ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「クリスマス2014」
2015/01/08 Thu 00:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニー人気の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
ネット界隈では「神機」と呼ばれているそうですね。知らんけど。
神機かどうかはともかく、少なくとも私は気に入って使っています。いいじゃーん。

今回も丸の内です。すみません。決してネタ切れというわけではございません。日常をトレースするとどうしてもそうなるという。
んで、時期はクリスマス直前の12/23です。α7IIを手に入れた翌日でした。
祝日ということもあり、イルミネーションの見物人も多くて賑わっていた時期です。
DSC00225

そう言えば今季のクリスマスイルミネーションネタで「丸の内イルミネーション」と冠した記事が無いですね。
見に行くのが習慣になっていたのでかえって記事にするタイミングを逸した、ということです。
DSC00218

歩道から身を乗り出して撮る人多数、
もともと車の通行量は多くはありませんが、それでも危ないっちゃあ危ないですので、気持ちは分かりますがほどほどに(笑
DSC00217

東京駅では、クリスマス時期にだけ行われるライトアップの試験点灯が行われていました。
虹色に照らされて、なかなか派手で見ごたえがあります。
DSC00256

せっかくなので駅舎に近寄って撮ってみました。
巨大な照明マシンの脇にコートを着込んだスタッフの方が吹きっさらしの中パイプ椅子に座っていて、パソコンで何やら操作していました。
色がくるくると変わる仕組みでしたが、照明の実際の効果を確認しながらテストしていたのでしょうね。
DSC00283

この写真で使用したレンズはAマウントの「16-35mm F2.8ZA」です。
このレンズが我が家にあるもので、Eマウントの16-35 F4に手を出すのに尻込みしています。
こちらの方が一段明るいんですから使いやすいのは間違いないですよね。でも、大きいんだよなあ。
DSC00186

フルサイズEマウントのF4通しレンズが欲しい、16-35か70-200のどちらか、と思いつつ、
どちらの焦点距離もF2.8通しがあるもので二の足を踏んでいます。
「小さい」というメリットと「暗い」というデメリットを天秤にかけています。
DSC00195

今回はこの辺で。さらりと流してしまったか(笑
丸の内ばかりですね。しかも同じ所を歩くものだから写真が本当に似たり寄ったり。
でもそろそろ別のネタを混ぜていくつもりです。
その流れとは直接関係がないかもしれませんが、ツイキャスをこまめにやろうと思いまして。
よろしければご覧いただければと思います。もっと声を張らないとね。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2015/01/07 Wed 00:26 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
ソニー期待の新型デジタルカメラ「α7II」関連エントリです。
今回は、少し前の写真を掲載いたします。
クリスマスイブに表参道に出掛けたあたりは以前にも書きましたけれども、
表参道を撤収した後、銀座線に乗ってそのまま銀座に移動、ちょっぴり撮ってきた、というわけで、
単発記事ではありますが、今回は銀座クリスマス編となります。
DSC00463

銀座ミキモト本店ビル前の、名物クリスマスツリーの前で撮りました。
人がいっぱいで歩道をただ通りすぎるのも大変、アベックいっぱい、若い人いっぱいでした。
そんな中、わたしのようなおっちゃん一人でツリーを撮ってきたのであります。
DSC00473

上の写真ではちょっとわかりにくかった、ミキモトツリーの全体はこんな感じです。
余談ですがこのツリーの樹は本物で、クリスマス展示が終了した後はどこかに寄贈されるそうですね。
DSC00476

ミキモトツリー、もういっちょ!
真ん中のお姉さんの髪にピントが合っていて、私としては満足しています。
DSC00467

銀座和光ビルのショーウィンドウの中を、135mmで撮りました。
これはいったい何でしょうね?後でこのように見返しても、何だったのかよく分かりません。
やはり広く状況を押さえた写真も撮るべきなのですね。
DSC00465

表参道でも見かけたのですが、バイクに乗った集団が、サンタコスプレで走っていました。
事故ったニュースも見かけたような気がします。こんなグループがいっぱいいたのでしょうか。
ヘルメットから髪がこぼれている、女性もいたようでした。
DSC00497

有楽町マリオンの、吹き抜け通路の天井に飾られていた、これは腕時計でしょうか?
どうも私には使徒に見えてしょうがない。
DSC00507

有楽町駅前広場まで出てきました。
このあたりは今年も緑色のイルミネーションがかざられていました。
赤と緑、とかだと見かけますが、グリーン一色というのは珍しいかもしれません。
お正月明けにはまだやっていました。今週末ぐらいまでなのかな?
DSC00510

