ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「キューポッシュ」

久し振りに東京駅の周りをぐるりとしてきました

もしかしたら以前からご覧くださっている方はご存知かもしれません。 当ブログの主な被写体は夜の街撮り、中でも東京、とりわけ東京駅周辺を集中的に採り上げています。 歩くところもたいてい同じですから、そこから撮る写真はワンパターンなのですが、撮っているときはその事が気になりません。 載せる都度、ちょっとずつ違う顔を見せる…てな感じで表現できていればいいですね(他人事)。 P1020920.jpg というわけで久し振りに東京駅周りを撮り歩きました。 使用したカメラはパナソニック「LUMIX GX7mk2」と「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」の組み合わせ。一本勝負です。 換算24mmの世界をとくとご覧あれ!なんてね。
LEICA DG SUMMILUX 12mm|交換レンズ|デジタルカメラ(交換レンズ)|Panasonic

工事が進む丸の内駅前広場

丸の内口は現在、仮囲いができていて、工事が行われています。 P1020910 丸の内中央口外を行幸通りと一体化したかのような歩行者広場として整備し、南北に交通広場を設置。 開放感あふれる空間は帝都の玄関口にふさわしい威容を誇る、と。 完成するその日が待ち遠しいという気持ちです。
JR東日本 進行中の建設プロジェクト
丸の内南口の交通広場です。なんだ、結構出来上がってるんじゃんか。 正直ここに来たのは久し振りでしたので、驚きました。 まだ車はほとんど入ってきませんので、すっきりした写真を撮ろうと思ったら今のうちなのかもしれませんね。 あと、この位置は覚えとこうね。あとでテストに出ます(嘘 P1020911 タクシー乗り場、なのかな?いや、降り場か。どっちでもいいんですが。 正面に東京ステーションホテルの入口がありますから、ここが降り場なのかもしれません。 P1020917 丸の内駅舎の前もずっと仮囲いが覆っているんですが、ここだけ囲いがありません。 駅舎中央部分です。いわゆるひとつの「皇族専用出入り口」であります。 観光名所ですので記念写真用に開放しているのでしょうね。この時も外国人がポーズをとっていました。 P1020919 信号を渡って行幸通りから見渡します。定番の撮影スポットであります。 こうやって見ていますと、換算24mmってなんだか「狭い」ですね。 文句を言っているわけではありませんよ、私の使い方が悪いのです(笑)勉強せねば。 P1020906

今回はこの辺で

今回掲載した写真はすべてRAW現像したものです。 ただしご覧のとおり、そんなに手を入れたわけではありません。ほんのちょっぴりホワイトバランスを調整したぐらいです。 感度はISO1600です。ノイズリダクションを強く、という意識はしていません。綺麗に写ると思います。 東京駅周辺はやはりテンションが上りますね。 先週末、やはり東京駅関連で全身ゾワッとするほどテンションバリ高になる経験をしたのですが今はまだ伏せておきます。 あっさり終わってしまった感のあるこの記事ですが、次回後編です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1020899
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

キューポッシュ 高槻やよい スターピースメモリーズ

キューポッシュ限定版「アイドルマスター 高槻やよい(スターピースメモリーズ)」登場!


フィギュアネタが続きますが、今回は当ブログでもおなじみ、キューポッシュを採り上げます。
キューポッシュとはホビーメーカーコトブキヤから発売されている可動式デフォルメ美少女フィギュアシリーズで、
その愛らしさはもとより、足の裏に磁石が仕込まれていて自立することとサイズが丁度良いことで、
我が家では「カメラ・レンズを紹介する」という大切な役割を担ってもらっています。
キューポッシュ 高槻やよい(スターピースメモリーズ)THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! | フィギュア | KOTOBUKIYA



限定版


私は昨年末だったかな?コトブキヤ秋葉原館で予約しまして、今春手に入れました。
記事にするのがこの時期までずれ込んだ点はまあ当ブログのお約束としまして、
当時「予約したぜぉぅぃぇ」というだけで記事を作った記憶があります。
「キューポッシュ高槻やよい」をコトブキヤ秋葉原館で予約してきた #キューポッシュ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ


余談ながらこの限定版高槻やよい、残念ながら?まだ完売していないようです。店頭に並んでいます。
いやこれは「今からでも手に入れることができる」と肯定的に捉えるべきだな。
私は元来「過度な限定版商法」に対して良い印象を持っていないもので(もちろん例外はありますよ)、
お店へ行けば手に入るという点において、少なくともこういうブログではオススメしやすくはありますね。
P1020861


さすがに愛らしいですね。しかし…


箱から飛び出たやよいちゃん!
原作でどのような話し方をするのかなどは、私の知ったことではありません(笑
限定版春香さん「ぃょぅ」
P1020871


しかし、ちょっと足がグラグラしますね。まあ樹脂製ですから仕方がない。初期不良とは思わないようにしよう(笑
色々なポーズをつけているうちに緩んでくるのは分かりますが、開封したらいきなりグラついているのはどうなのでしょうね。
キューポッシュはこの「個体差」が、ねんどろいどシリーズやfigmaシリーズより大きいのではなかろうか、
と、私個人的にはそんな印象を持っています。
もっともそれがキャラクターの魅力を損なっているかというと、断固としてNOであります。
P1020873


後ろ姿はこんな感じです。髪がボリュームありますね。
重心が少々後ろに寄っていますが、足の裏の磁石が結構強いですので、ちゃんと自立します。
P1020876


集合写真!


