ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界
2018/06/28 Thu 21:55 日記・時事・業界

更新ペースが落ちていますので、近況でも

久し振りの更新となります。 この記事は私の近況を書いたものですので、撮影の話や機材の話などの情報として有益なトピックは扱いません。 個人の近況なんか興味ねえよ、という方はここで読むのをやめることをおすすめします。まじで(笑

カメラというガジェットに対する興味

失せつつあります。 これは前々回の記事でも書いたことなので、蒸し返すことはしません。 『ここではこう撮りたい』と思ったことが実現できる機材であれば、何でもよくね? 要するに『機材ありき』という考えから脱却した、というわけですが、 これがどういうところに影響してくるかと言いますと、 従来なら「新型の50mmレンズが出るらしい」→「へええ、それは試してみたい」 だったものが、 現在は「新型の50mmレンズが出るらしい」→「あっそ、家に既にあるからいいよ」 という感じです。 当然に、このブログの在り方にも影響してきますね。 カメラ趣味の方々からしたら度し難い発言かもしれませんが、本音だからしゃーない。 10年以上一生懸命レンズ集めして、ある程度のレンズ資産を築いたからこれ以上いらないと思っている… だけなのかもしれませんが、それを差し引いてもまあ、どうでもいいですね。

撮影はしてますよ

ただ、撮影という行為は行っています。 趣味でも仕事でも、カメラを常に持ち歩く生活に変わりはありません。 従来の感覚で記事を作ると数十記事ぶんぐらいはストックを作れるぐらい、撮っていますしネタもあります。 例えば『第20回国際バラとガーデニングショウ』 P1001849 今年も行ってきましたよ。記事にもしようとおもっていましたが現在のところ出来上がっていません。 まあいずれ公開することもあるかもしれません。興味ある方は気長にお付き合いくださいませ。

ソニーα

2018年に入って、私はソニーαをほぼ手にすることがなくなりました。 当ブログ恒例、マイクロフォーサーズのターンに入っただけなんですけど、これがなかなか終わらない。 ソニーαを嫌いになったとかではないのです。 この記事を書いていて『α7SII使ってみようかな』と久し振りに思ったという(笑 メーカーやフォーマットをどうでもよくなったので、年初に手に入れたカメラをずっと使っているだけ、とも言える状態です。

マイクロフォーサーズ

今年活躍中の機材が、マイクロフォーサーズ軍団です。 年初に手に入れた『パナソニックGH5S』が思いのほか私の性に合いました。良いカメラだと思います。 動画も写真もこればかり。今や我が家のエースマシンであります。 え?たったの1000万画素で写真も撮ってるのか!って? ええ撮ってますよ。ダメですかね(笑

今後の予定

当ブログは今後も継続します。 ただ、更新ペースは分かりません。 気分次第で『可能な限り毎日更新』に戻るかもしれませんし、現状のような『月一回あるかないか』かもしれません。 ここは曖昧にしておきます。 私の創作欲求がほとんど全て仕事に吸収されていることも大きいかもしれません。 てか、それが第一の理由かも(笑

今回はこの辺で

というわけで、当ブログは今後も続きます。 興味ある方はこれからもお付き合いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 次回更新は未定ですけど! P1002151
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2018/05/20 Sun 20:26 日記・時事・業界

"写欲"がなくなってゆく

久し振りの記事となります。 私の個人的な心境の変化を書いているだけで、機材ネタ等はありません。 興味ない方はこれ以上読んでくださっても時間の無駄だと思います。 以下、短くまとめます。 最近、てかここ数ヶ月、写欲消滅の危機にあります。 うなぎを掴む時のような感覚(掴んだこと無いですけど)。 写欲がするすると、自分から抜けていくような感覚があります。 単に『写欲』にとどまりません。機材へのこだわりもなくなりつつあります。 具体的には、 カメラやレンズの棚を見た時に「なんでこんなにあるんだ?」と思うようになりました。 終わりの始まりです。 ただ、それを他言することは避けてきました。 言葉にしてしまうと、文字にしてしまうと、文章にしてしまうと、 ”何となく思っているだけ”のことが”事実”として確定してしまう。 そんな気がしていたのです。 ですから、この記事を書くという行為は、 同時に”写真趣味に興味を失いつつある自分を認める”ことにつながります。 私はずっと逃げてきましたが、今回は書くことにしました。 何故か。 最近、写欲復活の糸口になるかもしれないことをいくつか経験したからです。 「もう一回取り組んでみようか」と思えるようなこと。 次回からはそういった事柄を採り上げてみようと思っています。 記事を書くかは分かりませんが、 もしご覧いただける方がいらっしゃるようでしたら、お付き合いください。 またぜひお立ち寄りください。 よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2017/12/31 Sun 22:40 日記・時事・業界

当ブログ2017年のベストバイは何か

2017年最後のエントリになります。 今年購入した機材の中で、もっとも「買ってよかった」と思えた機材は何か。 毎年この記事で1年の締めとしておりますが、実は今年は機材の導入をほとんどしておりません。 「いやあ全然買わなかったわ」と書いた昨年、2016年の記事を見ても5つも導入していますね。 今年は更にそれを下回りました。 私の2017年の撮影ライフを振り返りつつ、 その数少ない機材を挙げてまいりましょう。 ただし今年はベストバイ賞は無しです(笑

ビデオ一脚 マンフロット「560B-1」

DSC07605 マンフロット製のビデオ一脚です。 一脚の先っちょがミニ三脚のように開き、地面に安定させることができます。 通常の一脚だと石突を地面に突いて動画を回すことになりますが、 これを私のような扱いの雑な人間がやると、持つ手に力を込めすぎて一脚がズルッとずれたてそのショットは失敗! などということになります。 しかしこちらの製品ですと石突部分が三つ又状になっていて、ズルっといきにくい。 しかもマンフロット製品は先端部にフルード機構を搭載しており、足首がグリグリ動くのです。これがカメラの滑らかな動きにつながっています。 先っちょが三つに割れる一脚は他のメーカーでも出していますが、私はマンフロットがベストであると判断しました。 シルイも似たことが出来ますが、サイズも含めて若干マンフロットの方が扱いやすかった。 これは主観です。シルイも魅力的だと思います。最後まで悩みましたし。

