ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「なめこ」
2012/09/09 Sun 23:07 マイクロフォーサーズ
新宿・渋谷・池袋よりも東京駅に愛着を持って利用させていただいている東京駅ファンとしては、
もうこれは東京駅ブログとか作って本格的に取材してもいいのではなかろうか、と思うこともあるのですが、
ブログはあくまでも趣味、仕事や営業は別、というスタンスで、広く浅く触れていこうと思います。
というわけで、今回は東京駅、たまにしか触れませんが八重洲側も結構行っておりまして、
今回はむしゅめも大喜びキャラクターストリートネタであります。


昨今、スマートフォンのアプリで「なめこ」が人気だといいます。
会社で同僚がなめこなめこうるさいし、
帰ってくればままとむしゅめがなめこなめこ言ってます。
聞けば「アプリなんだ」と。
私自身はスマホアプリでゲームをする習慣がないもので、私自身はそのムーブメントに無縁でありました。
スマホでゲームをしない、とか別に格好つけて言っているわけではなく、電池消耗対策と、何より
「スマホでの暇つぶしは私にとってはTumblr」が完全に定着しているためであります。
スマホゲームとTumblr、どっちが健全かと言えば、やっぱりTumblrですからね(違

それはそうと、東京駅キャラクターストリートで、なめこの期間限定ショップがオープンしているという。
東京キャラクターストリートとは、東京駅直下から八重洲地下街との間に新設された地下街で、東京駅一番街の一部、関連施設としてはラーメンストリートなどがあります。
この東京キャラクターストリート、立地的には東海道新幹線高架下で、施設運営がJR東海の子会社だとは知りませんでした。

で、その中に「いちばんプラザ」というちょっとした広場があり、期間限定ショップ&記念撮影スペースとして賑わっております。
常設して人を集めるよりも短期間にどっと集客して売り上げる場所であるらしく、過去にはジャッキーのお店や赤塚不二夫ショップもあったかな?私的に「一発屋御用達」と認識している場所であります。
そこで行われるなめこショップ、とりあえず行ってきました。

その記念写真スペースに、日に数回登場するなめこの着ぐるみ。
行った時にはちょうど「枯れなめこ」が登場、黒山の人だかりでありました。


一斉に「キャー」と歓声が上がり、ケータイカメラがどっと向けられます。
上の写真はむしゅめを肩車しながら撮りました。
みんな落ち着け、なめこだよw


プロモーションムービーまで作られているのですね。


フィギュアも売られていました。ご当地なめこストラップまで売られていたほど。
まったく大した人気です。売り場スペースは家族連れで大盛況です。
しかし、これはよくよく考えたら「ネット発のムーブメント」なんですよね。
ネット利用者と一般人とは別物だ、みたいな論調を、特に大手マスコミから聞くように思いますが、
なかなかどうしてネットは一般人にも浸透しているみたいですよ。


どうでもいい話ですが、人気といえば余談。
まま「たまごっち(アニメ)、新シリーズが、まめっち達が留学して、そこでの話らしいよ」
私「…、ということは、今まで出ていた脇役は切られるってこと?」
まま「そうだね」
私「へぇ、今まで『チャ●・●ンソク』並にさんざん新キャラのゴリ押ししてたのに。ひめスペっちとか。ゴリ押し失敗したってこと?」
まま「えぇ?失敗してないし。人気あるじゃん!?」
私「え?チ●ン・グ●ソクが?」
まま「ううん、ひめスペっち。」
私「そっちかよw」
※別段悪意はございません、ほんの日常会話であります。

さて、なめこを後にして、次に行ったのは自宅との日比谷線つながりというわけでもありませんが六本木。
なんでもベルギービール・ウィークエンドというイベントが六本木で行われているようで。
この日が最終日とのことで行ってみました。
ビールイベントは凄まじい人出がありますね。
こちらのイベントはオクトーバーフェストのようないわゆる「ドイツ系」ではなく、
あくまでもベルギービール、ということのようです。
てゆうか、ヒューガルデンというビールの銘柄は知っていましたが、ベルギービールとは初めて知りました。
こういうイベントが開催されることについては、ベルギービールの知名度向上が目的なのでしょうが、
ベルギーとドイツが仲良しとは思えないので、ライバルというか、多少の対抗意識はあるのかもしれません。


広場のステージ中心に、人が集まって思い思いにビールを口にしています。
毛利庭園やショッピングエリアにまで人が溢れていました。


ベルギー版オクトーバーフェスト、という意味合いのイベントですが、
料金設定はオクトーバーフェストより若干良心的で、
最初に3100円でグラスとコイン10枚を買いまして、コインと引換にそのグラスにビールを注いでもらう、という
合理的なシステムのイベントとなっておりました。
ビール1杯にコインは2枚払うものが多かったようです。
グラスは小さなモノですので容量はジョッキ並というわけにはいきませんが、
外国のビールがグラスで4~500円なら、まあ「そんなもんかな」と思います。
前回のエントリでの東京国際フォーラムのハイネケンが400円、そのあたりが相場なんでしょうね。


長くなりました。
最後に、東京駅八重洲口の風景です。

グラントウキョウノースタワーとサウスタワーとの間に本来あった旧大丸東京店が解体されて久しいですが、
そこは高層ビルを建て替えるのではなく、低階層で空中回廊を演出する程度に留めるとか。
この空間を海からの風が通り抜けて、丸の内(おそらく行幸通りを)通り抜けて風が皇居に至る。
皇居は緑が多い場所ですから、そこに到達した風が冷やされて都心各部に拡散していく、という流れで、
ヒートアイランド現象緩和に結びつけようという計画だそうです。
だから、というわけではありませんが、
八重洲の中央口前に立ちますと、他の場所に比べて風が吹いているような気がします(笑
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事