キューポッシュ限定版「アイドルマスター スターピースメモリーズ」シリーズも、これで3人目です。
春香さん、星井美希と続いて今回の高槻やよいというわけです。この先何人登場してくれるでしょうね。
増えたら増えたでポーズをとるのも大変ですので(笑)これぐらいで充分かな。
P1020879


今回はこの辺で


今回はフィギュア記事にするつもりは無かったんですが、急遽写真を撮って記事にしてしまいました。
前々回・前回の「figma 艦これ 吹雪」の写真が、どうも色がおかしくてですね。
照明をああだこうだといじって撮り直し、今回リベンジ的に載せた、という経緯なのであります。
吹雪ちゃんを撮り直してやれよ、っちゅう話ではあるんですけど、それはそのうち。
次回はまた別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P1020882













今回の
撮影機材






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニック「LUMIX GX7mk2」でスタジオロケでキューポッシュ星井美希の登場です

マイクロフォーサーズ規格の一眼カメラ「パナソニック LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 前回は「キューポッシュ春香さんがスタジオロケで活躍!」という記事でした。 今回はその相棒、星井美希の登場です。同じくスタジオで張り切ってくれました。 27435276012_5ed829d08e_o.jpg 前回記事はこちらからもご覧いただけます。
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その12 スタジオロケで春香さん #キューポッシュ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ

外部ロケは楽しいね

私の仕事のひとつに「撮影の企画立案と実施」というものがあります。 ヘアメイク・カメラマン・スタジオの手配から業者・コーディネーターとの打ち合わせ、 当日のタイムスケジュール管理から送り迎えの算段、野次馬を追い払ったり女の子のご機嫌取りや荷物持ちに至るまで。 水汲み飯炊き馬の世話、それらをこなしながら自らも動画撮影カメラマン。おお、書き出すとハードですな 以前は「撮影に集中できればどんなに幸せな事か」と思ったりもしましたが最近は「トータルで見ること」の喜びを知ってしまいました。 ですから嫌々やっているはずもないのですが、遠隔地でロケ1回やったらその疲れで一週間ぐらいは腑抜けになってしまうという(笑 最近は自社企画がなくなって外部業者の持ち込みばかりになっていますが、それでも負担は変わらない。 そこに加えてレタッチも自分でやるようになってしまっており、まさしく撮影業務の1から10までやるという経験を積んでいます。 何だかんだで現場の最前線に居ることになってしまうのです。人の上に立つ力量を持たない自分の本質を嫌でも認識しますね。 サラリーマンの悲しいところでもありますが、頼りにされるうちは頑張ろうと決意を新たにするのでした。 私のことをもっと頼ってもいいんだからね! 話がすっ飛んでしまいました。すみません。 何が言いたかったか。 そんなわけで時間が思うようにとれなかったもので、今回の星井美希は「アメリカンバー」での写真のみになってしまいました。 なるべくバリエーションを豊富にしようと考えて撮ったつもりです。それが伝わっていればいいなあ。 P1010558

星井美希はかわいいね

私は「アイドルマスター」原作に対してほとんど興味がありません。 あくまでも「キューポッシュ」のフォロワーであり、星井美希を手にしたのはその系譜から、以上のものではなく、 当ブログに登場するようになったのも「春香さんとコンビにしよう」という思いつき以上のものではありませんでした。 しかし、これだけ撮影していると愛着が湧いてきますね。かわいいですよこの子。 キューポッシュシリーズも3周年、星井美希はその初期に登場した子ですが、 当ブログでは後続の人気キャラを差し置いて現在もなお健在、バリバリ活躍してくれているのであります。 P1010557 設定では中学生だか高校生だかとにかく未成年、 お酒との組み合わせはどうなのよ、と思いつつも雰囲気に負けて撮ってしまいました(笑 P1010556 前回同様、シルエットにして撮ってみました。 何となく「キューポッシュだね」ということが伝わればいいなあと。 プロダクト的にも、シルエットだけで「ああ、キューポッシュを撮ってるんですね」と言われるぐらいになれれば大成功なわけで。 P1010553 アップで撮ってみました。 使用した機材は「GX7mk2」と「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」の組み合わせです。 正直ズームレンズに多くを期待していなかったのですが、このアルデンテ感は嬉しいなあ。 P1010550

今回はこの辺で。

というわけで、キューポッシュ星井美希のスタジオ撮りをお送りしました。 GX7mk2のことをほとんど書かなかったですね、すみません。 期待はずれだったかもしれませんがうちは元々こういうブログですので気に入らなければ(以下略 キューポッシュについてはまた随時採り上げてまいります。星井美希・春香さん以外の子たちも掲載しなくては。 次回もGX7mk2ネタの予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2016/06/14 Tue 22:00 マイクロフォーサーズ

パナソニック「LUMIX GX7mk2」でスタジオロケでキューポッシュ春香さんの登場です

マイクロフォーサーズ規格の一眼カメラ「パナソニック LUMIX GX7mk2」関連エントリとなります。 記事数としては「その12」ですから結構使い込んだな?みたいな域に入ったようにも見えますが、実は全然です。 ようやく設定も安定してきた、これからが本番だぜえ、ぐらいの感じなのであります。 今回は「キューポッシュ」が主役です。 キューポッシュとはコトブキヤから発売されている可動式デフォルメ美少女フィギュアのシリーズ、 スタートして3年経ち、商品数も揃ってきて人気も安定してまいりました。 当ブログとしてはその第一弾である「アイドルマスター 天海春香さん」がイチオシなんですが皆様はお好きなのをどうぞ。 そんな春香さんを連れて、ロケ撮影に行ってまいりました。 普段のような「自宅のテーブルの上」だけでなく、ちょっとバリエーションに富んだ写真をご覧いただけるかと思います。 26766717803_9fb5c39211_o.jpg

