ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「クリスマス2008」
2008/12/24 Wed 08:34 ソニーα
昨年に続き、
クリスマス銀座撮影セミナーに参加しました。
今回の講師は吉住志穂先生。ソニーαのページでもおなじみです。

RFNDMDMwNjXZ7A_enlargement.jpg

RFNDMDMwNzne8g_enlargement.jpg

今回は少々気合を入れて、セミナーに参加する前にレンズを買い足しました。
それが「AF35mm F1.4G」で、今回はそれで一本勝負するつもりでいました。
隣の席に座っていたご婦人が「α700+Vario-Sonnar16-80mm」で、RAWで撮っていたのは驚きでした。
RAW現像は写真の邪道(笑)と思っている私はマイノリティなのでしょうか;

RFNDMDMwOTPa8A_enlargement.jpg

さて。
セミナー冒頭のレクチャーで「丸秘テク」として出た話が「露光間ズーム」。
シャッターを切り、露光している間にズームリングを回すと、光の跡が放射状に流れるというアレです。
なるほど、私は普段使わないなあと思って聞いていたら先生が、
「ではみんなで練習してみましょー」
って、おいら単焦点なんですけど;
いそいそと24-70mmに付け替えて、ズームズーム。
私は下手っぴみたいで露光間ズームではまともな写真が撮れませんでした。
なので、いつもどおり(?)スナップで勝負しようと再決心。

RFNDMDMxNTjc8A_enlargement.jpg

今回のセミナーは後半で講評(参加者の撮った写真を先生が批評してくれる)があるので、
気合を入れて撮りました。
各自1枚ずつ先生に見てもらうのですが、私はここで下に掲載した写真を提出しました。
女の子がショーウィンドウのきらきらした小物を撮ろうと、ケータイを向けているところです。
先生からは「いいスナップですね」とお褒め頂きましたが、結局参加者全員褒められたのでこれで「よし良い写真が撮れた」と喜ぶわけにもいかず(笑

RFNDMDMxNjjd8g_enlargement.jpg

ただ、exifも確認したので私の使ったレンズがF1.8、すなわち「Sonnar 135mm F1.8」だったことを見抜かれ、「良いレンズで撮ると雰囲気が出ます」的なことを言っていただきました。参加者席からも「良いレンズ使ってんなー」という声が聞こえたので、
解釈によっては、
「しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ、そのレンズの性能のおかげだということを忘れるな」
「ま、負け惜しみを!」
というような風に聞こえます。
まあ、私の写真がその時たまたま雰囲気のある写真だったように見えたとして、
それが私の腕ではなくレンズの性能のお陰だったとしても、私は一向に構いません。
写真は近代戦争と同じ、総力戦です。
カメラ機材に投資をできる時にはより良い写真が簡単に撮れる。投資できない時には、腕で勝負すればよい。それで良いのです。
私は高級レンズを買い集めるようなことをしていますが、
その反面、世間の人に比べて多くの取り返しのつかないものを失ってもいます。
結局はその人の人生が出る、それでいいではありませんか。

また文体が暗くなりましたね。すみません;
ともあれ、セミナーは楽しいです。
機会があればまた参加したいと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/22 Mon 08:23 ソニーα
神戸ルミナリエは、本来「クリスマス」を主題にしたイルミネーションイベントではありません。
それが証拠に、クリスマス時期を待たずに終了します。
なので、「クリスマスにルミナリエを見に行く」ことはできません。
不勉強にも私はそこを勘違いしており、昨年は1日差で見逃しました;

RFNDMDI1ODji_g_enlargement.jpg

初めてルミナリエに行ったのですが、圧倒されました。
何にって、その人出のすさまじさに、です。
私が過去に行ったイルミネーションイベントの全てに来場者数で圧倒しました。
阪神元町駅を出て、ルミナリエ会場にたどり着くまで1時間。
普段なら5分もかからないような道のりを、交通規制された大通りを埋め尽くす形で進みます。
おかげで、ハーバーランドをあきらめました(笑
今となってはそれも後悔のタネであります。

