ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「上野東京ライン」
本日3月14日、JR春のダイヤ改正が行われました。
歴史の表舞台からそっと消えていく者もあれば、新たに生まれる者もあり。
今回のダイヤ改正最大の目玉…は北陸新幹線開業ですけれども、
首都圏、とりわけ山手線の東側で話題になっていたのがご存知「上野東京ライン」であります。

上野東京ラインとは、その名の通り上野駅と東京駅とを結ぶ新しい線路でして、
この線路を通じて東海道本線方面と東北本線方面とがつながり、相互直通運転が行われる、というものです。
実はこの線路は過去には存在したものなのですが、東北新幹線建設のためにスペースを譲った、という経緯があるそうです。
これをこのたび「復活」させて電車をジャカスカ走らせよう、というわけです。
※JR東日本「上野東京ライン」紹介ページより引用掲載
Screenshot

なんだそんなの既に京浜東北線があるじゃないか、と思われた方、その通りです。
ただその京浜東北線がギッチギチの混雑っぷりでして、日本の通勤電車最混雑区間が「上野→御徒町」なのは有名ですが、
これは宇都宮線・高崎線での通勤利用者が上野駅でドッと降りて京浜東北線(+山手線)ホームに殺到するから、であります。
ならば宇都宮線・高崎線を東京駅以南に乗り入れれば、上野駅で降りて京浜東北線に乗り換える人をいくらかでも減らせる、
というわけです。
もちろん上野駅と京浜東北線の混雑緩和のためだけに開通したわけではありませんが、最大のメリットはやはりそれでしょうね。
P1310443

で、ささやかながらその「おこぼれ」にあずかれる路線がひっそり存在します。常磐線です。
上野東京ライン開通により、常磐線も上野以南に乗り入れる事ができるようになりました。
実は常磐線(というか常磐線沿線自治体)は、常磐線の東京駅乗り入れを悲願としているような節がありまして、
茨城県内をトコトコ乗っていると「目指せ東京駅乗り入れ!」みたいな看板が見えるのをご存じの方もおられると思います。
私も常磐線沿線住民でして、ちょっぴり楽しみにしていた部類の人間です。
が、実際に運行が始まって自分の移動パターンがどのように変化するかはまだ実感を持って考えることができずにいました。
開通初日の本日、朝と夜に乗車する機会がありましたので、
ここで実際の常磐線利用者としてささやかに「上野東京ラインと自分の関わり方」を考えてみよう、というのが今回の記事の趣旨であります。
P1310447

上で「東海道本線と東北方面2線は相互直通運転」と書きました。
これは「湘南新宿ライン」みたいなもの、と想像していただいてほぼ差し支えないのですが、
一方で常磐線の乗り入れには制約が多々あります。詳しくはどこかでご覧いただくとしまして、感想を並べてみます。
特急列車については今回は考察から外します。後日また乗る機会があれば記事にしてみます。

●常磐線は品川までの乗り入れでいい
 常磐線で横浜まで1本で行ってくれたら嬉しいな、と思っていたのですが、それは実現しませんでした。
 まあ、E231系より製造コストも高価な「青い常磐線」E531系をあまり遠くまで乗り入れさせるのも現実的ではないのでしょう。
 虎の子のE531系が熱海へ走っていったきり帰ってこない、なんてことになったら取手以北がスカスカになってしまいます。
 じゃあ緑の常磐線ならOKなのか、というと色も違うしグリーン車も無いしで「浮いた存在」ではあるでしょうね。
 いろいろ考えて、品川乗り入れが妥当な気がします。将来リニアモーターカー品川駅が出来た暁には充分に意味を持つでしょう。
P1310449

●常磐線は、宇都宮線・高崎線より乗り入れ優先度が低いように見える
 宇都宮線高崎線と東海道線とはガンガン直通運転するのですが、
 常磐線はそれに弾かれるかのように、品川乗り入れ本数も1時間に1~2本です。
 上野で線路が交差しているからだとか色々あるようですがJRが常磐線の乗り入れに積極的ではなかったことは明白で、
 それを私は「常磐線利用者は上野駅を圧迫しないから」だと勝手に考えています。
 常磐線で通勤する方はご存知だと思いますが、朝の通勤客の大半は上野のひとつ手前「日暮里」で降りますので、
 上野には通勤ラッシュ時でもスカスカ、空席ありまくり三助の状態で到着します。
 ですから「上野で乗り換えるしかない」宇都宮高崎線に比べて、上野駅の殺人的乗り換え混雑に対する影響が小さい、と言えます。
 要は分散させる方法がある、ということなのですが、いずれにせよ宇都宮高崎線のような「早急に何とかせな」という状況ではない、
 と判断したのでしょう。日暮里駅が無ければ宇都宮高崎線と同程度の割合で乗り入れていたかもしれません。知らんけど。
DSC02383

