ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「不二家」
800.jpg

「ねんどろいど ペコちゃん」の可愛さに一家悶絶!

フィギュア記事となります。まさかのねんどろいど・ペコちゃん。 今回はソニー「α7II」と「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」を使用しました。 APS-Cモードとかデジタルズームを活用しての戦いとなりました。ちょっとだけPhotoshopを使って明るさを調整しています。 当ブログでも徐々に記事が増えてきた「ねんどろいど」。可動式デフォルメフィギュアの最大手シリーズであります。 その今夏新作が堂々登場、私も満を持して手に入れましたので記事にしました。
ねんどろいど ペコちゃん
うちのママがペコちゃんフリークなもので、ペコちゃんグッズがあったらとりあえず手に取る、というような流れがあるものですから、 今回のねんどろいど購入となりました。 余談ながら当ブログでペコちゃんを採り上げたネタと言いますと、以下のようなものがあります。
我が家の夏休み その1「東京おかしランド 期間限定 ペコポコスイーツランド」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
オリンパス PEN E-P3@銀座「ペコちゃんミュージアム ミルキータウン2011」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
オリンパス PEN E-P3@銀座「ペコちゃんミュージアム ミルキータウン2011」その2 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

外箱もコレクションしたい

さっそく袋から取り出します。 これは…ねんどろいどの外箱以外の何者でもないのですが、と同時にペコちゃんグッズですね、これは立派に。 DSC06422 裏側にはポーズをとったペコちゃんが。 この可愛らしさに一家で大騒ぎですよ。箱、捨てられないじゃん。 DSC06424 サイドも立派にペコちゃんです。 我が家ではこれを、従来の艦これやアイドルマスターのような美少女フィギュアの系譜で捉えておらず、 完全にペコちゃんのキャラクターグッズ、という認識でおります。 DSC06425

ペコちゃんフィギュアの決定版

さて、開封します。 私は正直ペコちゃんについての知識はほとんどありませんが、それでも敢えて言いたい。 この造型は、ペコちゃんフィギュアとしての完成度は高いのではないでしょうか。 さすがのねんどろいどと言うべきか。 そもそもペコちゃん自体が2.5頭身キャラみたいなものですから、ねんどろいど化にあたって相性は良かったのかもしれません。 DSC06426 付属物は顔パーツが計3つと腕パーツがいくつか、不二家の代名詞ミルキー、あと定番お菓子ポップキャンディが4色です。 うちのママはキャンディが可愛い!と言っておりました。 DSC06431 「はい!」と、キャンディを差し出しているようです。 目線を外しても可愛らしい(笑 DSC06435 背景を変えて、赤っぽいイメージを強調してみました。 これはよく出来てるなあと思います。 DSC06442

今回はこの辺で

これは良い買い物でした。ヨドバシで4090円。残り少ないみたいですね。 会社で嫌なことがあっても癒やされるような、そんな存在になってくれるかもしれません。言い過ぎか(笑 最近キューポッシュやフィグマも含めて目が慣れてきたのか、美少女フィギュアに心が動くことが少なくなりがちだったのですが、 これは目が覚めましたね。欲しい!と思わせられる一品でした。 また記事に登場するかもしれませんが、ねんどろいどであるにもかかわらずママの管轄ですのでどうなるか分かりません(笑 そんなわけで次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/30 Tue 00:33 マイクロフォーサーズ
先のエントリ
オリンパス PEN E-P3@銀座「ペコちゃんミュージアム ミルキータウン2011
の続きとなります。

ペコちゃんミュージアム、それほど大きい会場とは言えないのですが、
内容は盛りだくさん。
歴代ペコちゃんやグッズ、アメニティ等の怒涛の展示が行われています。
こちらはミニチュアの展示。
アートフィルター「ジオラマ」
P8275442_20110829232334.jpg

ペコちゃんをアップで、ちょっとボカしてみました。
P8275448.jpg

昭和テイスト溢れるホーロー看板です。
P8275481.jpg

通り一遍の可愛いペコちゃんだけでなく、
ちょっと古めのこういったグッズも展示するあたり、
企業博物館としての見どころも満載、という印象です。
P8275839.jpg

こういう写真もいくつか展示されていました。
一つ一つの展示に釘付けであります。
P8275848.jpg

フロア変わってステージイベントフロア。
私が行った時にはペコちゃんと一緒に写真を撮ろう!というイベントが行われました。
ママ「ペコちゃんのボーイフレンドの名前知ってる?」
私「ダニエルじゃね?」
節子それハローキティや;
ボーイフレンドはポコちゃんでした。失敬;
P8275977.jpg

手を振られちゃいました。いやん;
P8276004.jpg

とまあ、そんな感じでペコちゃんミュージアムは堪能できるイベントでした。
9月4日まで開催、さあ君も銀座へ走れっ!
P8276062.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/08/29 Mon 23:32 マイクロフォーサーズ
銀座6丁目に不二家のビルがあり、そこで行われているイベントです。
私は今回初めて行きましたが、
最初は
「数寄屋橋交差点の不二家が入居しているビルの上階」
で行われているのだと勘違いしていました。
別の場所に不二家ビルなるものがあり、そちらで開催されている、と。
しかもダロワイヨのビルだったとわ。
てゆうか、ダロワイヨが不二家グループだったとわ。
そういえばサーティーワンアイスクリームも不二家系列だと聞いたことがあります。
どうでもいい話ですが、TBSはじめ大手マスメディアによる不二家バッシングが盛んになったのは、
某大手大陸系菓子メーカーが漁夫の利を得るためだ、という噂は本当なのでしょうか。
まあそんなことは、ここではどうでもよろしい。
当サイトは写真ブログです。写真で勝負です。

不二家ビルの脇の歩道にずらりと行列です。
が、この行列はあくまでも「エレベーターに乗るための行列」であって、
入場制限がかかっているかのような状態ではありません。
フル稼働の2基のエレベーターがそれぞれ5~6人ぐらいしか載せられないのが理由です。
つまり、意外にさっくり捌ける行列です。
P8276067.jpg

ここでの不二家の仕切りは非常に良く出来ていて、
気配りも徹底されていてストレスを感じませんでした。
先述のバッシング報道も影響して、顧客対応に力を入れているのかもしれません。
P8275402.jpg

ペコちゃんミュージアムは不二家ビルの6・7・8階を会場としています。
6階は物販、7階はイベントホール、8階は資料館という構成で、
エレベーターでまず8階に上がり、7階→6階と階段で下りていく順路となっています。
P8275408.jpg

入ってすぐのところに展示されている、初代?ペコちゃんであります。
昭和25年初出だそうです。60歳のキャラクターというわけです。
思えばこれが本エントリで最も貴重な写真なのかもしれません。
P8275427.jpg

次に並んでいるのが、ミルキー製造過程の展示です。
こういうのはとても興味深いですね。
写真はミルキーの生地です。
うーん、かぶりつきたいw
P8275568.jpg

ミルキーの包み紙の、ロール状態のものです。
P8275604.jpg

ミルキーの袋の、ロール状態のものです。
欲しい。
P8275648.jpg

新旧ペコちゃんの展示が多数あり、絶版品や海外版も多数。
ペコちゃんマニアにはたまらないイベントなのでしょう。
P8275708.jpg

P8275659.jpg

どうでもいい話ですが、CMで森高千里が歌っているペコちゃんの歌って、
久石譲が作曲していたんですね。
で、作詞がナウシカのサントラで「らん、らんらららんらんらん♪」と歌っていた、
久石譲の娘さんによる、と。知りませんでした。

ペコちゃんミュージアム関連は次のエントリに続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事