ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「レンズベビー」
2014/04/13 Sun 18:44 マイクロフォーサーズ

先日押し入れから「謎のカメラ機材箱」を発掘した、という話を前回させていただきました。今回はその続編です。
今回は、レンズベビー!こんなの買ってたなあ、思い出しました。
購入直後はけっこう気合入れて使っていたのですが、やはり私の純正主義が災いしまして次第に出番が減っていき、
ついには押入れの奥深くにしまわれてしまった、ということでした。
今回はこのレンズベビーをOM-D E-M5とPEN E-P5に取り付けて撮った写真を掲載しますが、
我が家のレンズベビーはマイクロフォーサーズマウントではなく、ソニーαマウントであります。
前回ご紹介した「ノボフレックスのマウントアダプター」を介して取り付けました。
EP531116

レンズベビーがαマウント(Aの方ですが)なのだから、素直にαのボディに付けて撮ればよかったのでは?
という疑問をお持ちの方もおられるかもしれません。
もちろん最初はそうしました。が、結局期待するような写真が撮れなかったので途中でE-M5に切り替えました。
理由はふたつありまして、ひとつめ、大きな方の理由が「手ぶれ」です。
このカメラは、掃除機や洗濯機のホースのような蛇腹状の鏡筒を伸ばしたり縮めたり曲げたりして撮影します。
その際のピント合わせは実にシビアなものでして、私はピント合わせに集中するとホールドがおろそかになりがちなのです。
結果手ぶれ写真が量産されてしまったのでαは断念、無敵の五軸手ぶれ補正を搭載するオリンパス機にしたのです。
EM5Q0007

ふたつめの理由が「焦点距離」です。
このレンズベビーは焦点距離が「50mm相当(画角は少し変動する)」とのことでしたが、思いのほか寄ることができません。
当ブログのお約束としてこの手の機材関連記事では春香さんはじめキューポッシュ勢がモデルさんとして参加してくれるのですが、
このレンズベビーですとちょっと寄れなくて私が狙うところの写真を撮ることができませんでした。
そこでマイクロフォーサーズに取り付けたのですが、100mm前後の画角で撮ることができますのでこちらの方がしっくり来ました。
状況次第、被写体次第ですので、次回はαに取り付けて撮るかもしれません。
EP531119

私がこれを入手したのは、6~7年前になります。
レンズベビーは現在ラインナップが大幅に変わっており様々な種類がでているのですが私は詳しくありません。
我が家のレンズベビーは、レンズの先端にゴムシートのような円形の「穴あきシート」を重ねることで絞りを調節するのですが、
そのシートの穴(撮像素子に向けて光が通る部分)を円形ではなく様々な形に加工することで、
写真にささやかな演出をすることができます。
例えば星形のシートを重ねると、点光源が星形にボケる、という具合です。
EP531113

ハートにくり抜いたゴムシートを重ねて撮りました。
EP531124

もう少しアレンジしてみます。
室内で撮っていたのですが、どうやって点光源を作るか考えこんでしまいました。
EM5Q0010

上でも書きましたが、ピント合わせは結構シビアです。
最近のレンズベビーはこの鏡筒を固定できるらしいのですが、
我が家のレンズベビーは蛇腹鏡筒をグリグリ動かした後、その角度や伸ばし具合をキープしなくてはなりません。
結果、ピンぼけというかわずかにピントを外した写真が大量生産されてしまいます。
でも、そもそもがトイカメラの感覚で使うものですから、手軽な感覚で使い、この程度で撮れれば良いのでしょうね。
EP531117

今回はこの辺で。
カメラ機材箱編で長々引っ張るつもりは無かったのですが、もう一回ぐらいネタにできるかな?
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m




















今回の
撮影機材














このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2009/02/22 Sun 22:22 ソニーα
浜離宮へ行ってきました。
先週は小石川後楽園にて梅撮りに挑戦したのですが、
梅といえばそろそろ浜離宮も咲いている頃だろうなと思い至り、見に行ったわけです。
浜離宮も、梅が咲き始めていました。
つぼみも多く、満開までもう一息といったところでしょうか。

RFNDMDQyNTPZ8g_enlargement.jpg

RFNDMDQyNTnf-A_enlargement.jpg

ここ一週間ほど、首都圏はある意味不気味なぐらい(?)暖かく、
開花の後押しになっていることでしょう。
そのせいか人出も多く、一足早い春の訪れとなっていました。

RFNDMDQzOTFfMW2l_enlargement.jpg

RFNDMDQzNjZfMW-o_enlargement.jpg

今回は、レンズベビーでも撮影を試みています。
思えばα900にレンズベビーをつけて撮るのは初めてでした。
が、これはビミョウに相性が悪いかも(笑
なまじα900のファインダーが高性能すぎるもので、
レンズベビーでピントがなかなか合わない→シャッターを切れない
という状況に陥りそうでした;
慣れの問題だとも思いますし、レンズベビーはそれほどピント合わせにシビアになる必要はないレンズだとも思いますので、いずれはしっくりくるのかもしれませんが。

RFNDMDQzNjFfMWqZ_enlargement.jpg

RFNDMDQ0MDVfMWmS_enlargement.jpg

RFNDMDQ0MDjb8w_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/03/02 Sun 21:27 ソニーα
レンズベビーとは、掃除機のホースのような筒にガラス玉がくっついたレンズです。
ホース部分をぐりぐり動かしてピント面を動かすことができる、
要するにアオリ撮影ができるというわけですが、
写り自体もなんとなくチープな点がここ数年のトイカメラブームにも乗っかって、
今やヨドバシやビックでも売られている人気アイテム(?)であります。
α700につけて撮影しました。

RFNDMDkyMTngBQ_enlargement.jpg

RFNDMDkyMzHaAQ_enlargement.jpg

蛇腹状の筒の部分を伸ばしたり縮めたりしてピントを合わせるのですが、
これがなかなか難しく、また、ピントあわせに付随して独特の流れるようなボケが楽しめます。

RFNDMDkyMDDW-Q_enlargement.jpg

横浜みなとみらい、日本丸メモリアルパークです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事