三軸ジンバル FILMPOWER「Nebula4100 Lite」

DSC07342 アメリカのメーカー『FILMPOWER』社から発売されている電動三軸ジンバルです。 モーターの力でカメラを水平(もしくは特定の向き)に一定するよう制御するというもので、 手持ちで揺れの少ない滑らかな動画を作成するための切り札、と言ってもいいジャンルの製品となります。 私はこれを欲しい欲しいと思い続け、ようやく想い叶って手に入れました。 最初はかなり手こずりましたが、ようやく慣れて仕事現場にも持ち込むようになりました。 セッティングには(慣れたとしても)時間がかかるので現場は選びますが、それでもこまめに出撃するようになりました。

デジタルカメラ ソニー「α7SII」

DSC07717 「カメラ・レンズ」という撮影機材では今年唯一入手したものがこちら「α7SII」であります。 このカメラ自体は2015年10月登場、私は2017年3月に入手したので1年半越しの恋を実らせたことになります。 手に入れたときの価格が約29万円、この記事を書いている2017年末においても27万5千円と、ほとんど値段が落ちていません。 この先後継機種(α7SIII?)が登場すれば市場価格は大きく下がるのでしょうが、それまでは孤高の存在であり続けることでありましょう。 私個人的には、このカメラを手に入れて以後はほとんどこれしか使っていません。 夜の街撮りという私のフィールドではもちろん、ライティングができない状況で屋内撮りという仕事でも大活躍してくれました。 ありがとうα7SII、来年もよろしく!

小型スライダー edelkrone「Wing 3」

DSC01047 今年の7月に手に入れた、超小型スライダーです。 直後に函館旅行編がスタートしたのでそちらを優先し、記事としてはボツとなりましたが、 これも私は欲しい欲しいと思ってようやく手に入れた、革命的な機材なのでありました。 エーデルクローンという外国の会社の製品です。トルコの会社だったと思いますがそこは詳しくありません。 テイクという代理店に申し込み、アメリカから出荷されて船便に揺られて、半月ほどで手元に届きました。 主に仕事で活躍してくれています。これを使ってブログ向けの内容を作るのはもう少し先かなあ。 ともあれこの「Wing3」の導入をもって、『ジンバル』『小型三脚』『動画一脚』『小型動画雲台』そして『小型スライダー』と、 私はミニマムな動画撮影機材一式を手に入れたことになります。 あとはクレーンかドローンですかね。まあいずれ(笑

今回はこの辺で。

今年は、機材の導入が私の撮影スタイルにも大きな影響を与えた1年となりました。 写真で申し上げますと、夜の街撮りにおいて手持ちのまま「絞る」という選択肢が加わり、 また、動画で申しますと「log撮影」を本格的に導入するようになった年となりました。 ベストバイは…決められないですね。システムとして向上したという気がします。 デッキ構築に似ているんですよね。機材の相性で選んだり、コンボもありますし(笑 敢えて挙げるとするならば、我が家のノートPCを、SSD化&メモリ増設で16GBにしたことでしょうかね。 これによって動画編集も多少は楽になるだろう、来年はその成果を披露できればと思っています。 そんな感じで当ブログの2017年は終了です。 今年も一年間ありがとうございました。 皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 m(_ _)m DSC02573
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader

管理人が2017年のブログ運営状況を振り返る

年末恒例、まとめシリーズとなります。 うちのブログを振り返るだけの記事ですので、興味ない方はスルーして良いお年をお迎えくださいねっ(^_-)-☆ 例年ですと「今年人気記事10選」と「管理人が選ぶ月別ベスト記事」を挙げておりますが、 今年はアクセス数が低下、また、1ヶ月まるまる更新をしなかった月などもありますのでリストアップするのも微妙、 というわけで今年は「2017年の4大シリーズ記事」をもって代えさせていただきます。 また、アクセス数減につきましては記事後半で言及いたします。興味ある方はお付き合いください。

函館旅行2017

6年ぶりの函館旅行。私としては「第二の故郷」ぐらいに思っておりまして、楽しみにしておりました。 楽しみにしていたのが嵩じて「陸路北海道入りする」と決めて、しかも常磐線を一路北上するというルートを選びました。 道中学んだこと、感じたことは上のインデックスページからご覧いただけると嬉しいです。 全28回で完結。

金沢旅行2017

初の金沢旅行。これは団体旅行で私は連れていかれるだけの文字通り「観光旅行」でした。そういうのもいいよね。 今年唯一と言っていい、マイクロフォーサーズが全面的に活躍したシリーズでもあります。 道中の景色は上のインデックスページからご覧いただけると嬉しいです。 全13回で完結。

駅前半径5分シリーズ

今年から始めた新シリーズ。 駅前のごく限られたエリアをスナップし、私なりにその街を捉えて表現する。 機材を問わない、表現形式も自由、縛りは「駅」だけということです。 現在私が車を所有していないこともきっかけでありまして。ウィークポイントの逆用であります(笑 これまでに8回連載。現在続行中。

クリスマス2017

こちらは毎年恒例、当ブログの背骨ともいえるシリーズです。 実はこのシリーズはアクセス数的には決して多くはありません。不人気のシリーズ、とも言えます。 しかしこれだけはやめません。私の撮り歩きのルーツのひとつだからです。 現在30回連載。もう少し続きます。

ブログアクセス数大幅減

実は今年、当ブログはアクセス数を大きく落としました。 細かい数字は公表しませんが、昨年の平均と比べてざっと3割減です。記事更新ペースが落ちたときには5割減という時期もありました。 理由は何か?考えてみたのですが大きく3つ浮かびました。

読者離れ。

昨年以来私は「メーカーの批判もします、読者の心情を忖度しません、文句があるなら見なくて結構」ということを、事あるごとに書いてきました。 しかしその書き方を気に入らない、不快である、と思う方はおられるでしょうね。 承知の上で書いてたわけですし「もう来ねーよ」的なコメントを頂いたこともありますので、これは原因の第一としておきます。 まあ、方針は変えないんですけどね(笑)

