ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「マリンアンドウォークヨコハマ」

クリスマスイルミネーションシリーズ、横浜完結編です

クリスマスが過ぎたのにクリスマス編ですよ。まだまだ、たぶん年が明けてもこんな写真が続くと思います。 が、横浜編に関しては今回でおしまいです。長かったな(笑 山手西洋館から歩き始めて元町、赤レンガ倉庫と歩いてこの記事に続きます。 最新のスポットにも訪れたのですよ!とにかくイッテミヨー P1060422

マリンアンドウォークヨコハマ、1年目のクリスマス

マリンアンドウォークヨコハマ、全部カタカナのこの施設は今春オープンいたしました。 運営は赤レンガ倉庫、隣接しており一体化して宣伝している様子ですがさすがにクリスマスは赤レンガの知名度が勝りましたね。 赤レンガ倉庫は押すな押すなの大混雑、一方のマリンアンドウォークヨコハマは比較的閑散としています。 まあこちらは「ゆったり過ごす」というのが主眼にあるようですので、これぐらいがちょうど良い、と私は思いました。 施設中央部にあるクリスマスツリーです。 P1060409 行列ができるお店、パイホリックです。 ランチタイムにはパイの揉み放題食べ放題ということでものすごく混雑するという。 うちのママも行きたいと言いつつ結局叶わずにいます。 私はゆったりしたいから揉み放題食べ放題でなくていいから夜でもいいんじゃないか、と思うんですけどね。 P1060415 スナップをちょこちょこ撮りながら、次の場所へ移動します。 途中ワールドポーターズ、略してワーポーを通過(すまぬ今回は通過した;)、通りがかりに撮らせていただきました。 P1060428

毎年恒例、クイーンズスクエアのイルミネーション

着いたところはみなとみらい、クイーンズスクエアの中庭です。 フードコートに面して人通りも多いこの場所は、例年イルミネーションを派手に用意してこのあたり一帯のクリスマス感を盛り上げるのに一役買ってきました。 たまに緑やオレンジが入りますが私が知る限り青白メイン、今年もその傾向でございました。 P1060444 アベックがゆったり歩く、というムードではないかもしれませんね。 良くも悪くも若年層向けであるように思います。雰囲気としては東京ドームシティに近いかな。 P1060449

今回はこの辺で。

というわけでこの先、みなとみらい駅から電車に乗って帰りました。 記事にしてみますと色々立ち寄っていますね。横浜楽しい。 もうクリスマスは終わりましたが冬の季節の雰囲気みたいなものはまだまだあると思いますので、 夜デートに立ち寄られてみてはいかがでしょうか。知らんけど 次回は別のネタとなります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1060410
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/13 Sun 21:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

「マリンアンドウォークヨコハマ」通りがかってきました

横浜へ撮りに行ってきました、というシリーズの続編です。 もともと「スマートイルミネーション横浜2016」というイルミネーションイベントを追いかけようという趣旨だったのですが、 結果として周辺の施設というか風景を押さえようというコンセプトに変わったような気がします。 まあ、それはそれでよろしいんではないでしょうかね(笑 現場に赴くことを第一とし、そこで感じたことを書くブログです。 それはそれとして。 前回採り上げた「横浜赤レンガ倉庫」から移動して、今回採り上げますのは「マリンアンドウォークヨコハマ」であります。 私個人的には二度目の来訪となります。 DSC06946.jpg 周囲の雰囲気はまさしく「ザ・ヨコハマ」そのものというか。 海沿いで、都会で、何となく肩の力が抜けていて。 素敵なひとときを過ごすことができます。 DSC06940

モノクロ勝負!?

モノクロとは何か。 現代のカラー全盛の写真テクノロジー以前の存在、白黒の階調のみで表現する写真芸術。 …そう聞くとアートな感じがするんですけど、実際はどうなのでしょうね。 カラー写真が存在しない時代には、カメラマンは当然にモノクロで表現を求めていく。 それが技術の幅が広がって「カラー」でも表現できるようになったとするならば、歴史の必然としてカラーが主流になっていきます。 そんな現代にあって、あえてモノクロで写真表現をする理由があるとするならば、それは何か。 …モノクロを学ぶとしたら、きっとそこも学ばなくてはならないのでしょうが、私は学が無いので分かりません。 現場でモノクロを撮りながら「こういうことなのか」と体得していく、みたいな勉強方法になるような気がします。 DSC06953 私の場合「モノクロに甘える」ような考え方をしてしまうので、 正直どうかな?モノクロは撮らない方がいいのか?などと考えてしまうこともあります。 この写真がそうです。ぶれていますし、ピントも合っていません。 モノクロだからかろうじて鑑賞できるというか、意味があるのではないか?みたいな余地を与えるというか。 それに甘えて技術なり着眼なりを疎かにすることのないように、努力いたします。 DSC06956 この日の撮り歩きは、実は3人で行っておりました。 ひでとさん
ひでと日記
456Photoさん
43デジカメ*ラボ
3人それぞれ個性が違いまして、同じところを歩いていて切り取り方が異なる。これは勉強になります。 今回はそれを見せてもらう機会が無かったんですが(笑 写っているのは456さんです。被写体にさせていただきました。すまんね DSC06954

