FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「アートフィルター」
パナソニックの広角大口径単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7」関連エントリとなります。
前回に続き、「丸の内でアートフィルターに挑戦」シリーズ、第二回です。
アートフィルター特集でありながら前回は「まずは普通に」撮ったものを載せたというわけのわからん展開になっていましたが、
今回からは本当にアートフィルターでまいります。
まずは「トイフォト」。トイカメラ風の写真が出来上がるというモードです。
EM100823

八重洲口が長距離バスターミナルで有名な一方で、丸の内側にも路線バスのターミナルがあります。
都営の他に東急バスも見かけます。密かに便利かも?
EM100814

このような、暮れ切らないんだけれども街灯に火が灯る、ぐらいのシチュエーションが好きなのです。
仕事帰りの夜撮りスナップ男には良い季節になりました。
EM100808

行幸通りの車道を皇居方面をのぞんで撮っています。
うーん、横断歩道を人が横切るぐらいしていれば、もう少しストーリーが生まれたかもしれませんんね。
EM100824

すれ違う通行人を、さも歩いているかのように撮ります。いや実際に歩いているんですが。
絞り優先からシャッタースピード優先に切り替えて、シャッタースピードを1/15秒ぐらいにしました。
この手の「動きがある」写真を撮る際に私が気をつけていることはいずれ書いていきます。
EM100818

後ろから「歩いている人」を撮ると、時としてこのようにガニ股チックに写ってしまいます。
この方はスラリとした綺麗な方でしたのでこのように写ってしまうのは不本意であるはずで、
動いているものを一瞬だけ切り取るとどんな仕上がりになるか分からない、
それが面白くもあるのですが、微妙な出来になる場合もあるということであります。
EM100822

丸ビル前です。夕方6時頃だったと思うのですが人出はそれほどではなかったです。
もう少し遅い時間になりますとビジネスマンがどっと出てきて喧騒がよみがえってきます。そのあたりは次回に。
EM100828

自撮りです(笑)
赤いクランプラー、使い込んであちこち擦り切れて薄汚れてきたのですが手放せません。
ご覧のとおり、背面液晶を見て撮るスタイルも多用しています。てかEVFより背面液晶の方が頻度が高いのですが。
EM100826

今回はこの辺で。次回はトイフォト後編です。
この手の連続記事ではなるべく写真の雰囲気が記事ごとに異なるようにと意識しているつもりです。
実際に記事ごとに見栄えが違うかどうか、見比べていただくことも含めてぜひごらんいただければと思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7」関連エントリとなります。
ブログ運営の裏話的な話から始めますが、当ブログでは私が手に入れて気に入って使っている機材については、
「ブログ」というキーワードを絡めてぐぐっ時に少しでも上位に入れればいいなと思っています。
地道にコンテンツを充実させていくと結果につながるのが面白いですね。
当ブログが検索エンジンで以前に比べて上位表示を狙えるようになったのは、
2012年末以来「可能な限り毎日更新」を活動方針に据えたのがきっかけです。定期更新大切ネー
もっとも、扱っているネタが「ソニー・オリンパス・パナソニック」という、レンズ交換式デジタルカメラ市場においてはニッチもニッチ、
ドニッチを狙っているもので競争が少ない、ということが何よりも大きいのでしょうけれども(笑

さて、枕はこのあたりで。
私としては久々にアートフィルターも活用して撮ってきましたので、その写真を数回にわたって掲載してまいります。
今回はその導入部分ということもあり「とりあえず普通に撮った写真」です。今回はアートフィルターじゃないです(^^;
舞台は毎度おなじみ丸の内です。丸善に「くまみこ」というマンガを買いに行ったのです。
話の本筋からはそれますが、この「くまみこ」、ウェブ上で知られていて私も興味をもつきっかけになった、
「スイカのエピソード」と「しまむらのエピソード」以外は、ゆるゆるした作品でした。
主人公の巫女さんが可愛らしい&キャラが立っているので、3巻も出るなら買おうと思っています。
それはともかく、その丸善本店「OAZO」あたりから撮り始めます。
OAZO名物、ゲルニカの壁画です。
EM100795

オアゾは地上階が巨大な吹き抜け空間になっていて、私のような慣れない人間は思わず見上げてしまいます。
EM100787

オアゾ、ってどういう意味なの!?と思ってWikipediaとか見たんですけど、よく意味が分かりませんでした。
造語らしい、ということだけは分かりました(笑
EM100784