人を撮るためのスタジオで、フィギュア撮り

今回訪れたスタジオは「人を撮るための場所」です。決してフィギュアのための場所ではありません。 この記事の写真をご覧になり「ああ、あそこね」と気付かれる方も、もしかしたらおられるかもしれません。 そういう場所で敢えてフィギュア撮り。まあブログネタになれば、というスケベ心が先に立ったんですけれども(笑 P1010150 以前にはこのような場所で撮ったこともありました。 知る人ぞ知る「例のプール」であります。キューポッシュの写真コンテストにもここで撮った写真で応募したっけね。落選でしたが(笑
キューポッシュと行く「例のプール」 前編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
キューポッシュと行く「例のプール」 後編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私はストロボがどうしても苦手で。 いや、そんな言葉でごまかしてはいかんな、言い換えます。 ストロボを理解できておらず使いこなせなくて、まず第一に自然光に頼る、と発想が硬直しています。 P1010092 もちろんそれは「私が業務用においては動画マンである」ことも理由のひとつではありますが、言い訳をしている場合でもない。 ええいストロボの話は今後だ今後。今回はオール自然光です。 ですからこういう時も「軽く当ててやる」みたいな発想に至らず、 まずはレフ。足りなきゃパソコンで何とかするさ!みたいな後処理頼りの撮り方になってしまうという。 画像を作る、というトータルの話で言えばそれも修行なのかもしれませんが、写真は上手にはなれませんわね。勉強します。 P1010157 このスタジオは敷地内にいくつも建物があって、様々なシチュエーションで撮影することが可能というぜいたくな仕組みになっています。 1時間2万円…はこの手のスタジオの相場ですね。高くも安くもありません。例のプールもそのぐらいでした。 が、オーナーさんは至極良心的に運営していらっしゃって、私もここ何年かお世話になっている身で僭越ですが、 お話していても「良い物を作る」という志が感じられて良かったです。 P1010069 んで。 この写真は、屋内で撮ったものです。 アメリカンバー、みたいな建物の中で撮っています。 P1010072 時にはちょっと雰囲気を変えた写真を。 主役をシルエットをするという撮り方は私はあまりしませんが、こういう時には良いのかもしれません。 P1010077

今回はこの辺で。

この記事で掲載した写真を見比べますと、色合いとか明るさとか、統一性が全然無いですよね。 ブログ記事を写真集とみなすならば、もうちょっと統一性を出しても良いようなものなのです。 しかし私はそこに配慮しません。テキトーです。 ピントと構図については一生懸命考えましたが、彩度コントラスト色合いについては、少なくとも「統一性」は考慮していません。 うちのブログはそういうものだと思ってご覧いただけると嬉しいです。 それはそうとこの記事で本当に言いたかったこと。 キューポッシュは被写体にも一級品!ということであります。キューポッシュはいいぞ。 ダンボーもいいけどキューポッシュもね!
コトブキヤ キューポッシュ 特設ページ | KOTOBUKIYA
続編記事も公開いたしました。よろしければこちらにもお立ち寄りください。
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その13 スタジオロケで星井美希 #キューポッシュ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
キューポッシュを連呼しましたが、次回もGX7mk2ネタの予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

久々にキューポッシュオンリーネタ

久し振りに「キューポッシュ」が主役の記事となります。 コトブキヤのデフォルメ美少女フィギュアシリーズ「キューポッシュ」、 その魅力は「関節が動く、いわゆる『アクションフィギュア』である」点と、「足の裏に磁石が仕込まれていて、自立させることが容易」な点であります。 当ブログでもしばしば登場、機材紹介をしてもらっています。アイドル的な存在であります。 限定版春香さん「びっくら」 24185898244_b44b3fd43e_c.jpg
コトブキヤ キューポッシュ 特設ページ | KOTOBUKIYA
今回は終始この話ですので、気に入らない方は他所へ行ってください。 出口

登場が待たれていたオリジナルキャラクター

イベントやキューポッシュ紹介パンフレット等で登場していた謎キャラでした。 私自身も当ブログで「商品化していただけませんでしょうかお代官様」と書いた覚えがありますが、 それが結実したとは思いませんが世間でそういう声が比較的大きかったらしく、 2015年の年末商戦に投入という大胆とも無謀とも言い様がない(田中芳樹調で)タイミングでの登場となりました。 EM163077

名前は「アン」でございます

これまでのキューポッシュ製品はすべて「どこかの作品の登場人物」であり、それぞれの作品のファンがついているのです。 そんな中登場した完全オリジナルキャラ、私は「キューポッシュというプロダクト」に惚れていますから手に入れることを躊躇しませんでしたが、 世間が受け入れるかどうかはちょっとギャンブルだったのかもしれませんね。 結果Twitterなどを見ていても時々写真が載っていますから、反響はまずまずなのではないかと想像します。 限定版春香さん「アンちゅわ~ん」 EM546398

版権モノのファンにも購入しやすい要素

原作付きの場合はそのファンが襲来しますから安定のセールスが見込めます。 キューポッシュで言うと「まどか☆マギカ」「艦これ」「ガールズアンドパンツァー」の瞬発力は大きかったのだろうなと、 店頭から消えるスピードを見るだけで容易に想像がつきます。 それらのファンの方にも実はアンちゅわ~んは、セールスポイントを誇っているのです。 それがこの「素体構造」です。 従来のキューポッシュシリーズでは不可能だった「床ベタ座り」、前屈が90度ぐらいいけるのです。 EM163079 これで表現の幅は広がります。 他作品のファンの皆さん、部品取りのつもりで手に入れてみては!? そ、そんな、身体目当てだったのね…? EM546401

下着っぽいのも使えるかもしれんね(ゲス

素体は下着をモチーフにしていますね、ぐへへ。 さわやかなエロスを表現するのに使えるかもしれません。 いや、カメラ紹介のための看板娘にエロはいらんだろ(笑 EM546403 興味を持ったんですかね、限定版春香さんが「着させろ」と。 アンちゅわ~んの首を毟って着用していました。 これは原作に思い入れの強い方ならグッと来るかもしれませんね(笑 限定版春香さん「えっへん」 EM546405

早くも専用拡張キット

そんな素敵なアンちゅわ~んですけれども、ただ単に素体だけ、身体だけ売ろうというわけではございません。 さっそくこのように別売りオプションが登場しました。 魅力も倍増、春香さんと一緒に機材紹介してくれる日も近いかもしれませんね。 EM546397