今回はこの辺で。

マリンアンドウォークヨコハマ、夜は人通りも少なくて歩きやすいです。 デートコースに良い、と思いますが行くなら車なんだろうなあ。駅から遠いのが残念ポイントとは言えます。 もっとも、だからこそ「人が少なくてゆったりできる」のでしょうけれども。 次回はこの先で過ごした話になります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC06958
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/11/11 Fri 22:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

「スマートイルミネーション横浜」会場を離れて、赤レンガ倉庫へ向かいました

前回まで掲載していた「スマートイルミネーション横浜」の流れで撮り歩いた時の写真を掲載してまいります。 手作り色が濃い、異色のイルミネーションイベントを堪能した後、 横浜ならではの景色を求めて更に撮り歩きました。 使用したカメラはソニー「α7II」となかまたちであります。味があって、使い始めると止まらないんですよね(笑 DSC06929.jpg

赤レンガ倉庫

横浜と言えば赤レンガ倉庫であります。私は久し振りに行きました。 当ブログ、てゆうか私は「夜に撮り歩く」という習慣が完全に根付いておりまして、 「写真撮りに行こうか、早く夕方にならないかな」と考えてしまうタイプの人間でございます。 で、前回まで記事にした象の鼻パークや、今回採り上げます赤レンガ倉庫は、基本的に「暗い」です。 夜撮りするには光量が絶対的に足りません。 普通に撮っていたのでは真っ黒になってしまいますし、油断していますと盛大に手ぶれを起こします。 そんな中、それなりに結果を出すにはどうすれば良いか。 こうすればいいのです。暗く撮っておいて持ち上げる、帰ってからパソコンでお手軽補正。デジタル最強! DSC06924

もうちょっと頑張ってみます

ただ、そればかり頼りにしていては、私の場合写真は上達しないなあと痛感しました。 手ぶれを起こさないように、現場で頑張る。 自分の期待する写真を撮れるように、現場で試行錯誤する。 RAWがどうとかJPEGがどうとか言う以前に共通しているはずの「本来すべき努力」を、 パソコンを頼りにして綺麗に仕上げようと思った時点で疎かにしてしまうのです。 その結果、色はテキトー、明るさは後で直せばいいや、みたいな画像データが出来上がってしまう。私の弱さです。 いや、写真ならまだマシです、フォトショップで綺麗に直せますから。 動画データはそれでは成立しないのです。いじればいじるほど画質が劣化しますので。 現場であらゆる要素を真剣に見ていかなくてはならない。 一発勝負の重み、シビアさは日々是勉強であります。 今回は動画は載せませんが(笑 DSC06926

巡視船あきつしま

赤レンガ倉庫に隣接する海上保安庁の基地に停泊していた巡視船「あきつしま」です。 DSC06937 世界最大の沿岸警備巡視船、その全長だけをひかくすると「あの」三笠よりも大きいのだそうです。 日本を意味する命名をされたこの船は、天皇陛下のパラオ巡幸にも随行しました。 余談ながらこの巨大巡視船の建造に際しては、当時民主党政権にいた辻元清美氏が強力に推進したのだそうです。 私としては意外な印象でしたが、その真意等を読み解いていくと、 この人(辻元清美ね)はつくづく「実務の人」であるのだな、と感じました。 いますよね。私生活はグダグダだけど仕事させるとピカイチな人。 それに近いんではないでしょうかね。語弊ありますかね、あるよねきっと。 立場と仕事さえ適切に持たせていけば、足を引っ張るだけでなく国益に沿った適切な行動をとる人なのかもしれません。 時間に余裕を持たせると趣味で反日をやってしまう、ならば政府に取り込んで実務でこき使えばいいのではないか。 それが本人にとっても幸せな生き方なのではないか。そんなことを思いました。 自民党に引き抜いて「日本海側のメタンハイドレート採掘を推進してくれ」とか特命を与えれば粛々と大胆にこなすのではないか。 そんな気すらしてくる秋の夜長でございます。 あきつしまを眺めながら、「立場と任務が人を造る」そんなことに思いを馳せておりました。 だとするならば、私の立場と任務とは何なのだろうか。 私生活も仕事面も諸々考えていきますと、現時点ではやはり私は「動画の人」なのであろうなあ、と。 ブログでは写真を掲載していますが、仕事や家族サービスの面では私はほぼ完全に動画主体に切り替わりました。 シャッター数よりも、動画のショット数の方が多いのではなかろうか? まあ今回は写真なんですけど(笑 写真ブログ初心者が見ているかは知らんが、能力をわきまえず上からアドバイスだ、 こんな写真は記事中1枚あれば充分だゾ(浅倉南調で) DSC06921