仕事帰りに、このような雰囲気のカフェだか何だか知りませんが、こんなお店に寄り道してみたいものですね。
同じ山手線沿い勤務のはずなのに、なかなか縁がありません。
EM100792

高層ビル街を見上げて撮るという、よくあるパターンの写真です。
15mmとはいえマイクロフォーサーズですから「中央の美味しいところだけ」を使っているはずなのですが、
それでも樽が目立ちますね。
もっとも私はこのような歪曲や周辺光量落ちのような「レンズ本来の写り」が嫌ではありません。全然OKです。
EM100790

無造作に植え込みの葉っぱを撮ってみました。
15mm、換算しても30mmのレンズですからボケ味云々を語るつもりもないのですが、それでも時折ボケを見てみたくなるのです。
今回の記事でも「ボケを大々的にとりこんだ写真」は、これだけです。
EM100791

今回はこの辺で。
短時間(わずか1時間!)の撮り歩きで、この記事を含めた合計4本の記事を書こうという無謀な試み、
私ごときの腕前ではアートフィルター無しでは成立しなかったことでしょう。
何となく撮り歩いただけで何となくアートしているように見えるという写真が、次回からしばらく続くことになります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM100855

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/04/06 Fri 04:53 マイクロフォーサーズ
秋葉原のド派手な看板が、
リーニュクレールにはよく似合う、か?(本文と関係ないかも)
P4020379.jpg

秋葉原駅あたりから神田駅あたりまでは、それほど距離が離れていませんので、
私の行動パターンでは、散歩がてら歩くことも少なくありません。
この日はOM-D E-M5を手に、特にこの区間はアートフィルターを意識して歩きました。

万世橋交差点です。ビッグアップル(パチンコ屋)のビルには、
以前は何があったのでしたっけ。ラオックスだったかな?(自信無し)
P4020395.jpg

OM-Dの新機能のひとつ、「赤いクロスプロセス」です。
このモードはけっこう使い方が難しく、撮り方によっては画面が真っ赤になります。
P4020360.jpg

赤いクロスプロセスは、こういう色の出し方が望ましいのでしょうね。
青い光を紫に、もっと青い光を深みを増して表現する、という印象です。青がポイントです。
P4020480.jpg

神田駅の高架下です。
居酒屋ののれんよりも、パチンコ屋の看板よりも、ここに最も「昭和」を感じます。
P4020522.jpg

リーニュクレール、クロスプロセス2(赤いクロスプロセス)、ドラマチックトーン2(モノクロ)と、
OM-D E-M5には多くの効果が追加されました。
アートフィルターは見栄えの良い写真を簡単に作ることができる機能として人気があります。
もちろんこればかりに頼るのはいかがなものかと思いますが、
それを差し引いても「撮る楽しみが増える」というのは、
少なくとも私には大切な要素であります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2012/04/02 Mon 10:41 マイクロフォーサーズ
今回の主役はリーニュクレールだ!何語だっけ!?(本文にも関係あり)
P4010247.jpg


オリンパス魂の新製品、「OM-D E-M5」関連エントリです。
今回はアートフィルターの新ネタ「リーニュクレール」についてです。
最初に聞いた時、リーニュクレールだって何だ?なぜそんなに言いにくい名前を?
と思ったのですが、Ligne claireってフランス語だそうですね。
Ligneは「線」、claireは「明確な」とでも訳すべきか。
で、仕上がった画像と合わせて考えると「輪郭や線がはっきり色づけられたポスタリゼーション」
ということですねたぶん。
絵画の技法にあるようですが詳しいことは分かりません。
ソニーの「ポスタリゼーション」に比べて色使いが淡いように思いました。

メーカーサイトやよそ様サイトでは作例としてレトロチックな小物を撮ったような写真が多く、
確かにそういう雰囲気のものに似合っているように思います。
もちろんいろいろ試すつもりですが、かなり被写体を選ぶアートフィルターな印象です。
こういう「もともとポスタリゼーションされているかのような被写体」ですと、
かえって加工した感が少なく、楽しくありません(笑
P4010024.jpg

アートフィルター「リーニュクレール」には2モードあり、
上の写真が通常モード、
輪郭線をよりはっきりさせたモードがこちらです。
P4010244.jpg

どうせこのアートフィルターを使うなら、
ここまで輪郭線をはっきりさせた方が面白みがあるようにも思います。
P4010246.jpg

折を見てまた試してみます。
これで道頓堀を撮った写真なんか、どこかにありませんかね…
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事