マイクロフォーサーズの記事を書かなくなった。

今年はほとんどマイクロフォーサーズを使用しませんでした。使用期間は1ヶ月ぐらいかな? これまで一生懸命集めてきたマイクロフォーサーズの優れたレンズ達にも、ほとんど手を触れることもなく過ごしました。 これもアクセス低下の原因のひとつです。 当ブログのこれまでのデータから、 私は読者層における「ソニーα : マイクロフォーサーズ」の比率を「4 : 6」と見ておりました。 その「6割を占めていた読者に訴えかける記事」が事実上消滅してしまったわけですから、これはアクセス数が落ちて当然。 普通に考えたら6割減のところを3割減で済んでいる、という考え方もできますが、自分に都合の良い解釈はやめておきましょう。

検索順位の低下

アクセス数低下の「数字上の」最大の要因は、これです。 オーガニック、いわゆる検索エンジンからの来訪者数が大幅に落ちました。実はこれが大半を占めています。 これはもう「新機材を導入しなくなった」ことが理由ですね。 うちのブログに検索で来訪される方のほとんどが、最新の機種名によるものです。 私は「自分が手に入れていないカメラ」についてはあまり採り上げず(欲しいですね、ぐらいの記事は書く)、 また、噂サイトの記事をベースに何かを書くことも意識的に避けています。 いわば現在のアクセス数は「『写真ブログ』としての当ブログの実力」を示している、とも言えなくもありません。

アクセス数回復のためには

大幅に減ってしまったアクセス数を戻すにはどうすれば良いか。 私としては上で挙げた「原因」をつぶしていけばいい、ということになります。 とすると…

メーカーの批判を一切せず、どんなコメントにも頭を下げる

どんなにハズレ個体を連続して掴まされても、営業から塩対応くらっても批判を一切せず、 経緯を一切無視してフレーズだけ捉えて「気に入らないから」というだけの理由でしょうもないコメントが投稿されてもひたすら頭を下げ続ける。 そうすれば、離れた読者は二度と戻ってこなくとも、新しい読者は離れないのかもしれませんね。 まあ、そんなことにはしませんけれども。

マイクロフォーサーズの機材を使った記事を書く

マイクロフォーサーズをもっと使う、そこには需要がある。 特に我が家にはそれなりにレンズ資産がありますので、それは武器になるだろう。 それは思いますね。2018年はそうするかもしれません。 しかしそれには「魅力的で優れたボディが出る」ことが絶対条件です。 来年こそ、そんなボディに巡り会いたいものです。

最新機材をどんどん買う

金に糸目をつけず、ちょっと新しいカメラやレンズが出たらどんどん買って、記事をいっぱい書く。 新機材の情報、特に実写の感想への需要は高いと思われますので、たぶんストレートにアクセス数回復するものと思われます。 でも、現在の私の志向が「新機材に手を出す」からは既に離れておりますので、実現するかはどうでしょうね。

現在の方針の継続

ここまで書いてきてアレですが「アクセス数回復」についてそこまで積極的ではない自分に気づきました。 別にアクセス数が上がればお金が入ってくるというわけでもない、 アマゾンのアフィリエイトリンクは貼っていますが年5000円貰えるか0円か、という状況で「収入の柱だ」というわけでもありません。 要は私は「書きたいことを書きたいように書ける場所」ということに価値を見出しているのであり、 それを手放してまで人気ブログになりたい、という野心は(少なくとも現在は)持っていない、ということです。 ですので、当ブログは現在の方向性を継続、アクセス数低下については今後言及しません。 私は今まで通り好きな事を好き放題書きます。 マイクロフォーサーズについては、ボディ次第。 性能というか撮れるものについては「私の現場では」フルサイズ機、特にα7SIIに及ばないんだから、 そこに追い付くか、それが出来ないなら私は「趣味性」を求めます。 新機材の導入ペースについては、その「マイクロフォーサーズの魅力的なボディ」が期待通りに出るかどうか、ですね。 我が家のレンズたちが「使ってもらえない」って泣いてるんだよ。 来年こそ、長く使える魅力的で信頼できるボディと出会いたい。これが本心です。

今回はこの辺で。

長くなりました。たまには文章主体の記事も良いものです。 次回が年内最後の記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2017/06/24 Sat 21:00 日記・時事・業界

雑誌「アサヒカメラ2017年7月号」に触発されて

久し振りに雑誌を買いました。 いや個人的には今月初めて飲食費以外でお金を使いました。最近お金を使ってないもので(笑 カメラクラスタ界隈でちょっと話題になっている「アサヒカメラ2017年7月号」、私も買いましたよ。 特集は「人物撮影大全2017」ですがそちらは(勉強させていただきますが)とりあえず置いといて、 第二特集的な位置づけの「『盗撮冤罪』から身を守れ」、これが目当てでした。 1 写真撮影趣味と言ってもジャンルは多々ありますが、その中でも比較的多くのユーザーがいるであろう「街スナップ」。 生きている街を撮った時には、どういう形であれ摩擦が発生する可能性がありますよね。 そんな時どのように立ち振る舞うべきなのか。 …そういったような内容を期待して購入し、読み始めたのでありました。 以下、感想を書きます。 ただ、雑誌内の具体的な記述には触れません。引用も避けようかな。 現在発売中の雑誌ですから、興味ある方は手に取られることをお勧めしておきます。 この月の「アサヒカメラ」は、私のフォロー範囲と重なる部分が多く、勉強になる内容がいろいろとありました。 ただ、今回はそこから話題を絞ります。

