ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「クリスマス2010」
2011/01/01 Sat 02:19 ソニーα
新宿テラスシティのクリスマスイルミネーションは、広大なエリアに広がっています。
前回のエントリは小田急百貨店側の「モザイク通り」なるエリアを中心として書きました
今回はサザンテラスの方を採り上げます。

DSC01291.jpg

こちらも青いイルミネーション主体で飾られています。
この「流行の青」はいつまで続くのでしょうか。

DSC01292.jpg

JR東日本本社前の、おなじみペンギンです。
今年も健在で、記念写真を撮る人が多数いました。

DSC01487.jpg

サザンテラスのイルミネーションは毎年非常に豪華なのですが、
残念だったのは高島屋タイムズスクエア側。
今年はイルミネーションはありませんでした。

DSC01313_20110101020913.jpg

この新宿のイルミネーションは、2月14日まで行われています。
場所柄、通りがかりに見る機会のある方も多いことでしょう。

DSC01300.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2011/01/01 Sat 00:35 ソニーα
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

新年一発目のエントリは、クリスマスイルミネーションの続きです(笑
まあいいでしょう、新宿駅のイルミネーションはバレンタインデーまでやっているらしいですので。
新宿西口側の名物イルミネーション、今回は小田急近辺になります。

DSC01335.jpg

モザイク通り近辺が、青一色に飾られている感じです。
とても華やかで、ステージ前は人だかりでした。

DSC01338.jpg

坂の天井にもイルミネーションが光っています。
人が多いので感じないかもしれませんが、ふと見上げるとかなり幻想的な風景であることが分かります。

DSC01341.jpg

DSC01342.jpg

最後の写真は買いたてのレンズ「Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2.0 ZA SSM」で撮りました。
このレンズの秀逸な点はその最短撮影距離の短さで、
レンズフードがくっつくかくっつかないか、そんなギリギリまで寄ることが可能です。
24mmでも開放で撮るとここまでボケさせることができました。

DSC01337.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/31 Fri 22:09 ソニーα
表参道のイルミネーションは、90年代に一世を風靡したクリスマスイルミネーションでしたが、
ごみ・騒音問題やケヤキを痛める等の、実施することによる周辺環境の悪化が懸念された結果、
取り止めになっていたのですが、
昨年から大々的に復活しまして現在に至ります。
再開にあたってはイルミネーション照明の技術革新が大きく寄与したそうですね。
末永く行って頂きたく思います。

DSC02078.jpg

DSC01441.jpg

通りにはブランド品のお店がずらりと並びます。
それぞれのお店が綺麗に飾られて「写真に残したい」と思いますね。
お店を正面きって撮ろうとすると、店内外の警備員さんや店員さんが止めに入る場合もあるようです。
特に銀座ではそういう傾向がありまして、
店舗を撮らせたくない、というよりは、出入りする顧客が写り込むことへの配慮だ、
と聞いたこともあります。
というわけで、遠巻きに風景として(笑)写真に収めるようにさせていただきました。

DSC02088.jpg

表参道の新しいランドマーク、表参道ヒルズです。
「ソニーα」の発表会が行われたのもここでした。

DSC02095.jpg

DSC02087.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/25 Sat 21:31 ソニーα
ワールドポーターズへ行った帰りに偶然見かけて立ち寄ったキャンドルイベントです。
イルミネーションとは少々異なりますが、この時期の光のイベントですから、
当サイトではひとくくりに扱ってエントリにさせてください。

DSC01188.jpg

会場はこんな感じです。
ものすごい人だかり、というわけではありませんが、
そこそこ、いやかなり盛況の様子でした。

DSC01189_20101225212528.jpg

娘が走り回るもので、地面に置かれたキャンドルを倒してしまうのではないかとハラハラ。
まあ倒しませんでしたけれども。
最近は私が撮っているのを横で見て、うらやましいんでしょうかね、
「カメラ貸して!」と言ってくるものですから、
時折PENを渡して撮らせてます。
そのうち面白いものがあったら掲載しますので見てください
m(_ _)m

DSC01208.jpg

このイベント、今日(12月25日)までだそうです。
運河パークも知らなかった私にとっては、
たまたま通りがかりに見かけたイベントだったのですが、
とても綺麗で、立ち寄って良かったなと思いました。

DSC01203.jpg

DSC01209.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/24 Fri 22:13 ソニーα
クリスマスプレゼントを探しに、ワールドポーターズに行ったときの写真です。
通りがかりに汽車道側のゲート周りを撮っただけなので、
偉そうなことは書けない程度の記事ではありますが、お付き合いください;

