ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > タグ「かっぱ橋」
2014/07/24 Thu 00:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
前回、友人と連れ立って新宿に飲みに行った時のことを書きました。
今回はその帰り道で撮った写真を掲載していきます。
店を出て新宿駅で解散したのが0時30分頃、私は山手線の東側に住んでおり、
普通に考えたら山手線に乗ってぐるっと回れば帰れるだろう、と思っておりました。
が、実際には山手線は既に環状運転を終了していて池袋行きばかり。
どうすれば帰れるか?と考えた挙句、中央線東京行きの最終列車に乗ったのでした。
神田で京浜東北線、これも最終列車だったのですがそちらに乗り換えたもののその列車も上野行き。
もうどうにでもなれ、と。私は終電までうろつくことは滅多に無いもので、
「もうどこにも電車は出ませんよ、改札から出てください」というアナウンスがしきりに流れる中、
どうすればいいかしばし思案しました。
DSC08021

よっしゃ、上野駅から歩いて帰ろうじゃないか。それもまた良しだ!
我が家の最寄り駅は上野から3駅、電車やバスはいくらでもある地域ですので普段は歩かない距離です。
浅草から歩いて帰るのはちょくちょくありますが、上野から歩くのは初めてだなあ。
DSC08025

まずは上野駅から浅草方面に歩きます。
いわゆる浅草通りです。地面の下を地下鉄銀座線が走っているという、由緒正しい道です。
いや、ここだけを「由緒正しい」と書くのは誤りですね。都内の主な道は江戸時代以来ずっと道として存在してきたのですから。
DSC08029

その途中、下谷神社という神社に寄り道しました。少し脇道に入るだけですので大した道草でもありません。
ひと気の無い神社は、都内とはいえ耳に痛いほどの無音。時折通り過ぎるタクシーのエンジン音が聞こえるぐらいです。
DSC08032

このまままっすぐ浅草に出て浅草寺あたりをかすめて帰ろうかと思っていたのですが、ここで気が変わりました。
合羽橋です。一般的には「かっぱ橋」とひらがなで表記されることが多いですし私もひらがな表記に馴染みがあります。
飲食店備品の問屋街です。不景気な中で実質的に小売も行っているので我々一般人でも気軽に買い物できます。
そう、昼間ならね。
DSC08039

かっぱ橋を過ぎて少し歩くとこんどは吉原、日本一有名な風俗街です。その真ん中を突っ切って歩いてきました。
吉原、という地名は住所として存在せずこの地域の通称なのですね、いわゆるひとつの赤線というやつです。
すでにお店は閉まっていて呼び込みのおじさんなどもいません、ここまでひたすら、ひと気の無いところを歩いています。
DSC08046

吉原を過ぎて少し歩くと、こんどは山谷です。さんや、と読みます。
山谷、という地名も住所としては存在しません。この地域の通称です。西の釜ヶ崎、東の山谷といったところでしょうか。
簡易宿泊所が建ち並んでいるところでもあります。ゴミ捨て場にどこからか死体を持って来られてしまうという土地柄でもあります。
DSC08048

ここまで歩くと我が家も近くなってきまして、昼間歩くとおっちゃん達がゴザを敷いて花札などしているのを見かけます。
商店街は「あしたのジョーのふるさと」ということで町おこしを狙っていて、ジョーの像まで設置されています。
これだけだとまだ厳しいなあ。実写映画化ぐらいされないと話題にならないように思います。
もし実写化されるその時には、ジョー役は香取慎吾でいかがでしょうか。
DSC08047

というわけで帰ってきました。
今回はこの辺で。夜中に歩くのも楽しいものです。
翌日ママが「怖くなかったの!?」と驚いていましたが、正直人がいなくてシーンとしている分には怖くもなんともないですね。
ちょっと「なんぞ?」と思ったとすれば、謎の叫び声と、犬の散歩をしているおばちゃんと、
日本語でない会話が通りのわきからゴソゴソ聞こえた時ぐらいでしょうか。
ここまで書いて、我が家もけっこうディープゾーンの近くにあるのだなあとあらためて感じた次第です。
上野からの徒歩による所要時間は1時間半、帰り着いた時には3時近くになっていました。
タクシーに乗れば良かったか?いやこれはこれでネタにできたのだから良しとしましょうよ(笑

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事