今回はこの辺で。

当ブログとしては珍しく日にちを空けてしまいました。別に頭にきて更新意欲がなくなったわけではありません(減りはしましたが)。 実は私ここ最近ずっと熱で臥せっております。連日40度近い熱が出ており、下がる気配がありません。 インフルエンザですかね。会社には普通に出ているので違うと思うのですが。 自宅では一応隔離じみたことをしていて静養してはいるのですが、ブログまではちょっと手が回りません。 今日は起き上がれたので書きましたがまたしばらく更新が止まるかもしれません。 CP+までには余裕を持って完治させますのでオフ会参加をご検討の皆様よろしくお願いします。楽しみにしています!
掲示板
次回更新内容については白紙でございます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM546406
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●年明けに、大いなるネタ振りを込めて

前回「うちはこれこれこういうことを考えてやっているブログです」ということを書きました。 そこにひとつだけ書き忘れたことがありまして。 当ブログはコトブキヤ「キューポッシュ」シリーズを応援しています、ということであります。 「キューポッシュ」とは、デフォルメされた美少女フィギュアです。オタクグッズですね。 「関節が可動し、多彩なポージングが可能なこと」 「足の裏に磁石が仕込まれていて、自立が可能なこと」 が魅力です。 2013年に第一弾「アイドルマスター 天海春香さん」が発売されました。 この3年近くで20以上のシリーズ製品が登場、今に至ります。 今年の「明けましておめでとうございます」記事、前回の記事のことですけれども、 本当は使用する写真を過去記事からの使い回しではなく撮り下ろしたかった。 お正月ガチガチの写真を撮りたかったけれども小物を仕入れるのが面倒できなかった、 あとは路線バスの旅が放送されるとか、見直していた半沢直樹がいいところまで進んできたとか、 来週からファミリー劇場の銀河英雄伝説が第三部に突入するとか、いよいよ真田丸が始まるなとか、 そういった火急の用件が重なったこともありお正月写真の撮影は断念したのでした。 代わりと言ってはアレですが、お正月的な装飾は無しで普通に撮ってみます。 で、その過程といいますか、うちではこんな感じでやってまっせ-、ということを記事にしようと思った次第です。 ここまで書き進めてから言うことではありませんが、この記事の対象読者層は「初心者」です。 特に「フィギュア撮りやってみようかな」と一眼カメラを買った、だけどどうすればいいか」という方を想定しています。 玄人の皆さんはスルーして好きにやってください(笑

日常生活の片手間に、特別な機材を使わずにフィギュア撮影

我が家でキューポッシュ撮影をする時、背景や小物にはあまり気を使わず、主役をシンプルにど真ん中、 とにかく明るくクッキリと写す、ということに注力します。 それであれば、特別な設備も不要、ダイニングテーブルでも充分可能であります。 ヨドバシなどの専門売場に並んでいるような専門機材(背景紙とか専用の照明)は不要です。 今回使用するのはカメラと被写体の他に、  1:自宅で普段使っている照明器具  2:市販の電気スタンド  3:市販のトレーシングペーパー  4:市販のコピー用紙など、A4程度の白い紙 と、それだけです。2はぜひ欲しいですが3・4は揃ってなくても何とかなります。特に4があれば何とかなりそう。 また、撮影後の画像データをあれこれ修正することはいたしません。JPEG撮って出しで行きます。

1・主役を立たせて、室内の照明を点灯する

今回の主役は、限定版春香さんです。 限定版春香さんにポーズととってもらい、中央に立ってもらいます。 立たせるために、下に「磁石が吸い付くタイプのホワイトボード」を敷きました。 他にも理由はありますが、それには下の方で言及することになるかな?必須ではないものの意外に重要かもしれません。 P1000773

2・照明をセッティングする

セッティングと言うと偉そうですが、他に言葉が浮かびません(笑 天井の照明を点灯します。と同時に我が家では部屋の隅っこの間接照明を点灯します。 間接照明を点灯した目的は、ここでは「背景を明るくする」以上のものではないですから、無ければ無くてもいいです。 P1000777

3・照明の色は、揃えた方が、ええで(桂三枝調で)

ポイントは「光の色を揃える」ということですね。 生活空間の照明の色は大まかに「蛍光灯色」と「電球色」があると思うのですが、 どちらを選んでもいいですから「どちらか一方」に絞る、私は照明を電球色で統一しています。好みですね。 これを多少意識するだけで室内撮りの写真は向上しますよね。私がそうでした(笑 具体例を出します。電球と蛍光灯が混在した写真です。 蛍光灯が上から降り注ぎ、向かって右から電球の光が当たっているという状況です。 こういう状況では、蛍光灯を切るか電球を切るかして、光をひとつに絞ったほうがいいです。 後からPhotoshopで修正すれば…という話はここではしません。大前提は上で書いたとおりです。 P1000794

4・電気スタンド登場

上で「電球と蛍光灯は混在させるべからず」と書きました。 ここでは私の好みに従って「電球」に統一してみます。 既に点灯されている蛍光灯を切るわけですから、部屋照明の光量は下がりますよね。 それを補う意味も含めて、「電気スタンド」を使用します。 市販の安いもので充分です。ただ、最近の家庭では電気スタンドなんて無いかもしれませんね? 極端な話、置き場所を固定できるなら懐中電灯でもいいですので。 限定版春香さんをよく見て「ここに光が当たってないな」という部分を狙って照らしてあげます。 ポイントは「顔を含めてね」ということです。 人形は顔が命です。顔をいかに美しく撮るかが全てと言っていい、特に着衣フィギュアの場合は。 ただ、そもそも限定版春香さんは小さいから普通に光をてらせば顔にも当たります。 ですのでこの段階ではあまり細かく考えなくてもいいです。 P1000783