RFNDMDI2MTJfMWeL_enlargement.jpg

RFNDMDI2MjJfMWiP_enlargement.jpg

そして、ルミナリエは何よりもその内容で圧倒してくれました。
はい、私の負けです。
ルミナリエ最強でした。
写真などでどういったものなのかを知っている人は多いでしょうが、
これは実際に見ることをオススメします。

RFNDMDI2NTdfMXCq_enlargement.jpg

聖歌?なのでしょうか、会場は荘厳な声楽に包まれていました。テーマ曲でしょうか。
この演出は、素晴らしいと思います。

RFNDMDI2NDBfMWiR_enlargement.jpg

出口には、たこやきや焼きそばの出店が並んでいました。
このあたりは、関西のノリですね。好きですこういうの。

RFNDMDI2NznjAQ_enlargement.jpg

RFNDMDI2NDJfMWqX_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/21 Sun 08:13 ソニーα
なんばパークスの屋上はちょっとした庭園になっています。
その庭園全体がクリスマスイルミネーションに彩られるという、単体の商業施設としては比較的大規模に催されるイベントだったので、個人的に楽しみにしておりました。

RFNDMDIzNjHX7Q_enlargement.jpg

オブジェも豊富で被写体に困りませんし、混雑していないのでカメラを構えるのにもあまり気遣いがいらなかったので撮りまくっていました。

RFNDMDIzMTPU5Q_enlargement.jpg

RFNDMDIzMTHS4w_enlargement.jpg

が、時折木陰のベンチでいちゃついているカップルに気づかず接近してしまったりして、ぷち迷惑をかけてしまいました;
土曜の夜だったのに家族連れが皆無だったのは意外でした。
というか、男女2人連れでなかったのは私だけだったかもしれません(笑

RFNDMDIzNTne8w_enlargement.jpg

RFNDMDIzNjnf9Q_enlargement.jpg

RFNDMDIzNDHV6Q_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/12/21 Sun 08:05 ソニーα
名古屋名物タワーズライツ、
今年のテーマは、「輝きの絵本の世界へ、ようこそ」だそうです。

RFNDMDIyMzHT5A_enlargement.jpg

RFNDMDIyMjXW5g_enlargement.jpg

壁面に「輝きの絵本」、すなわち動く巨大イルミネーションを配置し、
メルヘンの世界を表現しようという試みです。

が、これ、見上げて観るのは大変でした;
ただでさえ尋常ではない混雑ぶりだというのに(笑

RFNDMDIyODLZ7w_enlargement.jpg

RFNDMDIyODjf9Q_enlargement.jpg

イルミネーション自体は多様なものを用意していて、充実していました。
お約束の「熊」も健在でした。写真に収めてきています。

RFNDMDIyMzja6w_enlargement.jpg

RFNDMDIyNTTY6w_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/13 Thu 07:10 ソニーα
新宿西口~南口の広大なエリアで行われるイルミネーションイベントです。
西口の「小田急エリア」は12月25日まで、
南口の「JR・高島屋エリア」は2月15日まで行われます。
エリアが広く、それぞれに特徴がありますが、
今回は後者、南口の写真を掲載します。

RFNDMDA5Mzfe9w_enlargement.jpg

RFNDMDA5NTDZ9A_enlargement.jpg

今年も青白LEDが主流でした。
JR東日本本社前名物のペンギンも、昨年はグリーンでしたが、今年はブルーに彩られています。
高島屋の方は変わらずですね。
オブジェも昨年と同じだと思います。

