ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「シャロレー牧場」
2017/08/23 Wed 00:00 旅の写真 | 写真 | ソニーα

2017年函館旅行3日目、北海道ならではの雄大な牧場に行ってきました

シャロレー牧場 函館旅行編、第19回となります。 初日は上野から水戸へ移動して終わりました。 2日目は水戸から福島・仙台を経由してついに函館入りしたところまでです。 3日目の今回からは終日函館及び道南諸地域で過ごします。 ホテルで目が覚めたのは9時。「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」に宿泊しました。 前夜は大浴場でゆったり足を伸ばし、真新しい快適な宿で、快適な目覚めであります。 DSC01585

3日目は新函館北斗からスタート

2日目の夜、私は函館山にのぼり、ベイエリアを歩きました。 そのまま函館市内に宿を押さえておけば良いところを私はあえて新函館北斗駅前に新設されたホテルを宿に選びました。 で、3日目は新函館北斗駅からスタートです。 8月初旬という「真夏」の季節なのに気温は21度。 暑がりの私にとっては快適な、幸先の良いスタートであります。 DSC01586 一人旅をしておりましたが、ここで合流です。 おじいちゃんおばあちゃん・ママ・むしゅめ(オール函館勢)が迎えに来てくれて、ここからは車に乗せてもらっての移動です。 向かったところは函館ではなく、大沼・森方面。

駒ヶ岳の麓「シャロレー牧場」

最初に向かったところは「シャロレー牧場」。 函館の北方、駒ヶ岳のふもとにある広大な観光牧場であります。 Air DOの機内パンフレットでも紹介されているそうですよ。 北海道産の和種馬を育てている牧場なのだそうです。 乗用馬の販売もしているとのことですが、いくらするのでしょうね? 大沼国道(国道5号)からちょっと入ったところにあります。 これは事前に場所を確認しておかないと探しづらいかも?みたいなところにありますが、 それはそれで北海道の自然に抱かれている感覚がして、良いなあと思いました。 DSC01662 雄大な北海道の自然をゆったりと感じています。 函館市街は都会ですので、こういう雰囲気を味わえるのは今回の旅行ではたぶんここだけ、なのではないかと思ったのです。 DSC01659 牧場に入り、馬が並んで食事しているところに近づきました。 「ん?なんだ?」みたいに馬たちがぬうっとこちらを向いたところを激写であります。 DSC01601 帰ってから写真を見返して、唐突にこれを思い出しました。 馬たちはめいめい草を食べているのですが、草を固めたものをエサとして自分の手で食べさせることもできます。 100円は安いですね。もっと取ってもいいんじゃないでしょうかね。 DSC01640 ママが「ギャー!手をベロベロされた!」と喜んでいるものですから 私もやってみようかなという気持ちになりました。 DSC01649 私もあげてみます。 確かに手を食べられてしまいますね。モゴモゴ、という感じです(笑 DSC01652 むしゅめは乗馬体験にチャレンジです。 牧場の方に綱を引いてもらいつつ敷地内を歩いてくれます。1000円は安いね! 最初はびくびくしていたむしゅめも慣れてきたらドヤ顔で殿様気分ですよ。 余談ですが「私も乗れますかね?」と尋ねたところ「重量オーバーです;」と、やんわりとNGでございました(笑 DSC01625

今回はこの辺で。

シャロレー牧場、良かったです。 また行きたい!と軽々に言うことはできないような場所にありますが、縁があったらまた必ず。 私たちは平日に行きましたので他に利用者はいませんでしたが、休日は混雑するのでしょうね。 価格設定も良心的ですので、この記事の写真をご覧になり興味を持たれた方であれば、満足できることと思います。 この先の記事でも、函館&道南エリアで過ごしたことを記事にしてまいります。 まだまだ続くよ! またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事