ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「三越」
2014/02/24 Mon 23:08 マイクロフォーサーズ
前回に続き、OM-D E-M1に「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」をくっつけて日本橋を歩いた時の写真を掲載します。
久々に出掛けた夜の街撮り、これをやっていると何だか気分が落ち着いて「CP+やら何やらあったけど日常に戻ったなあ」と思う一方で、
もう「いっつもいっつもここだよな」とも、ほんのちょっぴり思います。
その一方で、地球はでっかいし切り取り方は無限、飽きるにはまだ早い、とも大いに思っておりまして、
要するにまだまだこの界隈で撮りますとも、ということが言いたかったのであります。

夜は派手にライトアップされている三井本館、中央通りに面した入口あたりを撮っています。
半沢直樹が勤めている東京中央銀行本店はこの建物(にCGで高層部をかぶせた建物)ですよね。
あのドラマは本当に流行ったなあ。私もママに勧められて毎回楽しみにしていました。続編やらんかね。
EM120475

百貨店のマネキンを撮りました。
マネキンを上手に撮る方法を絶賛勉強中の身でありまして、特に「今にも動き出しそうな生々しさ」を何とか出せんかね、と苦闘中です。
EM120453

週末の日本橋は、街が閉まるのが早い印象です。
21時過ぎで既に大通り沿いの灯りはほとんど消えてしまっていて通行人もまばらです。
この日は寒くて手がかじかんでしまいカメラの操作にも困るほどだったはずなのですが、9度って。普通やん。
EM120467

ここからモノクロ3連発です。
マネキンの写真ですが、私としては上に掲載したものより気に入っています。
周囲の建物の灯りが少ないので映り込みもほとんど無く撮ることができました。
向こう側のマネキンが、輪郭を残しつつも微妙にボケている加減が良いなあと感じました。
EM120455

日本橋の上で撮りました。
歩行者はほとんどおらず、たまに通り掛かる人をかろうじて入れるので精一杯と。
もう一歩我慢すればよかったかな。
EM120465

中央通り沿いの電話ボックスを撮りました。
誰かが電話しているところをシルエットなり背中から撮るなりすればストーリー性が生まれていたかもしれません。
それはともかく、向こう側の丸ボケが綺麗です。これがマイクロフォーサーズの実力か!
EM120448

日本橋三越本店の壁面に巨大な垂れ幕が下りていました。
「越後屋 お主も春よのう」このコピー面白いですね。
時代劇で印象深い有名な言い回しである「お主もワルよのう」をもじって「春よのう」とした点と、
「越後屋」が三越のもともとの屋号でもあった点をかけて、
「三越にも春がやってきました」ということが言いたかったわけですよね。
こういう日本人ならではの言い回しと言葉遊びが心地よく感じられる年齢に、私もなりました。
EM120468

今回はこの辺で。
どうでもいい事なのですが東西線の日本橋駅と大手町駅は地下通路でつながるのでしょうか。
呉服橋交差点の地下に連絡通路が出来れば、東銀座駅から茅場町駅まで地下通路でつながります。
巨大ダンジョンの探検も、いずれやってみたいなあ。
EM120457

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/05/07 Tue 00:04 マイクロフォーサーズ
前回前々回に続き、夜にぷらぷら散歩した時の関連エントリとなります。
東京駅八重洲口を出まして、明かりも少なくなった夜の日本橋界隈を歩いています。
光の量が少ないですので地味な写真が続いておりますが、その辺はおおらかな心で見守っていただけると嬉しいです。

日本橋です。首都高が真上を通るさまは確かに無粋ではありますが、もう見慣れましたw


首都高部分に照明が設置されていて、橋を照らし出しています。


橋の中間に置かれている麒麟像です。夜間ということもあり迫力満点です。
マイナス補正で迫力を割り増ししています。


日銀本店も程近い、三井の中枢部に進んできました。コレド室町が煌々と明かりをたたえています。
三井本館・三越本店といった古い建物と並んで、三井タワーやコレド室町が並んでいます。
にしても、車道脇の工事はなかなか終わりませんね。


このあたりは、夜でも明かりが多いほうかもしれません。開いているお店は少ないのですが。


この辺りは町名で言いますと日本橋室町なのですが、この先JR新日本橋駅を超えて少し行きますと、町名が神田に変わります。
で、ものすごくおおまかに言いますと「まっすぐ先に神田明神」という位置関係にあり、
だからなのかは分かりませんが、神田から日本橋室町、三越のあたりまで神輿が出るそうです。


と、今回はこのあたりまでです。
記事を分割してネタを長持ちさせる、ちょっとやり過ぎな気がしてきましたが、もう少し続きます。
よろしくお願いいたします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/07/16 Mon 10:38 マイクロフォーサーズ
地井武男さんが亡くなったことについてはどこかで触れておきたかったので、
良い機会だと思って書きました。

銀座三越で「地井さんが描いた563枚の絵手紙展」というイベントが、
本日まで行われています。
絵手紙の原画を展示、額装されたものが3万円程度で売られ、
収益は地井さんの遺志によりあしなが育英会に寄付される、とのことですが、
原画はイベント初日で完売。今行っても手に入りません。
また、イベント自体は無料で、そのせいもあるのでしょうか、入場に行列ができています。
私が行った平日夕方には「待ち時間60分」って看板が出ていましたね。
P7115973.jpg

