ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「三原橋地下街」
2013/10/04 Fri 00:00 ソニーα
先日銀座ソニービルで「中井精也氏のαセミナー」というのを受講してきたのですが、
私はセミナーを受講した後はテンションが上がりますので(笑)、ソニービルを出るやいなやカメラの電源ON!
というわけで、電車に乗るまでのわずかな道のりですがパシパシと撮ってきました。

DSC08975

通りの向こう側を撮ろうと構えていたら、私の目の前でタクシーをつかまえて乗り込んでいきました。
目的もない街角スナップ、それはまったく問題ないわけですが、私の前でそんなことをされてしまうと、
やはりこのようにネタになってしまうわけであります。
前回エントリにも似たようなシチュエーションでの写真がありましたが、
あくまでも「そこに兎が飛んで出てコロリころげた木の根っ子」の心境なのでございます。
DSC08992

「きれいな前ボケを活かすんですよ!」と中井精也氏にアジられた影響で、なんとか前ボケを撮れないかと思案した結果、
電話ボックスでそれを試すことができました。
ボックスの向こう側の三越にピントを合わせて電話機を前ボケに活用したわけですが、
電話ボックスのガラスに写り込んだ景色にもピントが合ったようで多重露出のような展開になりました。
DSC09005

マネキンを見かけるたびにチャレンジしているのですが、なかなか自分の思い描くものが撮れずにいます。
もっとコントラストを上げればいいのかなあ。
DSC09019

三越の紙袋を両手に持って意気揚々とひきあげるおばちゃん、目的のものを無事ゲットできたのでしょう。
運動靴がたくましいですね。
DSC09034

すでに閉鎖された体の三原橋地下街です。
2020年のオリンピック誘致に成功したので、ここは噂通りに公園として整備されるのでしょうか。
DSC09029

以前にちょっと聞いた「カレー屋のおじちゃんが一人で立ち退きに反対してる」というお話を思い出しました。
文字通り孤軍奮闘という状態ですね。地下街自体は横断歩道代わりとして頻繁に使われているようです。
DSC09028

ここしばらくα99を集中的に使っています。マイブームですね。
今月後半にはαの新製品の発表がある、と噂されていて、そこでは新しいフルサイズセンサー搭載機の登場も予定されているとか何とか。
ただしAマウント機ではなく、Eマウント機=NEXのようですが。フルサイズNEX。
私はそれを勝手に「NEX-9」と呼んでいますが、名称がどのようになるにせよ一応購入候補に考えています。

フルサイズNEXに私が求める機能は大きく3つ、
「ボディ内手ぶれ補正」全レンズ(わずかな例外あり)での手ぶれ補正担保がαのアイデンティティですのでこれは必須、
「NEX-7とは異なる操作体系」他の方の評価は分かりませんが、私はNEX-7の操作方法に正直慣れることができませんので、
そして「AマウントレンズでのAF対応」であります。この3つが満たされれば発表日即予約です。

ただ、三つ目の「AレンズでのAF」が成立することは同時に「Aマウントの終わりの始まり」を意味するような気がします。
オリンパスが「新型OM-DでフォーサーズレンズもAFできるしm43に統合ね」ということをしましたが、
赤信号皆で渡れば怖くない…ということでソニーも同様の判断をするかも?という危惧は残ります。
まあ、でもそれでもまったく使えなくなるよりいいのかも?などとも思っていて、
以前から書いております通り、私もよく飼い慣らされたαユーザーなのでしょう(笑)
いずれにせよ、今後の発表が楽しみですね。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2013/06/03 Mon 00:01 ソニーα
前回に続き、α99とタムロン「28-75mm F2.8、またの名をA09」との組み合わせで銀座へ出かけた時の関連エントリとなります。
後半の今回は、三原橋地下街という銀座のスポットについてです。
場所で言いますと銀座四丁目交差点から晴海通りをちょっと行ったところ、三越新館の数軒隣という一等地です。
東銀座駅近く、という方が伝わりやすいのかな?
映画通には「シネパトス」で有名なところですがそれも今はなく、忘れられた昭和の風景が残っている稀有なエリアであります。
DSC06793

週末の銀座としては人が寄り付かない空間になってしまっています。
聞けば6月いっぱいで閉鎖・取り壊しになるのだそうで。その辺りは後述します。
DSC06794

ブレてた;失敗じゃ。また行かねば。
ほとんどのお店が閉まっているのですが、数軒営業しているところもありました。
飲食店ですから平日昼は混雑するのかもしれません。
DSC06795

3月で閉館したという、銀座シネパトス跡です。廃墟となって手がつけられていません。
DSC06798

飲み物売ってるかな?と思って覗いてみたら、自販機も撤去されていました。
DSC06796

直上の建物と一体化しているようで、そこの駄菓子屋さんに入ってみました。
普通の駄菓子屋さんですが、お店のおかあさんによると「地下街と一緒に、6月いっぱいで閉店」なのだそうです。
DSC06801

「地下街は埋めてしまって、上の建物も取り壊しになる」
「後は公園になるらしいよ、オリンピックの公園だとか言ってたね」
「まっすぐ皇居が見えるから、良い場所だって話らしいよ」
「下のカレー屋のおじちゃんが一人で頑張ってるけど、ここはなくなっちゃうだろうね」
「東京都もお金が無いんだろうね、『出ていけ』ってだけで何も補償が無い」
DSC06806

「せっかくだからゆっくり見てってちょうだい、時計台の時計故障してるでしょ?あれ、震災の時に止まったの」
との事でした。確かに時刻が「その時刻」で止まってますね。
DSC06809

テナントのお店とはどんな話になっているのか、実際のところは分かりませんから何とも言えませんが、
古い建物はいつか新しく建て替わる、それは理解できますが、オリンピックに絡んで色々と手をつけてるんだなあという感想です。
完全閉鎖になる前に、カレー屋さんには行ってみたいなと思っています。

α99+A09で銀座・前後編はここでおしまいです。
タムロンA09は久しぶりに持ち出しましたが、さすがの使いやすさに満足しております。
DSC03788
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事