5・「光と波動砲は拡散させると弱くなる」の法則

上の写真では「天井から電球色の照明、向かって左側から電気スタンドの光」を当てています。 ご覧のとおり、ちょっと光が強いですね。鼻の影がくっきり出ていますね。俗に「光が硬い」などと言ったりします。 電気スタンドの光を直接当てると、光は往々にして硬くなりがちになります。 おおまかに傾向を言いますと、 硬い光を当てると影がくっきり出ますので「クールに」撮ることができます。 柔らかい光を当てると影が薄くぼやけますので「優しく」撮ることができます。 光の硬さは表現によって選択すべきものですから正解はありません、好きにすりゃあいいところではありますが、 私は春香さんを「優しい雰囲気で」撮りたいですので、ここではこの硬い光を「柔らかく」いたしましょう。 方法としては「拡散させる」、具体的にはここで「トレーシングペーパー」の出番となります。 「向かって左の方向から当たっている強い光」との間に「トレーシングペーパー」を垂らします。光を弱めるイメージ。 トレーシングペーパーなんて常備している家庭はなかなかありませんよね。 そんな時には「自治体指定の半透明ゴミ袋」でもいいかと。コンビニ袋も試しましたが意外に光を通さないのですね、あれ。 それも無い場合には「電気スタンドを遠くに離して置く」のでよろしいかと思います。 するとこんな感じに。「光が柔らかくなった」という表現がしっくり来ますね。 P1000784

6・電気スタンドをオススメする理由

上の写真ではかなり光が柔らかくなりまして、目標とする写真に近くなりました。 が、それでもまだ顔の影が取れていませんよね。それを取り除いていきます。 具体的には「電気スタンドの位置を再検討」です。 ここでは電気スタンドを「写真向かって左斜め方向から」当てていたものを「正面から」当てるように変えてみます。 P1000786 何だよ最初から「正面に電気スタンド」で良かったじゃねえかよ、という話ですよね。 しかし言うまでもなく正面には既に撮影者(この場合は私自身)がいるわけですから、電気スタンドとポジションの奪い合いになります。 光の硬さなどと同時に「電気スタンドの置き場所は本当にここでいいのか」と試行錯誤していくのが良いでしょうね。

7・A4白ボード投入!

上の写真でも鼻の影は完全には取り除けていませんから、ここで秘密兵器「白ボード」を投入します。 A4の白い紙を、写真向かって右手前に立てて、鼻の影を取り除きます。いわゆる「レフ」というやつです。 紙を立てる方法ですか、クリアファイルに入れて、何かに立て掛けるとかいかがでしょうか。 写真に写らない部分なんてみんな「その場にあるものを使って創意工夫」です。 私は数年前の雑誌デジタルキャパ付録「折りたたみ式A3ボード」を使っていますが「ボードを立たせる」意外の機能はA4紙と同じです。 これでようやく「このように撮りたい」という状況を作ることができました。 P1000787

8・カメラの登場です

さてようやくと言いますか、ここでカメラの登場です。 ここまで作り上げた状況をベースに、カメラを設定していきましょう。 今回の記事では「JPEG撮って出し」を目指しますので、この段階でやれることは全てやります。 具体的には「明るさ」「ホワイトバランス」が中心になるでしょう。 明るさについては、上の写真を更に明るくしました。具体的には露出補正を「+」にしました。 ほんのわずかに残っている顔の影を取り除いてしまうのが目的です。 ホワイトバランスについては今回は「オート」のままで行きます。現状で既に私の意図にそっていますので。 無理して「何でも設定をいじる」必要は無い、目的を達成できるなら出た目そのままでもいい、と考えています。 カメラ・レンズは何でもいいです。 「エントリークラスのボディ」と「キットズーム」で充分です。 写真に写り込む部分を綺麗に整頓しておけば、無理にボカして背景を整理する必要もありません。 できれば「広角側」より「望遠側」を使ってください。その方が被写体が歪みません。オススメは換算60~100mmぐらいです。 人それぞれですけれども。 ただ一点、ピントは本気で。これは妥協せずしっかり合わせます。 ピントを合わせる場所は「眼」、特に「撮影者に近い方の眼」です。それ以外にはあり得ません。 で、シャッターを切る、と。 P1000788

・アレンジもしてみるかな

上の写真が今回の目標、完成点です。 ですので今回はおしまい、ではあるのですがせっかくですのでゲストに登場してもらいましょう。 「艦これ」から雷・電コンビです。 試しに撮ってみましたら、うしろの二人に影が(笑 これでまた光の位置を考え直さなくてはなりません。 状況が変わるとその都度光の向け方も変わる、のが本筋ですが、普段私はそこまでやってないですね。 P1000789

・こんな感じでやってます

ちょっと引いて撮ってみました。 写真向かって右側の黒い部分が上で言及した「白いボード」です。向こう側は白いのです。 限定版春香さんの背後、写真向かって左奥の間接照明の光を跳ね返し、限定版春香さんの顔に当てることで鼻の影を消しています。 また、下に敷いているホワイトボードも、天井の照明からの光を跳ね返し、これも限定版春香さんにフラットに当てています。 ただ単に自立させるだけならフィギュア付属のスタンド(金属板)で充分ですが、敢えてホワイトボードにしている理由はそれです。 とにかく、すべての光が限定版春香さんに向かっている、とりわけ顔に向かっている、と。 その上で光が強すぎないように、光源からダイレクトに当たらないようにあの手この手を使っている、と。 それを「どこの家庭にもあるもの」だけを使ってやってみましょう、ということなのでした。 P1000790

・今回はこの辺で。

この記事のポイントは 「専用の機材を使わなくても、どこの家庭にもあるもの、もしくは簡単に入手できるもので今すぐ撮れます」 という点であります。 ですので「使ったこともないカメラ付属ソフト」や「高くて手が出ないレタッチソフト」などを持ち出したのでは意味が無い、 返す返すも、RAWで撮って云々というお話とは根本的に別のジャンルなのだということでご理解ください。 あくまでも記事タイトルにあるように「この記事を読み終わったら直ちに実践できる初心者向けフィギュア撮り」が趣旨ということです。 ご感想などございましたらコメント欄にお願いいたします。 この記事は単発です。 次回はこのカメラについて書くと思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM536374
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●キューポッシュ「高槻やよい」

昨日電撃発表(私にとってはね)された、キューポッシュ隠し玉の新製品、アイドルマスター高槻やよい。 限定版「スターピースメモリーズ」シリーズの第三作となります。 EM525401.jpg