盗撮冤罪から身を守れ

鮮烈なタイトルです。目を惹きますよね。 特に最近は首都圏で痴漢冤罪が社会問題化しており、それについての問題意識が高まっているという事情もあります。 痴漢がいけないんだ!というファクトはここでは置いといて、それに伴って発生した現象、あるいは犯罪。 「こちらは悪いことはしていないのに、不当に『犯罪者呼ばわり』されてしまう」という現状。 それは私たち街スナップ組にとっても対岸の火事ではありません。 何気なく撮ったスナップ写真に対して、そこに写っている人からクレームがついたらどうすればいいのか。 そういったことがあれこれ書かれています。 街スナップ派には必読、だと思います。 その上で、対処法については書かれていますが一般論ベースなので個別の事例に対処する「テキスト」にはならない、かな? ただ、「他人を写真に収めた「だけ」では犯罪ではない」「肖像権侵害は犯罪ではない」というようなポイントはしっかり押さえられています。 その上で「開き直るな」という立ち回り方もしっかり書かれていますので、読む側には参考になることが大きいと思いました。 3 この手のトピックは書籍もしくは雑誌に採り上げられるたびにデジカメWatchなどで記事にされる、 それほどに現代においては「喫緊の課題」なのだ、とも言えます。 余談ですが私が街スナップでその問題意識を持った時期に、タイムリーに刊行されたこちらの書籍も大いに話題になりました。 私は当然に初版購入いたしましたよ。勉強になりましたし、今でも読み返すことがあります。 スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063) こちらも朝日新聞出版なのですね。 朝日新聞がマナーを語るか?みたいな違和感はありますがこのシリーズは勉強になりますので、興味ある方はぜひ。 なお、今回取り上げた「街スナップにおける肖像権問題とマナー」につきましては、以前に当ブログでも記事にしたことがございます。 今回採り上げた記事の内容の一部分とほぼ並走し、 その上で「私はこうしている」と一歩踏み込んだ内容を書いています。 今回の雑誌記事に対する私なりの考えも、こちらに記載しています。 よろしければご参照ください。 要点を一言で申しますと「もう無理しない」です。

今回はこの辺で

余談にしてしまうのも恐縮ですが、この号はやたらミラーレスを持ち上げていますので、 当ブログをご覧くださるような「ミラーレスに寛容な皆様」には盛りだくさんの内容だろうと思います。 α9で特集記事もありますし、付録の別冊はマイクロフォーサーズでポートレートを撮る、というものです。 2 興味あった方はすでにご覧でしょうが、 興味なかったという方も、書店で見かけられた際にはよろしければ手に取ってみてください。 回し物ではないですけどね(笑 次回内容は未定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2017/01/17 Tue 22:30 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

ラジオ番組の公開イベントを観覧してきました

先日1月14日の土曜日、有楽町へラジオの公開イベントを観覧してきました。 ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」のイベントです。 会場は東京国際フォーラム、私としては勝手知ったる場所でありましたが、今回はちょっぴりその景色も異なります。 P1070154 このラジオ番組「ザ・ボイス そこまで言うか!」は、月曜日~木曜日の夕方4時~5時半の間放送されている、時事ニュース解説番組です。 司会はニッポン放送飯田浩司アナウンサー、勉強熱心で取材意欲旺盛な自称35歳(笑 そこに毎日1人ずつコメンテーターを招き解説をしていく、という内容です。 裏番組は荒川強啓や吉田照美という、強敵ぞろいの激戦区の時間帯にあって、一定の人気を獲得してきました。
ザ・ボイス そこまで言うか! | 毎週月~木曜日16:00~ | ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送
この番組のイベントは実は初めてではありません。私は以前に「日比谷公会堂」へ行きました。
「ザ・ボイス そこまで言うか!」場外乱闘 激論!ラジオパーク大決戦 in 日比谷 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
その時とても面白く、勉強になったので、今回もぜひ!ということでチケットをゲットしたのでありました。 この記事ではイベントの内容自体には触れません。 当ブログは写真ブログ、街の景色を撮ってそれについて語る、というスタイルですので、今回もそういう趣旨で書き進めます。 内容が知りたい方、政治の話をしたい方、ご期待は裏切りますので悪しからず(笑

東京国際フォーラムのホールに、初めて入りました

有楽町・東京国際フォーラム。元々東京都庁があった場所でですね。 私はこの界隈をお散歩コースとして写真を撮り歩くことを趣味としていますが、実はホールに入ったのは初めてです。 東京国際フォーラムにはいくつものホールがありますが、今回の会場はAホール。 キャパ5000人という巨大なハコでラジオ番組のイベント、 しかも「無料ファンイベント」ではなくチケット代は4000円以上します。埋まるのかこれ? と思っていましたらギッチギチの大盛況でした。これは大したものだ。 コメンテーターも有名人が名を連ねていますし、番組自体もコアな人気がありますから、妥当な結果なのでしょうね。 P1070104 当然のことながら、公演は録音撮影禁止です。 ですのでイベント中は私はカメラをカバンから出すことはありませんでした。 が、これぐらいはいいよね?ホール外の通路から眺めた景色です。 私は基本「見上げて撮る」ことばかりですので、新鮮でした。 P1070111

ネトウヨ御用達?いいえ違います

さてこの「ザ・ボイスそこまで言うか!」という番組、コメンテーターにある特徴があるため、首都圏の放送としては異色の存在とされています。 いわゆる「保守系論客」が集う番組なのです。 最近で言うとプチ炎上した「ニュース女子」や「虎ノ門ニュース」とも近い構成だと言えます。 それ故に「ネトウヨ御用達」と思われがちです。 が、この番組はイメージされているような「リベラル攻撃を目的とした番組」ではありません。 一度でも聴いてみれば分かることです。 まあ、好みという点で観に行かない人は観に行かないでしょうし、観に行く人は放っといても観に行くでしょう。 左右どちらも、自分の支持者というかファン相手の商売をしているのが実情のようですし。 このイベントについては、観覧していて「親安倍政権一辺倒」ではなかったです。 野党はもっとしっかりやってくれ、ぐらいのことは言っておられましたが、むしろ自民党を叱咤する方が多かったぐらいで。 全体の3分の1ぐらいがトランプ次期大統領の話、あとは官僚の立ち回りがどうとか、そういう話が目立った気がします。 稲田朋美氏の話は長かったな。そこまで引っ張らなくても、とは思いましたね。 小池百合子氏の話は少なかった。文句をつけづらい、ということなのでしょうか。知らんけど 今回はとにかくトランプ氏の話、それに尽きると思います。 沖縄・原発・韓国・プーチン・橋下徹氏・オスプレイの話は、ほとんどトピックに挙がりませんでした。 「日本の将来について」みたいな大きな話をしたい、という意図があるように見えました。 内容をざっと書き出すのはこれぐらいで。 ところで、私が行政に求めることは第一に「治安の強化」です。 うちのママやむしゅめが平和に安全に暮らせること、これが大切。 他人の考えには興味ありません。皆様はご自身の信ずるところを行かれますよう。 P1070109 ※終演後、閉場時に1枚だけ会場の写真を撮らせていただきました。