●「常磐線品川行き」は、「常磐線上野行き」に比べて混雑度が高くなると予想
 上で「常磐線通勤利用者の大半は上野の手前、日暮里で降りる」と書きました。
 それはもちろん日暮里で山手線に乗り換えて池袋新宿方面を目指すから、ですよね。
 プラス京浜東北線東京方面に「上野の手前で乗ってしまおう」という判断もあります。
 いずれにせよ日暮里駅は乗り換えに便利な構造ですので、ここで降りる方が上野より楽、というのはあります。
 では逆に「上野まで乗る人」にはどんな事情が考えられるか。寝過ごしたのでなければ上野以南に用があるから、ですよね。
 ですから、常磐線利用者で上野の先「東京・新橋・品川」に用がある人は、
 時間を調整して選択できる状況であれば「品川行き」に乗ろうとするはずです。
 私もそうでした。今日私は東京駅から東海道新幹線に乗るために、自宅を出る時間を「常磐線品川行き」に合わせ、
 東京駅まで(上野駅で乗り換えるという不便を強いられること無く)1本で行って新幹線にアクセス、ということが出来ました。
 この便利さは隔世の感があります。上野であれ日暮里であれ、混雑するので乗り換えも一苦労でしたから。
 一方、日暮里で山手線に乗り換えて池袋新宿を目指す人は、「上野行き」だろうが「品川行き」だろうが関係ありません。
 結果「『品川行き』に特定の目的を持った人が集中し、結果として『上野行き』より混雑度が高くなる」と踏んでいるわけです。
 本数も少ないですし。
P1310405

●常磐線の大半は上野行き、従来と変わらない、だけど…
 ダイヤ改正後も常磐線は原則上野発着です。品川行きは例外中の例外、民主党内に保守政治家がいるみたいなものです。
 だったら上野東京ラインは常磐線利用者にはあんまり影響が無いのか?無いのんか?
 いやそんなことはない、と私は考えます。理由は「上野駅での乗り換え」です。
 従来常磐線利用者は上野に到着したら、更に南を目指すべく、距離の離れた京浜東北線ホームに行かねばなりませんでした。
 しかしこれからは、東京駅以南に用があるならば、遠く離れた京浜東北線ホームではなく、隣の「宇都宮高崎線ホーム」まで行けば、
 宇都宮高崎方面から直通してくる「本物の上野東京ライン」に乗ることができます。
 上野駅の構造上の特徴もあって、この差は大きいのです。負担はかなり軽くなると考えます。
DSC02384

●品川始発は狙い目
 最後に帰路、北行きの列車を見てみます。
 上野東京ライン開通によって常磐線の一部列車は品川始発となりますが、
 これは私の想像ですが、これ、品川からだと平日の帰宅時でもあまり苦労せずに座れるんじゃないかな?
 今日は土曜日でしたので正直参考にはなりませんが、21時7分の品川発取手行き、チョーガラガラでした。
 で、列車は新橋・東京…と停まっていくのですが、ホームには整列して待っている人が多数いるにもかかわらず、
 ほとんど乗ってこないのです。圧倒的に「宇都宮高崎線の到着待ち」のようでした。
 常磐線人気ナイネー、そのことがよく分かりました。
 実際には「新橋・東京で常磐線に乗って、上野で降りて、上野発の宇都宮高崎線に乗り換える」という人は、いるとは思います。
 ホームで待ってたら常磐線が来た、急ぐからとりあえず乗って上野まで行ってしまおう、という判断はアリッちゃあアリです。
 が、品川ではそれすらほとんど無いのではないか、と推測します。
 品川駅では常磐線は東海道線ホームではなく、常磐線専用ホームに発着するからです。
 よっぽど暇な人でなければ、品川から東京・上野方面に乗るのにわざわざ「1時間に2~3本しか出ないホーム」には行かないでしょう。
 品川駅の常磐線ホームは特急用に整備したのでしょうが、そこに普通列車も発着するのはラッキーかもしれません。
 もっともこれは常磐線利用者には「ふうん、それで?」程度の話でしかないのですが。
 だって、それ以前に「上野で待ってりゃ座れる」んですもんね(笑
P1310450 

今回はこの辺で。
私はマニアではありませんから本当の鉄道事情は分かりません。
が、実際に日常利用する身として、今日の「試し乗り」でもって、立ち回りのヒントは得られた気がします。
さしあたり私としては「時間さえ合わせれば乗り換えなしで東京駅に行ける」というのは巨大なメリットでとてもありがたい。
これによって当ブログの「東京駅関連記事」が増えるのかな。そういう影響もあるかもしれませんね。
次回は別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事