今回はこの辺で。
実はこの記事は、ツイキャスを配信しながら書きました。
ツイキャスとは「Twitcasting」と言いまして、短時間の配信を気軽に行うウェブサービスで、以前にも行ったことがあります。
基本的には生放送なのですが、後日データが生成されたらいつでも閲覧できるようになるようです。
見ることができるようになりましたら、この記事の何処かに貼り付けますね。→貼り付けました。
ブログ記事を書いている雰囲気が伝わっていればいいなあ。


次回は別のネタでまいります・
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/27 Sat 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回に続き表参道イルミネーションの写真を掲載してまいります。
表参道編の最終回であると同時に、2014年度クリスマスシリーズの完結編ともなります。
どうせ積み残しが発生するだろう、とも思うのですが(笑
CP+あたりまではイルミネーション写真が断続的に掲載されることもあるかと思います。
その折にはまたお付き合いくださいませ。

さて。表参道。
前回のゾナーこと「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」では、表参道ヒルズの周囲をメインに戦いました。
それなりに枚数を撮ったところでそろそろ移動、その前に…と、レンズ交換です。
3本持ち出していた最後の1本「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA SSM」です。
このレンズを取り付けて、表参道駅まで歩きました。
DSC00456

やっぱりマネキンを見ると撮ってしまうんですよね。
24mm、135mm、そして今回の50mmと、マネキンをそれぞれ撮ったことになりますが、
画角ごとの捉え方がやはり違うものだなあと今更ながらに感じます。
DSC00437

表参道ヒルズから表参道駅にかけては、私でも名前を知っているような有名ブランドのお店が並ぶエリアです。
そんな中でひときわ華やかな雰囲気の
DSC00393

135mmで通行人をモチーフにしますと、撮り方にもよりますがかなりデカデカと存在感が出てしまいます。
50mmですと周辺の風景も適度に取り込めますね。
DSC00398

逆に、全体を捉えたい時にそれが出来ない、ということもあります。
自分が下る(遠ざかる)ことが難しい状況などですね。
それはそうとこのクリスマスツリー、よく見たら飾りがペットボトル?
DSC00430

今回唯一モノクロで撮影した写真です。
Flickrの機能で、ちょっぴり明るくしました。
DSC00385

思い切り近寄って、いったい何を撮っているんだかさっぱり分からない、という撮り方も出来なくはないですね。
ショーウィンドウの中の、ツリー状の飾りをぼかして撮りました。
DSC00424

というわけで表参道駅までたどり着きました。
ここらでもうちょっと撮り足してから、銀座線に乗って帰宅したというのが、私のクリスマスイブの夜でありました。
DSC00447

今回はこの辺で。
昨年はα7Rで出撃した表参道に、今年はα7IIで出撃した、ちょっと感慨深いものがあります。
来年はまた別のカメラで乗り込むことになるのでしょうか。そんな買い増しペースがいつまでも続くはずがなく、
そろそろ抑えていかないと…と思いつつも手を出してしまうのは性分なのでしょうね。
そんなα7IIを実際に使ってのファーストインプレッションは、次回掲載する予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00427

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/26 Fri 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
我が家の最新鋭機材・α7IIとともに出撃したクリスマスイブの表参道イルミネーション写真を掲載しています。
α7三兄弟に比べてα7IIはボディが少々ゴツい、ということは発売後に小売店店頭の展示機を見て感じた印象でした。
実際には見た目以上の差があるように錯覚してしまいます。もはや小型軽量とは言えないなこれは。
ましてや今回の表参道編では泣く子も黙るトランスルーセントマウントアダプター「LA-EA4」を付けっ放しにしてAマウントレンズで運用、
ましては今回の記事で登場するのはゾナーこと「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」、
この組み合わせですと、もうα99を持ち歩いているのと体感的には変わらないほどだ、と言っていいでしょう(笑
DSC00355

明治神宮前駅からスタートして、まずは24mmディスタゴンを装着して歩きました。
表参道ヒルズに至ったらレンズ交換しよう、と決めていまして、取り替えましたのがゾナーというわけです。
昨年、やはりクリスマスイブに表参道を攻略しようと試みて、見事に玉砕したのは良い思い出です。
ですから今年はリベンジしちゃる!と決意して乗り込んだのでした。いわばこれからが本番というわけです。
DSC00357