・いきなり発表、いきなり予約開始

いや別に文句を垂れているわけではありませんが(笑 昨日いきなりTwitterでその情報を入手し、それは行かねばならぬと慌てて予約しに行ったのです。 スポーツクラブ早めに切り上げましたがな(笑

・高槻やよいとは何者か

当ブログをご覧いただいている方の中には、私が「アイドルマスター」について知識ほぼゼロということをご存知の方もおられるかと思います。 高槻やよい?誰やねんそれ、新キャラか!? 高槻さんということは、お隣は茨木さんか?そしたらお向かいは枚方さんか?ひらパー兄さんか?岡田撮りなんか!? …とまあ、私の知識とはその程度のものです。別段恥じてもおりませんが。 高槻やよいをWikipediaで見てみましたら、 >明朗快活で家族思いの健気な少女。 >事務所内ではよく自主的に掃除やゴミ捨てをしている。 >父親の仕事が安定しないことと総勢7名という大家族のために、給食費の納入に支障をきたすほどに生活の余裕がない。 >アイドル活動も少しでも生活が安定するように、との思いで始めた。 >その甲斐あってか『DS』では生活環境が良くなった描写がある。 以上「THE IDOLM@STERの登場人物」引用 との事で、これはもう何だか他人と思えない、頑張れ高槻やよい!君の未来は輝いているぞ! という気持ちになりました。 ですので今回も高槻やよいを応援するため、3体予約と。

・通販嫌いなもので

というわけで、夜になってコトブキヤ秋葉原館に行ってきましたよ。 いくら限定版とはいえ、予約開始初日に行ってアウト、ということはないだろうと。実際予約は成立しました。 従来であれば私は「ララビットマーケット」で注文していたと思うのですけれども、 もともと宅配便での受け取りが嫌いな上に前回の「星井美希」の時に一人いっこ、と制限がついたことで完全にその気がなくなり、 だったらやっぱり性に合う店頭受取りの方で行こう、というわけでした。 そしたらラッキー、現物の展示もされていまして撮影もOKということでしたのでこりゃラッキー。 第一印象が「春香さん、イメチェンした?」と思ったのは内緒です。 EM525400

●フィギュアを撮らせていただきました

というわけで無事予約成功、任務完了。ちゅどーん。 あとはロスタイムですわ。ワンフェスの時と同様、こうなって初めて他の商品に目が行くようになりまして。 以前に少し聞いた話で「コトブキヤ秋葉原館は展示フィギュアの撮影がOKだ」というのを思い出し、 それならば、と撮らせていただきました。 私の嗜好を書くのもどうかと思いますが敢えて書きますと、別に峰不二子みたいなのが理想形なわけではありません。 胸は大きさではござらん、感度でござる。 しかしながら、それはそれ、これはこれ。こういう造型のフィギュアに目がとまるのは仕方がない。 悲しいけど、これ、おっぱいなのよね。 EM525409 ちょうちょみたいなフィギュアを見つけました。これはあれですね、TONYですね。それだけは知ってる。 これがダブルピースというやつか! EM525407 なんかどこかで見たことがあるキャラクターなんですよね。 作品としてはもちろん、見たことありません(笑 記憶に引っ掛かったので撮らせていただきました。 EM525404 これは知ってる!リトの妹だ! 名前とかはまったく覚えていないけれども! EM525402 こちらは言わずと知れた春香さんです。マジ天使。 先日行ったサンクリでも、春香さんの同人誌を探そうと思ったのですがどうしても私のプラトニックな良心が咎めまして、 結果しぶりんと島村なんとかいうのにしたという。 EM525411

●今回はこの辺で。

実は隠密理に「カメラ女子のファン獲得大作戦」というのを計画してるのですが、 またしてもそれに真っ向から反する記事になってしまいました。 カメラ女子のファンが欲しければフィギュア記事はやめれ、と言われているんですけどね。 まあどうでもいいですわ、いろいろ見て評価してください(笑 このコトブキヤ秋葉原館で思いがけず入手したこの子について、次回は記事にしようと思います。 EM525414 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●今回もキューポッシュ!

キューポッシュ関連記事もそれなりに充実してまいりました。 「キューポッシュ」タグで言うところの43個めの記事、他に登場する回数を合わせると優に100回を超えるという、 もはや当ブログも人気順で名前を付け直すといっそ、 「某キューポッシュ&マイクロフォーサーズ、ついでにソニーα使いの写真ブログ」にしてもいいのではないか?みたいな。 今回の主役はこの子、星井美希です。 当ブログにおいては春香さんとふたりで狂言回しのような役割を果たしてくれている、大切な大切な存在なのであります。 限定版星井美希「じゃーん」 EM123243

・ワンダーフェスティバルで先行販売

この限定版星井美希、「スターピースメモリーズ・バージョン」だそうで。 ナンノコッチャと思って調べましたら映画版で登場した一張羅なのだそうです。 毎度この断りを入れるのも面倒になってきましたが出典作品にはそれ以上の興味はありませんのでこの話はここまでです。 で。 今回の主役・星井美希は「限定版」でありまして、まだ世間一般の店頭には並んでいません。 私は発売される、とアナウンスされた直後に唯一通販受付を開始していた「ララビットマーケット」で予約をしようと考えました。 お友達「キューポッシュ アイドルマスター 天海春香(スターピースメモリーズ)」略して限定版春香さん、 限定版春香さんもララビットマーケットで予約していたので、楽ちんで安心だから今回もそうしよう、というつもりでおりました。 が、ところがどっこい、ララビットマーケットだと「1人1個」と制限がついていたのです!これは困った! 限定版春香さんは、ララビットマーケットで複数個注文できたのです。が、今回は制限がついたようです。人気があってその点は何より。 アカウントいくつも作って買えばいいじゃねえか、とお思いの貴女、私は基本的にそのようなズルっこはいたしません。 より多くの人に手に入るように購入制限をかける、ということであればその趣旨やよし、ということで小細工無し、 よかろうワンフェス行って足りない分を買ってやろうじゃないの、有明ビッグサイトだろ、近い近い! と思っていたら幕張だったという、そのあたりの顛末は少し前の記事で書いたとおりです。 EM163075 私は13時ちょっと前ぐらいに会場入り、広大無辺な展示ホールを右往左往してようやくコトブキヤブースにたどり着き、 並んでいる間にどんどん貼られていく「完売」の札に怯えながら、星井美希残っていてくれ頼む~、と手を合わせながら並んでいました。 EM163076 そして無事ゲットォ!イエス!高須クリニック! かくして我が家にやって来たのでありました。めでたしめでたし。 EM163106

