ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「スタジオ撮影」
2012/07/12 Thu 23:43 マイクロフォーサーズ
オリンパスの新型レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」の感想を書いています。
この記事は第7弾ですか。私としては引っ張りすぎの感もありますが、
飽きるか、次のトピックが見つかるまでこんな感じで行ってみようと思います。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その1 開封編
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その2 横浜で試し撮り編
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その3 アンパンマンと私
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その4 千葉神社編
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その5 東京駅近辺夕景編
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」その6 夕刻の浅草寺編

お出かけネタはちょっとお休み、今日の仕事現場から写真を選んでみました。
私は仕事でスチルやムービーを撮ったり編集したり画像処理したりしています。
一日中パソコンの前に座ってアドビだ何だとやっているわけですが、
その絡みでプロカメラマンさんの現場にお邪魔することも多いです。
私が写真趣味に目覚めた直接的なきっかけでありました。

ジェネレーターですね。これは小型のものです。
電気をどどん!と送り出して大きなストロボをいくつも同時に発光させます。
バッテリーの親分みたいなものです。発光量もコントロールします。
P7126117.jpg

こちらはモノブロックのストロボです。
ジェネレータを経由せずに電源コードを差し込んで自力でぽん、ぽんと発光させます。
趣味で使うぶんにはこちらの方が馴染みがありますね。
P7126114.jpg

モノブロックなら安ければひとつ2~3万で買えますが、
ジェネレータ式で揃えようとしたら100万仕事になります。
私がひとりで撮る時は上記のようなプロ機材は持っていないので使わず、
クリップオンストロボを4つ用意して適宜使い分けています。
個人的にはパナソニックのものがチャージが早くて使いやすいなあと思っています。お試しください(笑)
以前にフジの一眼レフが肌の色を綺麗に出すんだという話を聞いたことがありますが、
E-P1も(フジと比べて、というわけではないですよ)とても綺麗だと思いました。
余談ですが、「フラッシュとストロボ」の違いというのは言葉だけで指すものは同じ、
「ヘッドホンステレオとウォークマン」のようなもの、なのだそうです。へぇ。

P7126035.jpg

現場に行く事はとても勉強になります。
ストロボの使い方やライティングのノウハウ、ポージング、表情の出し方などなど。
何となく吸収できたものもありますが大半はまだまだ勉強中です。
このブログではそれがまったく生かされていませんがw
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事