FC2ブログ
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「ひがし茶屋街」
--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
金沢旅行2017-06-2

2017年秋の金沢旅行、ひがし茶屋街散策編です

秋の金沢旅行シリーズ、第5回です。 北陸新幹線に乗り込み金沢入り、 そこから兼六園を経て金沢の有名観光スポット・ひがし茶屋街を歩いています。 思いのほか見ごたえのある街でしたのでこのようにネタを多めに、記事を複数に分割して掲載しています。 ひがし茶屋街ネタは今回までです。 街歩きに加えて、この旅行に持ち出した機材についてもちょっぴり書くことができればいいなと思っています。 P1070495

フォトジェニック、今風に言うと

とにかく、右を向いても左を向いても写真映えのする場所ばかりです。 カメラを持っていくところとしてはものすごく相性が良いと思います。 P1070517 以前ですとこういう撮影スポットは「フォトジェニック」などと(半ば揶揄的に)言われていたものですが、 最近ではそれも聞かなくなりました。 写真映えのする、という現象を言い換えるトレンドはどこにあるのかというと、 「エモい」 になるのでしょうか。知らんけど 見栄えのする、何となくイケてる、ちょっとアーティスティックな、 そんな感覚の総称であるようです。 なんのこっちゃ、って話ですよね。また機会があれば記事にします。 P1070504 今回の記事では「何となく見栄えのする景色だねえ」と思っていただければ充分です。 私もそれ以上のものは込めていませんし、観る側にも求めていません。 繰り返し申し上げます。景色を評価していただければ充分、 私の写真の役割は果たせたことになります。 P1070508 こういう撮り方もありますね。 ディスカバー・ジャパン!って感じです。 どれだけの人間に通じるんだこのネタ P1070505

ちょっぴりレンズネタ

以前の記事でも触れました通り、この金沢旅行ではマイクロフォーサーズを持ち出しました。 ボディはGX7mk2、レンズは「12-35mm F2.8」「17mm F1.8」「42.5mm F1.7」の3本でーす、ウンガッグッグッ 私は今回の旅行にあたって、 小型軽量かつ雨天下でのレンズ交換を最小限で済ませられるように意図してこれらのレンズを選びましたが、 その選択は正しかった、と思っています。

GX7mk2の解像力

最近の私の写真の傾向は「ストレート・フォトグラフィ」的な、 つまり見たまんまを撮るという方向に大きく傾いています。 カメラ的な写真的な演出は不要、あるものをあるままに撮る。恣意的な演出はいらない。 そういった写真「も」撮るようになってしばらく経ちます。 この件については稿をあらためてガッツリ書こうと思っていますが、ここでは 「GX7mk2の『ローパスレス』は武器になる」ということです。 隅々まで情報を込めたい、という時にローパスレス仕様は見る側にストレスを与えないと思うんですよね。

パナソニック12-35mmの高い汎用性

上でも書きましたが、やはりズームレンズは悪天候下では強い味方ですね。 ボディやレンズの防塵防滴仕様とかは私にとってはどうでもいいです。そんなに天気が悪い時には写真を撮らない。 でも、小雨ぐらいの時にはカメラを持ちだすのです。多少はね。 割と雨除けを意識せず、無防備に持ち出すのであります。 しかしレンズ交換には気を使います。雨の中でセンサーをむき出しにしたくない。 ですのでズームですよ。 正直「F2.8通し」とは言えマイクロフォーサーズ、ボケ描写についてはまったく期待できません。 しかしそれ以外の現場については、私の求めるものを充分に写してくれています。 金沢編、この先もこのレンズが主役ですのでご期待ください(笑

42.5mm F1.7の局地的活躍

とは言うものの、「たまには」ボケを大きく取り込んだ写真を撮りたくなるものです。 そんな時に登場したのがこちら、パナソニック42.5mm F1.7。 これは本当にポイントが高かったです。 寄れる、というのも含めて、ボカしたいという欲求に対して回答を用意してくれています。 実売3万円ちょいでこの写り、期待通り、いや、期待以上でした。 P1070498

今回はこの辺で

そんなわけでひがし茶屋街編は終わりです。 レンズの話をちょっぴりしましたが「あれ?17mm F1.8はどうした?」とお思いの方もおられるかもしれません。 次回の記事ではオリンパス17mm F1.8の独壇場ですのでご安心ください(笑 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1070497
今回の
撮影機材
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
金沢旅行2017-05

2017年秋の金沢旅行、ひがし茶屋街散策編です

秋の金沢旅行シリーズ、第5回です。 北陸新幹線に乗り込み金沢入り、 そこから兼六園を経て金沢の有名観光スポット・ひがし茶屋街に到着しました。 思いのほか見ごたえのある街でしたのでこのようにネタを多めに、記事を複数に分割して掲載しています。 今回は中編、てことは次回後編なわけで、 これだけ載せれば私の拙い写真でも何となく雰囲気ぐらいは伝わるかな? ぐらいにはなるのではないでしょうか。 P1070481