・ようやく開封ということで

一連のワンフェス関連記事を優先させたもので一週間遅れの開封となりましたが、ようやく記事にできます。 限定版春香さんも興味をもったのでしょうか、やって来て見上げています。 限定版星井美希は、箱がちょっと小さめです。パーツが少なく、顔もひとつだけです。その分ちょっと安くて3200円で手に入れました。 通常のキューポッシュシリーズは同じくコトブキヤの価格で4500円~5000円程度の価格ですから、 単純にボリューム分安い、と思うと良心的な価格設定とも言えます。 EM123240 春香さん、紹介してくださいな。 限定版春香さん「よろしくっ!」 EM123239

・登場、

箱から登場した限定版星井美希は元気ハツラツな印象の表情です。 もともと星井美希はもうちょっとクールな雰囲気だと受け取っていましたので、ちょっと別角度の表情だなと。 限定版星井美希「よろしくねっ!」 星井美希「なんだか私に似てるねえ」 EM123245 限定版春香さんがちょっとドヤ顔になったのとも対照的な気がいたします。 いずれにせよ可愛らしいんですけどね。 限定版星井美希「よろしく!」 限定版春香さん「びっくら」 EM123244

・同じ衣装で記念写真

この衣装のボディが欲しくていっぱいいっぱい買って並べてる写真をどこかで見ました。すごいですねあれ。 私にはそこまでのバイタリティがありませんのでこのぐらいでいいです(笑 限定版春香さんが二人いますから、萩原雪歩開封の暁にはこの衣装を着せてあげてもいいかもしれません。 EM123246

・一人でポーズをつけてもらわねば

ここまで、集合ばっかり載せてしまいました(笑 一人で撮った写真も載せなくてはなりませんね。 ボディが新規格って言うんですかね、初期のものに比べて部品の噛み合わせも良くなっているように思います。 セイバーさんなどはアーマーがボロボロと落ちてしまってとても使いづらかったのですが、 もし仮にニューバージョンで出るとしたら改善されてくるのかもしれませんね。 EM123247 表情が応用範囲が広い「笑顔」ですので、色々な局面で遊べそうです。 当ブログとしては新機材の紹介は星井美希と春香さんにお任せしていますので、 今後はどんどん活躍してもらうことにいたしましょう。 EM123242

●今回はこの辺で。

最近本当にキューポッシュばかり買っているような気がします。 手に入れる度に(というわけではないのですが)このシチュエーションでばかり撮っていまして、 キューポッシュ紹介記事としては私もマンネリを感じています。 もう少し涼しくなったら屋外に出て撮ってみることにしますね。この時期はご勘弁。 次回はガラリと話題を変えます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM123241
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●ワンダーフェスティバル編、この先はフィギュア写真主体で行きます

冬と夏に行われる「立体造形物の祭典」ワンフェス。 もともとはガレージキット(お手製プラモデル)のお祭りだったものが時代に合わせて変容したらしく今では「フィギュア(完成品)のお祭り」と。 んなもんですから、この先の記事ではワンフェスのことを「フィギュアの祭典」と称することに致します。 その方が内容に即している気がしますので。

●今回の写真は、キューポッシュ。

当ブログでもお馴染み、キューポッシュとはコトブキヤから発売されている可動式デフォルメ美少女フィギュアシリーズであります。 今回私はワンフェスに、このシリーズの限定品「星井美希 スターピースメモリーズ」を求めて行きました。 が、コトブキヤブースはもちろんそれだけを売りにしていたわけではありません。 発売前、開発中など、諸々のキューポッシュを展示していたのです。 その中で、世間は知りませんが私が大注目したのがこちら!オリジナルキャラであります。 EM163077

・キューポッシュオリジナルキャラ、名前は「anne(アン)」

アンって!何やそれ!待ちに待っていた娘の名前が、アン? じゃあオリジナルキャラ2体目はドゥーか!?そしたら3体目はトロワか?花輪くんか!?ヘビーアームズに乗るのんか!? まあ名前に文句つけてもしょうがない、ここはおおらかな心で許容いたしましょう。 注目すべきはボディが更に進化していること、なのかもしれません。 穿った見方をさせていただくならば「所詮は固定ファンの無いオリジナルキャラ、これぐらい「売り」を用意しないとさばけない」 ということなのでしょうかね。私としては顔だけ売り出されても買うと思うんですけど(笑 いずれにしても名前は「アン」です。私も福山雅治みたいに「アンちゅわ~~ん」とねばっこく呼ぶことにいたします。 EM163079

・第六駆逐隊コンプを目指して!