RFNDMDA5NDXd9w_enlargement.jpg

RFNDMDA5NDnh-w_enlargement_20100224071514.jpg

双方とも大変な人出でした。
今週から首都圏は急激に冷え込んでいますので、
それなりに雰囲気も出てきています。
いよいよ本番!といった感じです。

RFNDMDA5NTbf-g_enlargement.jpg

RFNDMDA5NTXe-Q_enlargement.jpg

余談ですが、ソニーのデジイチを持っている人を見かけません。
テキトーに数えてもニコンが半数、キヤノンはそれより少ない。
ペンタックス・オリンパス・ソニーはほんとに見かけません。
あと、コンパクトデジカメもあまり見かけませんね。
昨年まではもっと多かったように思いますが、今年は携帯が圧倒的に多い。
携帯電話カメラの素子が高画素化して、コンパクトデジカメとの境界線が曖昧になりつつあるとは聞いていましたが、
生粋の「カメラ」が減っているように見えるのは、なんだか寂しいですね。

RFNDMDA5NTni_Q_enlargement.jpg

RFNDMDA5NTjh_A_enlargement_20100224071513.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/09 Sun 22:10 ソニーα
ハイホー、ハイホー♪
月並みですけど見渡す景色最高でしょ♪
意外とお手軽にLaLa空中散歩♪

末永華子さんによるとても印象的なCMが頻繁に流れたのは、昨年のことでしたか。

RFNDMDA4NTTc9Q_enlargement.jpg

東京タワーは、私を含めた「非東京人」の多くにとって、
「最初に訪れた、東京の観光地」であったはずです。
私が初めて東京タワーに上ったのは20年以上前になると思うのですが、
当時は都営大江戸線など無論存在せず、
駅からとにかく遠く、延々と歩いた記憶があります。
都心中心部にあり、東京第一の観光地でありながら、最寄り駅に恵まれなかった陸の孤島、
それが私の「東京タワー」のイメージです。

RFNDMDA4Nzji_Q_enlargement.jpg

で、そんな東京タワーのクリスマスイルミネーション。
東京タワーの足元で行われている名物イルミネーションです。
タワー自身のライトアップをあわせると、
派手さは相当なものです。
写真でも、東京タワーのオレンジ色をどこかに写しこもうと試みています。

RFNDMDA4Njni_A_enlargement.jpg

RFNDMDA4NjPc9g_enlargement.jpg

毎度おなじみせっせと写真を撮っていた私に、
「すみません、写真撮ってもらえますか」と学生さんらしき女の子2人が声を掛けてきました。

私はひとりで写真を撮りに行くことを常としていますし、それはクリスマスイルミネーションでも変わりません。
当然といいますか、現地ではさまざまな人たちに「ちょっとシャッター押してくれ」と頼まれます。
そんな時、ケースバイケースではありますが、ちょっと戯れてみたりします。
以前に遭遇したケースとしては、

カップルと思しき若い2人連れに声を掛けられ、カメラを構えることになった。
2人はベンチに座り、カメラに向かってしゃきっと背筋を伸ばすのだけれども、
何だかぎこちない。
私にはすぐ理由が分かった。2人の間に微妙な隙間があるのだ。くっついて座ろうとしない。
その理由もすぐ察しがついた。
2人の関係は、「お付き合いを始めて間もない」か、「お付き合いに至る以前の友達段階」なのだろう。傍から見ても他人行儀なのだ。
だから、私はそ知らぬふりをして「もっとくっついて」と、両手でジェスチャーをする。
二人ははにかみながら、でも意を決したかのごとくぴったり密着する。
そこで、はい、ソニー。
写真の出来はともかく、まあ、感謝はされる立ち回りですw

