園に隣接しているのがこちら、横網町公園です。 よこづなちょうこうえん、ではございません。よこあみちょうこうえん、であります。 両国だから横網町?というわけではないようです。たまたまらしいですよ。 その横網町公園の中心にある施設が東京都慰霊堂であります。 DSC02487 この場所は元々陸軍被服廠(ひふくしょう)があった場所で、後に公園になったのですがそこに関東大震災が起こります。 近隣住民はこぞってここに避難してきたのですがそこに火炎と熱風が襲い掛かる。悲劇です。 そういった経緯でこの場所に「関東大震災の身元不明犠牲者」を納骨する慰霊堂が建設されました。 敷地内には「復興記念館」も立っています。 こちらも関東大震災の被害を伝える施設ですが、同時に戦災の傷も伝えるという場所となっています。 DSC02483 現在は休館中とのことで年内いっぱいは入れないとの事です。 私はこの施設があることは存じていましたが中に入ったことはありません。 年が明けたら見学させていただこうと思っています。

今回はこの辺で

両国と言えばおすもうさん、それだけで記事を書く!と思っていましたが、 それ以上に考えることがありました。なので記事にした次第です。 なお、これらの施設に隣接する大型スポットとしては有名な「江戸東京博物館」がありますがこちらも休館中、 ともあれ両国駅徒歩5分圏は、見どころの多い盛りだくさんのスポットだということがあらためてよく理解できました。 DSC02489 見ごたえある、歩き甲斐のある両国編は今回までとなります。 次回はクリスマス記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC02451
今回の
撮影機材
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/11/14 Tue 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
駅前半径5分シリーズ06両国


新シリーズ「駅前半径5分」第6回です。

駅をひとつ決めてその近隣をスナップするシリーズ『駅前半径5分シリーズ』第六弾です。 不定期ながら地道に積み重ねていって、定番化することを狙っています。 縛りは「駅近隣のスナップ」ということだけ。 機材も撮り方も統一性を持たせていません。 端的に申しますと、前回の「金沢駅」はマイクロフォーサーズ機を使用しましたが、この記事ではソニーαを使用しています。

東京都墨田区横網

今回の舞台は「両国駅」、あの国技館で有名な両国です。 総武快速線(青い方)はこの駅に停まらず脇から地下に潜っていき東京駅に至る、 総武線各駅停車(黄色い方)だけが停まる小さな駅、と書くとこじんまりとした印象ですけれども、 かつては総武鉄道(後に国有化)の起点として栄えた一大ターミナル駅なのであります。 当時は両国橋駅といって、東武鉄道も亀戸線を建設してこの駅に乗り入れていたのだそうですよ。 駅舎は1929年以来のものだとの事です。ターミナル駅の雰囲気がありますね。 DSC02449 総武線を降りて撮ってみます。 この階段は封鎖されていて、ここを降りることはできません。繁忙期には開放されるのかな? DSC02439 駅のコンコースも堂々としていて、当時の栄華を思わせます。 DSC02443 その壁に大きく飾られていました。おすもうさんの肖像画です。 おお、両国に来たなあ!という気持ちになりますね。 DSC02442 駅舎を出たところにおすもうさんの像がありました。 プリケツフェチの私としてはこういう撮り方をするしかありますまい。 DSC02444 ぐるりと駅の周囲を見ていましたら、こんな看板が大きく掲げられていました。 「大相撲のチケットは、お近くのコンビニで! 日本相撲協会」 てか、大相撲のチケットってコンビニで買えるのか!知らなかった! DSC02452 さて、そんな両国駅のすぐ隣にありますのがこちら、両国国技館です。 私が子供の頃は蔵前国技館でしたが元々はこちらにあったのだそうで。 今やすっかり相撲のテーマパーク、駅周辺もひたすら相撲関連であります。 DSC02453

今回はこの辺で

両国駅で電車を降りて、駅を出てほんの数分歩いただけの記事になってしまいました。 徒歩5分縛り、とは言えちょっと範囲が狭いな(笑) この先スイッチが入って、5分どころか1時間近く散策をしておりました。 というわけで両国編には続きがあります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。