ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「シグマ」
2013/10/06 Sun 19:41 ソニーα
先日もエントリにしました「丸の内イルミネーション」ですが、また行ってきました。
まだここしかイルミネーションやってませんし私にとっては行きやすい場所でもありますもので。
まだ何度か行くことになるとは思いますが、よろしければどうぞお付き合いくださいませ。

ただ、今回はささやかながら別の角度からのアプローチを試みています。
ポイントはふたつ、「天候」と「レンズ」であります。
天候についてはご覧のとおり、霧雨の中を歩いてきました。それっぽい雰囲気が伝わっていればいいなあと思います。
レンズについては今回は「シグマ EX DG 50mm F1.4 HSM」一本勝負してきました。
比較になればいいのですが。
んで1枚目がこれです。強い光源を右上に配置しましたがゴーストがほとんど出てませんよね?
DSC09553

前回の丸の内イルミネーションのエントリにも載せた、シマウマのオブジェです。
前回は「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA」で撮った結果、イルミネーションをぼかした際収差が目立ちました。
今回のシグマ50mmではこんな感じです。絞りは前回同様開放で撮っています。
が、同じ条件にしようと意識したのですが前回に比べて寄りすぎましたね。同条件での比較にならなかった(^^;
その影響もあるのでしょうか、こちらの方が収差少なめに見えます。
DSC09567

前ボケを意識して撮ったつもりでしたが、光が強すぎるんですね。
前ボケ=光源がより手前にある=より光が強いということかと思います。
DSC09561

前回も書いたと思いますが、丸の内イルミネーションは写真的には「縦に広がるイメージ」ですよね。
縦写真ばかりになってしまいました。
今回の垂れ幕は写真映えがするもので、後でもう一度似たような構図で登場します。
DSC09577

イルミネーションが全然目立たなかった!これはリベンジだ!
B'zの歌のような世界観だったのですがやり直しですこれは
DSC09588

同じ絵柄の垂れ幕をネタにして、ブリックスクエアあたりで撮っています。
ちょっと端っこにでも人が入ると、伝わるものも変わってくるように思います。
DSC09595

冒頭でも書きましたとおり今日のもうひとつのキーワードは「雨」だったのですが、雨をイメージした写真はこれだけでしたね(笑)
濡れた石畳、水たまりに映り込むイルミ、向こう側の華やかな明かり、とネタ満載で私的には気に入っています。
DSC09592

ぶらりと回ってきましたが今回はここまでです。丸の内イルミにはまた行きますね~
シグマ50mmはやはり良いレンズですね。
今回は、前回よりも多少は?シャンパンゴールド感が出ているのではないでしょうか。
ホワイトバランスをいじってこの色合いにしたのですが、もっと正解な設定があるようにも思います。
また挑戦することにいたします。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC09542
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/03/12 Mon 05:52 マイクロフォーサーズ
震災から1年、ご冥福をお祈りいたします。


さて。
前回前々回前々々回前々々々回前々々々々回に続き、
シグマによるマイクロフォーサーズ参入初の商品、「30mm F2.8 EX DN」関連記事です。
いい加減くどいってか!?(笑
近日、19mmF2.8 EX DNが発売されるとのことですが、
そちらの購入予定はございませんw

このレンズについてのまとめです。
「ピシッとカリッと撮れるレンズ、さすがはシグマ印」
「ボケ味はイマイチ、まあ30mmF2.8だしな」
「ヨドバシ価格で2万弱、これはマイクロフォーサーズビギナーでも少ないリスクで入手できる貴重なレンズだ」
というわけで、今回は久々の東京国際フォーラムであります。

何やら設営してますね。
このスペースは、受付に使われることが多いようです。
P3101738.jpg

ホワイトバランスがおかしいのかな?
上の写真に比べてちょっと色が赤みがかっています。
E-P3で電球や蛍光灯を撮ると、稀にこのようにホワイトバランスが乱れるようです。
「乱れる」というよりは「迷う」という印象です。許容範囲内です。
P3101736.jpg