RFNDMDA4NTnh-g_enlargement.jpg

で、今回は、学生さん、もしくは社会人になりたてぐらいの女の子2人組でした。
持っていたカメラは、LUMIXとFinePIX。
2人のカメラをかわるがわる受け取ってシャッターを押してあげました。
カメラで写真を確認してうれしがっている2人。
とても喜んでくれて、性格の良さがこちらにも伝わってきました。
なので、こちらから提案してみました。
「もう少し雰囲気の違う写真をとってみませんか?」
ちょうど手元で持っていた機材が、α900とPlanar85mmZA。
クリスマスイルミネーションのポートレート撮影には贅沢とも言える組み合わせ。
一眼レフはプチブームを迎えているとはいえ、まだまだ高級機材のイメージが高く、
女の子2人は「そんな本格的なカメラで」と喜んでくれています。
2人のカメラからSDカードを借り、CFアダプターを使ってα900に取り付ける。
2人並んで、はい、ソニー。
コンパクト機とフルサイズの、この場合の最大の違いは「ボケ加減」です。
背景を綺麗にぼかして、出来上がり。
2人にSDカードを返して、「ありがとうございました」と言って別れました。
正直、急な思いつきでやったことなので、構図もデタラメだったし手ブレもしていたかもしれません。
が、これは面白いですね。良い経験でした。
自分から言い出したこととはいえ、急にポートレートを撮らなくてはならない状況に自分を立たせる。
撮影ポイント探しから初対面のモデルの表情をほぐすための気遣いまで、いい練習です。
相手のメモリーカードを借り受けてそれで写真を撮るのですから、私の手元にデータは残りません。
が、これは今年のイルミネーション撮影で、機会があったらまた試してみたいです。

RFNDMDA4NzPd-A_enlargement.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2008/11/03 Mon 21:58 ソニーα
クリスマスイルミネーション、2008年度は、私は恵比寿からスタートします。
昨年はバカラの巨大シャンデリアを核に、恵比寿ガーデンプレイス最大の特色である煉瓦建物の雰囲気を生かしつつ落ち着いたトーンでまとめていましたが、今年はというと…

ほとんど同じw

RFNDMDA2MzTY6w_enlargement.jpg

入口のツリーなど、よく見ると異なる部分はもちろんあるのですが、
まあイルミネーションのネタなんてそれほどバリエーションが豊富なわけではない、
ということになるのでしょうか。
もちろん、充分に大規模だし、人出もすごくて、綺麗でした。見に行って満足してます。

RFNDMDA2MTTW5w_enlargement_20100222220203.jpg

印象深かったのが、シャンデリアを見ていたおばちゃんの一言。
「暖かいとあまり綺麗な気がしないわねえ、寒いと空気が綺麗になるのかしら」
そう、今日の恵比寿ガーデンプレイス、とても綺麗だったのですが、
何か物足りなさを感じたのです。
それを私も漠然と感じていたので、見知らぬおばちゃんの一言に思わず考えてしまいました。

RFNDMDA1ODff9Q_enlargement.jpg

RFNDMDA1NDjc7g_enlargement.jpg

思うに、「11月」なのが最大の理由なのではないかと。
世間様はこれから紅葉狩りなんかに出掛けようというシーズンに、
イルミネーションを見ても「綺麗~」という印象以上のものは持ち得ないのではないか、
ということです。

RFNDMDA1ODPb8Q_enlargement.jpg

私たちはこの手のイルミネーションを「クリスマスイベント」という先入観があって見ますので、
クリスマスを意識する時期じゃないと見る側の心の準備ができていないのではないか、
という気がするのです。
もちろん「寒いこと」もそれを満たす重要なポイントになるでしょう。
おばちゃんの言い様は、一面の真理を突いているように私には感じられました。

RFNDMDA1OTTd9A_enlargement.jpg

とは言うものの、そんな印象でシャンデリアを見ていたのはそのおばちゃんと私ぐらいなのかも知れず、
カップルは寄り添って見ているし、そりゃもう雰囲気は充分w
そういうカップルの背後にこっそり回りこみ(笑)、シルエットにして撮るべし、撮るべし…
というふうにして撮った写真も何枚か載せておきます。

RFNDMDA2MjbZ6w_enlargement.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事