今回はこの辺で。

上で「左右どちらも、自分の支持者というか同胞相手の商売をしているのが実情」と書きました。 そう、基本的に「ファン相手の商売」をしているわけです。 そこで私はなぜか、カメラ業界を連想してしまいました。 とあるメーカーが新製品イベントを開催するとします。そこに集まる多くはそのメーカーのファンですし、メーカーもそれを意識して内容を作りますよね。 ですから「別にファンでもないメーカーのイベント」へ行くと、用語や解説がよく分からなかったりします。私がそうです(笑 で。 ゴーマンかまして言い換えますと、人間って、全然畑の違うところへは、行かないのではないかと。ほんとうに。 私がメーカーの人間で「いかに新規ユーザーを増やすか」を考えるなら、うーんどうするだろうなあ。馬鹿だから全然思いつかない。 量販店での営業を強化するか?それは手ではあるかもしれないが、やれることに限界もあるなあ。 そうだ、全メーカーが一堂に会するイベントで、他社ユーザーの目に留まることをするってのはどうだ? CP+(カメラ界のモーターショーみたいなやつ)で派手なことをやって、人を集めるのだ! その中で一人でも二人でも新たにユーザーになってくれれば、御の字だ! …と、そこで思いつきました。 政治ネタでも、左右まとめて一堂に会するモーターショーみたいなイベント、やってみてはどうですかね。 「ジャパン・ポリティカル・ショウ」略してJPS、みたいな。おお、画期的! てか、そんなイベントがあったな、ニコニコ超会議? とにかくそうすれば、普段は自分たちの意見に耳を貸さない人と接する機会もありますし、 来場者に対しては丁寧に接する必要があるわけですから、ネットでよくある罵り合いみたいにはならないかもしれませんよ? …いや、やっぱり無理か。来場者はともかく、出展者同士で喧嘩になりそうだ(笑 やっぱり左右どっちも、自分たちの支持者相手にやっているのが平和なのかもしれません。 政治ネタはもういいです。当ブログは写真ブログです。 またザ・ボイスのイベントがあったら行きますよ! またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1070117
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2017/01/11 Wed 23:20 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

オフ会開催の予告記事です。


0225-1.jpg
今日の記事はちょっと予告だけ、とさせてください。

カメオタの祭典、年に一度のお祭り・CP+が近づいてまいりました。
当ブログでは、今年も「便乗オフ会」を開催いたします。

日付と場所だけは決まっています。横浜みなとみらいです。
P1070083

当ブログならではの「運営の話」もさせていただきますと、
昨年の反省を生かし、なるべく負担が少ないように努めます。
詳細は未定です。募集開始はもう少し後日といたします。
予算は今回も5000円ぐらいに抑えたいなあ。
二次会無し・遅くとも22時には解散の予定という、健全な集まりです(笑
CP+の感想を持ち寄って、わいわいやりましょう。

これまで当ブログ主催のオフ会にご参加いただいている皆様、
これから参加してやろうかとお考えの皆様、
ぜひこの機会にお集まりください。
なんだかんだ言って私たちの飲み会は、毎回新たな参加者の方をお迎えする形で膨らんできました。
そこから新たに生まれる集まりがあったりするようで、私としては本懐に尽きます。

詳細が決まりましたら、あらためて告知いたします。
皆様のご検討を賜りたく、お願い申し上げます。
P1070081

次回からは「年末に取材したまま、積み残してきたネタ」を掲載する予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2016/12/31 Sat 23:00 日記・時事・業界

当ブログ2016年のベストバイは何か

2016年最後のエントリになります。 今年購入した機材の中で、もっとも「買ってよかった」と思えた機材は何か。 私はαマウント(特にAマウント)とマイクロフォーサーズ(特にオリンパス)については新機種追っかけ野郎でございまして、 1年を振り返ると、そこそこそれなりに買い揃えていたことに今更ながら驚きます。 今年はちょっとそのペースが落ちました。目的はほぼ達成した、ということもあろうかとは思いますが。 ともあれその中でいちばん「買ってよかった」というのは何か。 優劣をつけることが目的ではないのですがご紹介してまいります。 購入時期の早い順番に振り返ってまいりましょう。

カールツァイス「Batis 1.8/85」

カールツァイス「Batis 1.8/85」その3 大手町試し撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年「ソニーα」関連で購入した唯一の機材です。 ソニー純正ではありませんが機能的には遜色なし、てか充分以上でしょうこれは。 Eマウントに「小型軽量」であることを求める私にとっては中望遠のベストアンサーであり、最後の一本ともなりました。 85mmという焦点距離ゆえに「人物撮り専用」と捉えられがちですが、街スナップにも使えます。 良い買い物でした。 EM180034

リコー「RICOH THETA S」

リコー「RICOH THETA S」その6 浅草寺夜間撮影全天球 #theta360 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今やジャンルを確立したと言える全天球カメラ、コンシューマ向けのパイオニア的な存在であります。 THETAの成功なしにはこのジャンルの隆盛はあり得なかった、とは言いすぎでしょうか。 スマホで操作する、そのためにはWi-Fi接続しなくてはならぬ、その接続が私のスマホでは全然できなくなった。 そういう理由で我が家では登場機会が消滅しましたが、それでも世間的には価値ある存在かと思います。 使っていて、面白いですからね。
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

パナソニック「LUMIX GX7mk2」

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その12 スタジオロケで春香さん #キューポッシュ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
当ブログで繰り返し触れ、我が家のマイクロフォーサーズ機では現在エースの位置にいるカメラです。 このクリスマス時期の後半もこのカメラばかり使っていました。 色々と問題のあるカメラ(であることが使い込んでいるうちに分かってきた)ですけれども、 その上で魅力もありますので、使い慣れていきたいなと思っています。 P1010092