もともと東京国際フォーラムはライトアップが盛んな施設でした。
しかし震災以後、そのライトアップは影を潜めて、歩行に支障をきたさない程度の明るさになってしまい、
その艶やかさは失われてしまった印象です。
不謹慎だと思われるかもしれませんが、私はその風潮を残念に思っています。
P3101739.jpg

蛍光灯の床も消灯されています。
LEDに変更してでも復活しないでしょうかね。
P3101741.jpg

東京国際フォーラムは15周年なんですね。
意外に新しい施設ということですね。
ここはもともと東京都庁があった場所です。
P3101740.jpg

石段の上にカメラを置いて、絞り込んで撮ってみます。
P3101742.jpg

ホールの入口へ誘導する標識が随所に用意されています。
照明を兼ねているんでしょうね。地上はこのサインだけが煌々と点灯されている状態です。
P3101734.jpg

換算60mmという使いやすい画角ということもあり、
何だかんだと使う機会が多いレンズです。
ただ、今回のような夜間撮影となりますと、やはりF2.8という暗さ(笑)がネックとなり、
近い画角でより明るく使いやすい「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」などに手を伸ばしてしまいます。
そのような(暗い)撮影環境でない限り、このレンズの出番はじゅうぶんある、と思います。
特にレンズキットだけ持っていて2本目のレンズは何にしようかな、と考えておられる方に、
安価な選択肢のひとつとしてオススメしたい、
というところで結論とさせていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/03/01 Thu 04:50 マイクロフォーサーズ
前回前々回前々々回前々々々回に続き、
シグマによるマイクロフォーサーズ参入初の商品、「30mm F2.8 EX DN」関連記事です。
当サイトではこのレンズを、
「ボケ味は度外視、カリッとピシッと撮りたい時に使え」
というレンズであると位置づけております。
今回は夜景編です。夜中の国道を、少しですが撮ってきました。
昼間の雪の傷跡はまったくなく、路面も乾いてきています。
さすがは千葉、常春の地であります。

ピシッと撮れていますかね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011626.jpg

上の写真にある歩道橋にのぼってみました。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011630.jpg

夜の校庭です。
撮っても良かったのかな?いいよね公道から撮ってるし誰も写ってないし;
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011631.jpg

夜のコンビニです。
余談ですが夜中のコンビニはおでんが販売停止していることが多く、
ちょっとがっかり、ということもありますね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011632.jpg

昼間、特に女子学生が多く通る道では絶対にできない撮影方法、
地べたにカメラを置いて撮る、であります。
まあ、そうやって撮ったからといって必ずしも面白い写真になるわけではない、ということです;
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P3011635.jpg

シグマ30mm F2.8 EX DN、当初はF2.8という暗さ(笑)に、買って失敗したかな、とも思いましたが、
だんだん愛着が湧いてきました。


まったくの余談ですが、タモリさんの愛機、従来はGRだったかGX100だったか、とにかくリコーだったのですが、
先日のブラタモリではEVF付きのPENに変わっていましたね。
E-P3のシルバーだと思うのですが、もしそうならば私も同じです(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/29 Wed 16:25 マイクロフォーサーズ
前回前々回前々々回に続き、シグマ初のマイクロフォーサーズ専用単焦点レンズ
30mm F2.8 EX DN」関連記事です。
たまたま今日は首都圏一帯も大雪となった日でしたので、
記念(?)に少しだけ撮ってきました。

オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291609.jpg

千葉は温暖な気候で知られており、
他の南関東2県(東京・神奈川)が大雪だと慌てている時でも雨だったりするのですが、
今日ばかりは降ってくれました。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291623.jpg

オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291611.jpg

もっと大口径かつ望遠のレンズを使えば、雪がふんわり大きくボケたのでしょうね。
まあ今回は30mm F2.8の試し撮りが目的でしたので言っても仕方のないことではあります。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291612.jpg