んでもって、通常ラインナップって言うんですかね、版権モノでは目玉はこちらでした。 「艦隊これくしょん」から、駆逐艦・響(はらしょー)であります。 この子には行列ができていたなあ。艦これ関連は総じて人気が高かったのですが、キューポッシュにもその影響が。 EM163089 そして、予告だけでもということなのでしょうか、駆逐艦・暁です。ヘーイ、ツッキー! これはテンションが上がります。全員揃ったところを夢見てしまいますね! アニメ艦これ、気がつけば第5話を延々と再生している自分がいる、なのです! EM163088

・衣装系が充実

さて、本道に戻りまして春香さん。 やはり安定の可愛らしさですね。素晴らしい。この子がいなければ私はキューポッシュと出会わなかった。 ちなみに原作「アイドルマスター」というプロダクトには今なお興味ありません。 ですから奨めなくていいですからね(笑 EM163080 同じく私服系プロダクト、こちらはセイバーさんです。 我が家のセイバーさんは首のすわりが悪くてアラレちゃんみたいにポロリととれてしまいます。 コトブキヤの方いわく「サポートに連絡を」との事なのですが、預けるぐらいだったらもう一体買って運用するよなあ。 それは余談でした。とにかくこの私服シリーズは可愛いです。欲しいです。 EM163083

・浴衣は「2015年版」ですってさ

昨年発売され瞬く間に完売、期待された追加生産も無く幻の存在となっていた浴衣シリーズ、 今年も柄を変えて発売されるようです。 色は4色、ここから連続して掲載してみます。 個人的にはほむらさんが着ているシックな浴衣が好みですね。これは買うしか! EM163081 EM163082 EM163084 EM163085

●今回はこの辺で。

キューポッシュシリーズも20体を超えまして、ボリュームも充実、いちジャンルを確立した感がありますね。 個人的には雪風と吹雪ちゃんがラインナップに加わることを期待しつつ、これからも追いかけて行こうと思っています。 次回はワンフェスの続き、別のネタでまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

●キューポッシュ艦これ第二弾、なのです!

先月来、キューポッシュばっかり買ってるような気がするなあ。 アイドルマスター・我那覇響 まどか☆マギカ・制服版暁美ほむら 後日記事にしますが、限定版星井美希 あと、艦これ・雷… 何があったのか知らんが、リリースラッシュ洒落になりませんよ、コトブキヤさん!ついて行くのめっちゃ大変やん 月イチぐらいでやってもらえると余裕ができて助かるのですが。あと、「千反田える」って子を出してくれると嬉しいんですが。 それはそうと今回は「艦これ 電(いなづま)」の登場、なのです! EM163061

・キューポッシュって何よ

キューポッシュとは、コトブキヤから発売されている可動式デフォルメ美少女フィギュアシリーズです。 従来「ねんどろいど」「フィグマ」が2強と目されていたところに殴りこみを掛けたのがこのキューポッシュ。 先行する他社シリーズに比べて大きな特徴は「足の裏に磁石を仕込み、自立する」点であります。 これにより支持用アームの呪縛から脱しまして、我が家ではカメラ・レンズ等の新機材紹介の役割に欠かせない存在になっています。 コトブキヤはこのキューポッシュをかなり積極的に推しておりまして、新製品も月イチでコンスタントに出てくる充実っぷり。 先月「雷(いかづち)」で、満を持して艦これシリーズを取り込み、早くも今月艦これ第二弾「電(いなづま)」登場したということ、 なのです! EM153050

・そのうち第六駆逐艦隊の4人が揃うわけね

箱から出てきました、電(いかづち)であります。 同型艦というのかな?同じ駆逐艦隊の姉妹として「暁」「響」そして「雷」であります。かみなりじゃないわ、いかづちよ! とにかく、コトブキヤ・キューポッシュの艦これ次回作は「響(はらしょー)」だそうで。 これはこのまま第六駆逐隊がコンプリートするのだな!そしたらカレーを作らせるしかないな、なのです! EM163059

・私は「アニメ艦これ」を否定的には見ていない

艦隊これくしょん、と言うと、2013年でしたかDMMからサービスが開始され、今に至るまでブラウザゲームの頂点で在り続ける名作です。 私もやっていたのですが3-2を突破できなくて断念、たまにログインしてアカウントを消されないようにしているという程度(笑 ただ、艦これ自体を嫌いになったわけではないのですよ! その証拠に、アニメ艦これは全話キッチリ録画しており、今でもBGVとして垂れ流すこともしばしば。ヘーイブッキー! 世間的に評価が低いらしいアニメ艦これ、私は全然OKでした。面白かったですよ。 少なくとも「ごち(いや比較対象を挙げつらうのはやめとこう ですから、そのアニメ艦これをベースにキャラ作りをしてきたこの「電」も私には充分満足の行く出来、なのです! EM163058

・艤装もしっかり付属

コトブキヤのキューポッシュシリーズは、これまでだいたい4000円程度の価格設定で販売されてきました。 が、今回の「艦これ 電」と前作の「艦これ 雷」は、税込み5000円オーバーというちょっぴり高めの価格設定がされています。 艦これの版権が高いのか?と一瞬思ったのですがそれはどうやらお門違いのようで、 単純にパーツ数が多いのですね。他のキューポッシュにはついてこない武装がかなりの大きさで、 高価になるのもまあしゃあないか、と思わせるほどのものなのです。 余談ながら史実には比較的に忠実と言われる艦これの商品ではありますが、この艤装は「雷」「電」共通です。 史実もそうだったら大したものだな!なのです! EM163057

・表情は3種類

キューポッシュシリーズは、顔パーツを取り替えることで豊富な表情や仕草を再現することができます。 「キューポッシュ 艦これ 電」には、合計3つの顔パーツが付属しています。 ここまでの写真で載っていた「にっこり顔」の他に、あとふたつある、ということです。 こちらが「困り顔」です。ちょっとオドオドしている風なのが、第六駆逐隊の末娘っぽくて良いですね。 EM163052 んでもってこちらが「泣き顔」です。あわわわ、みたいな表情ですね。 「艦これ 電」は平和主義とは申しませんが(最近の日本で「平和主義」という言葉が運動まみれになって汚れてしまいましたね、残念です)、 生命を大切にする、というキャラクターづくりが為されているようでして、それを反映したもの、なのです! EM163056

●今回はこの辺で。

記事中しきりに用いられている「なのです!」というフレーズが、この「艦これ 電」の口癖、なのです! 基本的に知らないキャラクターが出てくるわけですから、今回のようにブラウン管越しによく知っているキャラクターだと嬉しくなります。 キューポッシュ次の作品は何なんでしょうかね、私はよく分かっていませんが、何にせよ追っかけること確定であります。 次回はキューポッシュとは直接関係ありませんがちょっと縁があるネタを採り上げようと思います。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m EM163055
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事