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その4 パナソニックファースト 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今夏パナソニックから発売された広角大口径単焦点レンズです。 このレンズの存在は大きかった。換算24mmでF1.4ですよ! こんなレンズ、我が家には今までありませんでした。 夜スナップが楽になったのは本当です。買ってよかった逸品ですね。 P1020466

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」その6 新宿でイルミネーション撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年最後のカメラ機材です。 正直「どうしようかな、買うべきなのかどうなのか」などと逡巡していましたが結局ゲット、 以来マイクロフォーサーズを持ち出す時には常時携行しています。レギュラーレンズとなりました。 せっかくのF1.2ですからもう少しボケを活かした写真も撮らねば、と思っているのですがそれはそのうちそのうち。 P1060056 さて、そんな感じで振り返ってきましたが、今年のベストバイはどれ! ダララララララ(ドラムロール ダララララララ(ドラムロール チーン! 該当なしでございます。 今年は機材を増やすということについてモチベーションが著しく低下した年でありました。 例年この年末記事では8個程度の新機材がノミネートされていましたが今年は5つ。 とにかくカメラにお金を掛けなくなりました。結果ちょっと生活にゆとりが出ましたね(笑 というわけで、今後も機材増強につきましては「何でもかんでも」という姿勢ではなく、 自分のニーズに合致したものを、適切な予算範囲で手に入れる、 という方向でやっていこうと思います。 ですから、大賞不在なのは決して春香さんにお金を掛けなかったから、ではないのですよ!断じて!

今回はこの辺で。

来年こそ春香さんに散財していくことになるかもしれませんが、 そこんとこは暖かく見守っていただければと思います。 そしてそんなことよりも、今年も新たな出会いに恵まれました。感謝しています。 この関係も大事にしていきたい。 来年も、いや、これからずっと、よろしくお願いします。 今年も一年間ありがとうございました。 皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 m(_ _)m P1010556
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2016/12/30 Fri 22:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

管理人が選ぶ月別「印象に残った記事」

年末恒例、まとめシリーズとなります。 今回は「月別で印象に残った記事」を振り返りつつ並べてまいります。 アクセス数とか反響とかは考えず、主観で追いかけていきますのでそこんとこ夜露死苦 うちのブログを振り返るだけの記事ですので、興味ない方はスルーして良いお年をお迎えくださいねっ(^_-)-☆

1月:超初心者向け「この記事を読み終わった直後に実践できるフィギュア撮影のコツ」

超初心者向け「この記事を読み終わった直後に実践できるフィギュア撮影のコツ」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
年明け一発目のネタは、この記事でございました。 趣旨としては「高度なテクニックや専門用語や高価な機材を一切使わず、その場で即席で良い結果を得るための一手法」であります。 難しい言葉や七面倒くさいセッティングや特殊なノウハウがあればそりゃあ良い写真が撮れるでしょう。 しかし世間にはそれを実現できる人は多くはない。そこに私も目を留めるよう意識はしておりまして。 どういう形であれ、やりようはあるんだよ。ということが伝われば嬉しく思います。 P1000790

2月:パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その16 モノクロ特集 動画編

パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その16 モノクロ特集 動画編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その16 モノクロ特集 動画編 ...
昨年末に手に入れたパナソニックGX8を、私は主に動画で活用しました。 色々と撮り歩いた中で、この記事が私の中で最も印象に残ったのです。 モノクロオンリーの動画、というのは私としては初めての取り組みだったものですから。 また作りたいなあ。

3月:祝!「くまみこ」テレビアニメ放送決定。東京は4/3日曜深夜!

祝!「くまみこ」テレビアニメ放送決定。東京は4/3日曜深夜! #くまみこ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年最大の問題作?アニメーション作品について書いた記事です。 私は原作のファンでありまして、予告動画も綺麗だったので楽しみにしていました。 しかし私はとあるエピソード以降、見るのをやめました。マニアの方々が言うところの「切った」というやつです。 色々弁解はあるでしょうが、私の期待を裏切ってくれたのは間違いない。 「お話にならない」というやつです。アニメスタッフはこの漫画を面白いと思っていたのか? 結局のところ商業作品は結果がすべて、言い訳しているようではダメですね。 「志の無い人間はモノづくりをするべきではないのだ、周囲を失望させるだけなのだ」ということを反面教師として学び、 私自身も自戒を込めて取り組んでいきたいと思いました。

4月:リコー「RICOH THETA S」その1 第一印象

リコー「RICOH THETA S」その1 第一印象 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
本年度の当ブログ最大の隠し球、リコーの全天球カメラであります。 当初はノリノリで使いました。定番のお散歩ルートをひととおりトレースしましたね。 今ではあまり使っていません。と申しますのは、操作が非常に煩雑だからです。仕方が無いんですけどね。 Wi-Fiでスマホと接続し、スマホ側から操作するんですけど、このWi-Fiがものすごく繋ぎにくいんです。 クリスマスイルミネーションにもたびたび持ち出しましたがその都度スマホ接続ができず断念、 以後箪笥の肥やしとなり現在に至ります(笑
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

5月:「第18回国際バラとガーデニングショウ」その0 明日から開催&2016年混雑度の考察

「第18回国際バラとガーデニングショウ」その0 明日から開催&2016年混雑度の考察 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
「第18回国際バラとガーデニングショウ」その0 明日から開催&2016年混雑度の考察 ...
私が1年で2番目に楽しみにしているイベントです。 ここで毎年ネタにしている割に私の周囲で感化される動きはゼロ、自分の発信力の無さを思い知るのであります(笑 真面目な話バラの写真を撮るのに最高のイベントなんですけど、これ以上混んだら困るからカメオタは来ないでね(笑 DSC05947

6月:池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会

池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
池袋西武「食と緑の空中庭園」でプチオフ会 ...
リニューアルオープンした池袋西武屋上は、庭園を備えたフードコートとなりました。昔の姿は知らんけどね。 で、私はここが好きでチャンスがあれば行くのです。その流れでオフ会をやってみました。 結果ゆったり楽しく過ごすことができました。ここはおススメですがこれ以上混んだら困るから以下略 余談ですが、この記事でオフ会関連ネタを採り上げるのはこの一つだけ。以後は控えます。 どのオフ会も楽しいんですけど、公平を期して全部選んでいくと記事全体がオフ会の話ばかりになってしまいますから。 この記事の趣旨はそんなところには無いのです。 ですから「俺が参加したオフ会がスルーされとる!楽しくなかったのか!?」とか拗ねないでいただきたい!なにとぞ(笑 P1010889