雪だるまを作ることができるほどの雪は、南関東ではそうそう降りません。
今日もこのまま積もることなく雨に変わっていくのでしょう。
と書いている間に止んでるし;
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2291621.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/28 Tue 06:36 マイクロフォーサーズ
前々回前回に続き、シグマ初のマイクロフォーサーズ専用単焦点レンズ
「30mm F2.8 EX DN」関連エントリであります。
今回は小物撮りです。

とにかくこのレンズはボケ味はイマイチ、解像力勝負でカリッカリの写真を撮れ、
というコンセプトである、と私は理解しています。
被写界深度の深いマイクロフォーサーズには相性の良いコンセプトであるとも思えます。

瞳にピントを合わせて撮ってみます。
適度に使いやすい被写界深度に助けられています。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2271597.jpg

髪のくるくるがボケていますね。
形を失わないボケ味は、使い道がありそうです。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2271599.jpg

フィギュアというか、小物を撮るのには使えそうです。
もちろん、より明るいレンズが存在しますが、
2万円弱という価格が、返す返すも購入動機になり得ますね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2271600.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/28 Tue 06:24 マイクロフォーサーズ
前回に引き続き、シグマ初のマイクロフォーサーズ専用単焦点レンズ「30mm F2.8 EX DN」のレポートであります。
いや、驚きました。この1日半のアクセス数が驚異的な伸びを示しております。
皆さん待っておられたのですね。

今回は、買った直後に封を開け、早速PEN E-P3に取り付けて試し撮りしたものを掲載します。
とは言うものの、専門的な解説ができるわけでもなく。
こんな感じで撮れましたよ、という、光学的には非常にぬるい記事になりますが、
その点はどうかご容赦ください。

ボケ味はこんな感じです。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251564.jpg

髪の毛で分かる解像力(笑
私としては、ボケの汚さばかりが目に付く写真となりました。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251580_20120228055910.jpg

たまごっち期待の新キャラ「ひめスペっち」だそうです。
最近の売り出しっぷり、フィーチャーっぷりが尋常ではないとのこと。
ひめスペっち、ワンピース、武井咲、芦田愛菜、A●Bという感じでしょうか。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251558.jpg

スマイルプリキュアグッズも安定して供給されています。
我が家ではスマイルパクトが「い・ち・ご!い・ち・ご!」とうるさいです(笑
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251560.jpg

両隣のと比べると、売れ行きは今ひとつ、というか全く動きが無いようです。
ブランド委員会のご威光もガチャ機にまでは及ばないようですね。
子供は正直であります。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251563.jpg

こんな玩具もあるんですね。フードがリアルです。
ペンタックスあたりが製品化しそうな雰囲気です。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251562.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/02/27 Mon 05:07 マイクロフォーサーズ
シグマからいつの間にか発売されていた、
マイクロフォーサーズ用交換レンズ第一弾であります。
先日、ヨドバシカメラにOM-D E-M5を予約しに行った時に、
たまたま見かけて衝動的に購入しました。
P0271422.jpg

レンズのデザインはシンプルそのもの、ザ・シグマ!という雰囲気です。
味も素っ気もないデザインだとは思いますが、シグマが下手にクラシックレンズを真似るより好感が持てます。
というよりも、レンズを見ただけで「シグマ製だな」と思わせることが大事なのでしょうね。
P0271420.jpg

ここ数年のシグマの単焦点は、とても評価が高いものが出てきています。
50mmF1.4然り、85mmF1.4然り。
私も50mmF1.4を所有しており、純正レンズに混ざって堂々我が軍の主力を成しておりますが、
ボケ味にも配慮された、私のような素人にもその良さが分かるレンズだと思います。
が、シグマの魅力は「カリッとした解像力」にあったように思います。
今回のマイクロフォーサーズ用レンズはF2.8と、ボケ味を重視する、というよりは、
解像力重視であるような印象を受けました。
以下作例であります。