表参道ヒルズの前では、例年記念撮影用のツリーが用意されるのですね。
昨年それがあるのに気付き、今年も何かあるのかな、と思ったらありました、しかもまったく違うものが。
こういうのはたいてい「毎年同じものを押し入れから引っ張り出した」かのような場所が多いのですが、
こちらは綺麗だし目新しいし、とても印象深かったです。
DSC00350

ショーウィンドウ越しにマネキンを撮るのは私としてはオススメなんですけどね、あまりいませんね。
ガラスに映る背後のイルミネーションがボケてくれて、華やかな印象を加える隠し味となります。隠してないか。
DSC00346

こうやって道行くアベックを盗撮後ろ姿を風景に落としこむことをさせていただいているのですが、
腕を組んでいたり、手をつないでいたり、あるいはちょっと間を空けて歩いていたり、その隙間の広さ狭さなど、
お二人の関係性を想像させる余地を写真で表現できているかどうか。難しいですかね。
DSC00330

裏通り、と書くと失礼にあたりますかね、表参道ヒルズの向こう側にある新潟県ショップの雪だるまです。
昨年は雪だるまが本物だったような記憶がありますがどうだったっけ。
かまくらに本物の雪を使い、雪だるまはイルミネーションとなっています。熱が出ないLEDならでは、かもしれませんね。
DSC00376

今年の表参道イルミネーションの協賛はペリエみたいですね、ということを書きました。
その割にペリエ色がぜんぜん出てない、さすが奥ゆかしいなあと思っていましたら、ありましたペリエツリー。
ペリエのボトルを積み上げて、緑色のクリスマスツリーをイメージしたわけですが、この時のレンズは135mm。
24mmに取り替えたい!ペリエツリーを見上げて撮りたい!と思ったのですがグッと我慢して中望遠なりの撮り方だけで帰ってきました。
DSC00375

なんとかいう名前のフレーバーポップコーンに行列ができていました。
ポップコーン、流行しつつあるのかな?最近いろんな所で見ますね。
DSC00365

今回はこの辺で。
表参道ヒルズ周辺を135mmで撮り歩きました。昨年より手応えアリです。
もちろん世間の評価は分かりません。自分が満足できれば良いのであります。
次回はさらにレンズを交換した後の写真、3本目のレンズでの激闘っぷりをご覧いただきたく思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00359

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014/12/24 Wed 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

前回予告しましたとおり、クリスマスイブは表参道の撮影で過ごしてきました。
撮れたてほやほやの写真を掲載しています。
DSC00309

仕事がうまいこと定時で上がれましたので、スタート地点たる明治神宮前駅には18:30頃に到着できました。
昨年同じことをやった時には「表参道人多いな、東京すげえ」と思ったものですが、
今年は行った時間が早かったこともあるのでしょう、混雑していながらも多少の余裕がありました。
DSC00287

さっそく明治通りを渡って表参道へ…と思ったのですがふと横を見るとラフォーレがとても華やかでしたので、
思わず駆け寄ってパシパシと撮ってしまいました。
DSC00293

表参道のイルミネーションはシャンパンゴールド一色です。多少の例外はありますけども。
ですので、このような青い写真は私の視点では実は貴重だったりします。
DSC00305

今年の表参道イルミネーションはペリエ協賛のようですね。
ペリエといえば緑、だけどぜんぜん緑じゃないやい!と思っていましたが、次の記事あたりでガッツリ登場しますのでそこんとこよろしく
DSC00314

脇の道、おしゃれなお店がいっぱいの通りなのですが、地面に道沿いにキャンドルがずらりと並べられていました。
いや、キャンドルに見せかけたゆらゆら揺れるLEDだったとは思うのですが、ここで書きたかったのは、
これだけ若い人が多い場所なのに、蹴り倒されたりしているキャンドルが一つも無かったということです。
こういうの良いですよね。
DSC00321

クリスマスイブの夜はこれからだ、という時間帯でした。
気張って売りまっせ!てなもんなのでしょう。
DSC00324

とまあ、そんなこんなで表参道ヒルズにたどり着きました。
明治神宮前駅から表参道ヒルズまでは「Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA」の一本勝負でした。
ここでレンズをゾナーに取り替えて、135mmでレッツリベンジ!というわけです。
DSC00328