今回はこの辺で。

話題が盛大にずれていきましたが、これは当ブログの特徴でもあります。 バズは期待してません、私が書きたいことをその場で書いていくブログです。 飲み会などでは文章量を評価してくださることもありますが、それは恐れ多いことです。 思うままに書いていたら結果としてこのボリュームになっただけですし、 第一、文字数まだまだ少ないよ?世間の気合が入ったブログはこんなものではない。 写真ブログとしては多いかもしれませんが(笑)それがうちの特徴だとするならば、それは大切にしないとね。 次回は赤レンガ倉庫を離れてさらに先へ進んでいった時の記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC06923
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「LUMIX GX7mk2」を片手に、横浜みなとみらいの新商業施設「マリンアンドウォークヨコハマ」へ行ってきました

パナソニックの新型デジタル一眼カメラ「LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 購入して3週間ぐらい経ちますが、「良いところ」や「微妙だなと思うところ」が徐々に見えてきました。 悪い部分「だけ」を採り上げて「アカンがなこれ」と片付けることはしないようにしよう、と思っています。 我が家のGX7mk2は、OM-Dみたいに「箱を開けたら既に壊れていた」なんてことはありませんでした。 たったそれだけのことでも、私に好印象を与えるにじゅうぶんだったのであります。 どれだけ荒んだカメラライフ送ってるんだ?という話なんですけれども、これもまあ私の気持ちの持ちようなのかもしれませんね。 初期不良だっていいじゃない、交換してもらえるんだったら!…って、そんなことで納得できるかボケェ P1010414 失礼しました、写真と関係ないところでスパークしてしまいました(笑 まあせっかく楽しい記事なんですからオリンパスの話はやめておきましょう。今回はパナソニックの話です。 その前に!行ったところをご紹介です。 前回同様「マリンアンドウォークヨコハマ」です。マリンウォークではございません、マリンアンドウォークでございます。
MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)

マリンアンドウォークの21時以降は、人が少ない

横浜みなとみらいの新たなる人気スポット「マリンアンドウォークヨコハマ」、活況を呈していたと聞きます。 が、私が行った時間帯はほとんどのお店が閉まっていたからでしょうか、閑散としていました。 飲食店は開いていましたから、雰囲気重視の方には過ごしやすい時間帯なのではないかな? ただ、デートとなると「ショッピング込み」みたいな要素はあるでしょうから、そのへんのさじ加減が難しいところですね。 P1010428 マリンアンドウォークヨコハマは、その名の通り、海に面しています。 商業施設の建物の外側に、海を眺めることができるという一粒で二度美味しい思いができます。 え?みなとみらいなんてどこもそんな感じだろ、って?それは言わんといてくれえ P1010422 お店の出入口というのは、お客さんをひっ捕まえるために、派手目に作られているものです。 そんなお店の出入り口を正面から捉える撮影術!と書くと格好いいですかね。 まあ誰でもやっていることですから自慢でも何でもないんですけど(笑 P1010426 21時台でも飲食店は開いている、という趣旨のことを上で書きました。 が、全部のお店が営業しているわけではないようです。 このように「本日は営業終了」というお店もあるわけで。 これはこれで味わいがあるというか、昼間には撮ることができない写真であろうということで、撮らせていただきました。 P1010425 こういうおしゃれな商業施設で、人通りが少ないとくれば、私のやることはひとつです。全裸疾走じゃありませんよ。 マネキン撮りであります。人の後ろ姿をモチーフにしづらい状況ということでもあり、自然に題材をショーウィンドウに求めるのであります。 それはそうと最近のマネキン、人体をリアルに模したタイプのものはバストトップ解禁になったのでしょうか。 ちょくちょく目にするような気がするなあ。 P1010424 海沿いのお店を正面から撮る、よくあるような構図です。 モノクロなのはたまたまです。GX7mk2の特徴のひとつ「Lモノクローム」については後日単独で記事にしますので! 話は関係ないところへちょっと飛びますが、 「自分の思い通りに通行人が往来しない」からといって舌打ちしたり通行人を睨んだりしているうちは素人ですわ。 街撮りスナップする資格なし、とまでは申しませんがこの分野への適性は無いでしょうね。スタジオだけで撮ってれば? 何の話だ。 P1010423

今回はこの辺で。

マリンアンドウォークヨコハマ、楽しい施設でした。また行きたいなあ。 ワールドポーターズと万葉の湯の間にある円形の歩道橋、そこから数分でたどり着けます。って駅からは遠いか(笑 どの駅がいちばん最寄りなんでしょうね。馬車道なのかな?知らんけど それはそうとGX7mk2、私は楽しく使っています。 一方で「ここは微妙かな」という部分もあります。冒頭でちょっと触れた通りです。 そのような「GX7mk2への所感」をまとめた記事もそろそろ作らなきゃならんね。そのうちやります。 次回もGX7mk2を使った撮り歩き記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「LUMIX GX7mk2」を片手に、横浜みなとみらいの新商業施設「マリンアンドウォークヨコハマ」へ行ってきました

パナソニックの新型デジタル一眼カメラ「LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 今回からは久々に「夜撮り」の記事が続くことになります。 「RICOH THETA S」を使った夜スナップと「春のイルミネーションスペシャル」を除けば3月初旬以来3ヶ月ぶりの夜撮りとな!? どんだけサボってたんだ私は そんなわけで行ったところは横浜です。 みなとみらいに今春新たに誕生した商業施設「マリンアンドウォークヨコハマ」初めて行ってきました。 3月初旬オープンだったのだそうですが私が行ったのは今回が初めてです。 上で書いたように私が夜撮りをしなくなった頃と一致したのはたまたまですが、 マリンアンドウォークヨコハマがとても写真映えする場所で、私のテンションも上がったものですから、 これをきっかけにまた夜撮りをこまめに行ければなあと考えています。 P1010413

マリンアンドウォークヨコハマ

3月初旬にオープンしたということで 一言でまとめると「複合商業施設」ということになりますが、そのコンセプトを見てみますと、 "海沿いの倉庫街に街路をつくるという発想から、 海と緑をシームレスに繋ぐことによって生まれたオープンモール。 中央のストリートに沿って並ぶ個性的なファサードのショップ、 四季を彩る横浜の海沿いならではのランドスケープ、ゆったりとくつろげるファニチャーを設置し、 快適な空間と 魅力的な景観を作り出しています。" ~マリンアンドウォークヨコハマ公式サイトから引用~ というわけで、ストリートに沿ってファザードのショップ、ランドスケープがファニチャーしているそうです。 ナウなヤングにバカウケのトレンディスポットでレッツエンジョイ!
MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)

すごく洒落てます

敷地の中はザ・ヨコハマとでも言うべき、ハイカラな雰囲気でした。 近隣の海沿い施設に通ずる「横浜感」みたいなものがしっかり生きていて、歩いているだけで何だか自分が洒落た人になったような気がするという。 P1010415 レンガの壁が隣接する「赤レンガ倉庫」との関連性を想起させます。一体的な雰囲気を出して回遊性を高めようということでしょうか。 公式サイトをたどってみましたら開発したのは三菱商事都市開発という、赤レンガ倉庫を手がけているディベロッパーだそうです。
MCUD
私が行ったのが21時近くという比較的遅い時間でして、主なお店は既に閉まっていました。 飲食店しか開いてなかったなあ。まあこれは仕方がない。 閉まっていたからこそ、このように綺麗なショーウィンドウを正面から押さえることができたのだ、とも言えます。 P1010417 2階建てになっておりまして、吹きさらし?何と呼ぶのか知りませんがとにかく、屋外の階段を上がっていくことになります。 それはそうと、ブレてしまった!なんともみっともない。 こういった写真はシャキッと、特に階段のレタリングなんかはクッキリ綺麗に写すのが道理のはずなのですが、 私がヘタをコキました。修行が足りません。 P1010418 その階段を上がっていったところにあったレストランです。 店内をちょっと覗いてみましたら若干の空席があった様子。 時間帯によっては待ち時間が無いor少ないというわけですから、これは狙い目かもしれません(何の?) P1010419 ふと、上がってきた階段の方を振り返るとこの景色ですよ。 どこを切り取ってもオシャレですね。 P1010420

今回はこの辺で。

あまり期待せずに(失礼)行ったのですが、私個人的には大当たりの施設でした。 みなとみらい写真散歩の楽しみがひとつ増えた、という気分です。 オープン当初の混雑、というようなものからは一段落したのでしょうか、遅い時間帯は比較的空いているように見えました。 次回もGX7mk2で「マリンアンドウォークヨコハマ」を撮った写真を掲載します。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1010421
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事