パリッと写ってくれる印象です。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251582.jpg

被写界深度は割と浅めですね。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251568.jpg

左の方の「ローズ梅酒」の文字ですが、ボケがあまり美しくありません。
収差も出ているようです。性能的には「それなり」ということなのでしょうか。
オリンパス PEN E-P3
シグマ 30mm F2.8 EX DN

P2251595.jpg

我が家のマイクロフォーサーズ単焦点レンズは、
単焦点レンズにはまず第一に「明るさ」を求める傾向があるようで、
12mmF2.0(オリンパス)
17mmF2.8(オリンパス)
20mmF1.7(パナソニック)
25mmF1.4(パナソニック)
45mmF1.8(オリンパス)
という面々を使っております。
うちオリンパスの17mmF2.8は早々と出番を失い、
その結果、F2以下のレンズを常用している状態です。
このラインナップに、この「30mmF2.8」が食い込む余地があるか。
買ってから言うのも変ですが、正直出番は少ないように思います。
今日ではF2.8という絞り値は凡庸ですし、
せめて寄ることができればマクロ的に使えるかも、とも思ったのですが、
最短撮影距離は30cm、これはパナソニックの25mmF1.4と同じで、寄れない部類です。

ただ、ミラーレスカメラを初めて購入して、
レンズキットのレンズに飽きた、2本目は何にしようかな、
という方には良いかもしれません。
理由は価格です。ヨドバシ価格で19700円ならお財布のダメージも少なめです。
ボケ味がちょいとアレですが、
開放F2.8でぶん回すとそれなりに単焦点気分も味わえるでしょう。
最近のマイクロフォーサーズカメラは「パンケーキキット」という商品が少ないようですので、
低価格お散歩レンズとして買い足す選択肢にするのもアリかと思います。
個人的には「さんざん待たせておいてこれかよ」とも思うのですが(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/11/08 Tue 23:35 ソニーα
α77発売後にシグマから
「今のままでは一部レンズがα77でAFしません、ファームアップで対応します」
というアナウンスがされていて、
それを依頼していたものが本日私の手元に戻ってきました。
レンズは「50mm F1.4 EX DG HSM」
評論家が揃って大絶賛した標準単焦点レンズであります。

PB080644.jpg

評論家筋が絶賛したから、というわけではありませんが、
私もこのレンズはとても写りが良いと思います。
私のような素人アマチュアでもそれが分かるってことは、
良いレンズだってことですよね。

11月1日の正午ぐらいに、クロネコヤマトの営業所に出かけて行って出荷しました。
11月8日の午前中に手元に戻ってきました。
当初のシグマからのスケジュールでは2週間かかるとのことでしたが、
私は関東在住ですから多少は早かったのかもしれませんが、
実際には私のケースでは1週間で戻ってきました。
迅速な対応に感謝しています。

早速の撮り歩き…というわけにはいかなかったのですが、
前回のエントリでも書いた「α77のノイズが酷い」について、
ちょっと比較目的の試し撮りをしてみました。
手持ちで撮りましたので、画像がずれているのはご容赦ください。

ISO800
DSC00817.jpg

ISO1600
DSC00816.jpg

ISO3200
DSC00818.jpg

ISO6400
DSC00819.jpg

ISO12800
DSC00815.jpg

マルチショットノイズリダクション
ISO12800相当
DSC00814.jpg

何だか「この程度なら許容範囲内じゃね?」と思われそうですが、
実際に外に出てISO感度を上げていくと、もっとアラが目立ちます。
ノイズ感はこの画像よりあると思います。
あら探しするわけではないのですが、普段の撮影で酷いノイズの画像ができた時には、
掲載してみることにします。
私はαを愛用しているユーザーですが、狂信的信者と思われるかのような盲従をするのではなく、
可能な限りフェアな感想を述べたいと考えています。

PB080646.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事