今回はこの辺で。
表参道編は全3回を予定しています。
が、次回だけ一回休み、別のネタでまいります。先にやっとくと色々と都合が良いものでね-
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC00315











今回の
撮影機材







このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014年度クリスマスイルミネーションシリーズ、怒涛の第30弾となります。
今回は六本木ヒルズ編最終回です。ここは本当に見所が多かったです。
ミッドタウン開業時はそちらの方が派手かな?と思ったりもしましたが、ここ数年で完全に開きが出ましたね。
クリスマスイルミネーションに関しては六本木ヒルズの方が面白いと思います。
来年はミッドタウンの奮起を期待するものであります。

さて、前々回はけやき坂前回は66プラザと見てきまして、今回は残った部分です(笑
クリスマスマーケットの写真からまいりましょう。
EM160577

クリスマスマーケットです。ものすごい人出でした。
ここまでいくつかの場所でクリスマスマーケットを見ましたが、混雑度は一番でしたね。
六本木という立地もあるのでしょうが、屋根があるから、かな?
P1310059

たまにはカメラの話もしましょう。
OM-D E-M1とLEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4の組み合わせです。
もちろん絞り開放でございます(笑
EM160657

もういっちょカメラの話をしましょう。
こちらもE-M1とパナ25の組み合わせですが、マイクロフォーサーズらしからぬ撮り方(ぼかし方)をしました。
もちろん!絞り開放でございますよ!
EM160642

毛利庭園の方に行こうと思い、螺旋状のスロープを降りていく途中で撮りました。
撮る時は「ギャル達はあっち行かないかな、待とうかな」などとも思いましたが、まあこれはこれでいいや、と。
P1310102

んでもって、毛利庭園です。
毛利庭園にもイルミネーションは施されていたのですがそちらは私の腕では微妙に綺麗にとれなかったもので、
むしろ毛利庭園から六本木ヒルズを見上げてみよう、ということで趣旨が外れてしまいました(笑
手前下の草木に飾られた照明が、毛利庭園イルミの本体であります。
P1310112

けやき坂からメトロハットを何度も行ったり来たりして撮っていました。
予定より大幅に長い時間滞在していました。飲食も物販もあまり利用しないというのに(笑
P1310070

今回はこの辺で。六本木ヒルズは充実していたなあと振り返っても感じますね。
次の記事からはいよいよクリスマス2014年度最終シリーズ、表参道編をお送りいたします。
が、表参道の取材はこれからです。12/24の聖なる夜に出撃する予定です。
そこで!これをご覧の独身フリーのカメラ女子の皆様!クリスマスイブの表参道を撮影するプチオフ挙行のご案内です!
12/24(水)19時から、明治神宮前駅をスタートしまして、表参道駅を目指します。
ご参加表明はTwitter経由とさせていただきます。「@tilandmark」宛にツイートしていただくか、フォローいただいた上でDMをお送りください。
遅くとも20:30頃には解散したいと思いますがその場の流れで食事会もアリですねおや誰か来たようだ
冗談はともかく昨年はα7R+ゾナー24ゾナー55ゾナーの3本態勢で苦戦、とくに135mmでは爆死しましたので(笑
今年はなんとしても成果をあげたいと意気盛んな状態であります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM160573

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
クリスマスイルミネーション編第29弾となります。そろそろ佳境に入る頃ですね。時期的にも。
さて、今回は余談から入ります。
クリスマスが近づくにつれて、場所によっては街もカウントダウンみたいな空気が出来ているようで、
まあそれはそれでよろしいことだと思います。

今回も六本木ヒルズです。こんどは駅側と言っていいのかな?66プラザ周辺の写真を掲載していきます。
66プラザは「六本木6丁目」からとられたネーミングなのだそうで。以前にコメント欄で教えていただきました。
P1310054

66プラザは六本木ヒルズ森タワーの正面玄関であるようで、それならばとこのようにビル主体に撮ってみました。
アートフィルター・パートカラー、青残しで撮っています。
EM160547

その66プラザに円すい形のツリーっていうのかな?巨大なオブジェがありまして、色がどんどん変わっていく演出で人を集めていました。
これは撮り方が難しかったです。あえて1枚選ぶならお茶を濁すようにこれかなあと。
向こう側にサントリーの看板が見えるように、ツリーが赤くなるのを待って撮りました。
P1310048