辛坊治郎がコラムで
「『ちい散歩』で愛された」なんて書くのは配慮がなさすぎです。
などと書いていますが、いや、実際ちい散歩で愛されましたから。
ローカルであろうが、地井さん晩年の代表作であることは間違いない事実ですので。
辛坊治郎はそれを「全国紙で書くことか」と言いたいわけでしょうが、
私は大阪出身ですから、そう書く辛坊治郎の嫌味のひとつも言いたくなる心理は理解します。
てゆうか、批判してるけど、あんたマスコミの側のズブズブの人間じゃないかw
くりらじで「こっち(下関)ではやってなかった、面白い番組だと聞いていた、見たかった」と追悼されていましたが、
そのあたりがバランスの取れたコメントと言うべきではないでしょうか。

話を戻します。ちい散歩は私も大好きな番組でした。非ネットエリアの方すみません。
100歳近いおばあちゃんが手を握って離さず地井さん感激して号泣の回もリアルタイムで見ていたクチです。
月・火は新作散歩、水はひと駅散歩、木は地井さん以外の方が週替わり散歩、金は再放送1時間バージョン、
充実した番組だったと思います。
番組作りの基本的なフォーマットは後番組「若大将のゆうゆう散歩」にも引き継がれていますね。
京都散歩を録画失敗で見逃したのが心残りです。
ひかりTVのテレビ朝日チャンネルで再放送していますので、現在はそちらをチェックしている状態です。
上の「全国ネットではない」話にも関わりますが、函館散歩が印象的でした。
ラビスタ函館ベイの関連施設、函館ベイ美食倶楽部の足湯にもつかっていましたね。

「ちい散歩」は、函館ではネットされておらず、
北海道では地井武男は「北の国から」の俳優、という認識

町の人々は「ちい散歩」を知らないで地井さんと話をしているが、
(おそらく関東からの)旅行者は「地井さん、散歩ですか!?」と声をかける

このギャップが何とも面白かったです。

神社の鳥居をくぐる時にはかならずハンチング帽を脱いでいました。
営業開始前の準備で忙しいお店に声をかける時には、お辞儀していました。
地井さんの人柄が伝わってくる番組でした。
私が休日の過ごし方として「写真散歩」をするようになったのも、
「ぶらり途中下車の旅」と「ちい散歩」の影響が大きかったわけで、とても残念に思います。
今更ながらではありますが、地井さんのご冥福をお祈りいたします。

閉店に近い時間だったこともあり、また、
そごうでやっていた「ちい散歩」イベントで絵手紙は多少は見ていたこともありますので、
今回の絵手紙展からは後ろ髪引かれながらも退散しました。

銀座三越の9階テラスから見える屋上看板。迫力ありますね。
P7115969.jpg

通りの向こう側の銀座和光ビルの時計塔も、
この高さから見るととても大きいものだと実感します。
P7115971.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/05/19 Thu 00:23 ソニーα
日本橋方面をぶらり散歩であります。
半蔵門線の三越前駅で降りたところからスタートです。
DSC02916.jpg

地上に上がると、すぐそこに日本銀行本店があります。日銀本店です(検索対策で言い直しましたw)
DSC02923.jpg

日銀本店は、建物の高さとしてはそれほどですが、首都高を走っていてもよく見えます。
見えやすいところにあるのでしょうね。角度とか。
DSC02927.jpg

日銀本店の向かいにあります貨幣博物館を見学し、先へ進みます。

三井本館です。今でもライトアップしているのでしょうか。
せっかくですからライトアップしていて欲しいですね。
DSC02935.jpg

中央通り沿いに日本橋三井タワー~三井本館~三越本店と並んで建っていて圧巻なのですが、
35mmですとそれを収めることが出来ず;
手前が三井本館、奥が日本橋三越本店です。
もうひとつ手前に日本橋三井タワーがあります。
DSC02939.jpg

三越本店の外部に用意されている地下鉄入口。
レトロ調に飾られています。さすがにこれは復刻でしょうね。
DSC02941.jpg

COREDO(コレド)室町です。
最近オープンした施設で、1階の「にんべんだしバー」で一躍話題になりました。
三井不動産ですね。三井ばっかり。
DSC02938.jpg

そのまま中央通りを歩いて日本橋を渡ります。
直上を首都高が走っていますが、景観的には何とかならなかったものかと思います。
首都高を地下化する、なんてのも現実的じゃないですし。
DSC02943.jpg

日本橋にて。
夜はライトアップされているのでしょうか。されているといいですね。
DSC02945.jpg

で、高島屋方面に抜けて八重洲から東京駅に、という散歩だったわけです。
丸の内口が再開発によって高層ビルばかりのスタイリッシュな街となっているのに比べて、
八重洲口はもう少し混沌としていて、新宿や上野の繁華街と雰囲気は変わりません。
が、そんな中にこういう建物もあるんですね。
杉玉であります。造り酒屋の店先に飾るものだったと思いますが。
ADMTでレプリカを見て学んだのですが、
実際に吊るしているのを初めて見ました。
DSC02957-2.jpg

で、八重洲口です。
元、大丸が入っていたビルが綺麗サッパリなくなっています。
取り壊してノースタワーとサウスタワーを結ぶ空中回廊にする、なんて話は知っていましたが、
もっと先の話だろう、ビルはそう簡単にはなくなるまいと思っていたところ、
あっさりなくなっていたことに驚きました。
DSC02960.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事