DSC01251.jpg

入口脇のステージで、中学生ぐらいかな?子供たちが合唱していました。
クリスマスソングがとても素敵でした。
帰ってから調べたら「横浜少年少女合唱団」だそうで。
娘には音楽をやらせたい、と、ふと思ったりしました。

建物を出ると、イルミネーションが綺麗な歩道が伸びています。

DSC01156.jpg

で、その脇などから、横浜みなとみらい定番の風景を撮ることができます。

DSC01159.jpg

DSC01168.jpg

汽車道を通って桜木町へ抜けようと思いましたが、
その前に何やら人だかりのできているイルミネーションがありましたので、
そちらにも立ち寄ることにしました。
「運河パーク」なるものがあることを、今回初めて知りました。

DSC01259.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/23 Thu 23:31 ソニーα
ストラスブールとは、フランスのアルザス地方の都市だそうです。
アルザス地方とは、ドイツとフランスが長い間奪い合ってきた土地で、
短編小説「最後の授業」などで日本人にもよく知られています…
って、今の教科書って、最後の授業が収録されてないんだって!?
知らんかった;;;

DSC00992.jpg

で、このイベントの趣旨は、

「モミの木のクリスマスツリー発祥の地フランス・アルザス地方の都市ストラスブールで行われる、フランスで最も長い歴史を誇るクリスマス・マーケット」
(オフィシャルサイトから引用)

を日本で再現した、という点にあるそうですが、
ストラスブールを採り上げるあたりから思うに、
クリスマスイベントって、世界的には「ドイツ式」的なものがスタンダードなんですかね?
別の場所でも「ドイツ式クリスマス」をフィーチャーしたイベントを複数見かけましたよ。
どこだったか忘れましたが;
アルザス地方はフランスだろ?と思った方、
歴史的にアルザス地方はドイツ文化が浸透していますので、
アルザスのクリスマス=にフランスもの、とばかりは一概には言えないわけです。

DSC00994.jpg

心なしか外国人が多いように思います。
「懐かしいなあ」なんて立ち寄っている人も、きっといるのでしょうね。

DSC00995_20101223231926.jpg

クリスマスマーケット、と銘打つわけですので、
クリスマスにちなんだ小物などが売られています。
フードコートもありますね。
ちょっと寒いですが、大盛況の様子でした。

DSC01008.jpg

DSC01006.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/22 Wed 22:54 ソニーα
汐留シオサイトのクリスマスイルミネーションは、他のエリアのものに比べて見ごたえがある、
私はそう思っておりました。

神戸ルミナリエを別格とすると、国営昭和記念公園を見ていない私が偉そうに言えるものでもないのでしょうが、
非常に大規模かつインパクトがあるものだと思っておりました。

が、今年はそうでもありませんでした。

まずはカレッタ汐留ですが、

DSC01120.jpg

カレッタ汐留名物「ブルーオーシャン」、
青と白のLEDを立体的に配置して、その中に遊歩道を用意して「青い海の中に入っていく」感覚を実現した、
新感覚のクリスマスイルミネーションです。
しかし、さすがにその評判が広まったのでしょうか、昨年あたりからかなりの人出があり、
窮屈で身動き取れないほどの混雑度だったものが、
ついに入場制限まで行われるようになりました。

DSC01127.jpg

行ったことのある方ならご存知だと思いますが、
カレッタ汐留のビル=電通本社の前の広場は、さほど広くはありません。
そこにギッチギチにイルミを配するコンセプトは良し、なのですが、
いかんせんキャパに限界があります。
ビルを青く染めるほどのイルミネーションが評判を呼び、ついに限界突破した感があります。
数年前まではベンチがあるぐらいゆったりしていたんですが。
まあ、これは人気があるということですから、否定的に書くのは誤りかもしれませんね;

DSC01122.jpg

カレッタについては、人気沸騰ということで良かったよね、ということなのですが、
ひどいのは日本テレビの方です。
クリスマスイルミネーションが、今年はついに無しになりました。

DSC01136.jpg

かつては白のLEDを大量に使用して一面純白のイルミネーションを用意し、
カレッタ汐留に負けないほどのインパクトを持っていた日本テレビのイルミネーション
は、
今年はついに消滅しました。
日本テレビはかなりの経費削減を行っていて、それは虎の子の人気局アナの退社にまで影響しているとの報道もあります。
真相はわかりませんが、この日本テレビのイルミネーションがなくなったのを見て、
私は日本テレビの苦境を連想しました。

例年行っていることを、急にやめてしまったり規模を縮小したりすると、
やはりネガティブな印象を持ってしまいます。
日本テレビ前の広場ではフードコートをやっていました。