けやき坂のイルミはサムスン協賛でした。66プラザはサントリー協賛であるようです。これも恒例ですよね。
私はウィスキーを飲む習慣が無いのですが、こういう時にはちょっといただいてもいいかも?という気がします。
EM160569

赤いイルミネーションが多いように思いました。
それを前ボケに活かして、東京タワーを撮ってみます。
東京タワーの右下隣に立っているビルを構図で切りたかったのですが、それをしてしまうと左端のポスターも切れてしまうので、
ギリギリでの調整の結果がこれ、ということになります。
EM160562

広場に面したお店のショーウィンドウを撮らせてもらいました。
この箱にあるような、深い色合いの赤が好きなもので、どうしても目にとまってしまいます(笑
EM160568

この広場周辺からは、東京タワーまで遮るものがなく、よく見えます。
東京タワーを眺めることができるポイントには人が集まっていて、皆さんめいめいにカメラを取り出して撮っていました。
ある意味名物と言えるのかもしれません。
EM160570

今回はこの辺で。
六本木ヒルズ編はあと1回続きます。全館あげて盛り上がっていましたよ。クリスマス撮りスポットして充実しまくってます。
あと数日しか行われませんので、もし興味を持っていただけたらぜひ行ってみてください。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM160557

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
12月も21日となりました。クリスマス間近ですね。だから何なのよ、という年齢ではありますがそれでも何となくウキウキする季節です。
早くも第28弾、そろそろネタ切れ間近となっていますがもう少しまいりますので!ぜひお付き合いください。

今回は六本木ヒルズです。
東京駅100周年ネタ(非スイカ)で中断しましたが、時系列的には東京ミッドタウン編との連作という扱いになります。
ここの目玉はやはり「けやき坂」なのですね。
私のような地下鉄利用組からしたらけやき坂はいちばん奥まった位置になるのですけれど、
そのような「端っこ」まで濃厚なイルミネーションを楽しむことができるという意味でも、
六本木ヒルズは見どころいっぱい、甘えナシのスポットなのであります。
P1310076

露出をよくよく考えたつもりでしたが、ちょっと失敗しましたね。
もう少し落ち着かせてもよかったかも。空が真っ黒になってしまってもいいから、メインの被写体を最適にすべきでした。
いわゆるひとつの「日和った結果」というやつです。
EM160615

30分に一度、約10分ぐらいのペースかな?イルミが赤く変わります。
昨年からだったと思うのですが、青白のけやき坂に生まれた新たな試みでしたが既に定着した印象です。
EM160618

ボカシたい!手前に何か欲しい!という時の撮り方です(笑
向こう側を真っ赤にできるかな?と思ったのですがなかなかそうもいかず。でもこれぐらいで良かったかも。
EM160624

丸の内でよく見かけるダブルデッカーのバス、ここでも走っているのですね。
公式サイトを見ますと、コースごとに2000~3000円ぐらいか。観光だからと割り切れば安いですね。
P1310118

けやき坂イルミネーションは、サムスン協賛で行われているそうです。ずっとそうですよね。
サムスンではなく「GALAXY」というブランドを表に出していますが、ここはちょっとしつこいかなと。お国同様。
EM160626

今回はこの辺で。
六本木ヒルズの撮り歩きはとても楽しいのでオススメです。
冒頭にも書きましたとおり、見どころいっぱいです。というわけで次回も六本木ヒルズです。
23日まで六本木ヒルズ編が続き、24・25日でクリスマスイルミネーションのフィナーレとなる記事を載せる、完璧やん?
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM160603

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
この記事が掲載されるのは平成26(2014)年12月19日です。
明日は12月20日、東京駅開業100周年となります。

当ブログもネット辺境の場末ブログながら東京駅フリークを自称しておりまして、ささやかながら開業100年をお祝いする意味で、
今回と次回、東京駅ネタでまいります。
まずは八重洲口。グランルーフの「Tokyo Colors.」と名付けられたイルミネーションについて書いてまいります。
EM170010

今年のグランルーフのイルミネーションは、「希望の芽」と名づけた棒状のライトが明滅するという趣向です。
グランルーフは元大丸東京店のビルを取り壊した跡に敢えて大きな建物をつくらず、海からの風を皇居方面に流すことによって、
ヒートアイランド現象の緩和に結びつけようというコンセプトのもとに建設された空中回廊です。
そのグランルーフを吹く風を検知し、強さや風向を測定、計算の上イルミネーションの色や光量に反映させるという、
言葉の意味はよく分からんがとにかくすごそうな仕組みが実装されており、名づけて「風のビジュアライズ」と、
そのあたりのことは公式サイトをご参照ください。
EM170034

無数のスティックが伸びている様は、一種異様な空間を作り出しています。
他には見られない演出で、これは良いですね。昨年が微妙だと思ったもので(昨年の当ブログ記事)、
今年のは期待しつつも「基本的にただの通路だから難しいのかな?」などと思っていましたら、
ところがどっこいこれはインパクト大でありました。
EM170045

紫一色に染まった瞬間です。魚眼で広く捉えてみました。
通路自体は暗く、ちょっと不気味な印象すらありますが、行ってみるとこれがなかなか面白かったです。
EM170066

地上にも目を移してみます。
オーソドックスな白色イルミネーションです。
白色イルミがオーソドックス、と感じられるほど(笑)グランルーフは特徴がはっきりしたイベントだとも言えます。
EM170057

ノースタワーとサウスタワーを結ぶ、あとはドコモショップぐらいかな?とりたてて特徴もないスペースでして、
オープン当初の賑いも落ち着き、人通りは決して多くありません。
撮影者としてはありがたい話ではありますが、このイルミネーションはもっと注目されていいように思います。
EM170005

突然だけど、久しぶり!動画のじっかんっだよー!
このグランルーフ雰囲気は、動画でないと伝わらないかも!?と思いまして、ちょっぴり回してきました。
BGMへの差し替えも行わず、細切れにしてつなぎあわせただけですが、多少は雰囲気が伝わるものと思います。
オール手持ち、という点も見所といえば見所ですね。
寒さでカメラを持つ手も細かく震えていたはずですが、オリンパス無敵の五軸手ぶれ補正はそれを見事に吸収しています。
α7Rだとこれは不可能、α99の電子補正ではここまで劇的な効果は期待できません。
α7iiだとどうなんだろう?期待しているんですけどね、オリンパス機ほどではないのかもしれませんね。


今回はこの辺で。
八重洲グランルーフのイルミネーションはオススメです。
バレンタインデーまでのロングラン開催のようですので、もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたらぜひ体感してみてください。
ここは実際に行ってナンボであります。
東京駅開業記念記事は次回も続きます。いや別に特別なものを用意しているわけではないのですが(笑
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM170052

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2014年度クリスマスシリーズ、東京ミッドタウンの後編となります。
前回はミッドタウン名物の青いガーデンあたりの写真を掲載しました。
今回は建物側と言えばいいのかな?屋内の飾りを中心に掲載してまいります。
EM160738

「プラザ」と呼ばれる広場です。ここは派手で見栄えが良いですね。
それこそ1年目はこれとは比較にならないほどの豪華な飾りが行われていたのですが、最近はまあ、普通です(笑
P1310134

ガレリアと呼ばれる巨大吹き抜け空間に作られた、サンタのツリーです。
昨年にもあったものですが、これは飽きないですね。思わず見上げてしまう人も多数。
P1310140

サンタのツリーは、このように小さなサンタ人形がいっぱい吊り下げられていて、それが天まで届こうかという勢いでそびえています。
週末は人だかりができているかもしれませんね。
EM160689

吹き抜けの部分にキラキラの紙吹雪のような、あれは何て言うんだろう、
広角で撮るとそうでもないですが、実際は綺麗ですよ。
P1310173

こちらもクリスマスマーケットと言うんですかね。
雑貨屋さんがズラリと並んでいる風景です。これも毎年恒例です。
EM160721

ガーデンは「一面の青」がウリなのですが、屋内はむしろトラディショナルな雰囲気が魅力です。
そのメリハリが良いですね。
EM160733

お、色鉛筆かあ、むしゅめにプレゼントするかな、どれどれ…
と思ってみてみましたら60000円近くします。さすが六本木、高額所得者御用達ということなのでしょうか。私には無理です(笑
EM160732

今回はこの辺で。
ミッドタウンの後は六本木ヒルズ、というのが例年の巡回コースであり今年もそうしたのですが、
この流れで六本木ヒルズ編に移る前に、次回は別の記事を差し込みます。
日付的に優先させたい記事がありまして。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事