ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「ラッキーピエロ」
2017/08/21 Mon 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

2017年函館旅行、やはりこれは外せない!

函館名物ラッキーピエロ 函館旅行編、第17回となります。 函館旅行と称しながらも函館にまったく触れないまま15回近く続けたのち、満を持して函館編に突入しています。 とは言えもう夜になってしまいました。2日目はボリュームがありましたのでそろそろ宿で落ち着きたいところです。 その前に今回は「夕食の買い出し」に立ち寄ったところの写真を掲載することにいたします。

函館名物ラッキーピエロ

行ったところは「ラッキーピエロ」。道南地域に展開するハンバーガーショップです。 マクドナルドをも撤退に追い込むほどに函館では完全に根付いたレストランチェーンで、 函館のソウルフードと言える存在であります。 私は函館を訪れた際には、必ず一度は食べるようにしています。 場所柄便利なもので「ベイエリア本店」という店舗へ行くようにしているのですが今回は「マリーナ末広店」、赤レンガ倉庫街に隣接する店舗を利用しました。 前回来た時には無かったですので、ここ5年のうちにオープンしたのですね。 DSC01566 地元の方は見慣れたものでしょうが、私は「函館に行きたいと焦がれつつ果たせずに」いましたので、これひとつ見ても感無量なのです。 ここ数回、感無量ばっかりですね(笑 DSC01568 店内は広いです。座席数も多く、ゆったりできます。 メニューは豊富で、カレーやオムライス、パスタにピザ、ラーメンまでやっているという手広さであります。 もはや「ハンバーガー店」というよりは「ファミリーレストラン」の趣ですね。 DSC01561 私はテイクアウトで「いつもと同じもの」を注文しました。 出来上がりを待つ間、ちょっと撮らせてもらったものがこちらです。 ラッキーピエロは店内の様子も各店舗ごとに異なっており、例えばベイエリア本店には店内にブランコ座席があったりします。 そういった特色を含めて「テーマパーク感」を演出しているのだ、とどこかのウェブ記事で読んだ記憶がありますが、 観光の際にしか利用することがない私などには、とてもありがたい「函館に来たんだなあ」という感慨を呼び起こすものの一つになっています。 峠下総本店という大型店舗は庭が遊園地になっていてメリーゴーランドや動物の放し飼いがあり子供も遊べる、 などと聞いたことがありますが私はそちらへは行ったことがありません。いつか寄ってみたいものです。 DSC01562 バーガー型のベンチです。ラッキーピエロの主力商品「チャイニーズチキンバーガー」をかたどったものです。 余談ながら私が注文したものもチャイニーズチキンバーガーでした。 甘辛チキンがレタスとマヨネーズと一緒にゴロンゴロンと挟まれた、自宅でも真似できそうなものですがやっぱりここで買わないと。 DSC01559 場所柄修学旅行生などの団体客が押し寄せるのでしょうね、「飲食レジ」と「物販レジ」が分けられていました。 私が訪れた時刻は21時台ですのでさすがに混雑はしていませんでしたがそれでも座席はけっこう埋まっていましたね。 地域一番店の面目躍如、といったところでしょうか。 ともあれ、それほど待たされることもなく出来上がったバーガー類を受け取り、ラッキーピエロを後にしたのでありました。 ありがとう!また来るぜ! DSC01563

今回はこの辺で。

余談ですが私にとって2大函館ファストフードというのが今回採り上げた「ラッキーピエロ」ともうひとつ、「ハセガワストアのやきとり弁当」なんですけれども、今回の函館旅行ではハセガワストアに行くことができませんでした。 ラッキーピエロベイエリア本店の隣にはハセガワストアがあり、そこで一気に買い込むことができるのですが今回はそこに立ち寄らず。 宿の夜を過ごすときにハセストのやきとり弁当と北海道限定サッポロクラシック…みたいな過ごし方をするのが私の定番なので、その点は無念であります。 いいやまた行けばいいだけの話だ(笑 次回の記事でようやく2日目が終了します。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事