7月:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その3 潮風とオイスター

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その3 潮風とオイスター 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
新たに導入したレンズの感想を書いた記事、ではあったんですが、行った先のオイスターバーがものすごく素敵でした。 うちのママが予約してくれて行ったんですけど、テラスのいちばんいいところに席が用意されていて超ゆったり。 店員さんは呼んだらすぐ来てくれてストレスゼロ、このお店は本当に楽しかったです。 それが写真にも出てるんじゃないかな? P1020426

8月:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その9 東京ベイコート倶楽部のラウンジ

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その9 東京ベイコート倶楽部のラウンジ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私は平凡なサラリーマンです。ド平民と言っていい。昼食代200円、それを使うのを我慢して貯めているクチですから。 ですのでこのような「富裕層御用達」の場所に連れて行ってもらった時にはテンションが上がります。 雰囲気のある写真を撮ることができますし、ここだけは社畜根性全開になりますね。 P1020527

9月:「新橋~上野 中央通り全線踏破」インデックスページ

「新橋~上野 中央通り全線踏破」インデックスページ 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
私個人的には満を持して取材・公開した、今年屈指のシリーズです。 特定の「道」を前線踏破して、その過程を丁寧に書いていく。とても楽しいシリーズでした。 次回構想は練っておりますよ。もう少し暖かくなったらやってみることにいたします(笑

10月:久し振りに行ったお台場で、レインボーブリッジと花火動画

久し振りに行ったお台場で、レインボーブリッジと花火動画 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
この時期私は「ブログ更新に対するモチベーション」が著しく低下していました。 仕事でガッツリ「モノづくり」をやっていたので、私の創作意欲が全部そっちに持っていかれていたのだと思います。 記事数にも反映されていますね。全然更新できなかった(笑 そんな中、たまたま行ったお台場で、たまたま花火の打ち上げに遭遇し、たまたま三脚があったので、たまたま動画を撮りました。 私自身花火慣れしていなかった中で、咄嗟の対処への訓練にはなったかな、と個人的に思っています。 良い経験をさせていただきました。

11月:行ってきましたニューおまん

行ってきましたニューおまん 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
おまーん!.
春先にオープンした衝撃の新施設であります。 何が衝撃か?って、そりゃもちろん名前であります。「ニューおまん」ですよ。おまん。 おまんまんですよ?そんな名前つけるかね普通。 しかし考え方によっては、大いにアリなのであります。 言葉狩りが度を過ぎている現代日本において、「おまん」が日常使われるようになるとするならば、 その功績は間違いなくこの「ニューおまん」にあります。断言してもいい。

12月:オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」その2 我が家のマイクロフォーサーズ単焦点史 前編

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2PRO」その2 我が家のマイクロフォーサーズ単焦点史 前編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年最大の反響があった記事だったかもしれません。 新レンズ導入に際してそれまでの私の歩みを記しておこう、という簡単な動機でしたが、 結果としてマイクロフォーサーズ単焦点レンズ16本の流れを概観するという大河シリーズ(笑)になりました。 あれだけ反響があったのならば、α編もぜひやりたいなあ、などとひそかに思っている今日この頃。 P9990967

・今回はこの辺で。

という感じで当ブログの1年を追ってみました。 記事中では触れませんでしたが、年の初め頃にいただいたコメントをきっかけに運営方針を変えた、 ということにも触れておきます。 それまで私は来訪して読んでくださる方を「読者様、読者様」と崇めておりました。とても嬉しかったのです。 が、こちらがそんな態度でいると付け上がる人間もいるのですね。 私のことを何を言われても「へへーっ」とひれ伏す、と思っている人間が。 ですので運営方針を変えました。 当ブログは読者を選びます。それが気に入らないなら、読まなくて結構です。 いや、無料公開しているブログとしてはその言い方は適当ではありませんね。 誰にでも見ることができ、読むのも感想を持つのも自由ですから。 ですから言い換えます。 当ブログはコメントに質を求めます。それが気に入らないなら、読まなくて結構です。 私が返答する必要のないところでどう感想を持たれようと勝手です。知ったことではない。 しかし当ブログにコメントするのであれば、作法は守っていただきます。 コメントしたいのなら「記事中の一フレーズ」を捉えて膨らませて叩く、という昨今のマスコミがやるような卑怯な手法に頼らず、 記事の意図、当ブログのスタンスをきちんと読み切った上でしていただきたい。 トンマなコメントはほんと、ピコ太郎の刑ですよまじで。 かつて、ソニーαに対する辛口の感想を連発していた私に、 「マイクロフォーサーズの記事は楽しいが、ソニーαの記事の書き方は怖い」 と直言してくれた方がいました。 私はそれに対してどう返したか記憶がありませんが、そのやり取りをした事は鮮明に覚えており、 紆余曲折あってオフ会でも顔を合わせ、大切な友人になり、今に至ります。 そういうこともあるのです。 口先だけで「こんな記事では(キリッ」と、通りがかりに言い捨てていく人間とは、私は友達になれるとは思えない。 私が「基本的にすべてのコメントに『ありがとうございます』とコメント返ししている」という事実がある上で申しております。 「お客様」根性で私にコメント返しを求めないでいただきたい。 私に頭を下げさせたいのか?足元を見るなと言いたい。 私のこの書き方が気に入らないなら、何度でも申しますが、二度と読みに来なくていいです。 「私が求める読者」ではないですから。 それでも良い、と、こんな雑で汚いブログでも読んでくださる方。 私は皆様に支えていただいております。本当にありがとうございます。 お気づきの点がございましたら、ぜひお寄せください。よろしくお願いいたします。 次回が年内最後の記事となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
2016/12/29 Thu 21:00 ブログ | ブログ | 日記・時事・業界