ただ歩くだけでも楽しい街

江戸時代後期の繁華街、というイメージかな? その雰囲気を今に残す街というのはもちろんここだけではありません。 が、少なくとも我が家の近所にはこういった場所はありませんので、やはり新鮮な気持ちになります。 赤いのれんが鮮やかで美しく、思わずカメラを向けてしまいました。 P1070482 そんな中で見つけるワンポイント。 写真好きの「何か」を揺さぶるんでしょうね。 思わず撮ってしまうのです。構図は似たり寄ったりだけどな! P1070486 そう、私はこの街に「被写体としての何か」を求めて行ったのです。 おみやげが目当てではない。我ながら自覚します、極めて不純な動機だ。 その土地に還元しようという意識が希薄(笑 いや笑い話ではないな。 何でもいいから買い物をしてお金を使わないと、という意識はあるんですけどね。 まあひとつ買い物をしましたから勘弁してください。 残りの時間はこうやってカメラで遊んでました。カメラでモノクロモードにして撮って出しです。 P1070493 いろいろ面白いお土産を売っていました。 金箔製品が目を惹きました。あと、真田紐が売ってた。買おうと思ったけど並んでたので諦めました。 ところでこのひがし茶屋街、買い食いというか食べ歩き禁止にするという動きがあったようです(今は無いようですが)。 私は食べ歩きはしません(私はカメラのストラップをつけていないので、常にカメラを手に持っているため)からその規制とは無縁ですが、 確かにコロッケとかソフトクリームとか、脂や乳成分をボタボタ垂らしながら歩いてほしくない、という気持ちは分かります。 このひがし茶屋街はとても清潔な街でした。これは食べ歩きを規制してでも維持すべきものだと私も思いました。 P1070490

今回はこの辺で

ところで食べ歩きと言えば。 余談ながら東京浅草・伝法院通り。この観光名所は『食べ歩き禁止』を公言しています。 理由はその中のとある店舗が揚げ物を食べ歩き用に販売していたらしく、道に脂がボタボタと不潔になった、ということらしいです。 またいずれ浅草の記事で採り上げようと思いますが、食べ歩きはその街のコンセンサスをきちんと取らねばならない案件である、 ということを思い知るケースのひとつになりました。まあ、いずれまた。 次回でひがし茶屋街完結です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1070485
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
金沢旅行2017-04

2017年秋の金沢旅行、市内の名所を回っていきます

秋の金沢旅行シリーズ、第4回です。 金沢市内の定番観光スポットを回っている感じです。 私自身生まれて初めての金沢観光ですのでそれで全然OK、最初は定番を押さえるのでいいんですよ。 そんなわけで兼六園の次に行ったのが「ひがし茶屋街」。 江戸~明治の街並みが残る観光ストリートであります。 P1070473

加賀百万石の城下町

金沢は皆様ご存知の通り、前田家が100万石の封(領土)でもって治めた地であります。 つまりは加賀前田王国の首都、ということなんですけれども、金沢は文化奨励策も奏功して大いに栄えます。 その栄華を今に伝える存在の一つ、といって間違いないと思うんですがどうでしょうね。 P1070475 このひがし茶屋街は1800年代初めごろ(天保の改革のチョイ前ぐらい)に現在の形に近い整備をされたのだそうです。 それらの建物を残しつつ街のイメージを残しつつ、現代に観光地として残るのであります。 人通りもなかなかのもので、台風が近いというのに混雑していましたよ(笑 P1070476 どんなお店があるのか。 基本的には『おみやげ屋さん』です。 本当に、私のような一般大衆が歩く街ですので、法外にお金がかかるようなお店は(もしかしたらあるのかもしれませんが)基本的には見られません。 余談ですが金沢市街地には風俗店もほとんど無いのだそうですよ。だから何なんだ、と言われても困りますが。 P1070467 このエリアは私個人的に大好きです。 「観光地だろ?おみやげ屋ばかりなんだろ?要するに箱庭じゃねーか」と斜に構える向きもあるかもしれません。 「その街で生活している人の呼吸を感じることが云々」とかおっしゃる向きもあるかもしれません。 ですが私は「観光地上等、箱庭上等」という立場でやっていますので悪しからず。 のほほんと歩いて時々パシパシシャッターを押して、こんなに楽しい街はない、と思いますよ。 P1070489

今回はこの辺で

この『ひがし茶屋街』、ぶっちゃけ兼六園よりも見どころが多かったです。 そんなわけで次回もひがし茶屋街の写真を載せた記事にします。 書きながら思う、ここが金沢旅行のピークだったのではなかろうか(笑 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1070464
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。