DSC01131.jpg

フードコートを否定するわけではありませんよ。
しかし、クリスマス時期に、ある程度目の肥えた人から見ても気合が入っているとすぐに分かるほどのイルミネーションを例年展開していたところに、
ぽつんと「ミニうまいもの博」って、だいたい「ミニ」って何だよ;

巨大ズーミンでお茶を濁していましたが、それではさすがに騙されませんよ;

DSC01134.jpg

で、あまりにも落差がひどいので、汐留シオサイトのウェブサイトを見てみましたら、
冬の汐博2010」というイベントとして紹介されていて、
クリスマスのクの字もありません。
かつては
GO!SHIODOME Xmas 2007
のように「クリスマス」という文字を入れていたのが、今年はそれが憚られたのかと勘ぐってしまいます。
クリスマスイベントを名乗るには良心の呵責があったのかい?ということです。
あるいはリソース不足の日テレに配慮したのか。

ともかく、日本テレビが事実上脱落した汐留シオサイトのクリスマスイルミネーションは、
相当に寂しくなりました。
もともと他の商業施設との連携が難しいエリアですから、衰退傾向にあると言っていいでしょう。
カレッタの集客力と健闘は賞賛に値しますし、何より私は汐留シオサイトが大好きですので、
残念に思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/21 Tue 10:00 ソニーα
汐留のクリスマスイルミネーションは、個人的には毎年楽しみにしています。
カレッタ汐留・日本テレビ・そして今回エントリにした汐留シティセンターの3者が互いに譲らない豪華なイルミネーションの競演を見せてくれるという稀有なポイントで、結果非常に大規模なものになっているからです。

DSC01104.jpg

が、今年はちょっと様相が異なるようです。
いや、汐留シティセンターはいいんです。
良くも悪くもブレない姿勢は、ある意味評価すべきかもしれません。

旧新橋停車場=日本の鉄道発祥の地に鎮座するファンタジア号。例年通り。

DSC01107.jpg

そのファンタジア号の前で、動く光を追いかけて遊ぶ子供たち。
うちの娘もここでは大フィーバーでした。楽しいらしいです。

DSC01108.jpg

二人が同時にスイッチを押すことによって点灯するツインタワー。
かつては「これはおひとり様排除の悪しきイルミネーションか」と思ったものですが、
今では「いやイルミネーションは一人で行くもんじゃないだろ」と納得しておりますw

DSC01118.jpg

汐留シティセンターは、全日空本社などが入る大きなビルで、三井不動産らしいです。
なるほどイルミネーションは東京ミッドタウン同様「多色の混合」がキーワードの「三井仕様」。
色とりどりの光飾は見ものですが、時折下品に感じなくもないのも否定できないのがつらいところです。

DSC01117.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/21 Tue 10:00 ソニーα
銀座ミキモト本店前で毎年披露される、名物巨大クリスマスツリーです。
毎年これの点灯はニュースに取り上げられたりしますので、
クリスマスの風物詩として有名であります。

DSC01090.jpg

DSC01074.jpg

毎年テーマといいますか、題材のようなものがありまして、
単なる飾り付けではないのが特徴です。
で、その「テーマ」がミキモトビルのショーケースにも連動しておりまして、
今年は…んん、何でしょう、木彫りのサンタクロースが、
キノコのような、水滴のようなガラスのオブジェの周りを歩く、という趣向でした。

DSC01078.jpg

ちなみに昨年は、巨大な美しいツリーを、
隣のショーケースの中にいる雪だるま達が見上げて驚嘆している、というものでした。
これは昨年エントリにしなかった写真ですが、
撮っておいてよかった、時代を切り取るスナップの面目躍如であります。

DSC00340.jpg

そろそろクリスマス本番です。
皆様はどのようにお過ごしになりますか?
私は仕事です(ToT)

DSC01082.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2010/12/20 Mon 16:01 ソニーα
クリスマス時期の銀座四丁目交差点界隈です。
和光ビルの時計台がクリスマスの装飾です。
カメラを向けて初めて気がつくこともあるのですね。

DSC01098.jpg

クリスマスだからというわけではないと思うのですが、
この時期、歩行者天国はいつにも増して人が多いように思います。

DSC01101.jpg

この交差点ですと、ミーハーな私としてはどうしても被写体が和光ビルになってしまいます。
例年ショーウィンドウには、豪華な装飾を施したマネキンなどがディスプレイされるのですが、
昨年からかな?壁に電飾が入るようになって、綺麗ではありますがある種の趣が失われた気もします。

DSC01096.jpg

コントラストを上げて撮っています。
α550ですと、絞り込んで撮ることに躊躇がなくなりますので、
作風にも影響を受けていることを実感しています。

DSC01097.jpg

DSC01091.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事