当ブログの2016年アクセス数上位記事10傑

今年もあと数日で終わりですね。色々なことがありました。 場末のブログではありますが、一年の総括ネタを今年もやってみます。 1/1~12/26のページビュー数を基準に、本年度上位10のネタを挙げていきます。 ランキング集計対象の記事は2015年11月以降の日付がついたものとします。 私の記事の書き方や掲載時期の違いによる有利不利もありますが、ある程度フェアな集計になるかな? 例年は「同一機材を扱う記事が複数ランクインした場合は、原則としてひとつだけ採り上げる」としていましたが、 今年はその制約を取っ払います。 10位から、カウントダウンで行っていきます。 一年を通じてお越しくださった皆様に、あらためて感謝申し上げますm(_ _)m

10位:パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その1 開封編

パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」その1 開封編 ...
今夏パナソニックから発売された、マイクロフォーサーズの換算24mmの大口径単焦点レンズです。 我が家での換算24mmレンズではもっとも明るいレンズ、という位置づけになります。 以後レギュラーの座を獲得し、常に持ち歩くレンズとなりました。 記事掲載当初には、横浜のオイスターバーに行ったりしましたね。あれは良かったなあ。また行きたいなあ。 P1020464

9位:ソニー「α99II」国内正規発表に伴い、感想を書きました。後編「スーパー35mm」

ユーザーの念願でもあったAマウントフルサイズ最新機種について書いた記事です。 ただ、肝心のα99IIについてはほとんど無視、この点は来訪者さんの期待を裏切ったかもしれませんね。 まあ別に気に入らなきゃ二度と来なくて結構なんですけど(笑 記事中では最近のソニーのマイブーム「スーパー35mm」について書きました。 この手の記事を私は毎年1~2個書くんですが、調べるのが大変なんですよね。
ソニー「α99II」国内正規発表に伴い、感想を書きました。後編「スーパー35mm」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
ソニー「α99II」国内正規発表に伴い、感想を書きました。後編「スーパー35mm」 ...

8位:パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その7 大三元ズームで4K動画 中編 丸の内

パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その7 大三元ズームで4K動画 中編 丸の内 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その7 大三元ズームで4K動画 中編 丸の内 ...
動画の記事となります。最近あんまり公開してないですねすみません。 実は現在の私の主戦場は、写真ではなくて動画です。 編集がへたくそ、というかセンスが無いもので苦戦していますが、動画で頑張りたい。 GX8にもそういう要素を期待して導入したのであり、その期待には応えてくれていますが、 やはり作品につながらない分だけ、動画記事はアクセス数にはつながっていないのが現状ですね。 来年こそ動画を頑張ります!

7位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その2 コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その2 コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今春導入したパナソニックのカメラ「GX7mk2」関連記事であります。 ではありますが、むしろフィギュアが主役ですよねこれは。書き主が見返してもそう思うわ(笑 新機材のお試しを大義名分にして萌えフィギュアを撮りまくった、というあたりが人気の秘密だったのかもしれません。 P1010016

6位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その7 オリンパスのレンズをつけて浅草に出撃・後編

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その7 オリンパスのレンズをつけて浅草に出撃・後編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その7 オリンパスのレンズをつけて浅草に出撃・後編 ...
こちらもパナソニックGX7mk2の記事です。 ではありますが、むしろ使用したレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8PRO」が主役ですよねこれは。書き主が見てもそう思うわ(笑 新機材のお試しを大義名分にして望遠PROレンズを使いまくった、というあたりが人気の秘密だったのかもしれません。 P1010341

5位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その4 続々・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その4 続々・コトブキヤ秋葉原館でフィギュア撮り 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今春導入したパナソニックのカメラ「GX7mk2」関連記事であります。 ではありますが、むしろフィギュアが主役ですよねこれは。書き主が見返してもそう思うわ(笑 新機材のお試しを大義名分にして萌えフィギュアを撮りまくった、というあたりが人気の秘密だったのかもしれません。 …え?コピペはやめろって?まあいいじゃありませんか。プリケツ大切ネー P1010046

4位:カールツァイス「Batis 1.8/85」その1 開封編

カールツァイス「Batis 1.8/85」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
カールツァイス「Batis 1.8/85」その1 開封編 ...
カールツァイスから発売された、ソニーのフルサイズEマウント対応レンズです。 このレンズはずっと欲しいと思っていて、ついに念願叶ったという気持ちでおりました。 購入日がバレンタインデーだった、それも何かの縁でございましょう。 現在でもα7IIを持ち出す時には常に傍らにいる、そんな大切なレンズとなりました。 EM180039

3位:パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その1 開封編

パナソニック「LUMIX DMC-GX8」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
そんな「GX7mk2」マイブームの一方で、こちらもアクセスを集めました。 昨年末機材名を伏せてクリスマスイルミネーションを撮り歩いた、その時のカメラです。 世間的には受け入れられなかったようですが私は好きですよ。 特にEVFは素晴らしい。これはぜひ体感していただきたい! EM140011

2位:オリンパス「PEN-F」について考える

オリンパス「PEN-F」について考える 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
オリンパス「PEN-F」について考える ...
私個人は結局手を出さなかったPEN-Fについて言及した記事です。

1位:パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その1 開封編

パナソニック「LUMIX DMC-GX7mk2」その1 開封編 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
今年の当ブログ上でのカメラボディ記事については、パナソニック「GX7mk2」関連記事にアクセスが集中しました。 世間的にはマイナーな(不本意!)パナソニックボディですから、実写を交えたブログ記事が少ないから、なのかもしれません。 ある意味ニッチを攻めた、とも言えますがそれは結果論。 現在に至るまで我が家のマイクロフォーサーズのレギュラーカメラの座を獲得しております。 EM548299

・今回はこの辺で。

今年はほぼマイクロフォーサーズ関連の記事が独占しました。 当ブログはどうしても機材関連の記事が上位に来ますし、その場合でも新製品の記事が採り上げられやすい。 それは私が作り上げたこのブログのカラー、ということでありますので、不本意だとかいうわけではありません。 が、今後は機材ネタに頼らない記事を書いていかねばならないなあ、と、集計していてあらためて思いました。 次回も2016年の年末まとめ記事の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader