ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「ペン」
2011/05/08 Sun 22:05 マイクロフォーサーズ
折角の休日が雨ですと、テンションが落ちますよね;
いや、雨が悪いってわけじゃないんです、いや悪いって言ってるようなものか。
雨が小降りに振り続く中、ちょっと出かけている合間に撮った花木の写真です。

P0070973.jpg

タイトルにも挙げましたように、アートフィルターはトイフォトを使っています。
マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ、と銘打っている割に、
私が所有しているマイクロフォーサーズ関連機器は少なくて、
ボディはオリンパスの初号機「E-P1」のみですし、
レンズも4本しかありません。
が、それでもじゅうぶん楽しめているのは、他ならぬアートフィルターのおかげであります。

P0070986.jpg

ソニーαはカメラ内画像エフェクトには淡白で、せいぜいモノクロやセピア調がある程度なのですが、
それを埋め合わせるかのように私はマイクロフォーサーズ、というかPENを使わせてもらっています。

P0070987.jpg

こうやって見てみると、あらためて、結構良い写りをするように思います。
マイクロフォーサーズに関してはボディ優先で機材を揃えるのはアリですね。
近々発表が噂されているプロ用PENにも興味深々であります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/02/28 Mon 08:27 マイクロフォーサーズ
今回は写真無しです。

友人が「ペン E-PL1」を購入したと聞き、
お祝いを兼ねて記念エントリであります。

私もオリンパスのマイクロフォーサーズ第一弾「E-P1」を使用している身として、
ここから始まるレンズ交換式カメラライフにどのような楽しみが待っているか、
僭越ながら自己確認を込めて書き連ねてみようかと。(松下奈緒調で)

●レンズ交換の愉しみ
せっかくのレンズ交換式ですから、レンズを楽しまないと元が取れません。
「ボディは消耗品、レンズに金かけろ」という格言もございます。
幸か不幸か、マイクロフォーサーズのレンズ沼は浅いですので(笑)、
それほど散財することもないかもしれません。

個人的にオススメしますのはやはり単焦点レンズ。
単焦点レンズとは、ズームしない(焦点距離が変化しない)レンズのことで(対義語ズームレンズ)、
撮れる範囲を変えられない分、同クラスで比較するとズームレンズに画質で勝ります。
ガンダムで説明すると、ズームレンズはMS-06F、単焦点レンズはMS-06Jと言うべきか。
汎用性を捨てて、局地戦に特化した仕様というわけです。

現時点で発売されているレンズの中でオススメはパナソニックから発売されている20mm F1.7です。
このレンズはパナソニックのマイクロフォーサーズ機GF1のレンズキットに付属していたレンズで、単体でも発売されています。
3万円台前半ぐらいが相場でしょうか。
価格コムなどでは「神レンズ」と称されたりもしていますが、価格の割にはよく写る、という認識でよろしいかと思います。
おすすめする最大の理由はやはりF値が小さい=明るい、という点でしょうか。
F1.7とF2.8では絞りが1.5段も違います。シャッター速度も稼ぐことができます。
パンケーキキットとして発売されるなど、オリンパスの「17mm F2.8」と戦略性も含めて似通ったコンセプトのレンズですが、
この明るさの違いは大きいと思います。
画角も意外に違いますので、余裕があれば2本持つのがベストだと思いますけれども。

もしズームレンズを買うなら、現時点ではパナソニックの14-45mmF3.5-5.6をオススメします。
オリンパスのマイクロフォーサーズレンズは、小型軽量というコンセプトを体現するために写りは度外視、
コンパクト化最優先という考え方で作られたらしいのですが、
パナソニックのレンズはそれなりに大きい分、性能も良さげという評価になっているようです。
レンズ側に手ぶれ補正が搭載されている点は、
ボディがオリンパスであればボディ内手ぶれ補正機能がありますので無視していいと思います。

マウントアダプターの使用(=他社方式のレンズ)はビギナー段階ではオススメしません。
AFが効かないから、というのが理由のひとつです。
オリンパス機の液晶モニターは、MFでピント合わせするにはちょっと貧弱です。
もっと言えば「ピント合わせ」という作業が楽しくありません。
趣味の一環としてカメラを手にするのであれば、
ピントを合わせるという、写真を撮るときの最重要作業が苦痛になるような機材選びはしない方がいいように思います。
むろん、
「オールドレンズをデジタルボディで使えることが幸せ、このモニターでピント合わせにも充分だ」
という時にはどんどん遊べばいいのですが。

●アートフィルターを使わないのはもったいない
アートフィルターとは、カメラ内画像処理で様々なエフェクトを実現するデジタルならではの機能で、
オリンパスのデジタルカメラ最大のセールスポイントとも言われるものです。
(オリンパス最大の魅力はズイコーレンズという声も聞こえますがここでは割愛)
先日行われたカメラの祭典「CP+」においても、
オリンパスの開催した一般ユーザー向けセミナーの多くは「アートフィルター」を扱ったものでした。
(パナソニックは「動画」と「3D」でした、カメラ屋と家電屋?の対比も面白かったです)

カメラ業界は近年「女子カメラバブル」に沸いておりまして、かわいらしい被写体をふんわりと可愛らしく撮る、
というのが流行しております。
「オリンパスPEN」や「パナソニックGF」や「ソニーNEX」を首から下げている女子大生風情を、
街を歩いていてもよく見かけるようになって、けっこう経ちます。
「HOLGA」に代表されるトイカメラのブームに追随する形で巻き起こったのですが、
一眼レフも満遍なく売れており、一過性のものではないように感じます。

書店のカメラ本コーナーを見てみると、
「ふんわりやわらか写真を撮るブック」みたいなのが各社から発売されていて平積みになっている状況です。
カメラの設定をいじったり、あるいはトイカメラであればカメラ独特の味に頼って撮ることになるこの手の写真を、
アートフィルターという機能であればワンタッチで実現できます。
E-PL1であれば
「ジェントルセピア」黒を強調したセピアですので、どっしり落ち着いた写真が撮れるでしょう。
「ポップアート」使いどころが難しいですが、赤を印象的に撮りたい時に出番がありますね。
「ファンタジックフォーカス」女性が綺麗に写りますから、合コンで活躍してくれるでしょう。
「ラフモノクローム」単に白黒になるだけではなくて適度にノイジーになりますから、そのあたりを活用できそうです。
「トイフォト」一押しです。画像を正方形のモードにして被写体をど真ん中にして撮るのが定番の使い方です。
「ジオラマ」本城直季チックなミニチュア風の写真を撮ることができるモード。アートフィルターは動画にも反映させられ、
モードによっては処理の関係で激しくコマ落ちするため、ユニクロカレンダーのような動画が撮れます。



オリンパスはカメラによって搭載するアートフィルターを選別しており、
後から登場したモデルには当然新登場したアートフィルターが搭載されています。
どのアートフィルターが搭載されているか、でどのPENを買うか考えるという方もいるかもしれません。
個人的には「アートフィルターを購入時に自由に選択できるBTOシステム」などが併行されていても面白いと思うのですが、
そうすると次のボディを買ってくれなくなるから営業的にはダメ、ということなのでしょうね。

「AFは意外に外すよ、外しまくるよ」とか「カメラはISOオートだと高ISO感度で撮りたがるよ」とか、
もっと色々書こうと思ったのですが、さすがに読むにも疲れる長文となってしまいました。
また気付いたことがあったら別エントリにまとめることにします。
良きPENライフを送られることを祈ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/15 Wed 13:16 マイクロフォーサーズ
関西旅行、最後は関西空港から飛行機で帰ってきました。
関西空港までは、以前から一度乗ってみたいと思っていた
南海「ラピート」に乗車しました。
これについては、念願叶った形になります。
P0110356.jpg

難波~関西空港間は、
乗車券890円
特急券500円
で乗車できますが、
今回はそこに更に200円追加して、
「スーパーシート」に乗ってきました。
P0110324.jpg

スーパーシートはJRで言うところの「グリーン車」に相当しますが、
このシートはかなり乗り心地が良いです。
上乗せ金額は200円ですので、この価格差ならスーパーシートも充分アリかと思います。
P0110322.jpg

丸く大きな窓。
景色を見るのにとても快適な窓です。
P0110330.jpg

とても快適な、格好良いラピートなのですが、
駅を出るときは通勤型車両と同じく「チンチン♪」と発車合図を鳴らします。
南海の伝統なのでしょうが、未来的デザインと「チンチン♪」という、どこか間の抜けた愛らしい音が、
何とも言えないミスマッチ感を醸し出しています。

ところで、ラピートには運用によって「α」「β」と2つのグレードに分かれており、
今回私が乗車したのは「β」の方でした。
「β」は、若干停車駅が多く、「堺」「岸和田」に停車します。
関西空港までの所要時間は40分弱。
ただし、この「ラピートβ」は、どちらかと言えば都市間輸送の意味合いのほうが大きいようで、
難波で乗り込んだ乗客のうち大半は岸和田や泉佐野で降りてしまい、
終点の関西空港まで乗っていたのは数名、という状態でした。
ラピートは苦戦していると言いますが、真に苦戦しているのは関西空港ではないか…
そうも思いましたが、よくよく考えてみると「成田エクスプレス」も朝夕は千葉に停車するなどして、
短距離利用の需要を掘り起こそうとしていますから、どこも事情は同じようなものなのかもしれません。

P0110361.jpg

おまけ。
関西空港駅でみかけた「南海7000系」です。
この車両、私が物心ついた頃には既に「旧型車」扱いされていた車両で、
今でも走っているのに驚きました。

P0110362.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/14 Tue 15:54 マイクロフォーサーズ
なんばパークスに立ち寄り、しばしお買い物&散歩です。
屋上庭園のクリスマスイルミネーションを撮りたい、とも思ったのですが、
飛行機の出発時刻の兼ね合いもあってそれは挫折。
小物系をぱしぱしと撮ってきました。

P0110293.jpg

アンドロイドauのブースがありました。
なんだかスマートフォンブームですね。
当ブログもFC2のデフォルト機能でスマートフォン向けに最適化された閲覧が可能です。
よろしくお願いします
m(_ _)m

DSC02014.jpg

なんばパークスは大阪球場跡地にできた商業施設です。
外観を見ると、その面影を感じます。
大阪球場には何度か行ったことがありましたが、
当時はあまり綺麗な施設とは感じませんでした。

P0110314.jpg

DSC02013_20101214154640.jpg

小物をちらほら撮ってきました。
クリスマスの飾りが多いのは時節柄必然と言えます。

P0110301.jpg

P0110303.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/10/24 Sun 00:23 マイクロフォーサーズ
横浜からの帰り、千葉まで、いわゆるひとつのN'EXに乗ってきました。
横浜から千葉へ鉄道で直行する場合、一般的には横須賀・総武快速線に乗って「乗り換え無し」で行くことになりますが、
総武快速線が東京←→千葉における大動脈であり、終日混雑する路線である一方、
横須賀線の東京←→横浜間は、空席の目立つ閑散線区です。
同じ区間を走る東海道線や京浜東北線に比べて多少遠回りをすることも一因であろうかと思います。

今回、車両の外観を撮らなかったので、過去に撮った写真を掲載。
てゆうか、思いっきり失敗してますね(笑
DSC04367.jpg

横須賀線・湘南新宿ラインが止まる横浜駅9・10番ホーム。
もともと東急東横線があった場所の跡地に拡張工事が行われているとか。
だだっ広いホームです。

P0230215.jpg

車内。
空いてます、というか、この車両には私しか乗っていません;
P0230216.jpg

車内にあるモニター。
日本語・韓国語・英語・中国語の順番で表示されます。

P0230229.jpg

私はこの順番に意外さを感じました。
韓国人の旅行者がそんなに多いとは思いませんでした。
在日と呼ばれる方々には(日本語が読めるので)ハングル表記は必要ないはずですので。
韓国人のみなさんは、反日とか言いつつ、実は日本大好きなんじゃないかと。
そうでなければ、JR東日本内部で「韓国語表記を上位に表示せいや」と主張する勢力が存在するということになりますが。
単純に言語使用人口順に表記をするものと考えたら日本語を除けば「中国語→英語→韓国語」となりますが、
そこに「外国からの旅行者数」という要素を勘案するとそういう順列ではなくなるのでしょうね。
まあそんなことは今回は放っておきましょう。
ここは写真ブログです。写真で勝負です(笑

そのモニターに、キヤノンのコマーシャルが流れました。
EOS 60Dですね。
P0230232.jpg
主観ですが、キヤノンは非常に細やかで丁寧な広告の打ち方をしているように感じます。
外国からの旅行者が日本に来て、日本国内で最初に見るカメラのCMが、「ハリウッドスター渡辺謙が出演するキヤノンのデジタル一眼レフ」なわけです。
そりゃあ、おみやげにメイドインジャパンのカメラでも買うか、となった時に、ここで「刷り込まれた」外国からの旅行者がどのメーカーのカメラを手に取る確率が高いか、言わずもがなということですよ。
素人の意見で恐縮ですが、ソニーαの宣伝部隊は、この辺のマーケティングが淡白ではないかと思います。
良い製品と、良い宣伝の両輪でシェアを上げていき、α(Aマウントね)が末永く続くことを祈ります。

話がそれました;
E259系で私が最も驚いたのは、トイレです。
なんじゃここは、これが列車のトイレかよ;
P0230223.jpg

P0230226.jpg

ミラーの横には間接照明、
おむつ交換台も完備、
今までの「狭い、汚い、吸い込まれる」から比べると神トイレですね。

成田エクスプレス、というかE259系、快適すぎます。
ブルーリボン賞受賞とのことですが、納得のいく結果だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/09/30 Thu 00:11 マイクロフォーサーズ
アンダリゾート小物撮り編、続きです。

夕食時にもれなく貰える手作りクッキー。これが美味しい。
P0240847.jpg


くじ引きをして、当たりを引いたら貰える特大クッキーです。
娘が引いたくじが見事に当たり、頂きました(^^
P0240848.jpg


猫。カエル・象と並んで猫もいっぱいいます。
P0240861.jpg


アンダリゾートの姉妹店ドライブイン「かえる家」にて。
P0250893.jpg


「かえる家」のカエル。並んでいるのを撮るのが好きなものでw
P0250898.jpg


この宿はいいですね。また行きますよー
P0250896.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/09/29 Wed 23:45 マイクロフォーサーズ
伊豆半島の観光ホテル、「アンダリゾート伊豆高原」。
また行ってきました。先週の話ですがw
この宿はかなりまったりできます。
バリ風ホテルであります。

で、今回は宿全体ではなく、小物に焦点を当ててみました。
イメージキャラクターであるカエルを筆頭にバリ小物が至る所に配されており、
それらを収めてまいりました。


カエルの石像。大小さまざまなものが至る所に。
P0240800.jpg


カエルの木像。カエルづくしです。
P0240801.jpg


カエルと象。象も多いですね。
P0250880.jpg


レストランにあった象の大きな置物。
P0240835.jpg


バリのビールらしいです。
P0240803.jpg


続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/09/12 Sun 16:07 マイクロフォーサーズ
蔵出しシリーズw
今回も「PEN E-P1」で撮った写真です。
東京駅~銀座~新橋あたりでアートフィルター「ラフモノクローム」を使用しています。
普通に撮っても上手になったような気になれるアートフィルター、
私は大好きですw

東京駅の丸の内側ですね。
はとバスって、どんどん設備も更新していてバスも最新鋭車種で格好いいのですが、
なぜか私には昭和テイスト満載に見えて可愛らしい存在に見えます。
P0230308.jpg

これも東京駅近辺です。って言わなければパッと見では分かりませんね。
P0230307.jpg

わざとピントを外して自転車を記号的に撮れないかと試しましたが、
私の意図はまったく反映されず。
P0310413.jpg

サラリーマンを記号的に撮ろうとして、
意図は反映されませんでしたが何となく面白いので掲載。
P0310415.jpg

マンホール。マンホール撮影専門の写真趣味があるらしいのですが。
P0310414.jpg

要は、アートフィルターは素人がテキトーに撮ってもそれなりに見栄えがするのです。
お持ちの方はぜひお試しください。
レンズ沼ならぬ「アートフィルター沼」が待ってますよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/09/12 Sun 00:03 マイクロフォーサーズ
絶賛蔵出し展開中w
1年ほど前に銀座・有楽町界隈で撮った写真です。
あまり考えもなくぶらぶらと、文字通り「散歩写真」でして、
エントリにしなかったのは、たぶんテーマが絞れていなくて、
記事に出来なかったからではないかと。

P0250311.jpg

マリオン。西武百貨店部分は「ルミネ」になるらしいですね。
某大型家電量販店が来るのでは、といった噂がありましたが、
ルミネの方が有楽町らしいとは思います。
P0250314.jpg

和光。私はこのビルをこういう色合いでしか撮れません。発想の貧困。
P0250304.jpg

お菓子。画面いっぱいにツメロボよろしく同じものが並ぶ写真が好きらしい。
P0250308.jpg

P0250309.jpg

こういう壁紙みたいな写真も好きらしい。
P0250303.jpg

カメラは「PEN E-P1」です。
正方形フォーマット最高w
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/09/11 Sat 23:45 マイクロフォーサーズ
仕事の前後にカメラを持って歩くことが無いため、
仕事以外で写真を撮る、というのが週1回の休みの日にほぼ限られています。
で、コンスタントにブログを更新しようと思っても、
まあ、仕事帰りに何でも撮ればいいのでしょうけれども、
ほぼ生活パターンが決まっている中で撮れるものにも限界があり、
ブログ更新が滞りがちなのが辛いところです。とここまで言い訳を。

さて。
そんな中ですから、
過去に撮った写真で、何らかの理由でエントリにしなかったものを、
蔵出し的に掲載して更新頻度を上げようと思い至りました。

今回の写真は、2009年9月、ちょうど1年ぐらい前に撮った写真です。
銀座~有楽町のショーウィンドウでマネキンを撮ってました。
カメラは「PEN E-P1」です。

P0250289.jpg

P0250295.jpg

以前に、「一見人間の女性のように見えるように撮ったマネキンの写真」というのを見たことがあって、
そんな写真を撮ってみたいなあと思ってマネキンに挑んだわけですが、
今回はまったくそうなっていません、普通にマネキンの写真ですw

P0250292.jpg

P0250290.jpg

P0250294.jpg

いずれまた試してみようと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事